自分のフィールドで勝負する

2015年9月21日

無理な銘柄、無理なチャートに手を出してゼーゼーハーハー息切れ状態ですが、
ほっこりするチャートです。

まずは日足チャートからです。

アイセイ 日足チャート前日

アイセイ薬局3170という銘柄ですが、何日か前にストップ高になっていてランキングでみつけ
取り敢えず監視銘柄に放り込んでいたのもです。

ランキングでみつけてもすぐにはトレードしません。自分好みのチャートになるまで
何日でもじっくり待ちます。

9月17日の引け時点での日足チャートですが、パッと見だけでわかりますよね?
美味しそうに仕上がってきているのが。

チャートはパッと見て「おっ♪♪♪」と感じるぐらいがいいのです。
よくわからないチャートを見て唸りながら、こうも見える、ああも見える、などと
考えこんで無理矢理エントリー根拠を捻り出すようなのは独りよがりになりかねません。

9月17日までの5分足の様子は

アイセイ3170 5分足チャート前日まで

私好みの寂し~い雰囲気が漂っています。

ピコポコと板が動いたり、激しく株価が上下する銘柄ではありません。

そして9月18日の5分足チャートです。

アイセイ3170 5分足チャート当日

9月18日の寄付きは真ん中ぐらいのところですが、寄付きから下がっています。
その後でアラートを始値のちょっと下にセットしておきました。

始値ブレイクもモタモタしたものでゆっくり参加できます^^

板が薄くて、損切りしようと思ったらマイナス1万ぐらいすぐにいってしまうので
私は最低単位の100株しか買えません。

しかし、黄色のマルの出来高を見るとわかると思いますが(ちょっとわかりませんね^^;)

スカスカな板なのに400株とか500株とか買ってくる人がいるのですよ。
(買い板はスカスカですが、売り板はそれなりにありました。)
ぜんぜん損切りするつもりがなさそうです。
こなると私は余計に買いやすくなります。

普段100株とかポツポツとしか買われないのに、400株も500株も買って、やる気満々の人がいる♪
それなら私もご一緒させていただこうって♪

株価も素直に上がります。プロがしのぎを削っている銘柄と違い、のんびりととても素直な動きで
高値づかみをしてしまってもまだ上がります。
(← 高値づかみのススメではない!ちゃんとポイントで買いましょう)
こういうところが新興市場銘柄のスカスカ銘柄のいいところ。勝ちやすいのです。

9月18日の引け時点での日足チャートですが、それはそれは美しい三角保ち合い上放れです。

アイセイ3170 日足チャート当日

ちなみに、何日も余計なところに首を突っ込んでは投げ飛ばされた私は
すっかり心が折れ、こんなチャートにもかかわらず引っ張ることが出来ず刻んでしまい
ガッポリからは弾き飛ばされてしまいましたとさ。

しかしながら久々にホッコリとしたトレードでした。^^

こういうやりやすい銘柄、やりやすい場面だけを切り取ってトレードをすればいいのです。
システムトレードと同じ。同じことを淡々と繰り返すだけです。

向上心、完全主義、新たなチャレンジ、・・・・・は~邪魔、邪魔!

でもシステムトレードだけでなく、裁量トレードもした~い!(悪魔のささやき)

監視銘柄はどうやって選ぶ?

2015年7月6日

株価ボードなどに200銘柄、300銘柄、400銘柄・・・・・と登録しておき
毎日日足チャートをチェックしてその中から今日のデイトレ銘柄を抽出します。

で、その200銘柄、300銘柄をどうやって選んでくるの?ということですが

適当です。

何千もある銘柄の中、全部チェックできればそれにこしたことはありません。
でも何千もの銘柄をチェックして、その中から今日のデイトレ銘柄を何十、何百も抽出したとしても
取り扱いに困ります。(ひとりでトレードしきれません^^;)

なので適当に200銘柄以上にしていますが、いくつでもいいと思います。

私の200銘柄はどうやって選んでいるかというと

まず、IPO(新規上場銘柄)は必ずチェック。
でも上場日にはトレードしません。動きが激しくて怖すぎるからです。

上場したての銘柄も、何日か経つと動きが落ち着いてきます。
動きが自分の好みのスピードになり、日足チャートがよくなったらトレードしようと思うので
IPO銘柄も登録銘柄に入れて、毎日チェックしています。

マザーズやジャスダックの銘柄は30万以上の投資金額の銘柄を登録するようにしています。
できれば50万以上、さらに、できれば100万以上の銘柄が好きなのですが、
100万以上になると株式分割されてしまい、30万とか50万とかになってしまうことも多く
銘柄数が少ないのです。

