寄り付き前の板状況(気配値)でいつもと違う雰囲気を察知する

2015年10月13日

寄り付き前の板の状況はとっても気になります。

松井証券のネットストック・ハイスピードでは、まとめて板状況を表示することができないので
マネックスのツールで気配値を見ています。
一覧でまとめて監視銘柄の板状況が見られるので便利です。

板状況(気配値)の何を見ているのかと言うと、

どこら辺で寄付きそうか、
注文数が増えてないか、
ということです。

上値抵抗線上抜け、MA25上抜けを狙うなら、寄付きからしっかりと上抜けていなければなりません。
寄り付き前の気配値を見るとある程度どの辺りで寄り付くか見当がつきますね。

この時私が注意して見ているのが注文数です。もっと細かく、注文数の変化です。

私は約定数が少ない銘柄をトレードするのですが、
例えば、普段の寄付きでの約定数が2000株程度だとします。
(100株1単元)

そんな中、ある日寄り付き前の注文数が売りも買いも20000株ぐらいあったら、

こりゃ怪しくないですか?

私はこのように普段より寄付きが10倍ぐらい賑やかになりそうな銘柄を
優先的に選ぶようにしています。

朝から注目度抜群ということで何かが起こりそう♪と期待します。
もちろん全部が全部、気配値が異常だからといってお祭りが起こるというわけではありません。
寄りから下げることもあります。

普段の寄付きでの約定数がだいたい500とか600で
寄付き前の気配値が高く寄付きそうなんだけど、その買い注文の数が100株や200株
売りも100株か200株、というのは
たまたま何人かの人が成り行き注文を出していて高く寄り付き
その後は人が寄って来ず、失速するイメージがありますので、
他にやることなかったら見とこか~という程度です。
(実際、ちょっくら入ってみて、やっぱりダメ~><も結構多い。)

自分の監視銘柄を毎日見ていると、だいたいの気配値の状況がわかります。
私の監視銘柄は板スカスカで約定数が少ない銘柄が多いので

朝、監視銘柄の気配値を見ていると、いつもと違うことに気がつくことができます。
そしてちょっといつもと違うなと感じた銘柄のチャートを表示させ、
トレード根拠がある日足チャートであればその日の監視銘柄にします。

これは、スカスカ銘柄を見ているからであって、板のビッチリある主力銘柄では
難しいかなと思います。

それから気配値ランキングを重宝しています。
マネックスとカブドットコム証券にあります。

マネックスの場合、気配値ランキング上位100位まで表示させることができ
上位50位は一括登録できます。

この一括登録した銘柄は一覧でチャートや気配値を見ることが出来ます。

気配値ランキング上位50位ですので、昨日の終値より高く寄り付く可能性大!
さらにそれらの銘柄のチャートを一覧で眺めて、
上値抵抗線を上抜けそうチャート、MA25を上抜けそうなチャートを
ピックアップします。

気配値はすでに異常なのだし、そこから美味しそうなチャートをピックアップするだけです。

スピード注文画面も連結しておけば、
チャートをダブルクリックしてスピード注文画面で気配値を細かく確認できます。
(約定数が普段より多くなりそうかどうかもチェック!)

気配値が異常かどうかはチャートの下の部分の出来高と比べるとわかります。
普段の(前日までの)朝の寄付き、9時、9時5分の出来高がどれくらい・・・・
そして気配値を見て今日の注文数はこのくらい・・・・? 
と見ていくと、注文数が異常なのか普段と同じくらいなのか違いがわかります。

気配値ランキングから当日の監視銘柄を選ぶやり方はとても便利で、
旦那さんが仕事ない日でデイトレできる日は
旦那さん用の銘柄(10万前後で買える株)をついでにピックアップしてあげたりします。
(旦那さんもマネックストレーダーとネットストック・ハイスピードを併用していますが
まだまだ機能を使いこなせず。)

と、せっかくナイスな銘柄を探してあげても
「動きが速すぎて入れなかった~~~(T0T)」

とのことでノートレードに終わり、私の旦那さん用銘柄選びもいつも水の泡です。
ま、たいした手間ではないですが。

もちろん旦那さんは旦那さんで熱心にチャートを見て銘柄の選別を頑張っていますが
イマイチよくわかっていないような、わかってるような・・・・????

でもなぜか収支はプラスだそうで・・・・・????

