5分足チャートでブレイクチャンスを狙う

2016年2月11日

日足チャートで今日がブレイクの日だぁ!という日(ブレイク初日)には始値ブレイクでエントリーしたいですが
日足チャートでブレイク初日ではなく、2日目とか、3日目とか、ズルズル一方方向で動いている時とかは
寄り付き直後は、どっち方向かな?流れが継続かな?反転かな?5分足チャートは上向きかな?
下向きかな?としばらく様子見をしています。
ブレイク初日でも早い時間帯にエントリー出来ない時は5分足チャートで次のエントリーチャンスを待つため
様子見します。

ボケっとして様子見をしているわけではありません。チャンスがあれば突撃するためです。
(突撃せずに、結果的にボケっとして様子見したと同じ事になるのは多いですが・・・・。)

以下の4つの5分足チャートを見て下さい。
右端に注目!

モルフォ3653 5分足チャート動く前

ジグソー3914 5分足チャート動く前

そーせい4565 5分足チャート動く前

プロバティA3464 5分足チャート動く前

5分足チャートがこんな形になった時、空売り発注準備ができていますか?
ワンクリックのみを残して突撃体制に入っていますか?
それともさっぱりチャンスに気が付きませんか?

動き出す時に発注準備をするのではなく、動き出す兆候を捉えて発注準備をするのです。
動き出してからそれそれ私もと発注準備をしても遅いです。
動き出してから追いかけると大抵一時の戻しで損切りになったりします。
下げているのになぜか空売りエントリーで損切りになる状態。
タイミングよくエントリーできていればこのような状態を避けることができます。

動き出してしまったチャートではなく、動き出す前にチャンスを嗅ぎつけるのです。

4つのチャートとも弱そうですね。ちなみに日足も弱っちぃのが条件です。
5分足チャートの右側の隅の方は、ローソク足が短くなって小さくなって、価格の動きがなくなっています。
動いているチャートではなく、この4つのチャートのように動きがなくなったチャートに注目するのです。

5分足チャートを見る時は、このような形のチャートを見つけ出すために時間を使うのです。
努力をするのです。

ディスプレイにできるだけたくさんのチャートを表示させるとか、
こまめにアラートをセットし直すとか(アラートではちょっと遅れるので目で確認が一番はやい)
とにかくチャンスなチャートをみつけるための努力や工夫が必要です。

チャートをパッとみてチャンスかどうかを即座に判断するためのチャートを見る目も重要です。
チャートをたくさん見れば見るほど目が肥えて、チャートをひと目見ただけでチャンスだと判断できるようになります。

このような5分足チャートを見たらすぐに「うほっ♪」と反応できるようにチャートを見る目を鍛えて下さい。

ポイントは
5分足チャートの下値支持線(サポートライン)の辺りに株価が近づいていること
5分足チャートのローソク足の長さが短くなって値動きが小さくなっていること

この2つのポイントに注目です。

4つのチャートのその後ですが

モルフォ3653 5分足チャート動いた後

ジグソー3914 5分足チャート動いた後

そーせい4565 5分足チャート動いた後

ロバティA3464 5分足チャート動いた後

下げの流れができましたね。ポイントのところでチャートをガン見して発注準備が整っていれば
「来た!!」という時にタイムリーに売り注文を入れることができます。
(プロバティAはちょっと余分な動きがあり、うまく入れないかもしれませんが)
エントリーした後は「えへへへへへ~~~~$$$♪♪」とボケっとしてるだけです。

このような5分足チャートでのエントリーチャンスはある時はたくさんありますが
ない時はさっぱりなく、特に午後はワンチャンスぐらいしかない日もあります。
狙い目はやはり前場です。せめて前場ぐらいは居眠をせずしっかり5分足チャートを見ましょう。

それから、日足チャートですでに動いてしまっている後は、
5分足チャートでエントリーしてあまり粘ってホールドしていると流れがすぐに変わることがありますので注意!

