損切りとエントリー出来ない病

2015年10月3日

ついちょっと前まで私が悩んでいたことですが、
(今はちょっと意識が薄らいできました・・・・というか、ボケてきたのか・・・)

エントリー出来ない病、エントリーを躊躇する原因のひとつが「損切りの失敗」だということです。

エントリーした後すぐに損切りの逆指値を入れる方は問題ないかもしれません。
私は損切りは逆指値を使わず手動です。

デイトレで勝てるようになっても、その後何年間もエントリーを躊躇することに悩んでいましたが、
その原因が何年も経った後に「ああ、私は損切りに自信がないから、その損切りの失敗のもとになる
エントリー自体を避けようとしているのではないか?」と感じるようになりました。

収支はプラスになっていても、たまの損切りの失敗で大きく利益を減らす
ということがあるのです。

私の欠点のひとつに「決断が遅い」というのがあります。
決断が遅くて利益がことのほか伸びてしまう場合もあれば
損失が大きくなってしまう場合もあります。

こ、この損切りの失敗さえなければ・・・・。
ここで損切りを躊躇しなければ今日は大きな利益のはずだったのに・・・。

根っからの悔しがりのため、こんな気持ちを何度も何度も持つものですからだんだん蝕まれていきます。
こんなイヤな気持ちを味わいたくないために、そりゃあ、エントリーがイヤだと感じるようになっても
無理はありません。

解決策は単純明快! 損切りがうまくなればいいのです。

損切りがうまくなるとは、エントリーと同時に決めた損切りをしっかり変えずに実行することです。

最初のうちは、
「この損切り、浅すぎたために振り落とされてしまって利益を取れなかった。」
「私の損切りを最後に、株価が思う方向に動いていった。」
などなど、腹立つこともたくさんありますが、それでも損切りルールはきっちり決めなければならないし、
きっちり決めたところで正確に実行しなけばなりません。

損切りはここ!とエントリーした時点で決めておけばいいのですが
私は自分で決断力がないにもかかわらず、自分で損切りの瞬間に決断しようとするのです。
(できない事を必死で頑張る、なんて痛々しい完璧主義でしょう。^^;)

つまり、損切りポイントを最初から明確にここだ!と決めておらず、こりゃダメだ!と思ったところで
カットするのです。

これってかなり曖昧ですよね。
曖昧な事をやると、人間ですから、つい都合のよいように考えて行動するようになります。
トレードの場合、自分の都合のよいようにやるとほぼ不利な結果になります。
もうちょっと損切り我慢してみようかな~とか、反転するかも~とか。

こんな風に自分の都合のよい考えが入らないように
最初からエントリーと同時に損切りポイントをしっかり決めておくことが大事です。
逆指値が一番確実ですね^^

私は板が薄い銘柄をよくトレードします。
板が薄い銘柄は、逆指値を入れるととんでもないところで約定してしまいます。
利益確定でも損切りでも、逆指値を入れずに今存在する買い板にぶつけなければなりません。
損切りできるところで自分で決断して発注しなければなりません。
だから損切りポイントを最初から設定しないのです。 (← ちょっと言い訳がましい)

これでは自分の都合のよい判斷が入り込める余地がたっぷりですね。
悪魔の囁きも囁かれ放題ですし、
そりゃあ、損切りも失敗するでしょうよ。

でも、そんな度々あることでもないし、あまりそのこと(こりゃダメだで損切りすること)を
問題視していませんでした。自覚もしていませんでした。
でもじわじわ浸透し、エントリー出来ない病という形で姿を現しました。

ちなみに、損切りがちゃんとできるようになるまで、できるようになってからもしばらくは
「ここで絶対損切りする!」と決めていました!    ハズ・・・・???

いつの間にこんな曖昧な損切りに・・・・・。
板の薄い銘柄に傾倒していったためでしょう。
板の薄い銘柄は損切りの瞬間に損切りを決断しないといけません。

決断力の弱い私は、即断し続けることができず、たまにやらかします。

そして、たまの損切りの失敗を重ねた事によって損切りになんとな~く自信がなくなり、
それがエントリー出来ない病の原因のひとつになったのだと思います。

1~2年ぐらい前に、
エントリー出来ない病は損切りの自信のなさから来ているなと感じました。

最近はなぜか損切りの失敗をそれほど懲りません。
大きめの損切りをしても以前ほどつらくないのです。
その時はつらいのですが、すっかり忘れるのが早いのです。
これって防御反応で感覚が鈍くなってきているのか、リスクを取れるようになっているのか・・・・・。
どっちなのかよくわかりませんが、
とにかく「損切りの失敗」はエントリーを躊躇する原因からは外れたように感じます。

