私が損切りができるようになったわけ・順張りと逆張りの損切りのしやすさ

2016年7月30日

コメントを読んでいて私が損切り出来なかったことを懐かしく思い出しました。
(10年も経つと苦しみも懐かしみに変わる?!)

多数の人が損切り出来ずに何度も痛い思いをした後に損切りができるようになったのだと思います。
凝りますものね。こんな思いはもうゴメンだと。
痛い思いをせず最初から余裕でこなす人もいるかもしれませんが、多分少数でしょう。

損切りの習慣を身につけるには逆張りより順張りの方がいいと思うのです。
なぜなら逆張りは誘惑だらけで順張りは恐怖だらけだからです。

私が損切りができるようになったのは順張りをしていたからというのも大きな要因のひとつだったんだ
ということをコメントを読んでいて思いました。
多分逆張りを続けていたら損切りはできないままだったかも知れません。
私は自制心が多くないからです。誘惑にまみれて自制し続けるるほど自分をコントロールできる力がないからです。

ですが、恐怖から逃れるために自分をコントロールすることはできました。

誘惑だらけで自制し続けるのは難しいです。恐怖心から自制する方がよっぽど簡単です。

なんで逆張りが誘惑だらけで順張りが恐怖だらけかと言いますと

逆張りでエントリーする、ちょっと含み損になる、放置していると戻って来る、
こんな体験を多くします。
損切りしたのに株価が思惑通りの動きになり損切り自体を失敗したと感じたりします。

逆張りするポイントもVWAPだのMA25だの2分の1だの前回高値、前回安値だのフィボナッチだのたくさんあり、
前回安値で逆張りを仕掛けたものの下落が止まらず(買いの場合)
でももうちょっと我慢すればVWAPで反発上昇するかもしれないし、
VWAPで逆張りを仕掛けたものの下落が止まらず(買いの場合)
もうちょっと下にMA25があるし、MA25から反発上昇するかもしれないし、
などなど言い訳は湯水のように湧いてきて損切りの決断を遅らせてしまいます。

ポジションを持って含み損になることは逆張りの場合は多々ありますが、
ちょっとぐらいの含み損で損切りをしていては損切り貧乏でちっとも利益が積み上がりません。
ある程度の含み損は想定内としなければなりませんが、損切りはしっかりこなさなければなりません。
常に含み損の状態の方が多いのかもしれませんね。

その含み損、いつ切るの? ホールド?

そんな状態でホールドしていたら損失が利益に変わって利確できたという体験をたくさんし、
損切りをしないといけないのに「いやいや、待て待て、さっきも放置していて戻ったぞ。さあ、今度も!」
という誘惑がわかない方がおかしいですよね。

常に「放置したら戻るかも」「もうちょっと我慢したら損失がなくなるかも」の気持ちから
逃れていることはできません。

常に誘惑の声が聞こえている状態です。

こんな状態で損切りし続けるなんて、なんて自制心が強いのだろうと私は尊敬します。
逆張りで生き残ることができる人(誘惑に負けずに自制し続ける人)って・・・・・。

そこで自制心に自信のない人(自制心が足りないと思っている人)にオススメなのが順張りのブレイク狙いです。
恐怖だらけで損切りができるようになるかもしれません。

逆張りの「戻って来るかもしれない」という誘惑に対し、順張りは「ギョぅぇ~~~えらいこっちゃっっ!」
の恐怖体験をたくさん体験できます。

プチダメージをたくさん受けその恐怖からとっとと行動を改めようとします。

どういうことかと言いますと
ブレイクは上値抵抗線(レジスタンスライン)や下値支持線(サポートライン)抜け、
またはもみ合い抜けを狙います。

抜けたと思ったら抜けずにレンジ内に戻ってきたり、抜けた方向と反対側に株価が動いてしまう
ダマシも多いです。

このダマシの時に損切りになるのですが
ダマシの時に含み損を引っ張っているととんでも体験をすることになります。
それこそ「ギョぅぇ~~~えらいこっちゃっっ!」です。

