2015年 IPO挑戦のまとめ

2015年12月28日

もうじき2015年が終わりますね。

2015年の6月からIPOに挑戦しようと抽選に申し込みまくりました。

最初の6ヶ月間は散々でしたが、後半にラッキーな当選があり、
そこそこの利益も出て楽しかったです。

2015年6月のグノシーからはじまり、それから64銘柄ほどが新規上場し、
その中の11銘柄が当選しました。

前評判が悪いのも良いのも全部申し込みました。

まとめ

7月

デクセリアルズ(大和証券で当選)     1600円   初値 1550円   -5000円

8月

メタップス(SBI証券で補欠繰り上げ当選) 3300円  初値 3040円  -26000円     
  (地合い最悪のチャイナショック中、SBIで補欠繰り上げ当選してしまい、当選したのも知らず翌日気が付き-66000で売却)

10月

グリーンペプタイド東海東京証券で当選)  450円   初値 414円    -3600円
  (売却手数料高い)

パートナーエージェント(SMBC日興証券で当選)1260円  初値 4000円 +274000円
  (チョビっとだけ様子見して4080円で売却して+282000円)

 
ゆうちょ銀行(野村證券、大和証券、SMBC日興証券、東海東京証券、HS証券で当選、うち300株購入)
                   1450円   初値 1680円    +23000円

  
かんぽ生命(大和証券、みずほ証券、SMBC日興証券で当選)
                   2200円   初値 2929円    +72900円

日本郵政(野村證券、大和証券、SMBC証券で当選)
                   1400円   初値 1631円    +23100円
  (郵政グループはそれぞれ300株ずつ購入し、
   上場日、2日目、3日目に売却して+578100円)

11月 

ベルシステム24(SMBC日興証券で当選) 1550円  初値 1478円    -7200円
  (SMBC日興証券は私分と主人分が当選してしまい、私分はキャンセルし、ペナルティ中)

いちごホテルリート投資法人(SMBC日興証券で当選) 
                   106000円  初値 104100円  -1900円

12月

フリュー(みずほ証券で当選)    3200円   初値 3220円     +2000円

ケイアイスター不動産(大和証券で補欠繰り上げ当選)
                  1200円   初値 1282円     +8200円
  (ネットで調べたら補欠の繰り上げ当選はほぼ確率0とありましたが自分で試したかった。)

こんな感じでございまいした。

ということで当選分を初値で売ると2015年は
マイナス分が全部で43700円、初値の公募割れの金額は知れてます。
プラス分は403200円です。いいですね~♪ (手数料と税金は引いてません。)

私の場合は
メタップスを初値で売ることが出来ず食らってしまい、
パートナーエージェントは初値で売らずしばらく様子見をしチョビっと(8000円)上乗せ、
郵政グループは900株購入(それぞれ300株ずづ)したので
2015年のマイナス分が83700円、プラス分が870300円となりました。 (手数料と税金は引いてません。)

今年は郵政が特別でラッキーでした。

やはり当たるのは人気のない銘柄(初値が高騰しそうにない銘柄)が多いです。しょうがないです。
たまに美味しいのが当たればラッキーですね。

IPOはオススメします。

できるだけたくさんの証券会社に口座を作って申し込みまくりましたが、当たるのは主幹事の証券会社が多く
IPOの取り扱い枚数が多い主幹事の証券会社だけで申し込んでもいいかなと思いました。

いくら穴場的だからと言っても、取り扱い枚数10枚とか5枚ではそりゃ無理だす(汗

来年はSBI証券のポイントを使ったり、(40ポイントしか貯まっていないのでまだまだ無理っぽい。。。)
デイトレで稼いだ分をどんどんSBIに放り込んでみようと思います。(大口様には程遠い。。。)

そんなSBIに放り込むより、
もっとデイトレで投下金額を上げて頑張った方が良さそうですが、大きなリスクを取れないもんはしょうがありません。
未だに150万もあれば不便なくデイトレできてしまう私の低いデイトレリスク許容度(TT)

デイトレ以外の収入もあると気が楽になりますし ^^♪

イヤイヤ、デイトレももっとリスク取って頑張ろう・・・・・。

手数料の安い証券会社

株のデイトレをはじめるにあたってまずは手数料の安い証券会社を探してみる
ということでチョイチョイっとよく使われている証券会社を調べてみました。
(今回は現物株のみ)

約定代金合計(売ったり買ったりした金額の合計)によるのですが
1日売ったり買ったりして100万未満なら
ライブスター証券、SBI証券、楽天証券、岡三オンライン証券、クリック証券あたりが
安いです。
あ、100万未満でなくても200万、500万~も安いかな。つまりいくらでも安い。
各社手数料表が統一でないのでちょっとわかりにくいですね。

ちなみに約定代金合計というのは51万の株を買って52万で売れば103万となり
合計100万を超えてしまいますから200万までの約定代金のプランが適用されてしまいます。

いや、私は1日に10万も使わないよ、という方は松井証券がよさそうです。0円となっています。
(2014年9月現在)

20万円未満ぐらいかなという方はSBI証券、クリック証券、岡三オンライン証券あたりがよさそうです。
1約定毎の低額ならマネックス、カブドットコムも安いです。

トレードしているうちに資金が増え、結局最初の5社ぐらいが似たり寄ったりです。
いろいろ使ってみて使いやすいツールがあったらそれを使うのがいいのではないでしょうか。

手数料プランですがほとんどの証券会社に
約定ごとに手数料がかかるプラン(ワンショットプラン)と
1日に約定した手数料の合計にかかるプラン(定額プラン)と2つあります。
私は何げに定額プランを使っていますが、ワンショットと比べて得かと言うとよくわかりません。

私はあんまり緻密なタイプではありません。
緻密なタイプではありませんどころかどんぶり勘定タイプといえるかもしれません。

どの証券会社がいいの?

どの証券会社がいいのか?
答え:どこでもいいです。

トレード手数料は最近どこも安くなっていますから
気になる証券会社の手数料を比べてみて安いところを選ぶ、でもいいでしょう。

株を売買する時に使うリアルタイムのトレードツールも使って慣れればどれでもいいと思います。
というのも私のデイトレスタイルがノンビリしたものだからです。
ゲーム感覚で買ったり売ったりを頻繁に繰り返すデイトレをするなら
ツールの反応の速さやパソコンの動作の速さが求められますが
私はたまに約定し損なったとしても自分がもっと早く判断すればいいだけのこと
と考えます。

という訳で我が家のパソコンの性能もそれほど良い訳でもなく
ツールは岡三オンライン証券のネットトレーダープレミアムを使っています。
ツール代はトレードをしていればタダです。

マネックス証券やSBI、クリック証券、丸三証券、野村證券・・・などなどいろいろ使ったことはありますが
基本チャートだけ見られればいいので使い慣れたらどれでもいいです。
ワンクリックで5分足、日足、週足がいっぺんにチェックできたらそれで満足。
板情報や注文発注画面も連結できますし、たくさんの機能が付いていても使いきれません。

初めて使う方、3ヶ月間トレード手数料無料!なんていうキャンペーンをやっている事も
ありますのでそれを利用するのも手ですね。
トレード手数料は積もり積もって結構な金額になりますのでそれが0円なんてすばらしい!!!

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末