株価の乱高下

2016年1月30日

1月29日金曜日の後場寄りからの乱高下はすごかったです。
日経平均もいきなり600円以上上げて、900円ぐらい下がり、また800円ぐらい
上げていきました。

お昼ご飯を食べて12時30分直前にパソコンの前に座って
まずドル円が急騰しているのを見て、あ、またなんかあったのね、と個別株が動き出すのを見ていたら
みんな一斉に上昇。

あらら、なんか買っとかなくちゃと思いつつ、新興市場銘柄のチャートばかりを並べていたので
新興市場銘柄じゃなく、東証一部の主力を買わなきゃダメよね、と思いつつ、
ドル円を見ると1円上がったかと思えば1円急落するし、
えっ? 下なん? とドル円のチャートを見ていると3円もぶっ飛ぶし、その間一瞬で1円動くしで
はっ?はっ?はっ? 何?何?

・・・・・・って、

こんな時は取り敢えず何でも買ってちょっとでもおこぼれに。。。。と毎回こんな事が起こるたびに
思うのですが、
なんせ突然来て突然去る、準備をしっかりやっていても行動が遅れる私には
忘れた頃にやってくるこのような現象はアワワワ言いながら見ているだけがやっとです。

俊敏な方はガッツリ取れた方もおられるでしょう。
タイミングが悪くゴッソリやられた方もおられるでしょう。

な~んにも経験がなかった頃の私は、FXですが、ガッツリ取ったり、ゴッソリやられたりしました。
今ではもっぱら静観です。(動けないだけとも言いますが)

私の勝てる相手ではない。勝てるゲームではない。 そんなゲームには参加しない。

あんまり激しく上下に動くので、なんだかチャンスを逃している気がしてしまいますが
(実際、ありゃぁ~~、もったいない~~~と思ってましたが)
私の手法は動く前に用意をして、動き出すタイミングを待ち、動き出したら初動を捉える手法です。
動いてしまった後ではやることはありません。

ま、もし頑張るとすれば、後場寄り直前にパソコンの前に戻って来るのではなく
数分でも早くから指数や板を見ていればもっと早く察知出来て、初動を捉えられたかもしれません。
私が行動できるかはかなりはてなですが。。。

何年か前もよく政府や日銀のサプライズ政策で場中に株価が急激に動き出すことがありました。
毎日日銀バズーカを恐れていた日々を思い出します。
売りポジションなんて持っていられたもんじゃありません。
株価が下がっているからと売りポジションを持ってオーバーランチなんかしていると
お昼にいきなり発表があり、後場寄りから急騰して売りポジの含み益がきれいにとすっ飛ぶこともありました。
後場寄りの気配値を見て、慌ててあちこち必死の決済でした。

サプライズ政策発表に限らず、
株価が下がっている銘柄でも悪いニュースの後に自社株買いやら株式分割など株価を急騰させるような
ニュースが出たりで、後場寄りからいきなりストップ高になっていたり・・・・。

売りポジ持っておちおちオーバーランチや持ち越しなんて怖くてできません。

売りポジションを持ち越すのは怖くてやりませんが、オーバランチもできなくなりそうです。
ますます買いに偏りそう・・・・。

いずれにせよ、何が起こるかはわからないものです。
ですがデイトレーダーがやることは常に確率が高いと思うことだけをやること。
わからない時は手を出さない。わからない時に手を出して余計な損失を出さない。

今回のような乱高下はギャンブラーの血が騒ぐかもしれません。
異常事態時に最初の「あっ!」で即行動できる人はチャンスが掴める人かもしれません。
私のような「あっ!どうしよう」という人はタイミングが一歩ズレてピンチを掴む人かも知れません。
「どうしよう」が入るとタイミングをハズします。

私は「どうしよう」が入るので行動しない人です。
ちゃんと自分を知っています。

私はトレード前にしっかり下調べをし、「あっ!どうしよう」」の「どうしよう」が入らない時だけ
行動(トレード)をします。

しっかり準備して「あっ!」で即行動するのはいいのですが、
いつでもどこでも「あっ!」で行動している人はポジポジ病に罹患している可能性があります。

ポジポジ病にかかっているかどうかはトレード収支を見れば診断できます。

値上がり率ランキングを見てデイトレをする人を頼りにする

2015年6月18日

値上がり率ランキングを使ってデイトレされてる人も多いと思います。

9時の寄り付きから頻繁にランキングを見て、
日足チャートや5分足、ティックチャートなどから瞬時に判断しエントリーしたり、
エントリーを見送るかを決めます。即断即決能力が優れていなければいけません。

