東証一部銘柄より新興市場銘柄をデイトレ用に選ぶ理由

トレードをはじめた時、どう見てもマザーズやジャスダックの新興市場銘柄の方が儲かりそうな気がして
新興市場銘柄でトレードをはじめました。

値動きが激しい分、儲かりやすいかわりに大きな損もしやすいです。

もちろん初心者の私は多きな損を繰り返しました。
そして凝りてちょっとだけ東証一部銘柄でやってみようと思いました。

新興市場銘柄で勝てないのが東証一部でも勝てるわけがありません。
結局また新興市場銘柄に戻るわけですが、今は新興市場の方が勝ちやすいと思っています。
(新興市場銘柄で板があまり厚くない銘柄)
たまに東証一部銘柄をトレードしても利益が伸びず微利益だったり、
価格がいっきに伸びないかわりに上下運動だけはしてくれるので手仕舞いさせられ利益を取るどころか
損切りばかりだったりします。

なぜ新興市場銘柄の方がデイトレがやりやすいのか。

それは株価が一方方向にずっと動くことが多いし、株価がビヨ~ンと伸びやすいからです。
動きが単純なんです。上がる時は上がる、下がる時は下がる。

株価10%以上の上昇なんて新興市場ならザラにありますよね?簡単にストップ高にもなります。
それもほとんど押し目も作らずに上がっていくのでポジションをホールドしやすいのです。
ひとつの銘柄で株価の10%以上の利益を出すなんてことも新興市場銘柄なら可能性が高くなります。

投資金額が少なくて利益が伸ばせれば手数料も少なくてすみます。
大きな資金で買ったり売ったり激しく繰り返せば手数料も莫大になります。

ただしデタラメなところでエントリーしてはいけません。
下げポイントで買ってしまったら・・・・・。

激しく下げて大きな損切りになります。
上がるはずのところで上がらない時も下がるのが速いです。
鉄壁の損切りができるようになったら是非新興市場銘柄のトレードもチャレンジしてみて下さい。

ちなみに下げ相場の時は新興市場銘柄は空売りできる銘柄が少ないので
しぶしぶ東証一部銘柄を空売りします。

損切りをちゃんとやればデイトレで勝てる?

損切りをちゃんとやっていればどこでエントリーしても勝てるの?

どこで買っても株価が上に行く確率も下に行く確率も同じだから
損切りを1、利益を2の割合でトレードをしていたら利益が出る・・・・・?

買った後少なくても1ティック上がらなければ損失が0になりません。
買ってすぐ売ると1ティック下で売ることになるので損切りになります。
それに売買手数料もかかります。
どう見てもデイトレは最初から不利なゲームです。

適当エントリーで利益2を出す確率に対して損切り1を出す確率は2倍より多いような気がします。

損切り執行数2に対して利益確定数が1より多いと利益が増えることになりますが
もともと不利なゲームなので無理そうです。

計算が苦手なのでハッキリわかりません。
株のデイトレで適当エントリーして損切り1、利益2になるように設定してみることは試してみたことはありません。
損しそうな気がするので。

エントリーポイントは
買いエントリーなら上がる確率が高いポイントでエントリーしなければ
いくらちゃんと損切りをしていてもトレードをやればやるだけ損失が膨らみそうです。

上がる確率が高いポイントでかつエネルギーがタップリとたまっているポイントでエントリーできれば
損切り1に対して利益は2どころか10にも20にもなることもあります。
利益を引っ張ることができたらの話です。

FXでのことですが
エントリーして20pipsの利益確定、20pipsの損切りを設定してしばらくやったことがあるのですが
少しずつ軍資金は減っていきました。
この時は適当エントリーではなく「ここだ!」と利益を取るつもりでエントリーしていたのですが
どうもぜんぜん勝つ確率が高いポイントではなかったようです(汗
今思えば勝つ確率が5割を切るポイントでわざわざエントリーしていたような気も・・・・・。

いえ、確かに5割を切っていますね。損切り1、利益1でやってスリッページ以上の損をしていくんですから。
それに損切り20pipsなら利益確定は40pipsに設定しておかないといけないですよね。
その実験はしませんでした。中途半端でした。

どうなんでしょうか?細かい計算ができるわけでもなく、長期間にわたって厳密な実験をしたわけでもないです。

私の偏った経験から言うと
エントリーポイントが良ければ少々下手っぴなことをしても勝てるということです。
少々ですよ。損切りをしないという極端なことではありません。

損切りは絶対必要です。ただ少々損切りが下手っぴでもという意味です。
私も損切りはしますが上手いとは思えません。ドンクサイですから。

試しに同じ単純作業を繰り返すとどうなる?

