5分足チャートでブレイクチャンスを狙う

2016年2月11日

日足チャートで今日がブレイクの日だぁ!という日(ブレイク初日)には始値ブレイクでエントリーしたいですが
日足チャートでブレイク初日ではなく、2日目とか、3日目とか、ズルズル一方方向で動いている時とかは
寄り付き直後は、どっち方向かな?流れが継続かな?反転かな?5分足チャートは上向きかな?
下向きかな?としばらく様子見をしています。
ブレイク初日でも早い時間帯にエントリー出来ない時は5分足チャートで次のエントリーチャンスを待つため
様子見します。

ボケっとして様子見をしているわけではありません。チャンスがあれば突撃するためです。
(突撃せずに、結果的にボケっとして様子見したと同じ事になるのは多いですが・・・・。)

以下の4つの5分足チャートを見て下さい。
右端に注目!

モルフォ3653 5分足チャート動く前

ジグソー3914 5分足チャート動く前

そーせい4565 5分足チャート動く前

プロバティA3464 5分足チャート動く前

5分足チャートがこんな形になった時、空売り発注準備ができていますか?
ワンクリックのみを残して突撃体制に入っていますか?
それともさっぱりチャンスに気が付きませんか?

動き出す時に発注準備をするのではなく、動き出す兆候を捉えて発注準備をするのです。
動き出してからそれそれ私もと発注準備をしても遅いです。
動き出してから追いかけると大抵一時の戻しで損切りになったりします。
下げているのになぜか空売りエントリーで損切りになる状態。
タイミングよくエントリーできていればこのような状態を避けることができます。

動き出してしまったチャートではなく、動き出す前にチャンスを嗅ぎつけるのです。

4つのチャートとも弱そうですね。ちなみに日足も弱っちぃのが条件です。
5分足チャートの右側の隅の方は、ローソク足が短くなって小さくなって、価格の動きがなくなっています。
動いているチャートではなく、この4つのチャートのように動きがなくなったチャートに注目するのです。

5分足チャートを見る時は、このような形のチャートを見つけ出すために時間を使うのです。
努力をするのです。

ディスプレイにできるだけたくさんのチャートを表示させるとか、
こまめにアラートをセットし直すとか(アラートではちょっと遅れるので目で確認が一番はやい)
とにかくチャンスなチャートをみつけるための努力や工夫が必要です。

チャートをパッとみてチャンスかどうかを即座に判断するためのチャートを見る目も重要です。
チャートをたくさん見れば見るほど目が肥えて、チャートをひと目見ただけでチャンスだと判断できるようになります。

このような5分足チャートを見たらすぐに「うほっ♪」と反応できるようにチャートを見る目を鍛えて下さい。

ポイントは
5分足チャートの下値支持線(サポートライン)の辺りに株価が近づいていること
5分足チャートのローソク足の長さが短くなって値動きが小さくなっていること

この2つのポイントに注目です。

4つのチャートのその後ですが

モルフォ3653 5分足チャート動いた後

ジグソー3914 5分足チャート動いた後

そーせい4565 5分足チャート動いた後

ロバティA3464 5分足チャート動いた後

下げの流れができましたね。ポイントのところでチャートをガン見して発注準備が整っていれば
「来た!!」という時にタイムリーに売り注文を入れることができます。
(プロバティAはちょっと余分な動きがあり、うまく入れないかもしれませんが)
エントリーした後は「えへへへへへ~~~~$$$♪♪」とボケっとしてるだけです。

このような5分足チャートでのエントリーチャンスはある時はたくさんありますが
ない時はさっぱりなく、特に午後はワンチャンスぐらいしかない日もあります。
狙い目はやはり前場です。せめて前場ぐらいは居眠をせずしっかり5分足チャートを見ましょう。

それから、日足チャートですでに動いてしまっている後は、
5分足チャートでエントリーしてあまり粘ってホールドしていると流れがすぐに変わることがありますので注意!