この方法なら寄り付きの前に下調べをしなくてもいいので時間的にも楽かもしれません。

チャートを見てすぐに有利かどうか判断できて
瞬発力に自信のある方は挑戦してみてもいいかもしれません。

私はやりません。即断即決能力がかなり低いので^^;

しっかり前もって決めておいて、しっかりやるぞ!と決意してもビビって逃げ出しますから。
しっかり下調べしたのに行動できずに全部水の泡!なんて日常茶飯事です。

私のやり方(下調べをするやり方)は、ランキングを見て他のトレーダーが参入してくる前に仕込んでおいて、
ランキングを見て参入してきたトレーダーに、追随して株価を上げてね~、とお願いするトレードです。

ランキングを見てトレードしている人は、デイトレの中でもかなり短期トレードをするので
ポジションを持ってある程度の時間がたっても株価が動かなれば、あっと言う間に投げてしまいます。

私のようにポジションを持って放ったらかしていると、気がつけばすっかり株価が下落していることもあります。
それでもいいんです。たまに大当たりがあれば。

ランキングに載るほどなのに、ちっとも株価が動かないとなれば、ランキングを見ている人にまで
無視されているのね、と諦め・・・・・・・ることなく放置。
いつか誰かが見てくれる・・・・・・ことはない。

ちょっと、ちょっとぉ、ランキング見てるんでしょうが~。ちゃんと追撃してよ~。
と願ってもダメなものはダメ。

ニュースを見ていません

2015年5月25日

ニュースはほとんど見ません。

持ち越す時に決算があるかどうかを確認するくらいです。

ニュースを見てすぐにトレードできるわけでもなし、ニュースが出てもすでに後の祭りなわけで
見ていても全然デイトレの役には立たないからです。

株価の動きはニュースの内容で決まるのではなく、ニュースを見た人の心の動きで決まります。

ニュースの内容が良くても、ニュースが出る前に、もっと良いはずだと期待していて人は
その内容に失望して株を売り、株価が下がることもありますし、
ニュースの内容が悪くても悪材料出尽くしとか言っていきなり株価が急騰することもあります。

ニュースの内容と株価の動きは全然関係ありません。

貴重な情報は、その情報を得ることができる立場にいる人がまず知り、
その次に情報を高いお金を払って得ているお金持ち投資家が知り、最後に普通の人が知ることになります。

要するに遅いんです。知っても。

株価はニュースが出る前から動いています。動き出してしまった株価はもう上へ行くのか下へ行くのかわかりません。
ニュースが出て急落するのか、さらに上がるのかわかりません。
急激に動き出して飛び乗っても高値掴み、安値売りのリスクも高まります。

そんなことをするより、チャートをしっかり監視していて初動をしっかりと捉える方が確率よく利益を取れます。
初動を捉えてよく上がる銘柄は、その後にニュースが出るなんてこともよくあることです。
ポジションを持っていて、株価がよく上がるのでなんかニュースが出たのかも、と思うこともあります。

ニュースや情報を先に知っている人が株価を動かしてくれています。それはチャートが教えてくれます。
ニュースや情報を早期に知ることができない私達はチャートからその何かを読み取るということで
利益を得ることができます。

チャートが先に動きます。チャートチェックはとても大切です。

チャンスを掴む準備さえしっかりしたらチャートのみで利益を得ることは可能です。
お金を出して情報を買えないなら残る手段はチャート分析だと思います。

またまた余談ですが、

お昼に、業績上方修正といったような良いニュースが出た銘柄があって、後場の寄り付きが特買いとなっていました。
「おっ!これは上がるに違いない!」と思い、喜んで成行注文を出しました。
乗り遅れてはいけないと思ったのです。

特買い状態の後に寄り付き、めでたく約定し、「やった、買えた♪」と思ったのもつかの間、そこからダダ下がりです。
「えっ? 上がるんじゃないの?」と思って目が点。ハッと我に返り損切りをポチッ。

