デイトレでいくら稼げるの?

2015年5月23日

デイトレで生活費を稼ぎたい。
デイトレで稼げるようになって仕事を辞めたい。

と考えて株をはじめる人も多いと思います。
私も主人の収入にちょっとプラスになればと思ってはじめました。

でも、株で稼ぐので今すぐ仕事を辞めて専業トレーダーになる!・・・・のだけはやめて下さい。

最初から株で稼ぐというのは無理です。

学校の先生でも、お医者さんでも、パイロットでも最初からお金が貰えるわけではありません。
たくさんの時間とお金をかけて勉強して訓練してお金を貰えるようになります。
お医者さんになりたい!と思ってもすぐになれるわけではありませんよね。

株のデイトレは勉強の仕方、訓練の仕方でそれほどお金をかけずに、また、それほど時間をかけずに
稼げるようになります。(人によります。)

正しいやり方を学んで、しっかり自分をコントロールして実行できる人のみが稼げます。

デモトレなんて面倒くさい!と思っていきなり本番でトレードをすることをやめられず
無駄な勉強代に大金を投じる人もいます。(もちろん私^^;)

こうする!と決めたのにどうしても決めた事と違うことをしてしまう。
本能のままにトレードすることをやめられない人もいます。(これももちろん私^^;)

そしてここからどうしても脱出できないまま終わる人が多いというのも事実です。
私もそうなりかけました。

稼げるようになるまである程度の時間がかかります。

ですので、いきなり専業トレーダーになるのではなく稼げるようになってから考えて下さい。
仕事はないわ、収入はないわ、株でどんどん損するわで地獄行きです。

そして、デイトレで稼げるようになってもできれば他の収入がある方がいいと思います。
なぜなら精神面で安定するからです。それにリスクも取りやすくなります。 

デイトレで稼げていてもデイトレ以外の収入があるのとないのでは天と地です。
(何千、何億も稼げる人は別ですが)

絶対株で稼いて生活費に当てなくちゃいけない!何が何でも今月いくらいくら稼がなくちゃいけない。

こんな切羽詰まった精神状態では勝てません。

私の性格が喜怒哀楽が激しすぎるのか、トレードに精神状態がすごく影響します。
稼がなくちゃいけないと思えば思うほど、利益は伸びません。
大きな買い物をして、よ~し、株でその買い物代をすぐに稼いでしまおう!
なんて意気込んでトレードすると稼げません。

思いっきり精神状態がトレード結果に表れます。

デイトレは、
「まっ、チャンスが来たらやっとこか~」ぐらいに構えないと無駄トレードがかさみます。
チャンスが来た時は果敢に攻めなければいけないので気合を入れなければなりませんが
チャンスでもないのに必死でデイトレをしていては損を膨らませるだけです。
あ~、今日は何もやることなかった~とノートレードでも平気で過ごせるようにならなければなりません。

余裕の精神状態でいるためにはやはり他に収入源があることが重要です。

というわけで、とりあえず主人の収入があるので私が稼げなくてもそれほど焦らずトレードできます。
主婦であるということはデイトレするにはとても恵まれていることだな~とありがたく思います。

思いっきり記事のタイトルと関係ない事を書いていますが、そろそろ本題に入ります^^;

デイトレでどれだけ稼げるようになるのでしょうか?

答え: その人のリスク許容度によります。

例えば20万円ぐらいの銘柄でトレードしている分には少しずつ利益が出る人でも
いきなり200万円ぐらいの銘柄でトレードすると20万円トレードのように冷静にトレードできないでしょう。
適切なリスクが取れないため利益が出なくなります。

私の場合、20万円トレードから200万円トレードができるようになるまで思った以上に時間がかかりました。
今は300万トレードもたまにしますが、快適なのは100万~200万ぐらいのトレードです。
いつまでも快適なところでヌクヌクしているわけにも行かない!と思うのですが
ここも焦るとダメなんです。何度も一気にリスク許容度を上げようとしましたが、
ストレスだけ溜まり、結果がついてきませんでした。

私のリスク許容度は高くありません。少しずつ上げる努力はしていますし、実際上がってきてはいますが
まだまだです。

トレード歴9年、2年以上稼げないまま、そして6万円からのスタートで稼げるようにになり、
1度だけ入金して軍資金を増やしました。
なんとか20万円を超えた時にもう10万を入金して軍資金を30万以上にし、(30万以上証券口座に入れないと
信用取引ができないためちょっとズルをば・・・)
そこから後は入金なしでコツコツ軍資金を増やし、やっと8桁というところでしょうか。

ほんとにボチボチ、コツコツです。

もっとリスクテイカーだと思っていたのですがデイトレすることで自分の小心者っぷりも発覚してしまいましたよ^^;
でもボチボチコツコツ、リスク許容度も上げていくつもりです。

そして、億をブン回すトレーダーに・・・・・・・なれるのは50年後かっ?!?!