なぜ銘柄の金額にこだわるのかというと
値動きのいい銘柄をトレードしようと思うと、必然的に板の薄い銘柄をトレードすることになります。
板の薄い銘柄で何枚もポジションを持つと始末に困ります。
手仕舞いしたいのに、手仕舞いできる板がない!
1枚なら逃げられるけど、2枚だと大きな損切りになることもある。

価格が低すぎず、板の薄い銘柄を集めているのは、最低単位でトレードしやすい銘柄だからです。
板が薄いので最低単位でしかトレードできないのか、
最低単位で利益を得やすいから板が薄い銘柄が好きなのかわからなくなりました(笑

ランキングなどから新しい銘柄をみつけて登録したり、入れ替えたりすることもあります。
ランキングから抽出した銘柄をその日のうちにトレードすることもありますがめったにありません。
監視して面白そうかな~という銘柄を株価ボードに登録するためにランキングを見ています。

株価ボードに登録はしたけれど、どうも自分の好みの板状態ではないし、動きも鈍い、
しばらく日足チャートはチェックするけれど、どうもこの銘柄はトレードしそうにない、
と思ったら登録銘柄から削除して、また違う銘柄を適当に加えます。

マザーズ、ジャスダック銘柄の数は限られていますので東証一部銘柄も登録しています。

東証一部銘柄は内需株、バイオなどが多いです。
内需株やバイオなどは先物や日経平均に影響されることなく、我が道を行く銘柄が多いです。
先物や日経平均が下がったからといってつられて下がることが少ないです。
まったく影響されないわけではないですが、輸出株や銀行株ほど指数に敏感ではありません。

東証一部銘柄はスクリーニングで銘柄を集めてきます。
例えば「小売で100万~150万」「その他製品で80万~100万」「医薬品で30万以上」
などとスクリーニングの条件を入れて銘柄を抽出しています。

こんなふうに適当に集めています。

取り敢えず、数を見ていれば(多くの銘柄の日足チャートを見ていれば)
そのうちチャンスはあるでしょ、ぐらいに思って適当にいろんなチャートを眺めています。

監視銘柄がデイトレ日和になるまで待つ

2015年5月22日 

以下は私の監視銘柄で今日ねらっていたGMOペパボ3633という銘柄です。

  
GMOペパボ日足チャート

赤のラインを入れましたが、きれいな三角形が描けますね。
ちょっと一部飛び出ている部分もありますが少々のズレはO.K.です。

今日の引けた後の画像ですのでデイトレ日和だったのがわかります。
朝の寄り付きの時点ではまだもみ合いの最中かもしれないとも思いましたが
チャンスを逃したくないのでリスクをとって始値ブレイクで入りました!

・・・・・と、言いたいところですがまさかの取引暗証番号未入力!!
発注画面は用意してあったので最後のワンクリックをするだけでした。
タイミング的には十分間に合っていましたが、クリックしたとたんに
未入力に気が付きました。

残念。

いつかやるとは思っていました。ネットストック・ハイスピードは暗証番号入力が面倒です。
いつも寄り付き間際に気がついて入力していましたが今日は気が付きませんでした。
頭の中はGMOペパボが噴き上がることでいっぱいですから^^;

エントリーポイントを逃してしまいました。

私がエントリーしたのは押し目をつけて再度株価が上昇した時です。

GMOペパボ5分足チャート

無残な高値買いです。その後は含み損状態です。最悪のエントリーですね。
しっかり始値ブレイクで買えていれば含み損を抱えることはありません。

こんなエントリーをすると押し目で損切りになります。

こんなアホなエントリーをしたのもチャンスがにおったから。

今日はビッグチャンスのニオイがプンプンでしたので
逃してなるものかと少しぐらいの含み損は我慢をし(エントリーポイントが悪いのだから)
始値を割れるようだったら損切りしようと放置しました。

三角保ち合いが上放れた、上値抵抗線が上抜けた時は絶好の買いエントリーポイントですが
全部が全部きれいに上がるわけではありません。ダマシもあります。

今日の場合は損切りになったらちょっと大きめの損切りパターンになります。

どこであきらめるかですが、普段なら「高値掴みをした私が悪うございました。」とすぐ損切りします。
今日は大きなチャンスを掴むために大きめのリスクをとりました。
なぜならビッグチャンスのニオイがプンプンだからです。
なぜニオイが嗅ぎつけられたかというと監視銘柄だからです。普段と違うということがわかるのです。