またまた空売り日和

2016年1月21日

今日も朝からイソイソと空売り銘柄をいっぱい用意♪♪

チャートは4つとも前日までのローソク足です。

アイリッジ3917日足チャート前日

日新薬4516日足チャート前日

科研薬4521日足チャート前日

PCI3918 日足チャート前日

その他大勢。

最後のPCIのチャートは安値ラインです。
安値割れ♪安値割れ♪

前日の20日に指数なども大きく下げていましたのでちょっと注意が必要なのですが
構わず今日も果敢に売ろう!!!!










と思ったのですがそういうわけにはいかず、
昨日の下げ後で、今日の午前中は反発上昇していきました。

ありゃ~、今日は空売りの日じゃなかったねと様子見していると
全体的に午前中に上昇ムードだったのが後場になって下げ下げムードアゲイン!

臨機応変派でない私はもちろんついていけません。。。○| ̄|_

後場のポイントを下抜けてきてもダダ下がりでタイミングが掴めずお見送り(TT)
5分足でも三角保ち合いが出現してくれなければ売れない私はズルズル下がりが売れません。

もちろん戻りも(笑

ま、今日もなんでも売ってりゃいい日なんですがね。後場が。
どんな日足チャートでも指数と連動して神経質に動いていますね。

空売り日和の日

2016年1月20日

よく下げましたね~。

なんでも売っときゃいい日でしたが、そんなことは終わってみなければわかりません。
朝から売り日和の日だとわかっていれば誰でも売って大儲け!

終わってみなければわからないのがムズカシイところ。
どっちに転んでもいいように、

下げる日のために売り用の銘柄をピックアップしておきます。
上げてもいいように買い用の銘柄をピックアップしておきます。

今日は私もたくさんの売り銘柄を用意しました。^^

ニトリ9843 日足チャート

ヤクルト2267日足チャート

日本触媒4114日足チャート

ワコール3591 日足チャート

それぞれ一番右側のローソク足が今日のローソク足なのですが、
こりゃ~空売りでたくさん儲けれただしょ・・・・・・。

・・・・とはならないのが私。

寄り付き前に前日終値、安値の下で寄付いたのがすぐにわかるように下の方に
適当にアラートをセットしておいたのですが、
寄り付きはどれも「下抜けた」位置とは言えず、まだもみ合いの中の微妙な位置。
そこからしばらく上げた後に日経平均や指数などと仲良く下げていったわけですが、

新興市場銘柄の買いが好きな私はまず、買い銘柄を見ています。
(だいたいからして売り銘柄の初動には乗れない。)
その後しばらくたってアチコチでアラームが鳴るわけですが
アラームが鳴った時点ですでに下落していて
東証一部銘柄を追いかけて売ると戻しでやられるしな~・・・・と
あーだこーだ入らない理由を考えてはビビリ様子見で追いかけられず。

唯一寄り付きからアラーム鳴ったのがこれ

NIPPO1881日足チャート

いい位置で寄付いているのですが、5分足チャートを見て下さい。

IPPO1881 5分足チャート

瞬間ドヒャっと上げて長い上髭。これでビビリ、板の薄さにビビリでエントリーできず。
ビビリの私には取れないリスクでございまいした。
どうか勘弁して下さいm(__)m と逃げました。

というのも、実は前日に同じ様に日足のもみ合い中に入って
多めの損切りをしていて凝りていたのです。

多めの損切りをした後に、取り返そうとしてますますエントリー過多になって
無駄トレードを連発して損切りを積み増し、爆損をするよりはマシですが、
凝りてやるべき行動できなくなるものも問題です。

デイトレーダーは、懲りない、めげない、しつこく繰り返す!