デイトレは単純作業をコツコツ繰り返すだけのとても眠くなる作業です。
実際寝てます。朝ポジション作ったら果報は寝て待てです。
もちろん株価が意図した方向に動かなければ対処できるようにしています。
私の場合は損切りに逆指値を入れるのでなく、ある程度下げたらアラームが鳴るように設定しています。

たまに起きてはチャートをチェックし手仕舞い位置を調整したりしてまた寝ます。
手仕舞いはいつも適当です。

別に寝る必要はないのですが
朝、寄り付き前にチャートをチェックする。高く寄り付いて始値ブレイクで買いエントリーをする。
損切り逆指値を入れる。含み益が出ている銘柄は逆指値を少し上げる。

これだけのことをある一定期間続けてみたらどうなりますか?

とても簡単でしょう?何も考える事はありません。
ブレイクしそうな銘柄のチャートを探し、条件が揃ったらエントリーして手仕舞い逆指値を入れる。
株価が上がったら適当に逆指値をズリ上げる。

これだけです。

注意ポイントはやる事を変えないことです。

やる事を変えないことがなぜ注意すべきことなのかというと結果に凝りてやる事を変えたくなるからです。
日常生活でうまくいかない事に凝りてやり方を改善するというのはよい事です。
でもデイトレではひとつひとつのトレード結果に凝りてやり方を変えてはいけません。
デイトレではひとつひとつののトレード結果が大事なのではなくそのトレードを同じように繰り返した結果が大事なのです。

ひとつのトレードがあまりよくない結果でも繰り返していたらだんだん資金が増えていった。
これがデイトレです。

設定した損切り位置で手仕舞いしたらそこで反発して上げていった。
手仕舞い位置を上げたらそこで反発して上げていった。

こんなことが続くとやってられるか~~~と思うかもしれません。でもやり続けてみて下さい。

収支がプラスになるかマイナスになるか試してみてください。

やりたくない事ほどデイトレではやるべき事なのです。
損切りをすることと結果に懲りずに同じ事を繰り返すこと。めげそうになります。

銘柄選びがあまりよくなかった頃、月火水木とマイナスで金曜日に大きく利益を取れてプラスになるということが
たびたびありました。

イマイチだな~と思いながら続けていると大ヒットになることもあります。
やり続けるので大ヒットに当たるのです。

今でも、今日はイマイチの利益だな~、今日は損切りしかしてないな~、今日は珍しく大きく取れたな~
そんなことの繰り返しでプラス収益になっています。

午前中は損切りばかりしていて後場に利益が伸びた銘柄の手仕舞いをするという感じです。
利益が出ている株は手仕舞いせず翌日に持ち越すこともあります。
そんな日は損切りばかりしているので、その日1日の収支はマイナスです。

デイトレと主婦の金銭感覚

主婦の立場で株のデイトレができるってほんとうに恵まれていると思います。

旦那さんの収入があるので生活費を稼ごうと切羽詰まった心理状態でトレードをしなくていいからです。
なのでデイトレ環境として主婦であるということはとてもいいと思うのですがひとつデイトレには不利かなと思う点があります。

それは主婦の金銭感覚です。

買い物の時により安い商品を探してしまうんです。

えっ? 買い物するのに値札は見ない?値段なんか気にしない? どんなに高くても買いたいものは買う?