監視銘柄がデイトレ日和になるまで待つ

2015年5月22日 

以下は私の監視銘柄で今日ねらっていたGMOペパボ3633という銘柄です。

  
GMOペパボ日足チャート

赤のラインを入れましたが、きれいな三角形が描けますね。
ちょっと一部飛び出ている部分もありますが少々のズレはO.K.です。

今日の引けた後の画像ですのでデイトレ日和だったのがわかります。
朝の寄り付きの時点ではまだもみ合いの最中かもしれないとも思いましたが
チャンスを逃したくないのでリスクをとって始値ブレイクで入りました!

・・・・・と、言いたいところですがまさかの取引暗証番号未入力!!
発注画面は用意してあったので最後のワンクリックをするだけでした。
タイミング的には十分間に合っていましたが、クリックしたとたんに
未入力に気が付きました。

残念。

いつかやるとは思っていました。ネットストック・ハイスピードは暗証番号入力が面倒です。
いつも寄り付き間際に気がついて入力していましたが今日は気が付きませんでした。
頭の中はGMOペパボが噴き上がることでいっぱいですから^^;

エントリーポイントを逃してしまいました。

私がエントリーしたのは押し目をつけて再度株価が上昇した時です。

GMOペパボ5分足チャート

無残な高値買いです。その後は含み損状態です。最悪のエントリーですね。
しっかり始値ブレイクで買えていれば含み損を抱えることはありません。

こんなエントリーをすると押し目で損切りになります。

こんなアホなエントリーをしたのもチャンスがにおったから。

今日はビッグチャンスのニオイがプンプンでしたので
逃してなるものかと少しぐらいの含み損は我慢をし(エントリーポイントが悪いのだから)
始値を割れるようだったら損切りしようと放置しました。

三角保ち合いが上放れた、上値抵抗線が上抜けた時は絶好の買いエントリーポイントですが
全部が全部きれいに上がるわけではありません。ダマシもあります。

今日の場合は損切りになったらちょっと大きめの損切りパターンになります。

どこであきらめるかですが、普段なら「高値掴みをした私が悪うございました。」とすぐ損切りします。
今日は大きなチャンスを掴むために大きめのリスクをとりました。
なぜならビッグチャンスのニオイがプンプンだからです。
なぜニオイが嗅ぎつけられたかというと監視銘柄だからです。普段と違うということがわかるのです。

ホールドしている銘柄の含み益が大きく減っても、含み損が大きくなっても
リスクをとるときは取ります。
大きな利益をとるために大きな損切りを覚悟します。それだけの価値があると判断したからです。

今日取らないでいつ取るんだ!!!
そう思うわけです。

こんな感じでリスクをとると決断した時はとことん(やり過ぎるまで)取るので
大きな含み益をすっかりすっ飛ばすこともよくあります。

ランキングなどからデイトレ銘柄を探すのもいいですがやはり日頃慣れた監視銘柄の方が
リスクを取りやすいように感じます。リスクを取りやすいということは利益が取りやすいということです。

値動きや板の厚さなどから「これは普段と違う!」「今日は来るぞ!」というのが感じられます。
普段、板がそれほど厚くない銘柄の方が違いがよくわかります。
信念を持ってトレードできるのです。(信念に固執し過ぎてはいけませんが。)

毎日監視銘柄をチェックするのですがこの時間ほど大切な時間はありません。
監視銘柄というのは自分がデイトレしやすい銘柄です。
そんなデイトレしやすい銘柄の中からチャンスの気配を発しているのを選択するのです。