素直に株価が動くスノーピーク

2015年6月26日

私の大好きな銘柄に、スノーピーク7816があります。

なんで好きのかというと、とても素直に株価が動き、とてもわかり易く、勝ちやすいからです。

日足チャートにエントリーポイントを緑の矢印で表示してみましたが、

スノーピーク7816 日足チャート

ね? 高値を抜けて行く日や、抵抗線を上抜けて行く時はキレイに長い陽線になっているでしょ?

株価があまり上下することなく、上がる時はスルスルスル~と上げてくれてとても楽なのです。

そして株価も私の好きな価格帯で昨日までは15000円程でした。(100株単位)
日足チャートの右の価格表示が4000円程になっていますが、株式分割です。

で、今日の5分足チャートですが・・・・・
こんな具合です。

スノーピーク チャート 板 分割後

分割前の価格と分割後の価格がごっちゃになっていて、5分足チャートは用を足しません。

月足、週足、ティックチャートはちゃんと分割後の価格表示になっているのですが
肝心の5分足チャートだけがこんな調子です。
おかげ様でエントリーできませんでした。

やっぱりどっか抜けています。松井くん・・・・。頑張ってくれ・・・・。

松井くんは置いておくとして、

銘柄は、素直に動くものや、わかりにくいものがありますね。
いろいろトレードしているうちに、あ、これはやりやすい、あ、これはやりにくいというのが
出てくると思います。

そんなやりやすいと感じる銘柄も少しずつ登録銘柄の中に増やしていくといいですね。

ついでにもうひとつ、今日トレードした銘柄です。

航空電子6807 5分足チャート

緑の矢印のところで追いかけて空売りです。3370円で1000株単位です。
ビビって同値撤退です。

オレンジ色の丸の出来高のところを見ると、ドドドッと売りが出たのがわかります。
私のイメージはドドドっと値が崩れるのを期待しました。
期待通り、ドドドッと売りがでたのですが、ドドドッと下がらず、下ヒゲで終わってしまいました。
下がると思われたところが下がらない ⇒ とっとと撤退です。
下ヒゲが出てしまった時点で撤退判断です。

・・・・・・と、なるはずでしたが、私の場合、私のリスク許容度を越えてしまっていました。
オレンジの丸の出来高が増えて下ヒゲが出る前にとっとと逃げていますっっっ(汗

航空電子6807 日足チャート

売りの根拠ですが、黄色のラインを引いて、このラインを割れてきたら売ろうと思いました。
日足のMA25も下抜けてきているので。
昨日も売り、今日も売りました。どちらもビビリ同値撤退です。

結局はレンジに戻ってしまいました。

3000円の銘柄で100株の場合、投資金額30万円ですが、私の場合、ちょっと損切りを失敗すると
1万円の損切りになってしまいます。(鈍臭くてよく損切り失敗する。)

ということは、
300万以上の航空電子の場合は10万円の損切りを覚悟しないといけないということになります。

そんな損切りは絶対イヤだし、航空電子の1ティックは5000円!
1ティック下がるだけで5000円のマイナス、それも受け入れられません。

自分のリスク許容度を上げようとたまに300万円超に突入してみるのですが、
まだまだこの金額は無理!ということを実感するのみです。

自分のリスク許容度を越えてのトレードは難しいです。
損切りも大きくしないといけませんが、どうしても浅くなってしまいます。
自分のリスク許容度を超えると、損切り貧乏になりやすくなります。

デイトレで1分足チャートではなく5分足チャートを見る理由

1分足チャートではなく5分足チャートを見て下さい。

私が紹介しているデイトレ方法は5分足チャートの方が向いています。
私も5分足チャートを使っていて1分足チャートはぜんぜん見ません。

なぜ5分足チャートなの?