そんな方はスルーして下さいまし。

安い商品をみつけてお買い得だと喜んでしまう方、その感覚はデイトレではNGです。
主婦感覚としてはステキです。

でも株価が下がってお買い得だと感じてしまうのは危険です。
下がった株価は安くなってお買い得になったのではなく下げていく途中かもしれません。

もっと下がったのだからもっとお得になったわ、もうひとつ買っておきましょ♪
まだまだ下がる、そしたらもうひとつ・・・・・。

これは無限ナンピンです。お金が有り余っているならやる価値はあります。

下がっていく株は反発するかもしれないし、そのまま下げ続けるかもしれません。
下げている株はどこまで下げるか誰にもわかりません。
特にずっとダラダラ下がり続けている株を見てお買い得だと思ってはダメです。
下げている株を見たらお買い得と思うのではなくまだまだ下がるかもしれないと思うようにして下さい。

下げて安くなった株を買うという方法は長期投資ですることです。
大きく下がり割安になったところを買い長期間保有して優待や配当をもらいながら株価が高くなったら売ります。

デイトレは超短期投資です。投資というより投機ですが。

デイトレで買う株やは長期投資で買う株とは異なり
安くなった株ではありません。今まさに上げようとしている株を買うのです。

割安株というのがあります。株の価値に比べて株価が低すぎるなあという株です。
主婦感覚でいくと確かに割安でお得感がありお買い得のように思えます。

長期投資にこのような株を買っておいてもいいですがデイトレ銘柄にこんな割安株を選んではいけません。
株価が下の方で長期間にわたりじっと動かないけどいつかドカンと上昇するかもしれない。
割安なんだしそのうちに上がるかもしれない。実際、底からいきなり上がりだす株もあるし、ストップ高まで行くのもあるし。
と、見張っているのもいいですがとても非効率です。デイトレでそんな気の長いことはしていられません。

価値があるのになぜ株価が安いのか。それは人気がないからです。
株価は人気で決まります。価値ではありません。価値があっても誰も見向きもしない株は上がりません。
デイトレ用の株を価値で選んではいけません。人気で選ぶのです。

四季報なんか見てデイトレ用の株を探していてはいけませんよ。チャートから探して下さいね。
人気度合いはチャートでわかります。

デイトレでは今まさに上げようとしている株を選びます。。
今まさに上げようとしている株とは人気があって株価が上昇している株です。
上げている途中の株です。上昇している株はランキングにも出てきますので多くの人の目に触れます。
そのままランキングでみつけて飛びつく人もいればじっくりチャンスを狙ってエントリーする人もいます。

じっくりチャンスを狙う場所がもみ合っている場所です。
人気があって上昇して株価が高くなっていること、値動きがなくなってきていること、
そしてそこから上げ始めた時が買う時です。

デイトレでは安い株を買うのではありません。人気が出て高くなってそれでも安くならない株を買うのです。
つまりは高い株を買うのです。

高い株、強い株、人気のある株、これを日々追いかけるようにしましょう。
安い株、下がっていく株は人気がないのです。ついつい安い株に目が行きがちになってしまいますが
デイトレ銘柄は強い株を選ぶのがポイントです。(買いの場合です。)

高すぎる株はついつい買うのをためらってしまいますよね?
ふたつの株のうちどちらを買うか迷った時などついついそんなに上がっていない株の方を選んでしまったりします。
でも上がるのは強い方の株なんです。

より高い株、強い株を買う!

デイトレでは主婦感覚を持ち込まないように、現実生活ではデイトレ感覚を持ち込まないように!

う・・・・ん、例えば高い食品、安全性や栄養面で優れていて手が込んでいて高いものとかは
結局健康面によい影響を与え、体調がよくなったり、薬代、医療費が安くなったりしてお得かもしれません。
安いジャンクフードばかり食べていると体壊します。

高くても良い服、良い靴は長く使えるので、安物ですぐダメになるものを買うよりお得かもしれません。

あぁぁぁ、やっぱりどっちも高いものを買った方がいい?
安いだけで買うのはどちらもNGかもしれません。

デイトレで1分足チャートではなく5分足チャートを見る理由

1分足チャートではなく5分足チャートを見て下さい。

私が紹介しているデイトレ方法は5分足チャートの方が向いています。
私も5分足チャートを使っていて1分足チャートはぜんぜん見ません。

なぜ5分足チャートなの?