楽をしようとしてはいけません。寄り付きの前にいかにいいデイトレ銘柄が探せるか。
ここを大切にしてください。日足チャートチェックを念入りにしてください。

ちなみに私が手仕舞いしたのは2時過ぎで、ストップ高から何度も剥げそうになるので
下げ始めたところで手仕舞いしました。ストップ高に張り付けないので持ち越しもやめました。
十分利益が取れましたが、ちゃんと始値ブレイクでエントリーできていれば良かったですね。

ほんとうは監視銘柄であろうがなかろうがチャンスが来たらしっかりとリスクをとらないといけませんが
監視銘柄で慣れた銘柄の方がリスクが取りやすいです。
(リスクをとるとは、手仕舞い位置に十分な幅をとるということ)
今日たまたまトレードすることになったお初の銘柄はとっととトレードを終了してしまいます。

これって私だけでしょうか。

リスクが取れないという悩みがあるならしっかりと監視銘柄を監視してみましょう。

気配値ランキングでみつけたガーラでデイトレ

2015年4月22日

早速今日もマネックスの気配値ランキングで銘柄を探してみました。
気配値が高い銘柄を一括登録して
マルチビューアで銘柄チャートを一通りチェック、気になったのがガーラ(4777)です。

今日の引け後の日足チャートです。デイトレ日和でしたね。

ガーラ日足チャート

またしても適当に上値抵抗線を引いて、よしこれは良さそうだ、元気な時は元気だしと
今日のデイトレ銘柄にガーラを登録。結果はストップ高にも届き元気だったのですが
一度大きく崩れてあえなく追い出されました。

ガーラ5分足チャート

ガーラは値動きが早すぎて始値ブレイクで買えませんでした。
そして揉んだ後に適当買い。始値で買えなかったのでその後下髭が何本か出た時に適当買いをしました。
本当の買いポイントは始値ブレイクの時と、黄色の丸印の上値抵抗線上抜けのポイントです。
いい加減なことをしてはいけません。(汗

買った後はずっと放置していました。頭の中はもちろんストップ高張り付きです。
1度はストップ高にタッチしたのですが2時過ぎの急落でカットです。残念無念。

松井証券の1日信用取引は持ち越しができず、もし持ち越すと強制決済で決済手数料が株価の0.3%かかります。
じゃあ、ストップ高に張り付いたら現引きしなくちゃいけないなあ~。現引きやったことないけど頑張ろう!
なんて、取らぬ狸の皮算用じゃありませんがストップ高に張り付いた時の事を考えてウェブサイトでの注文準備万端でした。
ネットストック・ハイスピードでは現引きができないようです。

持ち越ししたい銘柄がある時は松井証券の1日信用取引で保有している銘柄を引成決済(指成)して
ライブスター証券で引け成りで同じ銘柄に買い注文を入れます。
なんて面倒くさい。

ストップ高に張り付いた場合はライブスター証券で引けで買えないので松井証券で現引きをしなくてはなりません。

デイトレしていても持ち越ししたい銘柄がどうしてもあります。
銘柄を保有している時間がちょっと長めなので、私は1日信用取引に不向きかもしれませんね。
面倒でも別口座で引け成り買い注文を入れて頑張っています。ちょっとデータを取ろうと思いまして。

デイトレと持ち越しの口座を分けることによって私の持ち越しって利益が出ているかどうかがハッキリすることになります。
持ち越しして翌日の寄り付きで売るのですが、ギャップアップもあればギャップダウンもあります。

私の感覚としては持ち越しをして利益を減らしているような感じなんです。
ギャップアップして当たり前に思い、ギャップダウンされると悔しい気持ちが残るのでその感情のせいかもしれません。
感覚ではわからないので1ヶ月程持ち越しのみのデータを取ってみます。

これで利益が出ていたら、夕方持ち越し銘柄を決めて、引成でポジションを作り、翌朝寄り決済というトレード手法も
成り立ちますね^^

マネックストレーダーの気配値ランキングで今日のデイトレ銘柄を探す

2015年4月20日

【デイトレ勝てない思考】から【デイトレ勝てる思考】にあっという間に切り替えてしまわれた方がいまして
すごいなと思いながら頂いた質問メールを見返していました。( ← なにげにヒマ人)

短期間によくぞここまで変わってしまわれたものだと、自分の時(稼げるようになるまで思いっきり時間がかかった)
と比べてひゃ~~~と驚いています。

驚いた事はおいておきまして、

2ヶ月程前に頂いたメールに
忙しくてデイトレ銘柄を探している時間がなく、気配値ランキングをを使って銘柄探しをしているとのこと。

2ヶ月前にこのメールを読んだ私の頭には「ランキング」の文字しか残らず、「気配値」という文字に全然反応していませんでした。
いったいどんなお返事をしたのか今では不安になります。(汗

