懐かしの岡三オンライン証券のネットトレーダープレミアム

2016年3月10日

1年ぶりに使ったネットトレーダープレミアムは使い方をすっかり忘れてました。

登録銘柄はそのまま残っていました。ありがたいことです。(T▽T)

ネットトレーダープレミアムを再インストールしても登録銘柄は残っています。
私はパソコンも換えたのですがそれでも登録銘柄はそのままです。うれし~です。
最初から登録銘柄を作りなおす必要がなかったです。

岡三オンライン証券から信用取引口座開設の案内が来るので
ああ、以前使っていた信用取引口座は閉鎖されちゃったんだな、と思っていましたがちゃんとありました。
また勘違いでした。(汗
信用取引口座開設の案内も勘違いだったかもしれません。
いつぞやのコメントでもしっかり勘違いコメントしていますし。反省m(__)m

もともとネットトレーダープレミアムは気に入っていましたが、使ってみるとやはり快適です。
何が嬉しいって

1: 利益が伸びている銘柄をそのまま持ち越しできること。
2: チャートチェックが楽ちん。ザラ場中でもたくさんの銘柄の5分足チャートを効率よく見ることができること。
   (監視銘柄をどんどん入れ替えることができる)
3: アラートが無制限に手軽にセットできること
4: 寄付き直前ギリギリまで板(気配値)チェックができること

この4点♪

1の持ち越し出来る点ですが
私のデイトレスタイルはスイングでもエントリーしたくなるポイントでデイトレすることで
利が伸びれば2~3日はホールドしていたいところです。(長くても翌日寄付きには手仕舞いですが(汗)
デイトレでも利益はできるだけ引っ張りたいものです。気楽に持ち越せるのはやはりありがたです。

2の5分足チャートをたくさん見ることが出来る点ですが、
無駄トレード削減に役立ちます(笑

クリックすると拡大します。(ハズ・・・)

株価ボードチャート一覧

トレード時間中にいろんな銘柄の5分足チャート一覧(2日分でも3日分でも切り替え可)をストレスなく見ることができます。

例えば、今日のトレード用に選んだ銘柄がどれも条件を満たさず、トレードする機会がない時でも
登録銘柄やランキングからシングルクリックで簡単に5分足チャートを個別に見られるし、
1分急騰銘柄もマザーズ、ジャスダックに分けてもたくさんの銘柄を見ることができます。

急騰マザーズ

暇な日でも、朝みつけることができなかった銘柄を場が始まった後にみつけることができます。
暇つぶしがあるので朝選んだ銘柄に執着しなくてすみます。(← ここ、私にはすごく重要)

条件が整わなかったのにそのまま朝選択したチャートを見ていると、余計なことをしがちです。
特にやることない時など5分足チャートが良くないのに無理矢理にでもトレードをしようとしてしまいます。
ネットトレーダープレミアムで5分足チャートの一覧を見ていると、そんな焦った気持ちになることがありません。

あ、いや、ほんとうはどんな環境でも自制心を持ってトレードすることが必要です。
でもツールや環境が助けてくれるならより楽に問題をクリアできます。

実際に私も自制心がなくなる時があり(生理前など)、やることがないとアチャコチャと
日足がいいわけでもない銘柄で余計なトレードをしてしまうことがあります。
やることがないとほんとストレスですし、焦ります。

特に日経平均が上げ上げ、マザーズ指数も上げ上げ、なのに自分の当日選んだ銘柄が動かない・・・・・、
そんな時
ええ~~い、いったいどこが動いているのよ~~>< ととても気持ちが焦ります。
焦るとろくなことはしません。
チャンスでもないところがチャンスに見えたり、日足がよくない銘柄で無理矢理トレードしようとしたり。

焦らないように自分で自分をコントロールできることが一番です。
でもツールや環境が助けてくれるなら・・・・それはそれでありがたく頂戴しておきます。^^

助けてくれるというより、焦る気持ちが起きません。
私の欠点を補って(隠して)くれてありがとうです。

銘柄はシングルクリックでも↓キー(PGDNキー)でも連結チャートにパッパッと表示されます。 

ワンクリック(ワンプッシュ?)でスムーズに連結チャートに表示されるので、ひとつひとつチャートをチェックしてもストレスになりません。
最近、朝の銘柄を選択するときに一覧チャートで適当にするようになってしまって反省したので
岡三で下調べがしやすくなっていてよかったです。
横着せずに大きな分析チャートでしっかり日足はチェックしなくちゃいけませんね。
小さな一覧チャートは見落とすし、変なチャートも入れてしまうし。

