MA25下抜けの売り・MA25上抜けの買い

2015年12月15日

トレンドの方向と同じ方向へ仕掛けるのがデイトレの基本ですし
トレンドの方向と同じ方向へ仕掛ける方が負けにくいです。

日足チャートですが

上値抵抗線上抜けや下値支持線下抜けがいいよとオススメしています。

それとは別に
MA25の上抜けやMA25の下抜けもチョボチョボとオススメしていますが、
MA25上抜けやMA25下抜けはトレンドの方向に沿ったトレードではありません。

さんざん今までトレンドに逆らったトレードはするなと書いておいて何よっ!って感じですが
MA25抜けのトレードはちょっと別腹にして下さいね。

MA25上抜け、下抜けは
あれっ?なんか流れが変わるかも!のところのトレードです。

上昇トレンドだったもの、または上の方でモゾモゾもみ合っていたものが
MA25の下抜けがキッカケで上昇トレンド、または高値圏でのもみ合いから流れが変わるかも?!

下降トレンドだったもの、または下の方でモゾモゾもみ合っていたものが
MA25の上抜けがキッカケで下降トレンド、または安値圏でのもみ合いから流れが変わるかも?!

そんな日足チャートを狙っています。

ライオン日足

例えばライオンのAのポイントやBのポイントです。
Aのポイントは上昇していたものが高値を抜けず下落し、MA25を割ってきたら「あらっ?」
と思います。(あんまり美味しそうなローソク足になっていませんが 汗)

Bは以前紹介した通りです。

上昇トレンドではMA25が支持線になって反発することが多いのですが
MA25ピッタリで反発したり、MA25にタッチしないで反発したり、MA25を少し下抜けて反発したり
することがあります。

なのでMA25下抜けだけでは売るのはちょっとイマイチと思い、
Aのように、高値圏での「M」の字のネックライン下抜け、
Bのようにもみ合い下抜け、など他の根拠もあれば売りやすいです。
(だったらフツーにネックライン割れ、もみ合い下抜けの売りでいいだろうと突っ込まれそうですが
トレード根拠はやはりたくさんあるにこしたことはありません。汗)

フリークアウト日足

AのポイントがMA25を上抜けて寄り付いています。どうみても下げトレンドです。
ですが、MA25を抜けたことで流れが変わるかもということで
始値ブレイクなどチャンスがあれば入りたいポイントです。

私がデイトレをはじめたのは新興市場銘柄が下げ下げでした。
そして長期に渡る連敗を経てついに新興市場銘柄の下げが止まり、上げ出した時にこの形がたくさん出現し
あちこちの銘柄で収穫できたのでした^^

フリークアウトの場合はAのMA25上抜けで下落トレンドが変わり上昇トレンドになっています。
そうなったら次は恒例の上値抵抗線抜け、三角保ち合い上放れを狙っていきます。

MA25上抜け狙いは1銘柄で1回だけです。流れが転換する時だけです。
普段はあんまりありませんが、時期によっては複数の銘柄がこのような日足チャートを作ります。
あっちでもこっちでもMA25上抜けのタケノコの収穫です。

しばらく上昇トレンドが続いた後はあっちでもこっちでもMA25下抜けのチャンスがたくさんやってくる
かもしれません。

日本スキー日足

AのポイントがMA25を下抜けていますが、MA25下抜けは上昇トレンドの後の高値圏か
高値圏でもみ合っているところを狙いますので日本スキーの日足でのAでは売りません。
日本スキーの日足は中途半端なところで中途半端な動きをしているので
よくわからないのでMA25下抜けでは売りません。

DIT日足

Aのポイントは下落の後のMA25抜けなので狙います。安値圏での「W」のネックラインも上回っています。
ですが、前日、前々日のローソク足がちょっと長めなので悩みます。
その後のBやDでは安値圏ですのでMA25下抜けは狙いません。
Cも何度も何度もMAを上抜けたり下抜けたりしてもみ合い中なので手を出しません。(順張りトレーダーの意地)

MA25下抜けは高値圏に株価がある銘柄で狙います。
MA25上抜けは安値圏に株価がある銘柄で狙います。

中途半端なところはよくわからないのでスルーです。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末