ですね。。。。パタリ。。。○| ̄|_

空売りで狙いたい日足チャート・東和薬品4553

2016年1月14日

東和薬品4553の日足チャートですが
一番右の14日のローソク足と右から3番目の12日のローソク足が
空売りで狙いたい日です。

東和薬品4553 日足チャート

赤ラインは下値支持線です。
下値支持線の上でローソク足が小さくなってモミモミもみ合っているのが好きです。

高値が徐々に低くなってきて、ついに下値支持線を割れる!!
こんな東和薬品のような日足チャートが一番好きです。
下値支持線は水平なのがわかりやすくて好き。
5分足チャートでもこのような形になった時に空売りで狙います。

12日は下値支持線を割れたら狙いたい日
14日は、13日に小さいローソク足で1日揉んでいるのでその翌日ということで
狙いたい日。

ちなみに下値支持線と週足チャートです。

東和薬品4553 週足チャート

高値と安値が結べますね。

そして12日の5分足チャートと下値支持線です。

東和薬品4553 5分足チャート12日

微妙なところで寄付いてくれて上下した後、下へ・・・・。
私の好きなパターンにならずエントリーできず。

そして14日の5分足チャート

東和薬品4553 5分足チャート14日

寄り付きが高くそのまま下へ・・・・・。またもやエントリーできず。
前日の終値、できれば前日の安値より低く寄付いてくれるとやりやすい。
などと言い訳ばかりつらつら並べてちっともエントリーしていません。(T▽T)

高値がだんだん低くなってきて、ついに安値割れ来た~~~♪♪♪

これです!コレコレ♪

好きな空売りの日足パターン 任天堂

2016年1月12日

私の好きなチャートパターンなのですが

任天堂7974日足チャート前日分

ストーンと下って、上髭出して2日ほどモミモミ。
ちょっとくらい這い上がりたいんだけどむ・む・無念じゃ・・・・と言っているような日足のローソク足。

そして今日のローソク足です。

任天堂7974日足チャート

陰線です。空売りで取れそうです。
5分足チャートです。

任天堂79745分足チャート

始値ブレイクで♪・・・・・・という言うわけににはいかず、寄り付き後は上下にモミモミ。
5分足が確定した後ぐらいに慌てて空売りをし、慌てて買い戻して薄利(TT)
ホールドできていたとしても6本も陽線が出てかなり戻しているので薄利には違いありませんが、
やった行動がダメダメです。ダメダメトレードです。
任天堂の日足チャートはしっかり粘ろうと思えるような日足チャート、情けなし。

朝ごはんを食べながらモーニングサテライト見て、中国ヤバイなどと余計なニュースなど聞いちゃって
ますますビビリに磨きがかかり、このザマです。

10時15分になったらまた中国に影響されてエライことになるかも!?!?とか
頭の中は恐怖だらけですのでまともなトレードは出来そうにありません。

一度被った色眼鏡は外せない。

東証一部銘柄は先物に影響されるし、最近はまたちょっと神経質な動きになっているし
へっぴり腰で情けないトレードにがっかりしていると
終わってみれば新興市場銘柄も下げ下げ、またしても銘柄をハズしてがっかり。

任天堂の日足チャートでもいいですが、じっと見ていると「ここなら空売りしやすそうだな~」
という部分が何ヶ所かあると思います。
19000を割ってくるところとか、16000を割ってくるところとか。

そういう日になるまでじっと待つことが大切です。
わからない日は手を出さない。

じっと待ってもチャンスを掴まなければ意味ないですが・・・・orz。。。

MA25下抜けで空売り

2015年12月9日

もみ合い下抜けと日足MA25下抜けのダブルの根拠で空売りを狙いたい銘柄です。

ライオン日足チャート

高値から長い陰線で下落し、しばらくMA25のあたりでモミモミとしていて
前日はMA25をちょっと割り、数日のもみ合いの下値のあたりで引けました。

そして今日9日は数日のもみ合いも下抜け、MA25もキレイに下抜けて寄り付きました。
ダブルの売り根拠♪

そして5分足チャートです。

ライオン5分足チャート

寄り付きから下落してしまい、始値ブレイクでは初動は入れそうにありませんし
空売りエントリーしたとしても損切りになってしまっているかもしれません。

でも

エントリーポイント

親切にもちゃんと三角を作ってくれています。
5分足チャートの三角保ち合い下抜けで売りエントリーできたら美味しいですね。
一度損切りしても株価の位置が位置ですから(もみ合い下抜け&MA25下抜け)
その後のチャンスも期待できます。
そして5分足での三角出現です♪

ちなみに私はライオン4912のチャートは画面の端っこに表示し、
画面のど真ん中では今日も懲りずに買い銘柄チャートばかりを眺めていたので
ライオン4912の売りチャンスには気が付きませんでした(TT)
しっかり見ていれば三角に気がつけますね。

朝、たくさんの銘柄を抽出していても寄り付きにどの銘柄を集中して見ているかで
勝負は決まってしまいます。

私は今日も視野が狭すぎでした。表示させていても見ていません。(モニターの無駄?!)