寄り付き前のチャートチェックも、ザラ場中のチャートチェックも手軽にできるのが一番嬉しいですね♪

3のアラート機能ですが
しばらくチャートにラインを入れるタイプのアラートを使用していて、その便利さも感じていたのですが
チャートにラインを入れるタイプのアラートは、チャートを表示させていなければなりません。
チャート表示枚数が限られているのでアラートをセットする銘柄数も限られてしまいます。

その点ネットトレーダープレミアムはチャートを表示させる必要はありません。
アラートが鳴るとアラート設定画面に「達成」と表示が出るので
朝に一斉にアラートが鳴ってしまってもどれが鳴ったのか後からゆっくり確認できます。
(ゆっくりしてちゃいけませんが)
チャートにラインのアラートは一斉に鳴る寄付きなどは、どの銘柄が鳴ったのかパニックになります。(TT)

アラート

それから私が便利に使っているのは逆指値をアラート代わりに使うことです。
朝の銘柄チェックの時に、約定数が少ないけどチャートが気になる「もしかして~の銘柄」をみつけます。
「もしかして~の銘柄」でも一応スピード発注画面で逆指値を入れておけばアラート代わりになります。
アラートをセットするほど気になるわけでもないけど「もしかして~」の銘柄も逃しません(笑
確認画面はアリにしておかなければなりませんが、
ネットトレーダープレミアムで逆指値を入れてもツールの中での注文なので、実際にはまだ発注はされていません。
逆指値の確認画面が出ることで価格が達したことがわかります。

とにかくいろいろ逆指値を入れておくと「え、こんな銘柄が強くなりだした?」と以外な銘柄のチャンスを拾えたりします。
私はこの逆指値を一番便利に使っているかもしれません。
アラートをセットしなくても、スピード発注画面で注文入れるだけの手軽さですから。

ですが、確認画面をアリにしておくと
注文すれば「下記の内容でよろしければ注文ボタンを押して下さい。」と確認画面が出ますし、
注文を確定すれば「ご注文を受付いたしました。」とまたご丁寧に確認画面が出て、いちいち消すのが面倒くさいです。

それでも1日中ホールドできるような銘柄を!とデイトレすればメリットの方がたくさんです(*^^*)

4の板チェックですが
SBI証券もそうですが、株価ボードを一斉にチャートにしたり板にしたりできるのは助かります。
寄付き直前まで気配値をチェックすることができます。
気配値に赤と青の色がついていて、前日より高く寄り付くのか、低く寄り付くのかパッと見でわかります。

株価ボード気配値一覧

気配値は寄付き直前で変わってしまうものも多く、狙っていたのにガッカリしたりします。
板の一覧が見られるのはほんとに便利です。
他社ツールを併用する必要がありません。

一覧で寄付き直前ギリギリまで板をチェックすることができますし、逆指値でまさかこの銘柄?!に備えることができるので
助かっています。

松井さんは注文がとてもスピーディーにできます。
注文したり、取り消したり、訂正したりが素早く出来るため
スキャルピングにはとてもいいと思います。

実際、私も以前は瞬間芸的なトレード、例えばエントリーして数秒で手仕舞いしてしまうような
トレードはしていなかったのですが、松井さんでトレードするようになって瞬間芸をよくするようになり
知らず知らずのうちに全体的にトレードの時間(エントリーしてから手仕舞うまでの時間)も短くなっていました。

以前の岡三ではポジションを保有したら午後まで引っ張ることが多かったですが、
松井さんでは午前中に手仕舞いしてしまって後場することない、という具合です。

久々に岡三オンライン証券でトレードしてみて、松井さんの注文時の俊敏さを実感しました。
俊敏なお陰で瞬間芸的なトレードもできたし、動きの早い銘柄もトレードすることができました。