伝えるってほんと難しいとつくづく感じます。

喧嘩にならないように伝えるのがコレまた難しい・・・・(-“-;)

しかし、エライと思えるのは、無駄トレードをいっさいしない事です。

ネットストックスマートは使えませんでした(TT)

2015年6月15日

すごく期待したネットストックスマートですが、私には使えませんでした。(TT)

下調べ用のチャートは情報検索の株価ボードに比べてとてもキレイで見やすいのですが、
MA25がなく、困ってしまいます。
画面いっぱい4銘柄で占められてしまうため、一気にたくさんのチャートを見ることができず
銘柄チェックに時間がかかります。

情報検索の株価ボードのチャートは一見見にくいのですが、効率の面ではこちらの方が使いやすいです。

勘違いして異常に期待しすぎた板情報ですが

ネットストックスマート

板の中心の値段に色がついていません。つまりパッと見で前日の終値より高いか低いかが
わからないのです。

ネットストックハイスピードの板(株式ミニ価格表)ですが

板

真ん中の値段の文字の色が前日より高ければ赤、前日より低ければ青で表示されています。

こんな板が一覧でズラッと表示されていれば、瞬時に高く寄り付く銘柄がわかります。
結局ネットストックハイスピードでは、この板(株式ミニ価格表)を複数表示する他ありません。

マネックストレーダーのマルチ気配ビューアでも価格が赤と青で表示され、こちらでもわかります。

マネックスマルチ気配ビューア

併用するしかなさそうです(TT)

今まで使ったSBI証券(旧イー・トレード証券)、ジョインベスト証券(野村証券に吸収された)
岡三オンライン証券のトレードツールには

株価ボードからワンタッチで全銘柄一括チャートへ、とか、一括板情報へ、切り替えることができ
すごく便利に使えました。

この機能、ネットストックハイスピードにもほしいです。

トレード手数料タダ、ツール使用料タダ。これ以上の望みは・・・・・・バチが当たるか・・・・

ネットストックスマートが使えそう

2015年6月13日

またまたブログにコメント下さる方から貴重な情報をいただきました。m(__)m

ちょっと前に松井証券のネットストックスマートが使えるようになりました。

ちょいちょい、と説明を読んで、あ、こりゃデイトレには使えない、と
見向きもしませんでした。板発注ができそうにないので。

それにタブレット用ということで、外出先からもトレードしたい人のためのもので
家で画面に粘着してデイトレするためのものではない!と思い込んでいました。

トレードツールだと思っていたのですが、どうやら情報ツールでした。

寄り付き前の板情報で前日より高く寄り付くのか低く寄り付くのか
効率よくチェック出来るとのことです。

ネットストックハイスピードでは銘柄毎に板を表示させなきゃ寄り付き具合がわかりません。
注目している銘柄10個程がいいところです。

チャートチェックにひっからなかったり、見落としたりした監視銘柄の中で
気配値がいつもと違うことからデイトレ銘柄に昇格することもあります。

気配値ランキングからも気配値が高い銘柄がピックアップできますが、
できれば、慣れた自分の監視銘柄から気配値が高い銘柄を抽出したい!
それが結構おいしかったりします。
ネットストックハイスピードでトレードするようになって
この願望はほぼ諦めていました。

情報検索の株価ボードも気配ボードがありますが、前日より高いのか低いのかわからず
役に立ちません。
  ↓

株価ボード気配ボード

そして以下が希望に満ち満ちたネットストックスマートの株価ボードです。
  ↓

ネットストックスマート気配ボード

まだ場中に使っていないのでわかりません。今は真っ白です。
ちゃんとわかるのかしら・・・? 期待、超特大です♪

下までスクロールすると28銘柄あります。

それでも
情報検索の株価ボードは、今では朝の日足チャートチェックに便利に使えるようになっていました。

最初はすごく見にくかったチャートですが、慣れてなんとか識別できるようになり、
パッと見10銘柄の日足チャートを短時間でチェックできるようになりました。
200銘柄ならネットストックハイスピードに登録しながらでも15分もあればできてしまいます。
(情報検索の株価ボードは登録は200銘柄まで)

株価ボード

ところがネットストックスマートは1000以上の銘柄を登録でき、ランキングなどからも
簡単に登録することができ、日足チャートを見ると、情報検索の株価ボードより
かなり見やすいです。
ネットストックスマートでの日足チャートチェックも、短時間でもっとたくさんの日足チャートが
チェックできそうです。

それから情報検索の株価ボードは5分足がラインチャートですが

株価ボード5分足チャート

ネットストックスマートの5分足チャートはちゃんとローソク足です(T▽T)うれしい!

ネットストックスマート5分足チャート

ネットストックハイスピードを使うようになって圧倒的にトレード数が減りました。
無駄トレードが減っているのではなく、チャンスロスをしているのです。

ネットストックスマートは情報検索の株価ボードの代わりになります。
いや、代わり以上です。

ほんとうはこんな機能がネットストックハイスピードの中にほしいです。
ドラッグやダブルクリックでスピーディに発注したいです。

情報検索の株価ボードにしろ、ネットストックスマートにしろ
結局はネットストックハイスピードにコードを手入力して移動させなければなりません。

結局銘柄コードを手入力するなら、最初から岡三オンライン証券のネットトレーダープレミアムの
株価ボードを使っといても一緒だなと今頃思いました。

確か、そのようなご指摘もいただいたな~・・・・・
またしても、せっかくのご指摘の価値を、いただいたその時にわからず拒否し、
今になって必死に穴埋めを探し、どんくささを実感した1日でした。

反省・・・・・

こんな調子だから、勝てるようになるまで時間がかかったのですよ。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末