株のデモトレのやり方

2015年6月7日

FXのデモトレはあるけれど、株のデモトレはないと思っていましたら、
ブログを読んでくださった方から教えていただき、トレダビというサイトを知ることができました。

早速登録!  

・・・・・・・残念ながら、板注文ができません。約定結果も20分以上遅れてわかるようです。

デイトレにはどうかな?と思うのですが、スイングの練習はできそうです。

資金1000万円で信用取引もできるようです。
ゲーム感覚でなんだか面白そうです。

実際のトレードではできないような大金をブン回してみようかしらん♪♪ なんて
小心者は思っています。

実際の株の売買では心理面が大きく影響するので、デモトレで勝てるからといって実際のトレードでも勝てる
とは、必ずしもなりませんが、少なくてもトレード手法を確立するのには役立ちそうです。

株のデイトレの練習のためのデモトレは、実践に近い環境にし、使用する予定の証券会社で口座を開設し、
トレードツールを使って、板発注を実際にできるような環境にしてやって下さい。

例えば以下は松井証券のネットストックハイスピードのスピード発注画面ですが
(6月5日の引け後の板状況ですが、説明のために使いますので引け後ということは無視して下さい。)

どこの証券会社もスピード発注画面は似たようなものです。

アキュセラインクスピード発注画面

エントリーチャンスが来て、このような板状況だったと仮定します。

800円に大きな売り板がありますが、800円がチャートポイントで
この2700の売り板が買われ出したら売り板がなくなる前に800円で買いたい、
そんな状況で、青い丸印をダブルクリック(シングルクリック)してチャンスを逃さず買えるようにします。
タイミングよく800円か、801円、せめて802円ぐらいでは買いたいものです。
800円が間に合いそうにないという時は801円の欄か802円の欄をクリックします。

以外に買い損ねることが多いのです。あっという間に2700の売り板が買われて消えちゃったり、
時には売り板を引っ込められちゃったりします。

たくさんの人が注目していると、あっという間に売り板が買われてしまい、
自分の注文が取り残されることがあります。

逆に、誰も注目していないと、楽々と買えてしまえます。

困ったことによく上がる銘柄ほど買えずに取り残され、買えた銘柄は上がらなかったりします。

それでも、チャートポイントブレイクの時にしっかりと買えるように練習しなければなりません。

そのためには、ブレイクポイントの位置よりちょっと下の方にアラートのラインをセットしておいて
チャンスが近づいて来たらスピード発注画面に銘柄を用意し、今だ!と思ったら
瞬時に発注しなければなりません。

チャンスが来たのに、それから銘柄コードを入力していたり、枚数を入力していては
チャンスはすぐに去ってしまいます。

デモトレでは、スピード発注画面から、タイミングをしっかり見て、ここだ!という値段で
買えたつもりで、そして、損切りも下の買い板にしっかりぶつけたつもりで損益をノートにつけて計算して下さい。
損切りで指値をしてはいけません。約定できずに注文が取り残され、結局大きな損切りになることがあります。
逆指値はいいですが、買い板が画像のようにまばらだと、逆指値をすると思いの外下の方で約定して
大きな損切りになります。

損切りもアラートをセットして、下がったら自分で買い板にぶつけて損切りをして下さい。
利益確定も、存在している買い板にぶつけるようにして下さい。

デモトレで勝てるようになっても、実際のトレードだとそれほど勝てないかもしれません。
なぜなら大きなブレイクチャンスほど、大きく上げるポイントほど、多くの人が注目していて
あっという間に売り板をさらわれてしまい、買うことができないからです。

上がらない銘柄ほど簡単に買えてしまいます。

買えてしばらく株価が動かなくて、その後少しタイミングをあけていきなり上がりだすのもあります。
いろいろあり、実際には買えたり買えなかったりします。

できるだけリアルなトレード環境でデモトレをやって下さい。

例えば、松井証券のネットストックハイスピードではアラートラインをチャートに引けます。
アラート機能は株価が一定の価格に達するとポロン♪と音で知らせてくれる機能です。

アキュセラインク5分足アラート

これはアキュセラインクの6月4日から6月5日にかけての5分足ですが、
真ん中ぐらいが6月5日の寄り付きで、そこから一旦下げてもみ合いが小さくなっています。

斜めの上値抵抗線が引けそうなので、その辺りにアラートのライン(赤)を画像のように引いておくと
この赤いラインを株価が上回るとポロン♪と鳴ってくれます。
(ほんとうは上値抵抗線ちょうどではなく、ちょっと下にアラートのラインを引き、
ブレイクの前に気が付けるようにし、しっかりスピード発注画面を用意してチャンスに備えるようにします。)

ブレイクしてしまった後は急騰してしまい手が出せないこともあります。

実践ではブレイクポイントで、買えることもあれば買えない時もあります。
できるだけ多くのチャンスを掴むためには環境をできる限り整えておくことです。

デイトレでいくら稼げるの?