理由がふたつあります。

理由のひとつ目 

それは利益をできるだけ引っ張って伸ばすためです。
コツコツドカンの逆バージョンです。コツコツ損切りをしてドカンと利益を取るためです。

やりがちな事は、損は様子見をして利益はとっとと確定してしまうこと。
つまりコツコツドカンです。
これは本能を持っている人なら当たり前にみんなやってしまいます。損は嫌だし利益は好きだからです。
人は嫌なことは後まわしにし好きなことをやるからです。
合理的に行動を選択していると思っていても実は感情的に選択して行動しているようです。
なのでコツコツドカンは普通なのです。

でもこれではデイトレで勝つのが難しくなってしまいます。

この反対の逆コツコツドカンをするために5分足チャートをオススメします。
ティックチャートや1分足チャートでは上下する値動きにハラハラし、ちょっとでも利益が減りそうになると
利益をすぐに確定してしまいます。

板を見ていても利益確定を急いでしまうかもしれません。
大きな売り板を見てしまったら、こりゃ駄目だと諦めて利益を確定してしまいます。

というわけでエントリーしたらほとんどチャートを見ない、板を見ない方が利益を伸ばせると思います。

私がおすすめしているエントリーポイントはスイングトレードでも買いたくなるようなポイントのひとつです。
ですのでできれば利益が出たらそのまま持ち越しして2~3日ポジションを持っていてもいいようなポイントです。
それじゃあデイトレではないですが、
できれば後場まで、できれば大引け近くまでポジションをホールドできればいいなあと思っています。
調子よく価格が上がればできるだけ利益を伸ばすようにしてほしいのです。

実際はそんなにうまいことばかりではないです。
日中の価格の上げ下げで手仕舞いさせられてしまったり、持ち越ししたらギャップダウンして
利益を減らしてしまうこともありますが、こういうことをしていると万馬券をドカーンと当てることも可能になります。

月に1回でもドカーンと来るとうれしくないですか?
できるだけ利益はリスクにさらして伸ばすようにしましょう。

利益を確定せずにいることは最初はつらいですがこれも慣れます。
利益を放置して美味しい思いをするとまた大魚を狙ってやろうという欲も勝手に湧きます。
利益が減ってしまうかもしれないという不安より爆利への期待の方が勝手に膨らみます。
私はこの欲が膨らみすぎたため、よく大きな利益を損になるまでホールドしては後悔しています。
ここら辺はしっかりご自分で調整して下さい^^;

10時半頃までにはひと動き終わってしまうのでそこら辺でスパスパとトレードを終了してしまうのも
もちろんアリです。
これはこれでけっこう気持ちよく終われます。

理由のふたつ目

監視銘柄のエントリーポイントのひとつとして始値ブレイクを使います。

始値ブレイクを逃してしまった、あるいは始値から上げてしまった後は
価格が動かなくなってチャートが凝縮してくるのを待ちます。
チャートが凝縮されて値動きがなくなった後に動き出したところをエントリーします。
三角保ち合いなどのチャートパターンができるのを待つのですがそのチャートパターンは
5分足チャートでのパターンです。

私は1分足チャートは使っていないので5分足チャートのチャートパターンでエントリーを判断しています。

ですので私がご紹介しているデイトレ方法を使いたいという方は是非5分足チャートを使って下さい。

1分足は使っていないのでよくわからないのですが
利益がそれ程伸びないようなところでもチャートパターンがたくさん出現して
トレードの数が無駄に多くなるような気がします。小さい利益はたくさん取れるかもしれません。

1分足、ティックチャートは1日にトレードを50回以上もするようなハードトレーダーが使っている、
頻繁に出たり入ったりを繰り返すデイトレーダーが使っている、
そんなイメージを持っています。

私がやっているのはもっとのんびりしたデイトレです。

どうして監視銘柄がいるの?監視銘柄が必要なわけ

今日、デイトレードしたい銘柄を何銘柄でもいいので5分足チャートを表示させて監視します。
今日監視するのは今日デイトレードのチャンスが生まれるかもしれない銘柄のチャートです。
(私はデイトレには5分足チャートを主に使っています。)
今日エントリーポイントが生まれるチャンスがあるかどうかというのは
デイトレが始まる前、午前9時までにそれぞれの銘柄の日足チャートをチェックして
今日の監視銘柄を決めます。

なんでもかんでもデイトレできるということではありません。
できないことはないのですができるだけ勝てる確率を高くするには
日足チャートがいい銘柄を事前に選んでおくことが大切です。