ですが、未だにエントリーはしっかり躊躇しています。

損切りを失敗して大きな損失にならなくても、ちゃんと損切りしても
損切りはイヤと感じているからです。

結局エンドレスな問題でした。(汗
またしても結論のない記事に・・・・・・・。

エントリーを躊躇なくスムーズに行うには

2015年8月22日

いかにスムーズに、躊躇なくエントリーするか、
寝ても覚めても考えています。

最近こりゃいいぞ!と思ったことがあります。

9時の寄り付き前にしっかりトレードイメージを作っておくことです。
スポーツのイメージトレーニングと一緒です。

例えばですが

後方一回転の宙返りの、自分の体のイメージがない子はどうやってもできません。
イメージがないのですから体が動きません。

ジャンプしたら体をどう動かして、空中でどんな状態になって、着地の時は地面が見えていて・・・・。

頭の中で自分の体のイメージをしっかり作ってしまえば後は飛んでしまえば何とかなります。
・・・・って、かなり乱暴ですが。

とにかく、イメージがなければ体は動きません。

何度か書きましたが、デイトレはスポーツ(?)です。
人差し指1本による、超繊細な技を要します。(??)
汗もかかなければ、カロリーも消費してくれませんが。

イメージトレーニングが大切です。

朝、目をつけた銘柄でイメージトレーニングをしましょう。

この銘柄がココらへんで寄り付いて、ちょいと下がったら、始値をブレイクする時に
発注画面をあとワンクリックのみの状態にして、
ブレイクしそうと判斷したら、間髪入れずにクリ~~~~ック!!

クリックした後はドカ~んっと利が伸びていき、一回ぐらいの押し目は想定内!
押し目をクリアしたら後は天まで飛んで行け~~~。

2~3回繰り返しましょう。

もう一丁!

この銘柄がココらへんで寄り付いて、ちょいと下がったら、始値をブレイクする時に
発注画面をあとワンクリックのみの状態にして、
ブレイクしそうと判斷したら、間髪入れずにクリ~~~~ック!!

・・・・したのに上がらない、下げそうだ。取り敢えず損切り!
だけど、まだまだ諦めないぞ~。厳選した銘柄だ。絶対チャンスを逃すもんか。
またブレイクしそうなら何度でもエントリーしたる!

来た来たチャンスだっ! クリ~~~っっっっク!

2度目のトライ、3度目のトライまでイメージしておきましょう。

大きな売り板が上の方にドデンとある。
しかし、ポイントはここだ! そんな売り板が食われる前に先陣きって突撃クリ~~~ック!!

2~3回どうぞ。

イメージ作りをしておくのとしておかないとでは確かに行動に差がでます。
是非、お試し下さいm(__)m

朝に準備したチャンスには飛び込みやすいのですが
日中に突如舞い込んできた予期せぬチャンスにはなかなか行動できません。

この辺、思案中です。

私が大爆損する日

2015年8月21日

たまに1週間程の利益を吹き飛ばすような大爆損をします。

私が大爆損をするパターンは2パターン程ありますが、そのうちのひとつをご紹介します。
反面教師にしていただければ幸いです^^

そんな大爆損の不吉なイメージなど持ちたくないし、知りたくもない!
という方はスルーして下さいましm(__)m

大爆損する日の前に、たくさんのストレスを溜めていて大爆発~。
というパターンです。

大爆損の前にどのようにストレスを溜めているかというと
躊躇してエントリーしなかったり、ボケっとしていてチャンスを逃すことが多いのですが、
チャンスが多い日にエントリーし損ねた銘柄が多いと、
あれも取りそこねた、これも取りそこねたと
優柔不断な自分に腹が立ち、決断できない自分にイライラが募ります。
利益にも不満を持ちます。

取り損ねたからといって、別に利益が取れていないことはないのです。
そこそこ利益が取れているのですが、その金額が気に食わないというわけです。
チャンスにしっかり入っていればもっと取れたはずだ、と考えてしまいます。
感謝の気持ちが足りないと言われればまったくその通りです。

感謝の気持ちがあれば今日も利益をいただけてありがたやありがたやで
気持よく1日を終えることができると思うのですが、
取れるはずの利益を取り損ねたと思っているので始末が悪いです。

そしてその原因は自分の決断力のなさだと考えているのです。
エントリーの決断さえしっかりしていればいいのです。

決断力のなさにすっかり頭にきているので今度こそエントリーをしっかりするぞ!と
片っ端からエントリーしまくります。

するとなぜか損切りばかりになります。

????

なぜでしょう。

利益を取り損ねているのはエントリーをし損ねたからではありませんか?
ならエントリーさえすれば大爆利を得られるはずではないですか?
なのにエントリーしまくったのになぜ大爆利ではなく損切りばかりになるのですか?

????