ハズレ銘柄ばかりの時もありますし、アタリばかりで取り逃がすこともありますが
やるべき事をしっかりやっていればそのうちアタリます。^^

空売りポイント FFRI

2015年9月6日

日経225先物の動きを神経質になって見ています。

私の監視銘柄、ほとんど一緒の動きをするので泣けてきます。
毎朝、今日もやりたい銘柄ないなぁ~と、ほぼやる気ゼロ状態ですが
日経225先物の動きと同じ方向に、出来る事があればやろうぐらいの気持ちです。

9月4日の日経225先物の動きです。

日経225先物チャート

9月4日の寄付きからキレイに下げ下げです。
そんなの終わってみなけりゃわかりません。

日経225先物の下げを見て、チョロチョロと適当な銘柄を売ってみたわけですが
見逃していたのがコレ
   ↓

FFRI3692 5分足チャート

前場は始値ブレイク、後場は三角保ち合い下放れで、キレイに落ちていきました。
全然触れていません(TT)

気が付かなかったのです、チャンスに。
日足チャートチェックは毎日していますし、FFRIは好きな銘柄なので5分足チャートも
定位置に置いて毎日眺めています。(ただのFFRI監視員)

ですが、最近の上下に激しく動く相場ですっかり「よくわからない相場」という意識が強くなって
朝の日足チャートチェックも「よくわからないからトレードできる銘柄もない」という
先入観だらけでしています。
ボケボケで汚れだらけのメガネをかけて日足チャートチェックをしているのです。よく見えません。
適当にサラサラと銘柄チャートを流し見しているだけです。

FFRIの日足チャートですが売りポイントがわかるでしょうか。

FFRI3692 日足チャート

ちょっとヒント。前日に戻してラインを引きました。

FFRI3692 日足チャート前日 ライン

で、私が空売りしたくなるポイントです。 
   ↓

FFRI3692 日足チャート前日 売りポイント

緑の矢印1は15500ライン下抜けで売り。15500円から18500円の辺りで「M」の字ができています。

余談: 上昇後の「M」の字の真ん中のポイント下抜け、下落後の「W」の字の真ん中のポイントが上抜けたら買いです。

売りポイントの図

なんだかまた小学生の絵みたいですが、ピンクのM字とW字の感じ、どうぞご理解下さいませm(__)m
これもレジスタンスライン上抜け、サポートライン下抜けでトレードできます。
(赤ラインがレジスタンスライン、サポートラインです。)

ということで矢印1も売りポイント。
ちなみに前日に動き過ぎとかなんとか言い訳つけて、売ってないと思います(汗

そして緑の矢印2ですが、これは日足MA25下抜けを狙っていたのですが、なにやらニュースが出てしまって
ストップ安。手が出ず。

そして緑の矢印3ですが先ほどのFFRIの日足にピンクのサポートラインを引きましたが
9月4日はそのサポートライン下抜けで売りです。
先物なんて見ていなくても、日足チャートで気づけていれば早期に売ることも出来たではず!・・・・(かも?!)
前場で下げられてはじめて日足チャートに気づきました。(涙
しっかり準備していなければチャンスは掴めません。

日足チャートでの売り根拠もしっかりあったし、先物の援護射撃もあったのになんてもったいない・・・。
日足チャートで気付けていなければ初動に乗ることはできません。
臨機応変という言葉とは程遠い私、その後も忠実に監視員を勤めあげました。

この銘柄は毎日5分足チャートを見ているため、前日(3日)によく下がったなぁと思いながら見ていたのです。
前日に動いた銘柄は触るのをもっと躊躇します。前日ほとんど動かずにじっとしていた銘柄が好きです。
「よく下がったなぁ。。。」この気持ちも私のメガネを汚してくれています。
昨日はよく下がったなぁ・・・ → 今日はおとなしいじゃろ・・・ 
なんていう思い込みもあるかもしれません。あるに違いない!