以来ニュースを見てトレードするはやめました。

FXでは雇用統計とかFOMC政策金利発表の日に大きくチャートが動くことが多く、
(雇用統計は夜9時半、FOMC政策金利発表は朝の3時半でしたでしょうか?)
私も御多分にもれず、しっかり参加しておりました。

動くのはわかっている。動いた方向にポジションを取れば簡単に利益が出る。目が$$$$$$でした。

夜の9時半丁度に大量ロットで発注画面を出し、ワンクリックを残すのみの準備は万端! 
動き出した方向へドカンと発注!
みるみるうちに利益はガバガバ増えていき、ウハウハ状態で利益確定!

こりゃ~いいぞっ♪♪♪ ということで、翌月の雇用統計も同じように大量ロットでウハハハハ~・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

結果はご想像通りです。

見るも無残に散り果てました。指標トレードやめました。

一通り食らってから、やっぱり頼れるものはチャートしかないと認めたでしょうか。
とにかく危ないと言われるものも、懲りないと気になってやらないままではいられないようです。
株を初めた頃も、危ない危ないと言われる新興市場から手を出すから困ったものです。

おとなしく東証一部銘柄ではじめていれば被害は少なかったかもしれません。

賢者とは真逆の、愚か者の道まっしぐらでした(ノ_ _)ノ

株価が上がったら売る?下がったら売る?

2015年5月6日

Aの株とBの株を保有しています。

Aの株は買った値段から下がってしまいました。Bの株は買った値段から上がりました。
さあ、あなたはどちらの株を手仕舞いしますか?

株をはじめて間もない頃、このような質問を見て私は直感的に「Bの株を手仕舞いして利益を取るに決まってるでしょ!」
そう思いました。
なんちゅうアホな質問・・・・・と、そこまでは思いませんでしたが^^;

稼ぐためにトレードをしているわけですし、トレードすれば稼げると思っています。
損切りばかりしていたら絶対稼げるわけありません。
どう考えても上がって利益が出た株を売らなければ利益を得ることはできません。

上がった株を売って利益を得ていくもの、トレードとは当然そのようにして稼ぐものだと。
下がった株ばかり売っていたら絶対儲かるわけがない。下がった株を売れば損が出るし、そんなことを続けて
下がった株ばかり売っていたら損がどんどん積み増しされ、儲かるわけがない。
ほんとに真剣にそう思っていましたよ。

下がった株がもっと下がるなんて発想はサラサラないし、下がったら上がったところを売ればいい、とか思ってますから。

でもこんなふうに考えるのは私だけとは思えません。たくさんの人が株で稼げないとういう現状を見ると
私と同じように考える人も多いのではないでしょうか。

株をはじめた時の私の上記のような考え方は普通だった(多くの人と一緒)と思っています。
稼げていない時の普通の考え方です。

ちなみに冒頭の質問ですが、株で稼ぐためには上がった株ではなく下がった株を手仕舞うのが正解です。

今では下がった株を優先的に手仕舞いするのが当たり前になっています。これが今の考え方です。
稼げるようになってからの普通の考え方です。

上がった株を手仕舞いして下がった株を手仕舞いしないなんてどう考えもおかしい!!!
稼げなかった頃と今では、ほぼ180度考え方が変わっていますね。自分で言うのもなんですが見事に変わってます。

株で稼ぐには180度考え方を変えないといけません。

1:すぐ出来る人もいれば、  2:できるまでに時間のかかる人、 3:180度変えられない人もいるでしょう。
4:90度までなら変えられるけど180度は無理! そんな人もいるかな。

私は2番でした。それもかなり長時間かかり思いっきり懲りるという経験をたくさんした後でした。

若い人ほど頭が柔軟のようですからもしかして私はデイトレをするにはオバサン過ぎた?(汗・・・・
ただ単に頑固者過ぎた?ちっとも凝りない人だった?サッパリ学習しない人だった?