日足チャートがいいとは
今日陽線が出そうなチャート(買いエントリーをする場合)です。

日足チャートを調べて今日陽線が出る確率の高いチャートの銘柄を選んでおけば
デイトレで勝つ確率が高くなりますね。

日足チャートが陽線にならないくても上髭で終わってしまっても
とりあえずは一回上がりそうな銘柄という感じでもいいです。

で、問題はどんな日足のチャートを選べばいいかということですが
簡単にいうと(買いの場合のみで説明しますね。)

下値抵抗線で反発しそうな感じの日足チャート
上値抵抗線を上抜けそうな感じの日足チャート
押し目で反発しそうな感じの日足チャート
下げ過ぎ感のある日足チャート(これは難しいからオススメしません。)
三角保ち合いが上抜けそうな日足チャートなどなど。

ちなみに私が一番オススメするのは三角保ち合い上抜けそうな日足チャートです。
個人的に大好きです。
5分足でもこのパターンが大好きでいつもこればかり探しています。

三角保ち合いが上抜けそうな日足チャートの銘柄を選んでおいて
寄り付きが高く寄り付きそうなら買いエントリーチャンス到来です。
寄り付きが高すぎてもちょっと困るのですがとにかくこのパターンがわかりやすくておすすめ。

三角保ち合いといってもきれいな三角には見えないかもしれませんが
見慣れてくるとしっかり三角に見えてきます。
無理やり見ている場合もありますが(汗

三角保ち合いとは動きが徐々に少なくなってエネルギーがたまっている状態です。
動きがなくなった状態から一度方向感が出るとどどっと動き出します。

そんなチャンスあふれる面白そうな日足チャートをせっせと探してみてください。
宝探しですよ^^

私の鉄板トレード1

私の大好きな鉄板トレードをご紹介しますね。

私は朝30分から1時間かけていろんな銘柄の日足チャートをチェックします。下調べをして上がる確率の高い銘柄を
ピックアップしておけばデイトレで勝てる確率が高くなります。なので私は毎朝下調べを必ずします。

下調べといっても銘柄の業績やニュースなどをチェックするのではなくチャートだけをチェックします。
デイトレで使っているのは5分足チャートを日足チャート、たまに週足チャートをチェックしますが
基本的には日足チャートと5分足チャートのみです。
表示しているインジケーターはMA5とMA25のみです。出来高もあるといいですね。

今日の下調べで日足がいいなと思った銘柄はファインデックス(3649)という銘柄です。
日足チャートを見て下さい。

ファインデックス日足チャート

パッとひと目見て思うのは「右肩上がりのチャート」ということです。
パッと見はとても大切です。買いでエントリーする場合は必ずパッと見で右肩上がりのチャートを選びましょう。

一番右端のローソク足は今日のローソク足で、今朝チェックしたのはその前までのローソク足。
赤線でラインを引きましたが三角保ち合いを形成しているようですね。

このチャートを見て「どこが三角保ち合いやねん!!」なんて怒られそうですが三角保ち合いって
いつもいつもきれいな三角を描くわけではありません。上下しながら動きがだんだん小さくなって
ぎゅっと収縮した感じになってくるのを待っているのです。

三角保ち合いはいろんな三角の形があり三角に見えない時もありますがとにかくローソク足が収束してきたら
要チェックです。

一応赤線でラインを引いてみましたが超いい加減です。こんなもんでいいんです。ラインなんて適当で
ピッタリ上髭の突先、ローソクの終値、なんてこだわらなくても適当でいいんです。

チャートをたくさん見ていると収縮しているチャートは全部三角に見えるようになります?!?!