質問メールはいつも何回も読んでいるのですが、ほんとにダメな頭ですね~。
目からは膨大な量の情報が脳に届くのに、ごく一部しか意識にのぼってこないと言いますが私の頭、酷すぎです。

で、昨日見返してみてはじめて「気配値ランキング」に反応しました。

気配値ランキング? それってもしかして寄り付き前の気配値の高い銘柄がわかるってこと????

昨日なぜ気配値ランキングに反応したかというと、
松井証券では寄り付き前たくさんの銘柄の気配値をチェックすることができないからです。不満を持っていたからです。
多分、この不満のお陰で「気配値ランキング」に反応できました。

またしても余計な話が長くなってしまいました。

デイトレで利益を上げるため、デイトレに適した銘柄をピックアップするため
デイトレの当日の寄り付き前までにたくさんのチャートをチェックして今日のデイトレ銘柄をある程度
絞り込みます。

このデイトレ銘柄ピックアップにかけられる時間は人それぞれですが
私は岡三オンライン証券では30分程度チャートをチェックし、寄り付き直前の気配値で最後の絞込をしていました。

ところが松井証券では1時間以上無駄な事をしています。ツールに慣れていないのもありますが
寄り付き直前の気配値チェックが限られた銘柄しかできません。
非常に不満が溜まっていました。

そこへ来てこの「気配値ランキング」です。

検索しまくりました。気配値ランキングについて。

マネックス証券とカブドットコム証券のツールに気配値ランキングがあります。
カブドットコムの方がもっと面白そうです。至れり尽くせりです。
マネックスのツール、マネックストレーダーは口座があれば無料で使えます。
カブドットコム証券のkabuステーションは月945円ですが
1回でも取引するか、100万以上の預け入れで無料で使えます。

追加
信用口座開設でも無料になるそうです。 ← また説明書すっ飛ばしてちゃんと読んでない(汗

マネックスのマネックストレーダーを入れてみました。(新マネックストレーダーです。)

新興市場に限定してランキングが見られるのもうれしいですね。

気配値ランキング

黄色の丸印の一括登録をクリックするとマルチチャートビューアに登録でき全部のチャートを一気に見ることができます。

マルチチャートビューア2

これは画面の一部分で縮小しているので見にくくてすみませんが、
2画面使ってビロ~ンとマルチチャートビューアを引き伸ばすとズラッと40銘柄以上でも一気に見ることができます。

気配値の高い銘柄をランキングで探し、その銘柄をマルチチャートビューアに移し、
日足チャートが上抜けそうな(ブレイクしそうな)銘柄のチャートを探すのです。

今まではブレイクしそうなチャートを探す ⇒ 気配値で最後のチェック というように銘柄探しをしていましたが
この気配値ランキングを使えば、気配値の高い銘柄をチェック ⇒ チャートのチェックということもできます。
できるだけ寄り付き間際に探した方が良さそうですね。ほんとうに忙しい人向けです^^

目からウロコでした☆

長いこと岡三オンライン証券でボケ~~~とデイトレしてきましたが、いろんなことができるようになっているのですね~。
トレーダーの要望がどんどん入ってツールが進化していくのでしょうね。
有料のツールもたくさんあるのでもしそんな有料のツールを使ったら止められなくなるかもしれません。

マネックスのマネックストレーダーのマルチチャートビューアのチャートの銘柄はドラッグだけでスピード注文画面にいけます。
あ~~~、このツール使いたいっ!! でも手数料がぁぁぁぁぁ・・・・・。

つらいところです。

ツールの使用料は払ってでも使いたいですが、売買手数料が一番ネックになりますのでやはり今は手数料無料がありがたいです。
いつか大口様になってどこでも手数料無料になろう!  