3日は日中によく下がっただけで、前日(2日)の終値からはそんなに下がったわけでもありません。
それに3日日中も前場によく下げ、後場はもみ合ってくれてます。

またしても思い込みで失敗。

もう一回FFRIの5分足チャートを見て下さい。

FFRI3692 5分足チャート

後場の寄付きですが、美しい三角保ち合いですねぇ~。
ポイントは10000ちょうど。まさしくポイントです。大きな買い板もビッシリありました。

10000の大きな買い板が食われた時に売ったろ♪と思って
12時30分ちょい前、9950円ぐらいの指し値売り注文の確認画面を出して準備万端!

12時30分!

オラオラオラオラ~~~~~と買い板が食われていき、チャンス到来!!!

そして私の人差し指は動かず・・・・・。

最近の相場ですっかり怖気づいてしまい、ビビリ倒している今日この頃です。orz

素直に株価が動くスノーピーク

2015年6月26日

私の大好きな銘柄に、スノーピーク7816があります。

なんで好きのかというと、とても素直に株価が動き、とてもわかり易く、勝ちやすいからです。

日足チャートにエントリーポイントを緑の矢印で表示してみましたが、

スノーピーク7816 日足チャート

ね? 高値を抜けて行く日や、抵抗線を上抜けて行く時はキレイに長い陽線になっているでしょ?

株価があまり上下することなく、上がる時はスルスルスル~と上げてくれてとても楽なのです。

そして株価も私の好きな価格帯で昨日までは15000円程でした。(100株単位)
日足チャートの右の価格表示が4000円程になっていますが、株式分割です。

で、今日の5分足チャートですが・・・・・
こんな具合です。

スノーピーク チャート 板 分割後

分割前の価格と分割後の価格がごっちゃになっていて、5分足チャートは用を足しません。

月足、週足、ティックチャートはちゃんと分割後の価格表示になっているのですが
肝心の5分足チャートだけがこんな調子です。
おかげ様でエントリーできませんでした。

やっぱりどっか抜けています。松井くん・・・・。頑張ってくれ・・・・。

松井くんは置いておくとして、

銘柄は、素直に動くものや、わかりにくいものがありますね。
いろいろトレードしているうちに、あ、これはやりやすい、あ、これはやりにくいというのが
出てくると思います。

そんなやりやすいと感じる銘柄も少しずつ登録銘柄の中に増やしていくといいですね。

ついでにもうひとつ、今日トレードした銘柄です。

航空電子6807 5分足チャート

緑の矢印のところで追いかけて空売りです。3370円で1000株単位です。
ビビって同値撤退です。

オレンジ色の丸の出来高のところを見ると、ドドドッと売りが出たのがわかります。
私のイメージはドドドっと値が崩れるのを期待しました。
期待通り、ドドドッと売りがでたのですが、ドドドッと下がらず、下ヒゲで終わってしまいました。
下がると思われたところが下がらない ⇒ とっとと撤退です。
下ヒゲが出てしまった時点で撤退判断です。

・・・・・・と、なるはずでしたが、私の場合、私のリスク許容度を越えてしまっていました。
オレンジの丸の出来高が増えて下ヒゲが出る前にとっとと逃げていますっっっ(汗

航空電子6807 日足チャート

売りの根拠ですが、黄色のラインを引いて、このラインを割れてきたら売ろうと思いました。
日足のMA25も下抜けてきているので。
昨日も売り、今日も売りました。どちらもビビリ同値撤退です。

結局はレンジに戻ってしまいました。

3000円の銘柄で100株の場合、投資金額30万円ですが、私の場合、ちょっと損切りを失敗すると
1万円の損切りになってしまいます。(鈍臭くてよく損切り失敗する。)