理由がふたつあります。

理由のひとつ目 

それは利益をできるだけ引っ張って伸ばすためです。
コツコツドカンの逆バージョンです。コツコツ損切りをしてドカンと利益を取るためです。

やりがちな事は、損は様子見をして利益はとっとと確定してしまうこと。
つまりコツコツドカンです。
これは本能を持っている人なら当たり前にみんなやってしまいます。損は嫌だし利益は好きだからです。
人は嫌なことは後まわしにし好きなことをやるからです。
合理的に行動を選択していると思っていても実は感情的に選択して行動しているようです。
なのでコツコツドカンは普通なのです。

でもこれではデイトレで勝つのが難しくなってしまいます。

この反対の逆コツコツドカンをするために5分足チャートをオススメします。
ティックチャートや1分足チャートでは上下する値動きにハラハラし、ちょっとでも利益が減りそうになると
利益をすぐに確定してしまいます。

板を見ていても利益確定を急いでしまうかもしれません。
大きな売り板を見てしまったら、こりゃ駄目だと諦めて利益を確定してしまいます。

というわけでエントリーしたらほとんどチャートを見ない、板を見ない方が利益を伸ばせると思います。

私がおすすめしているエントリーポイントはスイングトレードでも買いたくなるようなポイントのひとつです。
ですのでできれば利益が出たらそのまま持ち越しして2~3日ポジションを持っていてもいいようなポイントです。
それじゃあデイトレではないですが、
できれば後場まで、できれば大引け近くまでポジションをホールドできればいいなあと思っています。
調子よく価格が上がればできるだけ利益を伸ばすようにしてほしいのです。

実際はそんなにうまいことばかりではないです。
日中の価格の上げ下げで手仕舞いさせられてしまったり、持ち越ししたらギャップダウンして
利益を減らしてしまうこともありますが、こういうことをしていると万馬券をドカーンと当てることも可能になります。

月に1回でもドカーンと来るとうれしくないですか?
できるだけ利益はリスクにさらして伸ばすようにしましょう。

利益を確定せずにいることは最初はつらいですがこれも慣れます。
利益を放置して美味しい思いをするとまた大魚を狙ってやろうという欲も勝手に湧きます。
利益が減ってしまうかもしれないという不安より爆利への期待の方が勝手に膨らみます。
私はこの欲が膨らみすぎたため、よく大きな利益を損になるまでホールドしては後悔しています。
ここら辺はしっかりご自分で調整して下さい^^;

10時半頃までにはひと動き終わってしまうのでそこら辺でスパスパとトレードを終了してしまうのも
もちろんアリです。
これはこれでけっこう気持ちよく終われます。

理由のふたつ目

監視銘柄のエントリーポイントのひとつとして始値ブレイクを使います。

始値ブレイクを逃してしまった、あるいは始値から上げてしまった後は
価格が動かなくなってチャートが凝縮してくるのを待ちます。
チャートが凝縮されて値動きがなくなった後に動き出したところをエントリーします。
三角保ち合いなどのチャートパターンができるのを待つのですがそのチャートパターンは
5分足チャートでのパターンです。

私は1分足チャートは使っていないので5分足チャートのチャートパターンでエントリーを判断しています。

ですので私がご紹介しているデイトレ方法を使いたいという方は是非5分足チャートを使って下さい。

1分足は使っていないのでよくわからないのですが
利益がそれ程伸びないようなところでもチャートパターンがたくさん出現して
トレードの数が無駄に多くなるような気がします。小さい利益はたくさん取れるかもしれません。

1分足、ティックチャートは1日にトレードを50回以上もするようなハードトレーダーが使っている、
頻繁に出たり入ったりを繰り返すデイトレーダーが使っている、
そんなイメージを持っています。

私がやっているのはもっとのんびりしたデイトレです。

ダイエットとデイトレ

ダイエットとデイトレ、似ています。

やるべき事はシンプルなのにできないというところがです。

ダイエットは基本的に摂取カロリーをコントロールして適度な運動を続ければいいだけなのですが
お腹が減って食べるのを我慢するのは嫌だし運動するのは面倒臭いし、ということで
なかなかダイエットが続かず、もっと他に楽にできるダイエット法はないかと探すようになります。

ばななダイエットがダメだからトマトダイエットをしてみよう、
トマトダイエットがダメだから置き換えダイエットをしてみよう、酵素ダイエット・・・リンゴダイエット・・・。