2015年5月23日

デイトレで生活費を稼ぎたい。
デイトレで稼げるようになって仕事を辞めたい。

と考えて株をはじめる人も多いと思います。
私も主人の収入にちょっとプラスになればと思ってはじめました。

でも、株で稼ぐので今すぐ仕事を辞めて専業トレーダーになる!・・・・のだけはやめて下さい。

最初から株で稼ぐというのは無理です。

学校の先生でも、お医者さんでも、パイロットでも最初からお金が貰えるわけではありません。
たくさんの時間とお金をかけて勉強して訓練してお金を貰えるようになります。
お医者さんになりたい!と思ってもすぐになれるわけではありませんよね。

株のデイトレは勉強の仕方、訓練の仕方でそれほどお金をかけずに、また、それほど時間をかけずに
稼げるようになります。(人によります。)

正しいやり方を学んで、しっかり自分をコントロールして実行できる人のみが稼げます。

デモトレなんて面倒くさい!と思っていきなり本番でトレードをすることをやめられず
無駄な勉強代に大金を投じる人もいます。(もちろん私^^;)

こうする!と決めたのにどうしても決めた事と違うことをしてしまう。
本能のままにトレードすることをやめられない人もいます。(これももちろん私^^;)

そしてここからどうしても脱出できないまま終わる人が多いというのも事実です。
私もそうなりかけました。

稼げるようになるまである程度の時間がかかります。

ですので、いきなり専業トレーダーになるのではなく稼げるようになってから考えて下さい。
仕事はないわ、収入はないわ、株でどんどん損するわで地獄行きです。

そして、デイトレで稼げるようになってもできれば他の収入がある方がいいと思います。
なぜなら精神面で安定するからです。それにリスクも取りやすくなります。 

デイトレで稼げていてもデイトレ以外の収入があるのとないのでは天と地です。
(何千、何億も稼げる人は別ですが)

絶対株で稼いて生活費に当てなくちゃいけない!何が何でも今月いくらいくら稼がなくちゃいけない。

こんな切羽詰まった精神状態では勝てません。

私の性格が喜怒哀楽が激しすぎるのか、トレードに精神状態がすごく影響します。
稼がなくちゃいけないと思えば思うほど、利益は伸びません。
大きな買い物をして、よ~し、株でその買い物代をすぐに稼いでしまおう!
なんて意気込んでトレードすると稼げません。

思いっきり精神状態がトレード結果に表れます。

デイトレは、
「まっ、チャンスが来たらやっとこか~」ぐらいに構えないと無駄トレードがかさみます。
チャンスが来た時は果敢に攻めなければいけないので気合を入れなければなりませんが
チャンスでもないのに必死でデイトレをしていては損を膨らませるだけです。
あ~、今日は何もやることなかった~とノートレードでも平気で過ごせるようにならなければなりません。

余裕の精神状態でいるためにはやはり他に収入源があることが重要です。

というわけで、とりあえず主人の収入があるので私が稼げなくてもそれほど焦らずトレードできます。
主婦であるということはデイトレするにはとても恵まれていることだな~とありがたく思います。

思いっきり記事のタイトルと関係ない事を書いていますが、そろそろ本題に入ります^^;

デイトレでどれだけ稼げるようになるのでしょうか?

答え: その人のリスク許容度によります。

例えば20万円ぐらいの銘柄でトレードしている分には少しずつ利益が出る人でも
いきなり200万円ぐらいの銘柄でトレードすると20万円トレードのように冷静にトレードできないでしょう。
適切なリスクが取れないため利益が出なくなります。

私の場合、20万円トレードから200万円トレードができるようになるまで思った以上に時間がかかりました。
今は300万トレードもたまにしますが、快適なのは100万~200万ぐらいのトレードです。
いつまでも快適なところでヌクヌクしているわけにも行かない!と思うのですが
ここも焦るとダメなんです。何度も一気にリスク許容度を上げようとしましたが、
ストレスだけ溜まり、結果がついてきませんでした。

私のリスク許容度は高くありません。少しずつ上げる努力はしていますし、実際上がってきてはいますが
まだまだです。

トレード歴9年、2年以上稼げないまま、そして6万円からのスタートで稼げるようにになり、
1度だけ入金して軍資金を増やしました。
なんとか20万円を超えた時にもう10万を入金して軍資金を30万以上にし、(30万以上証券口座に入れないと
信用取引ができないためちょっとズルをば・・・)
そこから後は入金なしでコツコツ軍資金を増やし、やっと8桁というところでしょうか。

ほんとにボチボチ、コツコツです。

もっとリスクテイカーだと思っていたのですがデイトレすることで自分の小心者っぷりも発覚してしまいましたよ^^;
でもボチボチコツコツ、リスク許容度も上げていくつもりです。

そして、億をブン回すトレーダーに・・・・・・・なれるのは50年後かっ?!?!