ということは、
300万以上の航空電子の場合は10万円の損切りを覚悟しないといけないということになります。

そんな損切りは絶対イヤだし、航空電子の1ティックは5000円!
1ティック下がるだけで5000円のマイナス、それも受け入れられません。

自分のリスク許容度を上げようとたまに300万円超に突入してみるのですが、
まだまだこの金額は無理!ということを実感するのみです。

自分のリスク許容度を越えてのトレードは難しいです。
損切りも大きくしないといけませんが、どうしても浅くなってしまいます。
自分のリスク許容度を超えると、損切り貧乏になりやすくなります。

松井証券の1日信用取引で新興市場銘柄も空売りできる

2015年4月16日

岡三オンライン証券では新興市場銘柄で空売りできる銘柄が少なくどうしても買いに偏ってしまいます。
新興市場銘柄が空売りできたら面白いだろ~な~。

マザーズやジャスダックなどの新興市場銘柄は下げる速度も値幅も半端ない!
反対向いたら大やけどですが方向がぴったり合えばご馳走です。

最近使っている松井証券の1日信用取引ですが、プレミアム空売り料を払えば新興市場銘柄を空売りできます。
このプレミアム空売り料は株価の1%が上限とのことで、私はすっかり「プレミアム」という言葉に惑わされ
とてつもなく高いと思い込んでいました。

全然高くありませんでした。

プレミアム空売り料

まだまだ下にも銘柄があります。

うわっ!安いと思ったら1株の値段です。ほとんど100株ですので×100の料金です。
大体価格の0.1%ほどでしょうか。0.2%ぐらいあるのもありますが。
普通に手数料払ってトレードするのとほぼ同じです。(銘柄によって多少違いますが)

普通に手数料払って新興市場の銘柄を空売りできるのですからうれしいです。
おまけに私が監視している銘柄ばかりです。

プレミアム空売り料0円の銘柄もあります。

プレミアム空売り料ゼロ

新興市場が寒~い状況になってもこれならトレードできそうです。

MA25(25日移動平均線)下抜けで空売り 亀田製菓2220

以下は亀田製菓2220の日足チャートです。(今日の引け後のチャートです。)
今日はMA25(25日移動平均線)を下抜けたら空売りしようと思っていました。

亀田製菓2220日足チャート

MA25を下抜けて、きれいに下がって空売りで利益がでそうな日足チャートですね。

そして以下が今日の5分足チャートです。

亀田製菓2220 5分足チャート

今日は午前中は全体的に上げていたのですが亀田製菓はぜんぜん上がらずヨコヨコでした。
午後、全体が下げだしたら一緒に下げました。
上には一緒には行かないけど下なら行ってもいいわよ!という感じです。
全体が上げているのに上がらないのは弱いということです。下げる時はさっさと下げます。

指数を見てみましょう。

指数チャート

午前中は上げていましたが午後は下げだしました。
その時に亀田製菓にセットしておいたアラームが鳴り売りポイントを教えてくれました。

指数を見ても下げだしているのでこれは美味しそうだと亀田製菓を空売りです。

指数が下がっていれば空売り、上げていれば買い、というように指数と同じ方向にトレードすると
利益は取りやすいです。

指数は不測の事態が発生した時などは表示させておくと役立ちます。急激に変動します。
売りや買いの判断、持ち越しの判断をするときにも指数を参考にしています。

以下が私のトレードですが・・・・・

亀田製菓2220 5分足チャート売りポイント

残念な結果になりました(TT)

戻りの一番上でカットです。それも損切りになっています。
ポジションを持っていると手仕舞いを考えますが、ポジションを持ちそこねた人は
次の売りのタイミングを見ています。その戻り売りのタイミングで私が手仕舞いしています。
一度目の戻りや押しは我慢したいものです。

下調べもしてちゃんとエントリーしても、ちょっとしたタイミングのズレで利益を取れず
腹立つことも多々あります。

でもめげていてはいけません。
こんな腹立つことをたくさん繰り返し、タイミングが合った時にしっかりゴチになるのです。

でも腹立ちますがっ・・・・。

1 / 212
 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末