岡三オンライン証券は注文確認画面がのんびりしているので瞬間芸をする気もなくなります。
もうポジション持ったら自然にほっときたくなります。
チマチマしたトレードをする気がなくなります。

朝ポジション持ったら1日中ほったらかし、うまいこといったら持ち越ししとこかぁ~という感じです。

そうそう、私のリズムはずっと何年もこんな感じでのんびりやっていたのです。

ところが俊敏な松井さんと出会い、すっかり私もせっかちになってしまい、
同じ銘柄で出たり入ったりを繰り返すようになったのです。
手数料無料なのでますます調子こいて、抵抗なく出たり入ったりを繰り返します。
長くホールドするトレードが少なくなってしまったのです。(← 松井さんのせいにすんなっ!(-“-;)

出たり入ったりするのはタイミングが合えばよいのですが、タイミングがズレ出すと最悪です。
高値で買っては押し目で損切りしたり安値で売っては戻りで損切りしたりと、やることなすこと裏目裏目です。
チョコマカとトレードしているとそんなことも少なくありません。
朝ポジション持って1日ホールドするスタイルならタイミングが少しぐらいズレてもどうってことありません。
細い損切りトレードも減ります。

決断するのが嫌いな私にピッタリです。
エントリーの決断だけすれば後は放置ですから^^
もちろん損切りの決断はしょーがないのでやります。

一日ホールドできるような銘柄を一日ホールドできるタイミングで仕込むこと!
これに集中しやすくなります。^^

仕込みをして放置!   これが楽ちん♪

岡三オンライン証券

損切りの逆指値が変更できない

2015年6月24日

松井証券のデイトレツール、ネットストックハイスピードですが、
損切りに逆指値を使っている方にはちょっと(かなり?)不便です。

普通の(他社の?!)デイトレツールは、逆指値をセットして株価が上がり、逆指値の価格を上にズリ上げたい
と思ったら、ドラッグ&ドロップで簡単にズリ上げる(変更)することができます。

ところが松井証券のネットストックハイスピードでは逆指値を変更したり、取り消したりすることが
できないのです。(ありえませんが。)

私は損切りも利確確定も手動でやるので、特に不便は感じませんでしたが、
よく考えれば
損切りが手動では心配なので逆指値を入れておきたい、という場合は困りますね。

ネットストックハイスピードで入れた逆指値の変更・取り消しは
松井証券のウェブサイトから通常の発注でしなければなりません。

つまりネットストックハイスピードとともに、松井証券のウェブサイトの方も
常にログインしておかなかればならないのです。

このこともブログを読んで下さっている方から教えて頂いたのですが
私も最初に逆指値を入れた時は(ちょっと試しにやてみようかと・・・)
逆指値を変更できずにかなり焦りました。

ちなみに、返済予約というのがありまして、
損切りと利確をセットにした注文もネットストックハイスピードでできるのですが、
やっぱりネットストックハイスピードでは変更も取り消しもできないようです。

困った松井君です^^;

訂正  ネットストックハイスピードで変更・取り消しができます。

詳しくはこちら

困った部分を探すといくつでも出てきそうで怖い松井君ですが
慣れるとは恐ろしい(便利な)ことで、不便も不便と感じることもなくなり、慣れてしまいます。

こんな役にたたんもんはないっ!!と思われた松井証券のサイトの情報検索からの
株価ボード(ネットストックハイスピードの株価ボードではない)ですが、

今ではすっかり朝のチャートチェックに重宝しています。

思いっきり見にくくて、こんなん見てられるか~~~~いっっ!!!!の日足チャートでしたが
この株価ボードのチャートですっかり高速日足チャートチェックができるようになりました^^

人間、何でも慣れる!