ホールドしている銘柄の含み益が大きく減っても、含み損が大きくなっても
リスクをとるときは取ります。
大きな利益をとるために大きな損切りを覚悟します。それだけの価値があると判断したからです。

今日取らないでいつ取るんだ!!!
そう思うわけです。

こんな感じでリスクをとると決断した時はとことん(やり過ぎるまで)取るので
大きな含み益をすっかりすっ飛ばすこともよくあります。

ランキングなどからデイトレ銘柄を探すのもいいですがやはり日頃慣れた監視銘柄の方が
リスクを取りやすいように感じます。リスクを取りやすいということは利益が取りやすいということです。

値動きや板の厚さなどから「これは普段と違う!」「今日は来るぞ!」というのが感じられます。
普段、板がそれほど厚くない銘柄の方が違いがよくわかります。
信念を持ってトレードできるのです。(信念に固執し過ぎてはいけませんが。)

毎日監視銘柄をチェックするのですがこの時間ほど大切な時間はありません。
監視銘柄というのは自分がデイトレしやすい銘柄です。
そんなデイトレしやすい銘柄の中からチャンスの気配を発しているのを選択するのです。

楽をしようとしてはいけません。寄り付きの前にいかにいいデイトレ銘柄が探せるか。
ここを大切にしてください。日足チャートチェックを念入りにしてください。

ちなみに私が手仕舞いしたのは2時過ぎで、ストップ高から何度も剥げそうになるので
下げ始めたところで手仕舞いしました。ストップ高に張り付けないので持ち越しもやめました。
十分利益が取れましたが、ちゃんと始値ブレイクでエントリーできていれば良かったですね。

ほんとうは監視銘柄であろうがなかろうがチャンスが来たらしっかりとリスクをとらないといけませんが
監視銘柄で慣れた銘柄の方がリスクが取りやすいです。
(リスクをとるとは、手仕舞い位置に十分な幅をとるということ)
今日たまたまトレードすることになったお初の銘柄はとっととトレードを終了してしまいます。

これって私だけでしょうか。

リスクが取れないという悩みがあるならしっかりと監視銘柄を監視してみましょう。

監視銘柄が動かない時

寄り付きの前、または前日にデイトレによさそうなチャートの銘柄を登録しておき当日監視します。

私が好きなパターンは三角保ち合い上放れや上値抵抗線上抜けパターンです。(買いエントリーの場合)
寄り付き直前の気配値などをチェックし、まさにポイントを上抜けしそうだとか
もみ合いが上放れしそうだとか、そんなチャートを発見したらワクワクします。

もう9時前からやる気満々になってしまいます。

ところが寄り付き数秒前に気配値が下がってしまい、どう見ても上放れや上抜けしそうにない。
結局ポイントより下で寄り付いてしまい、株価は下がっていってしまう。

そんな時はやることがなくなってしまいますよね。

こんな時どうしますか?

1: さっさとトレードを終了してしまう。
2: 上昇ランキング、急騰ランキングなどで他の銘柄を探してトレードをする
3: 日足チャートがそれほどよくない他の銘柄で無理にトレードをしようとする。

1番が安全なのはわかってはいるのですがせっかくやる気になっているのだからと
2番のランキングから上昇している銘柄や急騰している銘柄を探して頑張ろうとします。

でも上昇した後の銘柄、急騰した後の銘柄はすでに一番おいしいところが終わってしまっています。
一番おいしいところとは勝つ確率がとても高いところ、とても勝ちやすいところです。

そんなおいしいところが終わってしまっている銘柄でトレードできるとすれば
上昇した後の5分足チャートをさらに監視し、高値を上抜ける、三角保ち合いが形成される
あるいは分かりやすい押し目ができるのをじっと待つしかありません。

じっと待っていても1日中そんなチャンスはない時もあります。
急騰したのは一時的でそこから力なく垂れ下がっていく銘柄もあります。
それにチャートを1日中見ているなんてとても眠くなります。睡魔に耐えているのも地獄。

株価が一番動くのは9時から10時半頃までです。
この時間帯が一番効率よくトレードができます。10時半を過ぎる頃から値動きも少なくなるので
トレードチャンスがなかったら終了してしまうのがいいですね。時間も効率よく使えますし。