ノウハウ通りにやっているのに勝てない なぜ? ノウハウに近づく方法は質問

2015年5月9日

デイトレで勝つ方法、ノウハウを勉強し、その通りにトレードしているのに勝てない原因は
ノウハウが悪いか、正確にノウハウ通りにトレードしていないか、方法の理解が違っているかだと思いますが

ノウハウの良し悪しはおいておきまして、

自分に原因がある場合、
そのノウハウに自分なりの工夫をしてしまって勝てなくしている、
そのノウハウを正確に理解していない、
という、ふたつの原因が考えられます。

ノウハウはしっかり理解しているけど、良かれと思い他にも有効だと思われることを付け足しているので
正確にはノウハウ通りではない ← 頭のいい人に多い。

ノウハウを理解していないのはノウハウの書き方が悪いという事もありますし
当然のことながら方法の伝え手が受け取り側にまるまるそっくりそのまま伝える事が難しいという事も原因です。

性格や環境も違いますし、トレード経験も違いますので伝えたい事が正確に伝わるかは難しいですね。
これはしょうがありませんが、
伝え手と受け取り側のギャップを埋めるためにはできるだけコミニュケーションを多くすることが大切だと思っています。

私が株で勝てるようになった方法をお伝えしていますが、お世辞にも文章が上手とは言えませんし、
(要点がバラバラであちこちポイントが飛んでいるので自分で読んでもわかりにくい。汗)
私がお伝えしたいことがどれだけ読んで下さっている方に正確に伝わっているかは疑問符だらけです。

それに勝てていない人が本当に知りたい事を私が忘れてしまっている場合もあります。
ですので質問を受け付けています。

私も質問されてはじめて、ああ、ここはもっと掘り下げて書かなきゃいけないなというポイントがわかるので
もっと読んでくださっている方に参考にしていただける記事が作れるかもしれません。

できればコメント欄で他の方とも共有していただきたいのですが、メールでも構いません。
こんなしょうもない質問して恥ずかしいなんて思わないで下さい。
きっと私の方がもっと恥ずかしいアホな事をしていましたし、アホな事を考えていましたので大丈夫です^^

勝てずに長い間、ひとりで悩んでいるより質問した方が早いですよ^^
是非質問してみて下さいね。

ですが、ストップ高って何ですか?という質問はなしにして下さいね。
言葉の意味はグーグルさんの検索窓でお願いしますm(__)m

株トレーダーのブログを見てまわる

株初心者の頃(株で稼げていない頃という意味ですが、2年も負けていて株経験2年を初心者というか
どうかはおいておいて)よく他のトレーダーのブログを見ていたことがあります。

何を見ていたかというと、いくらいくら儲かっているかということ。

初心者の頃はどうやったら勝てるか必死で探していたので株で稼いでいるブログを見たら
何かヒントがあるのでは?と思っていました。

毎日株取引が終わると(その頃は3時10分)習慣のようにブログ巡りです。

今日はこの人はいくら稼いだとか、今日はこの人はいくら損したとか、
自分とは関係ないのにやらなくちゃいけないことのようにチェックしていました。

とても気になるんですね~、見だすと。

だんだんと、ああ、この人達は特別な人なんだ、株で勝てるなんて雲の上の人達なんだ、
そんな気持ちを抱きつつのブログ巡りになりました。

今考えると、そんな暇あったら翌日のデイトレ銘柄でも探しとけよと思うのですが
当時はやらなきゃ気がすまない大切なことのようで・・・・。
そんな事に時間を費やしているから勝てないのですが・・・・。

ほとんどのブログがいくら儲かったということと銘柄ぐらいしか書いてなかったのですが
あるブログに買った銘柄、買った価格、手仕舞いした価格なども書いてありました。

それを見た私はこれで何か勝てるようになるヒントがわかるはずと
その人の買った銘柄のチャートを引っ張り出してきて見ては買ったポイントと手仕舞いしたポイントをチェックし
ああ、ここのポイントで買うのか、この銘柄をトレードするのかといちいち調べました。