レンジを抜けたのにまたレンジに戻るということは逆張り屋さんが益々張り切ってレンジトレードをするということです。
(順張り屋さんと逆方向にポジションを作る)
慎重な逆張り屋さんはダマシを確認しないとエントリーしないという人もいるでしょう。
なのでダマシの後の逆張りは益々勢いが出ます。
そこでブレイク失敗で含み損を持っている順張り屋さんはさっさと撤退しないと
勢いづいた逆張り屋さんの流れといっしょくたになりどんどん含み損を膨らませてしまうことになります。

ダマシは多いです。順張り屋さんはさっさと損切りしないと痛い思いばかりすることになります。
「ダマシになったら逆張り屋さんの餌食になる・・・」
この思いでいっぱいです。恐怖心でいっぱいなのです。

損切りしないとえらいことになる、この恐怖心があるため損切りを躊躇することがありません。
この恐怖心はなんども痛い思いをして植え付けられるのでしょう。
誘惑なんかありません。餌食になる恐怖心のみです。

どうです?損切りを躊躇する気持ちがなくなるでしょう?

損切りをしなくても「そのうち戻ってきて利益になるかも」の誘惑があるうちは損切りは身につきません。
損切り場面になったら常に「この損切りをしなかったら悲惨なことになる ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル」
という恐怖に包まれたら否が応でもやるようになります。

で、そうこうしているうちにすっかり習慣になってしまい、恐怖心がわく前にポチッと損切りするようになります^^

すっかり習慣になるのはいいのですが、さっさとポチッと損切りするため
たまに逆張りに挑戦してもちょっと含み損になるとすぐに損切りしてしまい、私は未だ反転の流れに乗れることはありません。。。

「憧れの逆張り」です。

ひとつのトレード手法だけを繰り返してやってみる 順張りのススメ

まだ安定して勝てない、どうすれば勝てるのかわからないなら
ひとつトレード手法を身につけることに集中します。

順張りなら順張りだけ、逆バリなら逆バリだけに集中すること。
何べんも同じことを書きますが最初は順張りに集中して下さい。
なぜなら順張りはエントリーポイントがわかりやすく損切りポイントも分かりやすいからです。
利益も伸ばしやすく、損切りも浅くて済むからです。

下がったところを買おうとするといくつもある反転ポイントを確認しておく必要があり、
大きな損切り額を設定する必要があったりナンピンも必要になってくるかもしれません。
ナンピンをするということは損切り額が大きくなるということです。
額が大きくなると損切りはしづらくなります。
それでもしっかり損切りができるぐらい訓練されていればいいですが
まだ勝てないうちはナンピンは禁止にしておく方がいいです。

一方、ブレイク狙いの順張りはナンピンする必要はありません。
反対に、上がっていくのに買い増すこともします。

損切りはブレイクポイントを割った時と、ポイントがはっきりしています。
損切り額を大きく設定しなくてもいいし、損切りを大きくしている場合ではありません。
場合によってはドテンとなり反対方向へのエントリーポイントとなってしまいます。
やることがとてもはっきりしています。

ところがとてもはっきりしていわかりやすい順張りトレードですが
逆バリトレードに比べてエントリーチャンスが少ないのです。

相場はトレンドができている状態よりもみ合っている状態の方が多いのでこれはしょうがないです。
もみ合いが抜けるのをじっと待っていなければなりません。

じっと待つのが長いほど大きなリターンを得る可能性があります。

でもやっぱり待つのが苦痛なんです。

もみ合っていることの多い相場、チャートを見ていると
どうしても下がったところを買い、上がったところを売りたくなります。
実際にそのようにトレードするとしばらく利益を取ることができるからです。

それにトレードをして利益を得たい、利益を得なくちゃいけないと思うと
とにかくトレードをしないといけない、トレードをしたいと感じます。
するとどうしても逆バリトレードがしたくなります。
チャートを見ればそんな気持ちになりますよね。実際に上下しているんですから。
下で買って上で売れば勝てるじゃん! と

逆バリトレードである程度利益がでたとしましょう。
価格が同じように上下を繰り返し、永遠にその状態が続けば永遠に勝ち続けられます。

ところが相場は変化します。一定の上下を繰り返した株価はある時から一方方向へ進んでいきます。
ポイントを抜けたのなら速度も増して進んでいくかもしれません。
いままで利益確定だけしていたのにいきなり損切りなんて頭が切り替わりません。
ずっとコツコツ利益を積み上げてきたのに減らしてなるものかと思います。