いくら方法を変えても摂取カロリーを抑えることができなければ何をやっても一緒の結果です。

デイトレは基本的に確率の高いところでエントリーしてきっちり損切りをすればいいだけのですが
たくさんのチャートを調べて銘柄を探すのが面倒くさいし、
損するということがイヤなので損切りを先延ばしにし、適切なトレードをやり続けることができません。
勝てない原因は自分以外のところにあると考え
他にもっといいデイトレノウハウがあるはずだと探すようにになります。

ブレイク系トレードがダメだから逆張り系にしてみよう・・・・
急落を拾う方法にしてみよう・・・・・。レンジトレードにしてみよう・・・・。
テクニカルインディケーターを変えてみよう・・・・。パラメーターを変えてみよう・・・。

いくら方法を変えても適切な損切りができなければ何をやっても一緒の結果です。

ダイエットもデイトレもやることはとてもシンプルです。
ところが人間は言い訳をつくる天才です。できない理由ややりたくない理由をいくらでも作り出します。
それも自分を守るための本能ですからしようがありません。
できない原因が自分にある、自分が間違っているという自分を否定するような感情はストレスになりますし、
過剰なストレスは体にはよくありません。自分の間違えを認識せず、自分以外に原因があるとすることで
ストレスから逃れようとしているのだと思います。

ダイエットもデイトレもやることはシンプルでもやり続けることがとても難しいです。
お腹が減るのは本能だし、できるだけ楽をしようとするのが本能だし、損をしたくないし
ストレスから逃れたいというのも本能です。
本能は身を守るためのものなのでその本能と反対のことをやるのはとてもやりづらいです。

脳は見たいものしか見ない、聞きたいものしか聞かない、といいますから
本能が強すぎると自分に都合の悪い事柄は理解すること自体を拒むのかもしれません。

そのせいで私は理解するのに時間がかかり、デイトレで勝てるようになるのに時間がかかったのかもしれません。
理解するのが遅いですからね~^^; 本能強すぎです。(強情で素直でない)

でもですね、

お腹が減ったのを我慢するのはいくら経験を積んでも慣れません。いつまでたっても辛いことです。
食欲はなくなることはないからです。

損切りは慣れてしまいます。やっていればつらさを感じにくくなります。
損するということがそれ程生命維持に直結していないからでしょうか。
損するのが嫌だという本能を刺激しないようにするのは、やりようによってはもっと簡単かもしれせんね。

ダイエットでやるべき事を続けるよりはデイトレでやるべき事を続ける方が幾分楽ではないでしょうか。

面倒くさいデイトレ銘柄探しも、それをすることで利益が出るという経験をたくさんすると
うれしい感情とヒモ付けされ楽しみになるかもしれません。

適度な運動も習慣になればそれ程苦痛にならないし、体も慣れてきます。

しかし食欲だけはどうにもなりません。

ダイエット本や教材が売れ続ける理由がよくわかります。

デイトレのつらいところ 勉強量・知識量で勝てるわけではない

デイトレで勝てるようになりたいと思ったとします。
そのためにいろいろトレード関連の本を読んだりネットで調べたりして知識を取り入れます。

たくさんの勉強をし、たくさんの知識を取り入れてもデイトレで勝てるようになるとは限らないのが
デイトレの辛いところです。
ポイントを外した勉強、知識はデイトレで勝つためには役に立たないどころか有害にもなってしまいます。
時間の無駄になることもあります。
(経験者は今だからわかります。汗)

いろいろ私なりに勉強しましたが(ほぼ無駄なこと)

今役に立っていることといえば、損切りをちゃんとやること。エントリーポイントがどこかということ。
トレンドラインの引き方。いくつかのチャートパターン。
上値抵抗線を超えたら買えばいいということ、下値支持線を割れたら売ればいいということ。
MA25に接したら押し目買いや戻り売りができるかもしれないとか・・・・。

結局使っているのはこんなことぐらいです。
勝てるようになるのは勝つための最低限の知識だけあれば勝てるのですが、それがどの知識なのかわからないので
手当たり次第いろいろ知識を取り入れようとします。
で、勝てるようなってわかったことはデイトレでとりあえず勝てるようになるためには
それほど知識はいらないということです。