タイミングです。

私がストレスを溜めている時はチャンスの多い時です。
チャンスの多い時にエントリーを躊躇してエントリーし損ね回数を重ねると
実行しない自分に腹が立ってきます。ムカムカ、カッカカッカ、ムカムカ・・・。

しかし、チャンスの多い日が続くと思えば、チャンスが少ない日もあります。
ブレイク狙いの手法ですので、ブレイクするまではチャンスが無い日です。
ブレイク後は初日も含め、2日目、3日目の5分足レベルでの超短気トレードも含め
チャンスが多数出現します。
その後はまたもみ合う時まで手出し無用のチャンスの少ない日が続きます。

日足チャートが縦に動いている時はチャンスが多い日、
日足チャートが横に動いている時はチャンスが少ない(無い)日です。

私は新興市場銘柄の、わりと取引量が少なめの銘柄でトレードするため
銘柄が限られています。好きな銘柄でトレードしていることが多いです。

そのためチャンスが多い日とチャンスが少なくて我慢の日があります。
チャンスが多い日の後にはチャンスの少ない我慢の日になります。
チャートがよくわからない我慢の日の後にはようやくチャートの具合がよくなってきて
チャンスが多い日がやってきます。

私の場合、チャンスの多い日にエントリーをし損ね、ストレスを溜め込み、
その反動や反省のため、ソレ!いざ果敢にエントリーを!と奮発している日は
チャンスが過ぎ去った後の我慢するべき日だったりします。

要するに頑張るべき時期、タイミングを外した日に頑張ってエントリーしているのです。

はっきり言えば、よくわからない日足チャートで必死に頑張った結果
損切りだらけになり、大爆損になるのです。

ところが大爆損しても、やろうと思ったエントリーはしっかりエントリーしているので
なんだか気分はすっきりするのですよね~。
実行した!!!成し遂げた!!!という満足感でしょうか。全然利益は取れていないのに。

こんな無益な満足感より利益を取らねばなりません。

どれほどの利益でも日々感謝の気持ちを持っていればこんなに悩むことはありません。

しかしやっぱり大金をグルングルンとやってみたい・・・・・。
欲望底なし。

強欲はしょうがないとして(笑
タイミングをはずさず、日足チャートを厳選し、やるべき日(時)にやる!ということが大切です。

「今でしょっ!」(もう古いか)の日(時)以外は、頑張れば頑張るだけ損します。

タイミングを特に意識しましょう。

それから躊躇する気持ちというのは危険を感じるからですよね。
実はこの躊躇する気持ちもデイトレでは自分を助けてくれているのかもしれません。

躊躇することでチャンスを逃しているかもしれませんが、
危険から遠ざけてくれているかもしれません。

躊躇して腹立てているぐらいがちょうどいいかと思う今日この頃です。(笑

エントリーが怖い・エントリーの躊躇と自信

2015年7月9日

エントリーが怖い、エントリーすることを躊躇してしまう。

こんな悩みを持っている方は多いと思います。

エントリーの躊躇という悩みは、トレードをやりだした頃はなかった悩みです。

トレードをはじめたばかりの時は、大きな損切りの経験もなく、損切りだらけになる経験もなく
デイトレの怖さを知らないので、エントリーするのもまったくヘッチャラです。

そのうちに大きな損切りを経験し、精神的ダメージを受け、
損切りが出来るようになった後でも、度重なる損切りで資金が減っていき、
怖さも知り、自信もなくなり、エントリーすること自体が怖くてイヤなことだと認識してしまいます。

エントリー = 苦痛  と感じるようなると、

いくら意思の力でなんとかエントリーしようと思っても、
なかなかやり続けるのが困難になります。

脳は楽ちんな事、楽しい事を選択する、面倒臭いことは避ける、
都合のいいことだけを見たり聞いたりするものです。

苦痛と感じるようなことはしたがりません。
苦痛と感じるエントリーを意思の力で無理矢理やり続けるなんて脳にとってストレスだらけです。
脳にとってストレスだということは体にとってもストレスです。

脳が楽ちんな事を選択する、楽しいことを選択する、面倒臭いことは避ける、
都合のいいことだけを見たり聞いたりするのは体のためです。

脳は快楽と感じることは喜んでやります。
なのでエントリーが快楽だと感じるようになれば、エントリーの躊躇はなくなります。

エントリーが快楽だと感じるためには・・・・

そうです。エントリーして、ガッツリ儲ける経験をしなければなりません。

ガッツリ儲ける経験をしていますか?
正しいエントリーポイントでエントリーし、含み益をう~~~~んと引っ張ってガッツリ取って下さい。

この経験を、デイトレをはじめて早い時期にたくさん体験して下さい。
そうすると、脳が喜んでエントリーしてくれます。

ブレイクポイントでエントリーしたとたんに、ぶぉぉぉ~~~~!!!と含み益が増えていく!
こんな体験をたくさんして、
こんなイメージを持ってでエントリーできればエントリーが楽しくなりますね。