ポイント抜けで株価が一方方向へ勢いがついてしまい損切り額があっと言う間に大きくなってしまいます。
大きくなった損は切りづらいです。ちょっとでも戻ってくれたらと願ってしまいます。
戻ってくれたらラッキー。戻らなければ見なかったことにしよう。(塩漬け)

ポイントを把握しないままの逆バリトレードほど怖いことはありません。

よくあるパターンです。

ちゃんと損切りをしてもコツコツドカンです。もみ合いの逆バリは利益を確定する回数は多くても
1回の損切りが大きくなってしまいます。コツコツドカンでも利益が積み上がっていけばいいですが
ドカンの後はもっと大きなドカンをしがちです。気持ちが平静でいられなくなるからです。
こんなことは自動売買のロボット君がやることです。

コツコツドカンはかなり凹みますよね?たとえこれで収益がプラスになっていても凹みますし、
だいたいコツコツドカンで収益がプラスになることはめったにないでしょう。

順張りは大きく取れるところを狙います。
エントリーして利益が伸びなければカット。大きく伸びたら野放しにしどんどん伸びてもらいます。
こういうチャンスを掴みにいくのです。少ない利益を取ることではありません。
大きく伸びるチャンスを取りにいくのです。

逆バリ目線でチャートを見ているとこういう大きく伸びるチャンスポイントが見えなくなってしまいます。
逆バリフィルターをバリバリ目に貼ってチャートを見ているのですから順張りトレードポイントは消されてしまいます。
10年近くトレードを続けている私でさえ逆バリ思考をしていると順張りポイントを逃すのですから
まだまだチャートを見慣れていない人ならなおさらです。
(私のどんくささはさておき ^^;)

ですので順張り目線だけでチャートを見ることに慣れることをオススメします。
ブレイク狙いのひとつの方法でまずは勝てるようになって下さい。

なんだか文章もバラバラでポイントが絞れていないな・・・・

コツコツドカン 逆張りでコツコツ取っていると損切りがつらくなる

朝から損切りばかりしているととてもスムーズに損切りができます。

って、それじゃダメなんですけど、でも損切りだけしていると抵抗感がなくなるんですよね。

それでも損切りにいつもより抵抗感を強く感じることもあります。
それはコツコツ利益を取っている時です。

コツコツ取っている時というのは利益を伸ばすことができずに小さな利益になってしまっている時で
そうなるとストレスだけが溜まっていて頑張っているのにという意識まで出てきてしまい
苦労して取った利益がなくなる恐怖心にとらわれ損切りが苦痛になってしまうんです。

私は逆バリ派ではなく大きく利益が伸びそうなポイントを狙っているのですが
そう思うように行く時ばかりではありません。
ちっとも利益が伸びなかったり、伸びても戻って来てしまったり、そんな事ばかりの時もあります。

そんな時で利益が少しばかりあるという状態、
そんな時の損切りがとてもイヤだと感じるのですね。

そしてその損切りがとても嫌なのでやりたくないと感じるのでエントリー自体をしないようになってしまうのです。
これでその日は精神的にアウトです。
リスク許容度0です。

これはこれでダメトレーダーなのですが

最悪なのはエントリーはするけど損切りが苦痛でできなくなることです。コツコツドカンです。

逆バリでコツコツトレードをして利益を積み重ねるタイプのトレードは
よりいっそう損切りがつらくなるのではないでしょうか。どうでしょうか。
コツコツドカンはコツコツ利益を取ってドカンと損切りをするということになります。

私は利益が大きく取れそうなところを狙っています。
損切りの回数の方が利益確定よりも多いと思います。なので損切りはよくします。

でも逆バリでこまめに利益を取る方法は損切りの回数は少なく利益確定の方が多いと思います。
その分、損切りがつらいと感じるのでは?と考えていますが・・・・。

そういうこともふまえ、損切りマスターになるためには順張りトレードをまずマスターする方がいいのでは
と考えます。損切りする機会も多いですし^^;

コツコツと損切りをしてドカンと利益を取ります。逆コツコツドカンです。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末