ひとつ言えるのは「素直な人」は株で勝てるようになるもの早そうです^^
せめて素直な人でありたかった。素直な人は得です、ほんとに。

チャートポイントを知っておこう

チャートにはチャートポイントがあります。
ポイントなので大切なところです。これを知っておかないとトレードが有利になりません。
有利にならないどころかえらい目に合います。

チャートポイントはある大切なポイントで、そのポイントの上では買いが増え
そのポイントの下では売りが増えます。

もしそのチャートポイントの下で買い注文を出してしまうと売りが多い場所なので
たくさんの売りに押されて株価が下がっていき含み損です。

そしてそのチャートポイントの上で空売りをしたら
買いが多い場所なので買われてしまってこれもまた含み損になってしまいます。

チャートポイントは株価が反転するかもしれないポイントであると同時に
そのポイントを株価が上に抜けたら上昇に勢いがついたり、
そのポイントを株価が下に抜けたら下落に勢いがついたりする場所です。

知っておかないと損ですね。

ちゃんとチャートポイントを把握しておいてそのポイントでどういうことが起きやすいのか
知っておく必要があります。

適当にエントリーして利益を引っ張り、損を最小にしておけばデイトレで勝てるわけではありません。

チャートポイントの上でなぜ買いが増えるのかというと
あるポイントの下に株価がある場合、ポジションを持っていない人は
株価がそのポイントが上抜けたら買おうと考えるからです。

そしてポジションを持っている人は
そのチャートポイントの辺りでとりあえず利益確定をしておこうと考えるからです。
チャートポイントまで上がらなくてもその辺で利確を、ということで
チャートポイントに近づくにつれ売りが増えてきます。
株価がそのポイントが勢いよく上抜けてしまうと今度は
それならもうしばらくホールドしようかと考えます。

株価がチャートポイントの上にある場合、
ポジションを持っていない人は株価がチャートポイントまで下がったら買おうかと考えるし
ポジションを持っている人は株価がチャートポイントを下抜けてしまったら決済しようかと考えます。

というわけでチャートポイントとは
ポジションを持っている人は利確をしようかと考える場所
ポジションを持っていない人はポジションを持とうかと考える場所です。

で、そのチャートポイントってどこなのよ?ってことですが
チャートポイントは上値抵抗線や下値支持線(水平なのも斜めなのも)、MA25、MA200などいろいろです。

特に水平の上値抵抗線、下値支持線はよく見ておきましょう。
チャートにラインを引いておいて常に意識しておきましょう。
上値抵抗線はレジスタンスライン、下値支持線はサポートラインとも言います。

これを知らないでトレードしてはいけません。

銘柄に関するニュースや業績は知っていた方がいいの?

株を買ったり売ったりするのにニュースや業績は知っている必要はありません。

いいニュースが出たからと言っていつも株価が上がるわけでもなく
業績がよい銘柄の株価がいつも上がるというわけでもなく
大抵良いニュースや良い業績が発表される前に株価はすでに上がっていて
ニュースが出たとたんに利益確定されて下がることも多いです。

純粋にチャートだけを見ていた方が動きに乗って行けます。

Buy the rumor ,sell the fact. (噂で買って事実で売る。)

こんな相場の格言がありますのもね。

いろいろ調べたり詳しく知っている人達が先に買い出しますので
それをチャートから察知してちょっと便乗させてもらうくらいのがいいですね。

ニュースや業績などは知らない方がデイトレにいいと思います。

例えば損切りをしなくちゃいけない時に
この銘柄は業績がいいから上がるに違いない、と損切りせずに株価の上昇を期待してしまったり
余計な事を考えてやるべき事ができなくなってしまいます。

業績がよくても下がっていく株もあるし、業績がよくないのにグングン上がっていく株もあります。

デイトレでやることは上がる株を買い、下がる株を売ることで
業績がいい株を買って業績が悪い株を売ることではありません。

私も株を始めた頃はせっせと四季報買ったりニュースを調べたりしました。
拠り所がほしかったのです。何かに頼りたかったのです。依存心ですね。
なんとか上がりそうな株を探そうと頑張ったのですがぜんぜん無駄でした。
そんなの調べているよりチャートを見てお宝銘柄を発掘した方が勝てます。

買うべき時、売るべき時はチャートが教えてくれます。

あ、でも長期投資をする場合はやはり業績やどんな会社なのかということを調べておくことは大事ですね。
よい会社の株が下がっている時は仕込みたいです。
バフェットさんのように^^

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末