次は朝の気配値をチェックします。気配値は9時近くにならないとわかりません。8時や8時半などあまりに
早い時間に気配値をチェックしても変わってしまうので9時の寄り付き前の気配値をチェックします。

前日の高値より高い位置で寄り付きそうなら戦闘態勢(トレード態勢)に入ります。

そして9時の寄り付きです。
ローソク足が下ヒゲをつけて大きな陽線になっています。これは9時に寄り付いて一旦下げてから
上がっていったということです。

ファインデックス5分足チャート

買いエントリーポイントは始値ブレイクです。私の鉄板中の鉄板です。勝てる確率の高いポイントですので
買い注文を入れても買えずに取り残されることもあります。なので本当に気合を入れて画面をみつめていなければ
なりません。赤い矢印のポイントです。

優柔不断な私はエントリーポイントに関してはいろいろ迷うことも多く
エントリーしようかどうしようか迷っているうちにエントリーできないことも多いのですが、
このパターンだけは躊躇することなく入れる私の鉄板です。おすすめです。

日足チャートをみてもわかるようにこのようなデイトレ日和の日は長い陽線で終わることも多く、デイトレといっても
保有時間を長くして引け近くまでホールドするようにしています。押し目で手仕舞いしてしてしまうことも
多いのですが・・・・^^;

でもこのような日足チャートが良い銘柄は1日のうちに何回か買いエントリーポイントがあることが多いです。
手仕舞いしてしまっても5分足チャートを見ていると買いのエントリーポイントが現れます。

ファインデックス5分足エントリーポイント

この5分足チャートでは3つの買いエントリーポイントがありました。
日足チャートと同じ様に5分足も三角保ち合いができるのを待ちます。矢印の2回目、3回目と書いてある
ポイントですが、チャートの値動きが凝縮されてきて狭まっています。おまけにMA25に接近しているのも
注目ポイントです。

動きがなくなってきたら注目して上がりだすのを待つのです。上がりだした!と思ったらすかさずエントリーできるように
1クリックで買い注文が出せる状態にして待ちます。

あっという間に上がってしまいますから少し上の板を狙うようにするといいです。

これが私が大好きなチャートパターンでのデイトレ方法です。
最初の頃のトレードはこのパターンの1回目、つまり始値ブレイクのみのトレードで何年か過ごしました。
下調べがちょっと大変でしたがこれだけやっていれば勝てたのです。

他の方法はいっさいなしでこれだけやっていれば無駄トレードも少なかったですし
少ない手数料で利益が出ていましたよ。是非チャレンジしてみて下さいね。

予想しながらチャートを眺める

株は予想で買っては駄目ですがある程度予想を持ってチャートを見ている必要があります。
その予想は1パターンではなくいろんな場合を予想します。

チャートにはチャートポイントが存在します。
前回高値、前回安値、トレンドラインの抵抗線、MA25、VWAPなどなどですが
まずはしっかりとチャートポイントを意識していることが大切です。

日足も5分足もです。

チャートポイントがしっかりとわかっていなければエントリーのチャンスにも
気づくことができません。

その上でどんな事が起きそうか予想(妄想!?)します。

ポイントで下ヒゲを付けたローソク足が2~3本出たなぁ・・・・。
値動きがなくなってきたなぁ・・・・。
ポイントを1回下抜けたのにすぐに戻ってきたなぁ・・・・。

さあ、次はどんな事が起きそうでしょうか?

チャートのこのポイントでこうなったらこうする、ああなったらああする、
と事前に行動を予定しておきトレードサインと思われたらすみやかに実行!
予想通りの動きになったらラッキー!予想と反対の動きになったらすぐカットです。

下のチャートは日本マイクロニクスの日足チャートです。

日本マイクロニクス日足

6000の辺りがポイントのようですね。跳ね返ったりもみ合ったりしていますね。
9/2以降動きが小さくなっていてすぐそばにMA25の黄色のラインがあります。

その時私はこのMA25のラインを上抜けて寄り付いたら面白いなあ~と
ひとり妄想を膨らませました。(笑

でついに9/12です。その日の5分足チャートが下になります。

日本マイクロニクス5分足

縦棒が9時の寄り付きです。
気配値が高かったので私は寄り付き買いをし、しばらく放置です。
結果としては6800を超えた辺りで利益確定をしてちょっと後悔しましたが
面白いように上がっていきましたね。

デイトレではこんな事が起こりそうなポイントやタイミングを探すのが仕事なんです。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末