エントリーしなければ勝てない、でもエントリーが怖い、エントリーが躊躇なくできるようになるためには
エントリーして美味しい思いをし、勝てていないといけない。

まったくもって、鶏と卵です。

なにも知らないうちから徹底的にデイトレのやるべき事を叩き込まれてデイトレをやりはじめ、
苦痛を感じることなく勝てるようになるのが一番ストレスなく障害もなく良さそうです。
損切りばかりでも、やっていれば儲かるということがわかっているのならエントリーも苦痛には感じません。

ほとんどの人はトレードをやりはじめて苦しい経験をたくさんしてしまっています。
そうなると、
どうやっても先に無理矢理エントリーして勝つ経験を積まねばなりません。

 
私は収支がプラスになっても自信がなく、エントリーが怖く、メンタルトレーナーがほしい!と感じました。
かなりのビビリんちょです。

今は以前ほどストレスを感じなくなっていますが、圧倒的に買いエントリーが多く、
売りでの自信がついていないので、売りでの躊躇が多く後悔することが多いです。
売りより買いの方がたくさん取れた経験があり、自信もあるので、買いでの躊躇の方が少ないです。
ばかみたいに高値買いをよくします。

エントリーして利益を得て、自信がつくと、エントリーも楽になり、いい方向に行きやすくなります。
エントリーして損切りばかりで勝てないことが続くと、ますますエントリーが怖くなってできなくなり、
勝ちにくくなります。

正しいことをやってそれなり結果を得て自信を持つこと、早い時期に自信が持てると楽になります。
自信があれば、躊躇することも少なくなります。

まずは正確なエントリーポイントで、勝てるところでエントリーすることです。
ズレたり、遅れたりしてはいけません。

苦痛を知ってしまった後では、ほんとにメンタルケアがほしいですね。
イヤな事をイヤだと思いながら続けるのは良いことと思われません。

スポーツ選手にフィジカルトレーナーやメンタルトレーナーが必要なように
デイトレにもテクニカルトレーナーとメンタルトレーナーが必要だと思います。

デイトレ専門の心療内科とかクリニックとかあったらいいな~。

自分で本読んでなんとかするか・・・。
なんかいいアイデア、ないかな~~~・・・・。

デイトレPTSDから脱却する方法、デイトレで脳をだます方法、デイトレで脳を錯覚させる方法・・・。

無駄トレードの数で勝つか負けるか決まる・続き

2015年7月7日

無駄トレードについて書き忘れたのですが

負けトレード = 無駄トレードではありません。

負けトレードになっても、しなければならないトレードがあります。

プレイクポイントでしっかりエントリーしたのに、全然上がらず、損切りになってしまった。
こんな場合は無駄トレードではなく、しなければならないトレードです。

ブレイクポイントで入ったのに、何度も損切りばかりになる・・・・・。
何回か同じような事が続くと、ついに凝りてしまい、エントリーを躊躇するようになります。
そして、エントリーを躊躇した銘柄に限ってロケット発射して天高く飛んだりします。

泣きたくなります。(TT)

「懲りる」ということは、日常生活では何度も同じ失敗をしないため、
何度も痛い思いをしないためには必要なのですが、

デイトレの損切りをしてはいけない失敗と捉えて痛いと感じると、凝りてしまって
損切りはできても、エントリー自体ができなくなってしまいます。
淡々と損切りしていても積み重なってくるとやはり苦痛に感じます。

やはり、「損切りは快感★」とならないといけませんね^^

ブレイクポイントで入っても上がらない銘柄もあります。
ブレイクポイントで入っても、ちょっと上がっただけで垂れてしまうのもあります。
でも、その中に大当たり銘柄も必ず含まれています。

大当たり銘柄が少ない日もあります。1個しかない日もあります。
大当たり銘柄だらけの日もあります。

大当たりだらけの日なら、少しぐらいエントリーをし損ねても勝つのは楽ですが、
大当たりが少ない日は、その大当たり銘柄のエントリーを躊躇してしまうと儲け損ない、
損切りだらけになるということもあります。

無駄トレードをしないことも大切ですが、
やるべきトレードを躊躇せずに必ず実行する、ということも同じように大切です。

たまたま損切りが重なっても、それがやるべきトレードであったなら「あなたは正しい!」
懲りずにガンガンエントリーしましょう。

私は昨日の午前中、頑張って損切りだらけでした。
そして、午後についに懲りてしまってエントリーを躊躇し、大チャンスを逃しました。

そして今日は銘柄選択は大当たりで、チャンスだらけでした。
昨日のトレードで懲りた気持ちを引きずっていたため、エントリーを躊躇した銘柄も多く
ガッツリ掴むことができませんでした。

ヤレヤレ・・・・、人間はつらい・・・・・。

「損切りは快感★」・・・・・ なんか歌でも作ったらいいですかね・・(@▽@)???

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末