デイトレの障害5種

2015年4月13日

デイトレには心理的な障害がいくつもあります。

一番の障害は損切りです。
この障害だけは最低限乗り越えなければトレードで稼ぐことは不可能です。

説明するまでもなくこの損切りという行為がどれほどやりづらいかはご理解いただけると思います。
利益を確定させるのは超簡単なのになぜこれほど損を確定するのがつらいのか。

損をしたくないというのが人の本能なのでやりづらいのは当たり前。
やりづらいことをしてまでも儲けたい?
では、かなり気合いを入れないといけません。

勝てる確率の高いエントリーポイントを知らない初心者にとっては損切りをしなければならない場面ばかりになります。
損切りをしたとしても日々利益を残すことにはなりません。
ちゃんと損切りしているのに勝てない! 損切りばかりでイヤになる時期です。
損切りはしているけどだんだんと少しずつ資金が減っていきます。

損切りができるようになること、勝てる確率の高いポイントでエントリーすること
このふたつが揃って利益を残せるようになります。

ふたつめの障害がエントリーポイントを理解し、そのポイントでしっかり入るということなのですが
エントリーポイントでエントリーするのがなぜ障害になるのかというと

確率の高いエントリーポイントというのは有能な主婦ほどエントリーが苦痛になるポイントだからです。

安いスーパーを選び、お買い得な品物を選んでお買い物をする優秀な主婦は
高くなった株価で買うという行為はとても苦痛に感じます。

有能な主婦でなくても損切りができるようになるとできるだけ損切り幅を小さくしたいという思いがあるため
できるだけ安く買いたい、ちょっとでも安く買いたい、そんな思いから上げていく株を買うのを躊躇してしまうかもしれません。
もっと安い時期に買いたいという気持ちは分かりますが安い時期の株は上がらないのです。
上がっていく株が上がる株ですのでどうしても高い値段で買わなければなりません。

買った株は売らなければならないので上がる株を買わなければなりません。
高く売るために株を買うので安い株ではなく上がる株を買わなければならないのです。

頑張って高い株を買いましょう。

損切り幅を小さくしてしまって大きくできない、これが3つ目の障害です。
損切りはちゃんとするよ~。でも大きな損切りはイヤだよ~。

確かに。 損切りは小さくして利益は大きく取るというのが基本ですから損切りは小さくしたいところなのですが
株価は一方方向に一直線に動いてくれるものだけなら嬉しいのですが、上下を繰り返しながら上がっていく、
または下がっていくものが多いですね。
いちいち押し目や戻りで手仕舞いになっていては取れるものも取れなくなります。損切り貧乏です。
利益を取るためにはある程度の損切り幅は必要になってきます。

4つ目の障害は利益を伸ばすということです。

今ある50の利益があるとして今なら50が確実に手に入ります。
でもその50をもらわずに放置しておけば将来100になる可能性もあるけど20になる可能性もあるとなると
ほとんどの人が今ある50をもらってしまうそうです。

 
利益をリスクにさらしたくないというもの人の本能なので利益を伸ばすというのも心理的につらいものになります。

ちなみに損については、今50の損がある場合、将来損が100になってしまう可能性もあるけど
20ぐらいに損が減る可能性もあるとなると普通の人は損が減ることを期待して放置するのだそうです。

人の本能が欲するところと正反対のことをするのが儲かるトレードですので儲からない人が多いのも頷けます。

利益はリスクにさらしたくない!でも損はリスクをとってでも減る確率があるなら待ちたい!
この本能のいいなりにならないようにしなければなりません。

ある程度利益を放置できるようになればデイトレで勝つことはできるようになりますが、
利益を引っ張ることができればできるほど儲け額が大きくなりますね。

デイトレで儲かるようになるとその儲かった分を使ってしまわない限りどんどん資金が増えます。
資金が増えるのだから大きな金額を投入できるようになりさらに儲け額が大きくなるかと思われます。

ところが大きな資金を投入するということは大きな損切り額を設定しなければならないということ。
2倍の資金を投入すれば損切り額も2倍は覚悟しておかなければなりません。
大きな資金を投入し、大きなリターンを得るのはウェルカムなのですが大きな損失を受け入れるのがまた苦痛です。
というわけで5つめの障害は投入資金を大きくするということです。

私も少額トレードだったころはすぐに資金が2倍になるのでこの調子だったらすぐに億万長者になれる♪
と思っていました。甘い夢でした。
なくなってもいいと思える資金は全額投入できますが、今ではなくなっては困りますので全額投入なんてできません。
何銘柄か同時にポジションを持って足したら全額投入になることはありますが、
一度にひとつの銘柄に全額投入はとてもじゃないですができません。
そんなリスクは取れないのです。キャパ不足です。大きなリターンを取れる人は大きなリスクが取れる人です。