3番は最悪です。

私もついやります。暇なのでこれでも買ってみるかと日足がよくない銘柄を監視しはじめ
無駄なトレードをしてしまうことがあります。
これは無駄な損切りトレードの数を増やすだけなのでやらない方がいいです。
日足チャートがよくない銘柄は、たとえ5分足チャートで買いエントリーポイントらしいポイントが現れ
実際そのポイントから株価が上がっていったとしても値幅が取れません。
そんなに買いが集まってこないのです。
なのでたとえ利益が取れても少しだけ、下手をすればあっという間にマイナスです。
やっぱりやらない方がいいですね。

おいしいチャンスが来るまでじっと待ちましょう♪

どうして監視銘柄がいるの?監視銘柄が必要なわけ

今日、デイトレードしたい銘柄を何銘柄でもいいので5分足チャートを表示させて監視します。
今日監視するのは今日デイトレードのチャンスが生まれるかもしれない銘柄のチャートです。
(私はデイトレには5分足チャートを主に使っています。)
今日エントリーポイントが生まれるチャンスがあるかどうかというのは
デイトレが始まる前、午前9時までにそれぞれの銘柄の日足チャートをチェックして
今日の監視銘柄を決めます。

なんでもかんでもデイトレできるということではありません。
できないことはないのですができるだけ勝てる確率を高くするには
日足チャートがいい銘柄を事前に選んでおくことが大切です。

日足チャートがいいとは
今日陽線が出そうなチャート(買いエントリーをする場合)です。

日足チャートを調べて今日陽線が出る確率の高いチャートの銘柄を選んでおけば
デイトレで勝つ確率が高くなりますね。

日足チャートが陽線にならないくても上髭で終わってしまっても
とりあえずは一回上がりそうな銘柄という感じでもいいです。

で、問題はどんな日足のチャートを選べばいいかということですが
簡単にいうと(買いの場合のみで説明しますね。)

下値抵抗線で反発しそうな感じの日足チャート
上値抵抗線を上抜けそうな感じの日足チャート
押し目で反発しそうな感じの日足チャート
下げ過ぎ感のある日足チャート(これは難しいからオススメしません。)
三角保ち合いが上抜けそうな日足チャートなどなど。

ちなみに私が一番オススメするのは三角保ち合い上抜けそうな日足チャートです。
個人的に大好きです。
5分足でもこのパターンが大好きでいつもこればかり探しています。

三角保ち合いが上抜けそうな日足チャートの銘柄を選んでおいて
寄り付きが高く寄り付きそうなら買いエントリーチャンス到来です。
寄り付きが高すぎてもちょっと困るのですがとにかくこのパターンがわかりやすくておすすめ。

三角保ち合いといってもきれいな三角には見えないかもしれませんが
見慣れてくるとしっかり三角に見えてきます。
無理やり見ている場合もありますが(汗

三角保ち合いとは動きが徐々に少なくなってエネルギーがたまっている状態です。
動きがなくなった状態から一度方向感が出るとどどっと動き出します。

そんなチャンスあふれる面白そうな日足チャートをせっせと探してみてください。
宝探しですよ^^

ディスプレイ(モニター)の枚数

デイトレしている人はたくさんのモニターを監視している人も多いようです。
何枚のモニターをたくさんというのかはさておき、
モニターの数が多ければいいというものでもないような気がします。

なぜなら

モニターの枚数を多くして監視銘柄を多く表示していても監視しきれません!

ちなみに私の場合です。

私は3枚のディスプレイに日足や週足、板、発注画面など適当に表示させ
余った部分にはできるだけたくさんの銘柄の5分足チャートを表示させていますが
はっきり言ってぜんぜん見きれていません。監視しているとは言えない状態です。

噴き上がった銘柄の5分足チャートを見て、あら、いつの間に!と
いつも取り残され状態です。チャートを表示させている意味が薄いですね。
たまにチラ見してチャンスを見つけることもありますが
大抵その日決めた銘柄の5分足チャートを見ています。

1枚のディスプレイではぜんぜんデイトレとは関係ないサイトを見ていたりすることも
あります。

これも能力差なんだと思います。

たくさんのモニターを必要としている人はたくさんの銘柄を監視する能力があるから
そうしているのでしょう。そうでなかったら意味ないですものね。
たくさんの銘柄を監視することでたくさんのエントリーチャンスを発見することが
できますし、収益を上げる機会が増えます。

で、視野の狭い私はそんなに多くの銘柄を監視することができません。
3つ4つの銘柄があればそれで十分遊べます。 あ、イヤイヤ十分トレードできます。

トレードする前は下調べでたくさんの銘柄のチャートを見ますが
その時はディスプレイの数なんてなくてもできます。

下調べさえちゃんとしておけばあとはその日にピックアップした銘柄を見てるだけ。

のんびりトレード法でした^^

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末