銘柄に関するニュースや業績は知っていた方がいいの?

株を買ったり売ったりするのにニュースや業績は知っている必要はありません。

いいニュースが出たからと言っていつも株価が上がるわけでもなく
業績がよい銘柄の株価がいつも上がるというわけでもなく
大抵良いニュースや良い業績が発表される前に株価はすでに上がっていて
ニュースが出たとたんに利益確定されて下がることも多いです。

純粋にチャートだけを見ていた方が動きに乗って行けます。

Buy the rumor ,sell the fact. (噂で買って事実で売る。)

こんな相場の格言がありますのもね。

いろいろ調べたり詳しく知っている人達が先に買い出しますので
それをチャートから察知してちょっと便乗させてもらうくらいのがいいですね。

ニュースや業績などは知らない方がデイトレにいいと思います。

例えば損切りをしなくちゃいけない時に
この銘柄は業績がいいから上がるに違いない、と損切りせずに株価の上昇を期待してしまったり
余計な事を考えてやるべき事ができなくなってしまいます。

業績がよくても下がっていく株もあるし、業績がよくないのにグングン上がっていく株もあります。

デイトレでやることは上がる株を買い、下がる株を売ることで
業績がいい株を買って業績が悪い株を売ることではありません。

私も株を始めた頃はせっせと四季報買ったりニュースを調べたりしました。
拠り所がほしかったのです。何かに頼りたかったのです。依存心ですね。
なんとか上がりそうな株を探そうと頑張ったのですがぜんぜん無駄でした。
そんなの調べているよりチャートを見てお宝銘柄を発掘した方が勝てます。

買うべき時、売るべき時はチャートが教えてくれます。

あ、でも長期投資をする場合はやはり業績やどんな会社なのかということを調べておくことは大事ですね。
よい会社の株が下がっている時は仕込みたいです。
バフェットさんのように^^

トレード中に見ているもの

トレードする時には指標に気をつけて、銘柄のニュースに気をつけて、業績を見て、
チャートを見て、為替を見て、アナリストの分析を参考にして・・・・・
などなどいろんな事に気を付けないければいけない、なんて事はありません。

デイトレードはチャートの見方さえ身につけてしまえばそれでO.K.です。

業績がよくたって下がる銘柄は下がりますし、業績が悪くても上がる時は上がります。
いいニュースが出てもお疲れさ~ん!てな調子で下がり始めたりします。

チャートだけみていればポイントがわかってきますし、
慣れればどこがチャンスなのかわかり、毎日チャンスだらけになります。

業績とかニュースとかは見ない方がかえって素直にチャートを見ることができ
曇りのない判断ができます。
チャートに従って流れに身を任すのが一番です。

個々の銘柄の5分足を見ますが参考に板とマザーズ、ジャスダック、先物などの
指数の表示しています。
指数はいつも見ているというわけではありませんが、
翌日にポジションを持ち越す時の参考にしたりします。
板情報は買う時や売る時のタイミングを計る時に見ますが
板に惑わされることも多く見ない方がいいのではないかと思うことも多々あります。
5分足チャート重視でエントリーしたりエグジットしたりするのが
一番効率的です。

デイトレで勝つためにいろいろ勉強すると思いますが
じっとチャートを観察してコツを掴んでしまうのが早道だと思います。

もちろん基本は大切!
チャートがどうなったら買いなのか、どういうパターンになったら売りなのかは
どんな株の本にも書いてあるようなとてもシンプルなものです。
裏ワザなんてありません。
ほんとに「シンプル」で「普通」なんです。

チャートの基本とローソク足の意味はしっかり把握するようにします。

と言いつつ
トレードをはじめる前に数冊株の本を読んで
チャートやローソク足の意味を理解したつもりの私は
ずいぶん経ってからな~るほどほんとにシンプルだったと腑に落ちたのでありました。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末