短期間で何億も稼げるようになったという人ははやり普通の人と違うようです。

動画でとんでもない(命をすっ飛ばしそうな危険な)行為をアップしているアメリカ人とか、そんな人に近いかも。
普通の恐怖心を持っている人には異次元の世界だと思われますが
あきらめずに目指したいと思います。 次元の違う大金を稼ぐ人になってみたい^^

デイトレにはいくつも障害がありますが、全部「得をしたい、損をしたくない」という人の感情によるものです。
感情がなくなるわけではありませんのでうまくコントロールするしかありません。

デイトレ(超短期トレード)するならレンジトレードよりブレイク狙いの方が早く利益が出る

2015年4月12日

デイトレはポジションを持ったらすぐに利益が出てくれなくては困ります。

超短期決戦ですから利益が出るのをのんびり待っていることはできません。
株価がどっちへ動くかわからない時に買っても利益になるかどうかわからないし、
かといって利益が出るまで何日も待つなんてこともイヤです。

株を買って早く利益を出したい!できれば午前中で利益を出して終わりたい!

ですよね?

そんな時はやっぱり日足のブレイクアウト狙いです。
日足が上値抵抗線を上抜けそうになっていて朝の気配値を見るとあきらかに上抜けたところで寄り付きそう、
日足チャートで三角保ち合い(ペナント)が形成されていて朝の気配値を見るとあきらかに上放れたところで寄り付きそう、

こんな銘柄を寄り付き前から監視できていればほんとに短時間で利益を得ることができます。
株価が元気に動くのは寄り付きの9時から10時半ぐらいですのでその間にさっさとトレードしてしまうのです。

寄り付き前にブレイクしそうな銘柄さえわかっていれば利益はすぐに出ます。
ブレイクする銘柄がすべて利益になるとは限りません。寄り付いて垂れ下がる銘柄もありますから。
垂れ下がる銘柄は損切りをし、利益が伸びた銘柄を少し放置して利益を伸ばせば1日の利益を確保できます。

寄り付き前までにブレイクしそうな候補銘柄をいくつか用意し、
寄り付き前の前の気配値で今日ブレイクしそうな銘柄だけをトレードします。

これが朝の短時間で利益を出すことができるトレード方法です。
トレードは短時間で済ませられますがその前の下調べ(チャートチェック)に時間をかけなければなりません。

チャートチェックはいつでも空いた時間にできますし、トレード時間もわかっているので
時間も有効に使えます。

日足がレンジを作っていて下値抵抗線の辺りに株価がある時、
価格が反発して上がる確率が高いのでデイトレしたくなるかもしれません。

株価は勢い良く反発するかもしれませんし、その辺りでモゾモゾしているかもしれませんし、
下値抵抗線から上げるにしてもジワジワ上げるかもしれませんし、
寄り付きは高く寄り付いても日中は下げているかもしれません。
幅の小さい日足のローソク足が何日も続くかもしれません。

なんやかんやで上値抵抗線まで行くにしてもどの日にデイトレしたら効率よく稼げるのかよくわかりません。
下値抵抗線まで下がったけれど、今日株価が元気に上げてくれるのか、明日株価が元気に上げてくれるのか、明後日なのか・・・・。
どの日がデイトレ日和になるのかわかりません。

もしデイトレで買うとしてもレンジの中の中途半端な位置ではなく
下値抵抗線に近いところで買いたいものです。でもいつ上がるのかわかりません。
下値抵抗線が割れない限り上がる確率は高いですが、上がるのにどれだけ時間かかるかわかりません。

というわけで私の頭の中は

日足がレンジで価格がレンジの下限または上限の辺りにある ⇒ 少しは反発(反落)するかもね ⇒ スイングトレード

日足がブレイクしそう ⇒ すぐ儲かる♪ ⇒ デイトレ

というイメージです。

儲けたい、損を取り戻したいという気持ち

儲けるためにデイトレをしているのですし、損が出たら当然取り戻したいと思います。

ですがこれも邪魔なんです。儲けたい、損を取り戻したいという気持ちがデイトレの邪魔をするのです。

とにかく儲けたいという気持ちが強いとどんなチャートでもエントリーポイントに見えてしまいます。
冷静になればそれほど勝てる確率の高くないポイントでも勝てそうに見えてしまいエントリーしてしまいます。