でも勝てないうちはどうすれば勝てるようになるかと必死で方法、やり方を探しいろんな事を勉強しようとします。
でも実は損切りさえちゃんとやっていれば勝てたのにという事も多いはずです。
損切りができないという事実を受けいれられないために、損切りをしたくないという気持ちを処理できないために
新しい方法、知識へと逃げているのかもしれません。

やるべき事、大切な事というのはできて初めてわかり、凝りて初めてわかるのかもしれません。

最初からピンポイントでこれだけやっていればいいんだよと誰か教えてくれれば・・・・。
いいえ、ちゃんと本に書いてありましたよ。
こんなことだけで勝てるなんてと思いますが、ほんとにどの株の本にも書いてあるような超ド基礎。
それを重要視していなかったし、たとえ誰かに教えてもらっても聞き入れなかったかもしれません。

自分で体験しないとその価値がわからない私。ボロボロになるまで凝りずに理解しない。
賢者は体験する前に聞いて理解するそうな・・・・。

値動きに俊敏に対応する能力

デイトレで必要になる能力は値動きに俊敏に対応できる能力です。
自分の考えを入れず素直に価格の動き、状況に対処していくことです。

以前も書きましたがニュースや業績などはデイトレには必要ないと思うのは
どうしてもニュースや業績の事が頭に残っていてチャートを素直に受け入れることが難しくなるからです。

ある銘柄を買っていて価格が下がっているのに業績がいいから上がるはずだと思い込み損切りをしない。
空売りをした銘柄が上がっていくのにこんな悪いニュースが出ている銘柄が上がるはずない
もうそろそろ落ちてくるに決まってる。

とか、つい思ってしまい対処が遅れるのです。

最初の対処をやり損ねてしまうと損失を大きくしてしまい、ますます対処しにくくなります。
そして損失が大きくなった銘柄は塩漬け株になります。
そしてデイトレから長期保有株式投資になります。

なので余計な知識を入れずにクリアな目?!でチャートを観察できるように
ニュースも業績も知らない方がデイトレにはプラスになるのではと。

値動きに俊敏に対応するためにはこれまた以前にも書きましたが
ちゃんと前もってやることを決めておく。エントリー方法と損切りポイントは最初から決めておくことが大切です。
価格がどうなったら、あるいはチャートがどうなったら利益確定するかも考えていた方がいいですね。

私は利益確定はどうするかあまり決めていないので含み益がでるといつもどうしようかと迷っています。
これはこれでストレスです。ずっとどうしよどうしよと迷っているのですから。
やっぱり利益確定方法も決めていた方がいいですね。

普段の生活では躊躇したり迷ったりする方ですか? それともテキパキと物事を決めていくほうですか?
多分テキパキと即断できる人の方がデイトレは上達しやすいのだろうなと思います。

私は優柔不断です。それがトレードにも影響していると思います。
損切りは死活問題ですのでスパスパやっていますが、エントリーと利益確定は未だに躊躇連発です。
収益がプラスになっているためそこでぬるま湯に浸かっていて進歩が止まっているようにも感じています。

デイトレは即断即決できる能力、値動きに俊敏に対処していける事が大切だと思います。
損切りを最小限に抑えるためには、トレードチャンスを掴むためには
この即断即決能力、価格の動きに俊敏に対応していける能力をつけていかねばなりません。

普段からこの能力を鍛えるために意識しないといけないですね。

ファミレスでメニューと長時間にらめっこなんてしていてはいけません。
スーパーのスイーツコーナーでケーキやプリンをどれにしようかなと長時間眺めていてはいけません。
楽天で美味しそうなものを選ぶことができずあっちもこっちもと、時間だけ浪費していてはいけません。
休日に夕食の食材を買いに行き、旦那に食材を決めてもらってばかりではいけません。
どっちでもいい~を連呼してはいけません。

は~・・・・。 ない! ・・・・・決断力。

パソコンのメモリ

私の古い古~いvistaのパソコンはメモリが最初2Gでした。
ネットで色々調べてパソコン屋さんにメモリを買いに行き、バルクメモリとやらを買って
家で自分でパソコンの箱を開けてメモリをグサッと挿し、やった♥と思ったらパソコンにへそを曲げられ、
今度は電気屋さんへ純正のメモリを買いに行き、なんとか4Gにしました。