ネットストックスマートは使えませんでした(TT)

2015年6月15日

すごく期待したネットストックスマートですが、私には使えませんでした。(TT)

下調べ用のチャートは情報検索の株価ボードに比べてとてもキレイで見やすいのですが、
MA25がなく、困ってしまいます。
画面いっぱい4銘柄で占められてしまうため、一気にたくさんのチャートを見ることができず
銘柄チェックに時間がかかります。

情報検索の株価ボードのチャートは一見見にくいのですが、効率の面ではこちらの方が使いやすいです。

勘違いして異常に期待しすぎた板情報ですが

ネットストックスマート

板の中心の値段に色がついていません。つまりパッと見で前日の終値より高いか低いかが
わからないのです。

ネットストックハイスピードの板(株式ミニ価格表)ですが

板

真ん中の値段の文字の色が前日より高ければ赤、前日より低ければ青で表示されています。

こんな板が一覧でズラッと表示されていれば、瞬時に高く寄り付く銘柄がわかります。
結局ネットストックハイスピードでは、この板(株式ミニ価格表)を複数表示する他ありません。

マネックストレーダーのマルチ気配ビューアでも価格が赤と青で表示され、こちらでもわかります。

マネックスマルチ気配ビューア

併用するしかなさそうです(TT)

今まで使ったSBI証券(旧イー・トレード証券)、ジョインベスト証券(野村証券に吸収された)
岡三オンライン証券のトレードツールには

株価ボードからワンタッチで全銘柄一括チャートへ、とか、一括板情報へ、切り替えることができ
すごく便利に使えました。

この機能、ネットストックハイスピードにもほしいです。

トレード手数料タダ、ツール使用料タダ。これ以上の望みは・・・・・・バチが当たるか・・・・

ネットストックスマートが使えそう

2015年6月13日

またまたブログにコメント下さる方から貴重な情報をいただきました。m(__)m

ちょっと前に松井証券のネットストックスマートが使えるようになりました。

ちょいちょい、と説明を読んで、あ、こりゃデイトレには使えない、と
見向きもしませんでした。板発注ができそうにないので。

それにタブレット用ということで、外出先からもトレードしたい人のためのもので
家で画面に粘着してデイトレするためのものではない!と思い込んでいました。

トレードツールだと思っていたのですが、どうやら情報ツールでした。

寄り付き前の板情報で前日より高く寄り付くのか低く寄り付くのか
効率よくチェック出来るとのことです。

ネットストックハイスピードでは銘柄毎に板を表示させなきゃ寄り付き具合がわかりません。
注目している銘柄10個程がいいところです。

チャートチェックにひっからなかったり、見落としたりした監視銘柄の中で
気配値がいつもと違うことからデイトレ銘柄に昇格することもあります。

気配値ランキングからも気配値が高い銘柄がピックアップできますが、
できれば、慣れた自分の監視銘柄から気配値が高い銘柄を抽出したい!
それが結構おいしかったりします。
ネットストックハイスピードでトレードするようになって
この願望はほぼ諦めていました。

情報検索の株価ボードも気配ボードがありますが、前日より高いのか低いのかわからず
役に立ちません。
  ↓

株価ボード気配ボード

そして以下が希望に満ち満ちたネットストックスマートの株価ボードです。
  ↓

ネットストックスマート気配ボード

まだ場中に使っていないのでわかりません。今は真っ白です。
ちゃんとわかるのかしら・・・? 期待、超特大です♪

下までスクロールすると28銘柄あります。

それでも
情報検索の株価ボードは、今では朝の日足チャートチェックに便利に使えるようになっていました。

最初はすごく見にくかったチャートですが、慣れてなんとか識別できるようになり、
パッと見10銘柄の日足チャートを短時間でチェックできるようになりました。
200銘柄ならネットストックハイスピードに登録しながらでも15分もあればできてしまいます。
(情報検索の株価ボードは登録は200銘柄まで)

株価ボード

ところがネットストックスマートは1000以上の銘柄を登録でき、ランキングなどからも
簡単に登録することができ、日足チャートを見ると、情報検索の株価ボードより
かなり見やすいです。
ネットストックスマートでの日足チャートチェックも、短時間でもっとたくさんの日足チャートが
チェックできそうです。

それから情報検索の株価ボードは5分足がラインチャートですが

株価ボード5分足チャート

ネットストックスマートの5分足チャートはちゃんとローソク足です(T▽T)うれしい!

