デイトレを休む日 無駄トレードを排除する

デイトレで損切りばかりしていて頭がカッカしている時はろくなことをしないので
スパッとデイトレをやめる!・・・・・勇気があったらいいですね。

損失が出たらどうにかして損失を取り戻そうとしてしまいます。
そんな時は判断がハチャメチャになり、やってはいけないトレードを繰り返しがちです。
トレードを止めなきゃ!でも悔しくて止められない!

誰かに止められなきゃやめられない~。




自制心がないとデイトレは続けられませんね^^;

メンタル的なことはさておき
デイトレでも休んだ方がいい日があります。

それは何をしていいかわからない時です。

日足のチャートが良さそうな銘柄がみつからなかった。
5分足のチャートを見ていてもエントリーできそうな形にならなかった。

日足を見てもわからない、5分足を見てもわからない、
そんな時はお休みです。

わからない時に無理やりトレードしても無駄な損失が増えるだけです。
苦労して積み上げた利益は自制心の欠如であっけなく吹き飛んでしまいます。

残るのは虚しさだけです。

無理してトレードして嫌な気分を味わうくらいなら遊びに行ったらよかった。
なんて不快な気分で思うわけです。

トレードで勝つための秘訣のひとつに(別に秘訣でもなんでもない)
無駄なトレードを減らすという事があります。
デイトレし始めの頃はどのトレードが無駄だったのかよくわからないかもしれません。

トレード終了後にトレード日記を見てみるとなんでこんなところでトレードしたの?
と思うようなトレードが何個もあります。エントリー根拠がわからないような。
それが余計なんです。無駄トレードです。

毎日やったトレード、ちゃんと検証していますか?

こんな余計な無駄トレードをそぎ落としていったら・・・・・。
あら、こんなに利益が残るのに!!ということになるかも ☆☆☆

手仕舞い(損切り・利益確定)の位置を検証してみる

カットする位置を株価のすぐ近くに設定するか、それとも離すかということを検証するには
条件を揃えるために同時にトレードしないといけませんね。

たとえば最初に損切りを設定して株価が上がった時には利益の50%にカットを設定する。
また株価が上がったらまた50%の位置に設定する・・・・・というように
カットを引き上げていってみる。

それを1ヶ月間試してみたら次は上がった株価の30%が利益になるようにカット位置を上げてみる。

それも1ヶ月間試したら今度は70%で・・・・・と、時期をずらして検証すると条件が変わってしまいます。

レンジ相場の時もあればトレンドができている相場もあるので相場状況が違えば儲けやすさも違います。
トレードする銘柄も違ってくると思います。
なので検証しようと思ったら同時にやるしかありません。

トレードする時はいつも3つのポジションを持つようにし、
ひとつは常に利益の50%を確保できるようにカット位置を上げていく。
もうひとつは利益の70%を確保できるようにカット位置を上げていく。
最後は利益の30%を確保できるようにカット位置を上げていく。

これをしばらくやってどのやり方が利益が一番取れるか調べるには
ずっと収支を別々に計算して記録しなければなりません。

私は毎日の収支はどんぶり勘定をしており、税金の計算も面倒くさいので源泉徴収です。
こんな計算大嫌いな私は手仕舞いの検証はできません。 あしからずm(__)m

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末