トレード環境でトレードが変わる

2016年3月5日

トレード資金が6万しかなく、現物トレードでトレード回数に限界がある。
スキャルピング的なトレードをしていると手数料だけがかさむ。

こんな状況のもとで私のトレード方法は確立されたようです。
できるだけ少い手数料で軍資金をできるだけ早く増やすには
できるだけ価格の低い銘柄を買ってできるだけ利益を伸ばさなければなりません。

現物トレードは厳しいものがありました。
ポジションを手仕舞いしてしまえばもうその銘柄を買えなくなることもあります。
その日に狙った銘柄を手仕舞いしてしまえばゲームオーバーです。
利益のある銘柄のポジションは必死で引っ張らなければなりません。

この環境は今から考えるともしかして恵まれた環境だったのかなと思います。
自分から利益を引っ張ろうと思わなくてもそうせざるを得ない外圧がかかるということですから
良い環境に身をおいていたということになります。
(損切りだらけでそういう状況に追い込まれただけですが(汗)

意識にハッキリあるわけではないのですが潜在意識が

「おい、こら! あんまり手数料を使うんじゃないぞ!
無駄なトレードをして手数料使うんじゃないぞ!
その銘柄のポジション、手仕舞っちゃったらもう買えないぞ!
そんなショボイ利益じゃ手数料分もないぞ!」

と、たえず囁きかけていたのかもしれません。おせっかいなお師匠さんがそばに座っていたようです。

なぜもっと早く信用取引を始めなかったか、と後悔していましたが、
もしかして資金が豊富で信用取引で何度も同じ銘柄をトレードできる環境であったなら
そんなお師匠さんの囁きは私には届かず
もしかして私は勝てるようにはなっていなかったかも・・・・。

立派なメンタルの持ち主でもないし・・・・。

私が自分の意思でルールを守れるようになったのではなく、環境のせいでルールを守るようになった
ということかもしれません。

厳しい上司のもとではきちんと仕事をするが、優しい上司のもとでは仕事をサボる社員・・・・みたいな。

2015年の4月頃から松井証券のツールでトレードをして10ヶ月程経ちました。
松井さんの信用取引は新興銘柄の売りを抜きにすると手数料無料でトレードできます。

手数料無料のトレード・・・・・・環境に影響されやすい私に影響が出ないわけがありません。(笑

手数料が無料なのだからその分収入は増えるはず♪・・・・が

松井さんのツールに慣れてしばらくはそこそこの収支でしたが、その後またいつもの収入に落ち着き
手数料分収入が増えているような感じはしません。

????

勝ちやすい時と勝ちにくい時がありますのでハッキリわかりませんが

もしかしてトレードの質が落ちている????

と、気になります。気になりだすと止まりません。

トレードがチョコマカとし過ぎている?
いつでも入り直せるので出たり入ったりし過ぎ?損切りが早過ぎる?
ポジションを保有している時間が短くなった?
好きな銘柄で瞬間芸的トレードが増えている?

などなど気になる点がいくつも浮かび上がり(本質は同じ ^^;)、気になりだしたら徹底的に気になります。

もし手数料アリだったらぜんぜん稼げてないんじゃないの?とさえ思えてきます。

確か私のトレードスタイルは「ポジション持って寝ること」だったはず。
それが最近は午前中にポジションがなくなっています。
ポジション保有時間がなんとな~く短くなっています。

自分の意思より環境を変える方が早い!ということで3月から手数料アリでトレードしています。(@▽@)
変えたとたんにポジション保有時間が長くなりました。そのことを意識しているせいもありますが変わりました。
変わったというよりもともとやっていたトレードスタイルに戻っただけのですが。
収入にどう影響するかみ見ものです。

ある本によると、勝つトレーダーというのは自分の性格に合ったトレードスタイルを確立しているとのこと。
私は「ポジションを持って寝る」というトレードスタイルが性格に合っているのかもしれません。
それで7年以上もやってきたので合っているのでしょう。

松井さんでのトレードになんとな~く不安を感じました。
というより松井さんでトレードする自分に不安になりました。(松井さんは優しい上司・・・・)
チョコマカとトレードするのは神経使ってストレスがたまります。ポジション持って寝た方が楽です。
寝ている間に含み益がなくなっていますが・・・・・(-“-;)
個々のトレードより月間収支の方が大事です。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末