ポジポジ病という病気がありますが、
儲けるためにとにかくポジションを持っていないと気が済まない病気があります。

儲けたい儲けたい、ポジションがなくては儲からない!気だけが焦りとにかくポジションを取りたがるポジポジ病です。

デイトレで勝つためにはエントリーチャンスが来るまでしっかり待つこともとても大切です。
よいトレードをしていても無駄なトレードが多ければ損切り回数が増え、収支がマイナスになってしまいます。

トレードチャンスにはしっかり参入しなければなりませんが、チャンスがない時はじっとしていなければなりません。
やるべきトレード(もちろん損切りトレードも含まれます。)のみをやって無駄を省くことで利益を積んでいきます。

儲けようとしてはなりません。

代わりに考えることは「やるべき事をやる!」です。

「デイトレで儲ける」ではなく「デイトレでやるべき事、やるべき事のみをやる」です。

人は自分にとって都合の良い物しか見ないし、聞かないし、理解しません。
儲けようとしているとチャートが儲かるように見えてしまうのです。

損を取り戻したいという気持ちも儲けたい気持ちと同じように利益をすぐに得たいという気持ちですね。

またまたチャートがチャンスだらけにみえて無駄トレードを大量に連発してしまいかねません。

思うように利益が出ない時、ちょっと大きな損切りをした時などはどうしても気持ちが焦ります。
こういう時にますます大きな損をしやすくなります。

どんな時でも儲けるという気持ちを捨てて「ただ、やるべき事をやる!」
この事に集中してみて下さい。

ちなみに頑張ってもいけません。
よくコメントに頑張って下さい、とコメントしてしまいますがデイトレは頑張ってもいけません。
私のようにテンションが低い人はちょっと気合いを入れないといけませんが、
頑張って気合いが入りすぎても無駄トレードが多くなります。

私がハイテンションでデイトレをやるといい結果にはなりません。
テンション低すぎても何もできなくなるし、ここらへんもまた難しいところです。

デイトレ中でも気持ち、感情、欲望を丸出しにしていい時

私達の普通の感情や欲望を丸出しにしたトレードをすればほとんど負けます。
利益を得たい、損をしたくないという気持ちのままトレードするとほとんど負けます。

ですので普通の感情、気持ち、欲望を持っている普通の人はほとんど負けます。
トレード用の思考をし、感情や気持ちとは正反対のことをしないとトレードは勝てません。

なのですがある時だけ欲望丸出しの方が良い場合があります。

それは利益を伸ばしている時です。

利益が出ている時ってどんな気持ちですか?

ちょっとでも利益を減らしたくない、この今の利益でいいから確定してしまいたい。
こういう気持ちが強いと思います。なので利益を伸ばすのは難しいし損小利大は難しいと言われます。

でもそんな気持ちの他にもまだ欲望ありますよね?

一発大物釣りをしたいという気持ちありませんか? 私は大物を釣り上げたいです。
今あるこの利益、10倍になってもいいぞ~~~!!と思いっきり強欲ババア全開です。
この感情だけは野放しにしていてもいいのではないかと思います。

私は含み益だけはよくいっぱいになりますが強欲をかき過ぎて利益確定ができず
ほとんど買値で撤退、あるいは大きな含み益を目にしながらその後損切りということがよくあります。

デイトレで利益がのったので利益確定をせず持ち越し、
何日も強欲全開で株価が2倍(利益ではなく株価です。すごいでしょ?)になり
ウシシシ、株価10倍になってもいいぞ~~~~~!とますます目が$$$$でした。
その後株価は下がり、買値にちょっとおまけが付いた程度で利益確定しました。涙出ました。

夢をありがとう!でしたね。

強欲をかかなければ利益は伸ばせないし、強欲をかき過ぎるとチャートの変化に気づくことを拒絶するしで
難しいところです。

ほんとうは強欲をかかなくても理性的に利益を伸ばせれば一番いいのですが ^^;

もみ合って値動きが止まったところを狙う理由

デイトレで利益を取ろうと思ったら
買ったら上がると思われるところで買うこと、そしてできればグ~~~ンと株価が伸びてくれるところ
こんなところが理想ですね。

エントリーしたら大きく取れそうなところでエントリーしたいですね。

チャートが三角保ち合いになっているということは三角の先端で株価の動きが少なくなっています。
こういう株価の動きが小さくなっているところというのは次の動きのエネルギーを溜めていると考えます。

