チャートポイントを把握しないままトレード(逆バリ)をすると怖いことになる

チャートポイントについて以前に書きました。

⇒ チャートポイントについて知っておこう 

チャートポイントの上では買い、チャートポイントの下では売りです。
チャートポイントを挟んで上と下ではやることが逆になります。

チャートポイントをわからないまま逆バリをはじめてしまうと怖いことになります。

株価が下がってきて安くなったので買おうと思い適当に指値をします。
指値をした場所がちょうどポイントならいったんは反発上昇する可能性が大きいです。

適当に反発してウシシと利確します。

適当にココらへんで反発するだろうと指値をした場所がチャートポイントの下だったら・・・・?
いつもいつもチャートポイントぴったりで反発するのではなく少し下抜けて反発することもあり、
チャートポイントまで下がらずに反発することもあります。

たまたま指値に引っかかって反発上昇したらまたまたウシシの利確です。

では
チャートポイントの下で損切りや利益確定の手仕舞いがドドドっと湧いてしまったら・・・・?
指値が約定したかと思ったらいっきに大きな含み損です。
だいたい損切りする場所や利益確定の手仕舞いをする場所というのは決まっていて
逆指値を入れておくことも多いのです。

損切りや利益確定のための手仕舞いで下がったら売りの逆指値を入れているわけですから
次から次へとたくさんの逆指値が執行されてしまい株価が急落するのです。
そんなポイントに買いの指値をしたらもう目も当てられません。

逆バリをするならしっかりとポイントを把握しておいてそこでどんな事が起こる可能性が高いのか
知っておく必要があります。

ポイントはいくつもあるので全部把握しておかなければなりません。

もちろん私もしっかりやりました。

こんな事がありました。

逆バリのトレードもできるようにならなくちゃと指値の買いを入れてみたのです。
右肩上がりの強い銘柄だったので押し目買いのつもりで下の方に指値を入れたのです。

株価が下がってきてめでたく指値は約定しました。
反発してくれることを期待したのに約定した途端に「特売り」です。 特別売り気配です。

あまりにも売りが殺到したために売買が成立しなくなってしまいました。
しょうがないので成り行き決済売り注文を出しました。

どんどん気配値が下がっていきどこまで下がるかわからずどれだけ下で約定するのかわからず
真っ青です。
買った途端に大損決定です。大量の利益確定の売り逆指値に巻き込まれたのです。

これまたすっかりトラウマになり今でも逆バリは超神経質です。
じっと買い時を探っているために買い損ねることの方が多いです。いえ、ほとんどやっていないかもです。

上がっていくのを追いかけて買うことは多々ありますが、下がっているところを買うことはほとんどしません。
確率良く勝つことができる押し目買いポイントがあるのにそこでも超神経質です。
羹に懲りて膾を吹く状態です。

ひとつのトレード手法だけを繰り返してやってみる 順張りのススメ

まだ安定して勝てない、どうすれば勝てるのかわからないなら
ひとつトレード手法を身につけることに集中します。

順張りなら順張りだけ、逆バリなら逆バリだけに集中すること。
何べんも同じことを書きますが最初は順張りに集中して下さい。
なぜなら順張りはエントリーポイントがわかりやすく損切りポイントも分かりやすいからです。
利益も伸ばしやすく、損切りも浅くて済むからです。

下がったところを買おうとするといくつもある反転ポイントを確認しておく必要があり、
大きな損切り額を設定する必要があったりナンピンも必要になってくるかもしれません。
ナンピンをするということは損切り額が大きくなるということです。
額が大きくなると損切りはしづらくなります。
それでもしっかり損切りができるぐらい訓練されていればいいですが
まだ勝てないうちはナンピンは禁止にしておく方がいいです。

一方、ブレイク狙いの順張りはナンピンする必要はありません。
反対に、上がっていくのに買い増すこともします。

損切りはブレイクポイントを割った時と、ポイントがはっきりしています。
損切り額を大きく設定しなくてもいいし、損切りを大きくしている場合ではありません。
場合によってはドテンとなり反対方向へのエントリーポイントとなってしまいます。
やることがとてもはっきりしています。

ところがとてもはっきりしていわかりやすい順張りトレードですが
逆バリトレードに比べてエントリーチャンスが少ないのです。

相場はトレンドができている状態よりもみ合っている状態の方が多いのでこれはしょうがないです。
もみ合いが抜けるのをじっと待っていなければなりません。

じっと待つのが長いほど大きなリターンを得る可能性があります。

でもやっぱり待つのが苦痛なんです。

もみ合っていることの多い相場、チャートを見ていると
どうしても下がったところを買い、上がったところを売りたくなります。
実際にそのようにトレードするとしばらく利益を取ることができるからです。

それにトレードをして利益を得たい、利益を得なくちゃいけないと思うと
とにかくトレードをしないといけない、トレードをしたいと感じます。
するとどうしても逆バリトレードがしたくなります。
チャートを見ればそんな気持ちになりますよね。実際に上下しているんですから。
下で買って上で売れば勝てるじゃん! と

逆バリトレードである程度利益がでたとしましょう。
価格が同じように上下を繰り返し、永遠にその状態が続けば永遠に勝ち続けられます。

ところが相場は変化します。一定の上下を繰り返した株価はある時から一方方向へ進んでいきます。
ポイントを抜けたのなら速度も増して進んでいくかもしれません。
いままで利益確定だけしていたのにいきなり損切りなんて頭が切り替わりません。
ずっとコツコツ利益を積み上げてきたのに減らしてなるものかと思います。

ポイント抜けで株価が一方方向へ勢いがついてしまい損切り額があっと言う間に大きくなってしまいます。
大きくなった損は切りづらいです。ちょっとでも戻ってくれたらと願ってしまいます。
戻ってくれたらラッキー。戻らなければ見なかったことにしよう。(塩漬け)

ポイントを把握しないままの逆バリトレードほど怖いことはありません。

よくあるパターンです。

ちゃんと損切りをしてもコツコツドカンです。もみ合いの逆バリは利益を確定する回数は多くても
1回の損切りが大きくなってしまいます。コツコツドカンでも利益が積み上がっていけばいいですが
ドカンの後はもっと大きなドカンをしがちです。気持ちが平静でいられなくなるからです。
こんなことは自動売買のロボット君がやることです。

コツコツドカンはかなり凹みますよね?たとえこれで収益がプラスになっていても凹みますし、
だいたいコツコツドカンで収益がプラスになることはめったにないでしょう。

順張りは大きく取れるところを狙います。
エントリーして利益が伸びなければカット。大きく伸びたら野放しにしどんどん伸びてもらいます。
こういうチャンスを掴みにいくのです。少ない利益を取ることではありません。
大きく伸びるチャンスを取りにいくのです。

逆バリ目線でチャートを見ているとこういう大きく伸びるチャンスポイントが見えなくなってしまいます。
逆バリフィルターをバリバリ目に貼ってチャートを見ているのですから順張りトレードポイントは消されてしまいます。
10年近くトレードを続けている私でさえ逆バリ思考をしていると順張りポイントを逃すのですから
まだまだチャートを見慣れていない人ならなおさらです。
(私のどんくささはさておき ^^;)

ですので順張り目線だけでチャートを見ることに慣れることをオススメします。
ブレイク狙いのひとつの方法でまずは勝てるようになって下さい。

なんだか文章もバラバラでポイントが絞れていないな・・・・

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末