当時はメモリ増設でパソコンが快適になり喜んでいましたがメモリ4Gでも少し心細いです。
私のデイトレのやり方はそんなに頻繁に売り買いを繰り返すわけではないので
これでも十分なのですがそろそろパソコンの買い替えを考えています。
遅くてもvitaのサポート終了までには買い替えないといけません。

いえ、そんな悠長なことは言ってられないかもしれません。
私のパソコン、どんどん老化して反応が鈍くなっているような気がします。

デイトレで稼げない頃からの長い付き合いなのでシンミリしてしまいます。
暑い日も寒い日も頑張ってくれましたからね。

今年の秋ごろにウィンドウズ10が発売されるそうだし、
vistaのサポートはあと2年だし、ウィンドウズ7以降を利用している人には
ウィンドウズ10が無償で提供されるらしいし、
今ウィンドウズ7を買おうか、ウィンドウズ10を待とうかどうしよどうしよ・・・・。
新しいパソコン買ったら設定とかちゃんとできるか心配だしどうしよどうしよ・・・・。

メモリで約定スピードが変わるそうなのでメモリを増やしたら
注文が約定せずに取り残されるといったことも減るでしょう。

ネットで調べてみるとデイトレ専門のパソコンも売っているようです。
モニターの数を4枚にしたり8枚にしたりできるように最初からグラフィックボードが付いているみたいです。
メモリも16Gだの32Gだの、いったいどんだけ快適に動くのでしょう。いっぺん買ってみたいですね。
私のようなパソコン音痴はパソコンいじって無駄な時間を過ごしているより
とっととデイトレパソコンを買った方が良さそうです。

でもパソコンのメモリに頼るより自分の判断スピードを上げた方が早そうな気もしますが・・・・(汗
そっちの方が最重要改善課題っぽいです。

デイトレのチャンスの瞬間に躊躇していてはダメですね。即断即決が大事です。そのためには
こうなったらこうする! ああなったらどうする! と事前にリハーサルをしておくといいです。

ぼーっとモニターを見ていて、あっ、どうしよっ・・・なんて迷っていては勝てません。

それにしてもパソコン、どうしよ、どうしよ・・・・・・

デモトレードはしなくちゃいけない?

デモトレードはと~~~~~~~っても大切です。

なぜならデイトレは練習が必要だからです。
お金を払ってデイトレを練習するなら実際にお金を投入してトレード。
練習にお金なんかかけたくないという時は是非デモトレードを!

私は株を売買するのに練習が必要だなんてこれっぽっちも思っておらず
トレードで稼げると思い込んでいたので、実はトレードはすぐにできるようになるものではないとわかるまでに
大金(私にとっての)を練習代として払ってしまいました。

その金額200万ほどです。ほぼ2年で200万円チーンです。
デイトレの練習費用ですよ。

高かったです(泣)

デイトレの練習代に200万円も払うなら他のいろんな習い事に使った方がいいですね~。

お子さんの習い事でも英会話でもヨガでもなんでもできます。
美味しいものもたくさん食べらるし旅行にも行けます。
ほんとうにもったいない話です。

そんなに払う羽目になるとは想像していなかったし
払ってしまったものはしょうがありません。

最初トレードをやりだした頃はそれ程株価が高くない銘柄でトレードしていましたが
気が付けばどんどん株価の高い銘柄をトレードしていてそれにつれてもちろん損切り額も
アップしていきました。

収入じゃなく損切り額がどんどんアップしていくんです。
必死で一発挽回をしようとしていたのです。

でもトレードで勝てるようになってもいないのに挽回なんてどう考えても無理ですよね。
でもそんなこと、後にならないとわからなかったのです。

現実に気づくことなくずっと実際のお金でトレードをしていたのですから怖いことです。
デモトレードをするなんて知恵もありませんでした。

いきなり実際にトレードをして稼げる人なんて極稀にしかいません。
まだ稼げるようになっていないという方は是非デモトレードで練習して下さいね。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末