ところがトレード経験が長そうなその人のやり方は特にトレードの一貫性が発見できず
多分長年の経験でいろんなトレードができるのでしょう、見て調べてもサッパリどうやって
勝っているのかわからないままでした。

こういう人をセンスのいい人というのでしょうね~。

私にはサッパリわかりませんでしたが。

稼げるようになるには1個のトレード手法をきれいに丁寧に磨いていくことでしょうか。
私にできる事はこれでした。

逆バリはセンスがいるし損切りが難しくなると感じています。
買いポイントや損切りポイントがわかりやすくシンプルで一番やりよいと感じたブレイクアウト手法。
私がこんなにもコツコツタイプだとは知りませんでした。

勝てるようになりさえすれば後はいろんなトレード手法を増やしていけばいいだけなのです。
調子を崩しそうになったらまた最初のシンプルなブレイクアウトにもどればいいだけです。

デイトレで勝てないってどんな時?

株を8年以上もやっているといろんな事があります。
もちろん最初の頃は全然勝てず、株で勝つことなんて不可能では?と思ったこともあるし、
勝てるようになってからもなんか調子が悪かったり、
利益が出しづらかったりすることもあります。
そうかといえばあれよあれよと利益が出ることもあります。

勝てない時は落ち込みますし、ちょっと前まで勝っていたのがいきなり負けだすと
激しく落ち込みます。

でも長年デイトレをやっていると調子のいい時とイマイチ調子の上がらない時がある、
ということがわかり今ではこんなもんだと気楽に構えることができるようになりました。
当たり前と言えば当たり前ですが負けず嫌いの性格が災いし
受け入れるのにかなり時間を要しました。
月が変わると「今月は先月よりもっと稼がねば」と頭がガッチガチだったのです。

いろんな経験もしましたし、対処法もいろいろ考えてきました。
今ではちょっと調子を崩してもすぐに立て直すことができます。

株で勝てない原因はほんとに数えきれないぐらいあるんではないでしょうか。

私なりに株のデイトレで勝てない時の事をいろいろ思い出してみようと思います。

まず1番はじめ、株のやり始めの時はやり方を理解していない!
ということがあると思います。
多分多くの人が株のデイトレを始める前には本を読んだり、ネットで調べて
勉強をするでしょう。
そしてやり方が分かったつもりではじめてみても全然期待するような結果にならないのです。

三角保ち合い上放れを買う
上昇トレンドの押し目で買う
下降トレンドの戻しで売る
レンジの下値抵抗線で買う
レンジの上値抵抗線で売る

など買い方や売り方はわかっているはず、なのに全然勝てない。
本に書いてあることはウソか?!?!なんて疑心暗鬼になることも。

・・・・・・・・チャートの読み方に原因があるんですね。

続く

手数料の安い証券会社

株のデイトレをはじめるにあたってまずは手数料の安い証券会社を探してみる
ということでチョイチョイっとよく使われている証券会社を調べてみました。
(今回は現物株のみ)

約定代金合計(売ったり買ったりした金額の合計)によるのですが
1日売ったり買ったりして100万未満なら
ライブスター証券、SBI証券、楽天証券、岡三オンライン証券、クリック証券あたりが
安いです。
あ、100万未満でなくても200万、500万~も安いかな。つまりいくらでも安い。
各社手数料表が統一でないのでちょっとわかりにくいですね。

ちなみに約定代金合計というのは51万の株を買って52万で売れば103万となり
合計100万を超えてしまいますから200万までの約定代金のプランが適用されてしまいます。

いや、私は1日に10万も使わないよ、という方は松井証券がよさそうです。0円となっています。
(2014年9月現在)

20万円未満ぐらいかなという方はSBI証券、クリック証券、岡三オンライン証券あたりがよさそうです。
1約定毎の低額ならマネックス、カブドットコムも安いです。

トレードしているうちに資金が増え、結局最初の5社ぐらいが似たり寄ったりです。
いろいろ使ってみて使いやすいツールがあったらそれを使うのがいいのではないでしょうか。

手数料プランですがほとんどの証券会社に
約定ごとに手数料がかかるプラン(ワンショットプラン)と
1日に約定した手数料の合計にかかるプラン(定額プラン)と2つあります。
私は何げに定額プランを使っていますが、ワンショットと比べて得かと言うとよくわかりません。

私はあんまり緻密なタイプではありません。
緻密なタイプではありませんどころかどんぶり勘定タイプといえるかもしれません。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末