ネットストックスマート5分足チャート

ネットストックハイスピードを使うようになって圧倒的にトレード数が減りました。
無駄トレードが減っているのではなく、チャンスロスをしているのです。

ネットストックスマートは情報検索の株価ボードの代わりになります。
いや、代わり以上です。

ほんとうはこんな機能がネットストックハイスピードの中にほしいです。
ドラッグやダブルクリックでスピーディに発注したいです。

情報検索の株価ボードにしろ、ネットストックスマートにしろ
結局はネットストックハイスピードにコードを手入力して移動させなければなりません。

結局銘柄コードを手入力するなら、最初から岡三オンライン証券のネットトレーダープレミアムの
株価ボードを使っといても一緒だなと今頃思いました。

確か、そのようなご指摘もいただいたな~・・・・・
またしても、せっかくのご指摘の価値を、いただいたその時にわからず拒否し、
今になって必死に穴埋めを探し、どんくささを実感した1日でした。

反省・・・・・

こんな調子だから、勝てるようになるまで時間がかかったのですよ。

ライブスター証券で信用取引をしてみようと思います

手数料無料に惹かれてライブスター証券で信用取引口座を開設しました。
(今まで現物取引のみで利用していました。)

ライブスターRというツールをインストールしてみましたが
デスクトップからツールを起動させてログインができません。いちいちウェブでログインしてからツールを起ち上げないといけません。ちょっと面倒です。

それに監視銘柄に登録するのが面倒です。ドラッグで引っ張ってくることができずいちいちコードを入力しないといけません。ちょっと面倒です。
好きな銘柄や何日か監視したい銘柄を個別に登録するのも面倒です。
もともと業種別で銘柄が登録されていますがコレ全部毎日チェックするわけにはいかないし
登録の順番も変えられない。使い慣れないとかなり不便そうです。

このライブスターRでデイトレすると必ず下調べした銘柄のみをトレードするようになって戦績がよくなるかも?!
なんて思ったりもします。

下調べした銘柄よりもつい自分の好きな銘柄をトレードしがちなのでちょっとその辺は結果が面白そうです。

ランキングが業種別で見られるので便利なのと業種別指数一覧というのがあるのでどの業種が活況なのかがわかって便利です。
業種別指数一覧は以前使っていたツールで使用していたのですが現在使用している岡三ネットトレーダープレミアムにはないのです。
この一覧で活況なところを見てその業種でトレードしたりもしました。やることがなかったら使えます。

でも悲しいことにマザーズのランキングやジャスダックのランキングがないのです。
マザーズやジャスダックを好んでトレードしているのでこれも残念。

出来高急増ランキングや株価急騰ランキングは全業種まとめてのランキングしかなく業種別はありません。

チャートの色もバックが黒のまま変更することがでいないようです。スピード注文画面は色が2色から選べるのですが・・・・。
岡三ネットトレーダープレミアムは4色から選べるのがよかったです。黒はあまり好きではないので。

分析チャートはたくさん出せるのですが小さいチャートがありません。分析するほどではなくちょっと表示させておきたい時にこれも不便です。

分析チャートのローソク足が細くならず、もっと長期の日足を見ようと思ったらチャートをビロ~ンと横へ
引き伸ばさないと見ることができません。面倒なので引き伸ばしたチャートを表示させていると他の表示させたいものが
表示できずちょっと困ります。でも余計なチャートを表示できないので無駄トレードが減るかもしれません。

それから一番残念なのは登録銘柄がチャート表示に切り替わらないことです。これは痛い!
銘柄にコードがついていないし、別途ライブスター株価ボード(チャートボード)を表示させて登録しないといけません。不便です。

慣れなので不便が多いです。しばらく使ってみるとよいところがわかってくると思いますので使ってみます。

トレード画面がうまく整理できずシッチャカメッチャカです。

アラームや約定音などが試し聞きできないのでトレードするまでどんな音が出るか恐怖です。

それから便利そうだと思ったのはチャートにラインを引いてそれを株価が超えてきたことを知らせるアラームがあるようです。
岡三ネットトレーダープレミアムは価格をいくらと設定してアラームをセットしていましたが
ライブスターRではチャートで簡単にできます。でもアラームの価格を設定し直したり、ラインを引き直しするのが面倒そうですが使ってみないと便利さがわかりません。

まだまだよくわからないし
慣れたらそれなりのトレードをするようになるのでとりあえずチャレンジです。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末