下から株価が上がってきてしばらくもみ合い値動きがなくなると
次の上昇のエネルギーを溜めていると考えるのです。
ですので値動きがなくなってから上げ出したところをできるだけ初動で捉え、買いエントリーするのです。

上げていてもみ合ったら次の上昇のエネルギーを溜めている。
下がってもみ合ったら次の下降のエネルギーを溜めている。

こんな風に考えるといいです。
もちろん100%ではありません。

下がって値動きが止まったのを見て下げ止まったと考えるより
さらに下へ行く準備をしている
と考えた方がいいです。

チャートポイントを上抜ける前に株価がもみ合って値動きがなくなると
上抜ける前に十分にエネルギーを溜めて元気よく上昇する、つまり値幅が大きく取れる
そのように考えます。

チャートポイントを上抜ける時にすでにかなり下の方から株価が上げてきていて
もみ合うこともなくそのままチャートポイントを抜けていくこともありますが
そういう時はエネルギーが途中で切れてしまって上がれないと考えます。

下からポイントまで上昇する時に上昇エネルギーを使い果たしてしまい、チャートポイントを抜けた時には
すでにエネルギーがなくなってしまい、ほとんど上昇できない
そんなイメージです。

もちろんこんな事ばかりではありませんが、できれば抜ける前に揉んで欲しいです。
もみ合い期間は長ければ長いほど、上によく伸びると言います。
ガッポリ儲けるためにもみ合いを探します。

もちろん監視していてもちっとも上に行かず、延々と横にもみ合っているだけ・・・・
そんな株もあります。
いつ監視をやめるかですが、監視をやめた時に限って元気に上に飛んで行ったりします。
この~~~~!!子どもか~~~!!と思いますが、そんなもんです^^;

出来高が多くなって減らず、注目されているうちはちょっともみ合って上げていくことも多いです。
1日大きく上昇して長い陽線が出て、数日もみ合って2回目の大きな上昇が来るとか。

上昇ランキングでよく上がった銘柄は数日日足を監視して次の上げを狙います。

このチャートの見方と言いますか、考え方は日足でも5分足でも当てはまります。

ランキングでデイトレ銘柄を探してトレードする方法

下調べしても今日デイトレによさそうな銘柄がみつからない時もあります。

そんな時はひたすたランキングボタンをポチポチ押しまくります。

上昇ランキングや急騰ランキングなどをポチポチ押していると今日上げ出した銘柄が見つかります。
何日も上げていると急落するリクスもありますので安全策でということで。

例えばこのFJKという銘柄、今日スポ~~ンと高値を超えて上昇しています。
(引け後のチャートです。)

FJK2405日足チャート

ランキングでみつけたらすぐにエントリーするのではないですよ。
上昇ランキングでみつけているということはすでに上がってしまっています。
なので次のチャンスを待ちます。

以下がFJKの5分足チャートなのですがどこを狙いますか?

FJK2405 5分足チャート

上昇してしばらくもみ合った後ふたたび上昇しだしたところを狙うと何回もお伝えしていますね。
以下のチャートの黄色い丸印の部分が買いエントリーポイントです。

FJK2405 5分足チャートその2

ブレイクする前に一度MA25を下回って、あらダメ?下へ行っちゃうの?と思わせて上だよ~~ん! 
そんな感じです。
そうなると上への確率がさらに上がります。

黄色の丸印で、今までキレイに一直線に上値を押さえられていた価格が上抜けます。
こういう時までしっかりと待ってエントリーします。
こんな動かない株価をじっと見て待っていることは苦痛なのでアラート機能や逆指値を使うと便利です。

この丸印で買いエントリーして上げた後ちょっと深く押しているので手仕舞いカットしてしまうかもですが
とにかく狙うところはこんなところです。動き出したら1回ぐらいの押し目は我慢したいものです。

もみ合いブレイクを狙うのは日足チャートでも5分足チャートでも同じです。
上げている5分足チャートでは何回ももみ合って買いエントリーチャンスになることがあります。

ランキングでみつけて様子見をしチャンスが来るまでじっと待ってトレードします。
暇な時はランキングでいくつか銘柄を拾ってきて監視するといいです。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末