空売りで狙いたい日足チャート・東和薬品4553

2016年1月14日

東和薬品4553の日足チャートですが
一番右の14日のローソク足と右から3番目の12日のローソク足が
空売りで狙いたい日です。

東和薬品4553 日足チャート

赤ラインは下値支持線です。
下値支持線の上でローソク足が小さくなってモミモミもみ合っているのが好きです。

高値が徐々に低くなってきて、ついに下値支持線を割れる!!
こんな東和薬品のような日足チャートが一番好きです。
下値支持線は水平なのがわかりやすくて好き。
5分足チャートでもこのような形になった時に空売りで狙います。

12日は下値支持線を割れたら狙いたい日
14日は、13日に小さいローソク足で1日揉んでいるのでその翌日ということで
狙いたい日。

ちなみに下値支持線と週足チャートです。

東和薬品4553 週足チャート

高値と安値が結べますね。

そして12日の5分足チャートと下値支持線です。

東和薬品4553 5分足チャート12日

微妙なところで寄付いてくれて上下した後、下へ・・・・。
私の好きなパターンにならずエントリーできず。

そして14日の5分足チャート

東和薬品4553 5分足チャート14日

寄り付きが高くそのまま下へ・・・・・。またもやエントリーできず。
前日の終値、できれば前日の安値より低く寄付いてくれるとやりやすい。
などと言い訳ばかりつらつら並べてちっともエントリーしていません。(T▽T)

高値がだんだん低くなってきて、ついに安値割れ来た~~~♪♪♪

これです!コレコレ♪

日足チャートが悪いとデイトレで勝てません

2015年8月8日

始値ブレイクで勝てる、5分足チャートの三角保ち合いブレイクで勝てる、
上値抵抗線ブレイクで勝てる、

のは、日足チャートがいいときのみです。

日足チャートがいい(上昇トレンドでまさに今日が上値抵抗線ブレイクの初日、
または、上昇トレンドでまさに今日が三角保ち合いブレイクの初日である)
ことと、
5分足チャートでの始値ブレイク、上値抵抗線ブレイク、三角保ち合いブレイクは
必ずセットでなければなりません。

日足チャートがとてもよい銘柄を選んでいても、エントリーがずれてしまっていると
5分足チャートは確かに右肩上がりなのに、買っても買ってもなぜか損切りばかりなる
ということが起きます。

日足チャートが中途半端な時(上昇はしているのだけど、ブレイク初日ではない、
あるいは、上昇なのか下降なのかよくわからない時)は
ブレイクで買っても、その後にそれ以上買いが入らず、急落してしまう場合もあります。

特にブレイクしてから上げ続け、3日も4日も上げている銘柄で
5分足チャートで三角保ち合い、上値抵抗線ブレイクを買う場合、
上がらなければ特に急落する可能性が高いです。
上がってもおかしくないポイントで上がらないのは下落のサインです。

上がってもおかしくないポイントがわかりますか?
上がってもおかしくないポイントは上がる確率51%から70%以上といろいろあります。

できれば上がってもおかしくない確率度【高】のポイントでエントリーしたいですよね。
それが私のオススメしている日足のいい銘柄とエントリーポイントです。

⇒ 私の鉄板トレード

⇒ 私のエントリータイミング

このような銘柄を探し出せない日もあります。探せない日が何日も続くこともあります。
そんな時、これでもいいだろう、と、ちょっと中途半端な銘柄までトレードしてしまうこと、
ありませんか?

中途半端な日足チャートの銘柄は勝てる確率がどんと下がります。
というよりブレイク自体が起こる確率も低く、負ける確率の方が高くなります。
ブレイクというのはエネルギーが溜まっているので爆発するのです。
エネルギーが溜まるところは日足チャートがいい銘柄のもみ合い部分です。

エネルギーが溜まっていないところでエントリーしても、ブレイクもどきは起きるかもしれません。
しかしブレイクもどきでエントリーしてしまった何人かは手仕舞いをしなければなりません。
たいして上がりもせずにエネルギー切れですから反対方向にドドっと行ってしまいます。

この危険性を認識しながら、超速攻トレードで薄利を取ることもできますが
リスク、大きすぎやしませんか?

やることがなくなるとついやってしまう無駄トレードですが、
そんなリスク大の無駄トレードをするより、次のチャンス、次の日のチャンスを探すため
いろんなチャートを観察しましょう!

実際にトレードするよりチャートの観察をもっともっと丁寧に綿密に行って
リスクを下げ、勝つ確率を高めましょう。

銘柄をしっかり探せ出せたら、後はこうなったらこうする!という行動をイメージし、
トレードが始まって「こうなったら」が実現したら、必ず行動!です。

9時前にイメージトレーニンしておきましょう。すると行動しやすいですよ^^

ワイヤレスゲート9419のチャート・上値抵抗線上抜け買い

2015年4月27日

ワイヤレスゲート9419の日足チャートです。

ワイヤレス日足チャート

今日長い陽線が出ています。デイトレ日和でしたね。
どうしてこの銘柄を選んだ分かりますか?

上値抵抗線が水平に引けるんです。

あえて引きませんがどこに上値抵抗線を引けるか分かりますよね? その上値抵抗線を上抜けて行きましたね。
こんな銘柄はできれば1日中引っ張って利益を伸ばしたいものです。

この銘柄を選んだのはもうひとつ理由があります。

それは前日、前々日と値動きが少なかったことです。
上値抵抗線まで株価が上がってきたということはそこから反落してもおかしくないですよね?
ところが反落せずにモジモジしています。下へ行きたくないよう。モジモジモジ・・・・・。
上に行くためのエネルギーを一生懸命溜めているんだよ~~ん。そんな感じ。

そして今日、前日の終値よりも高く寄り付いています。 ⇒ 買い銘柄に決定!

この銘柄は私の監視銘柄で、朝チャートをパパパッとチェックをしていて気になっていたのですが
カブドットコム証券の株ステーションの気配値のランキングにも出ていたのでとてもやる気が出ました^^

そして私のトレードはというと・・・・

ワイヤレス5分足

画像のオレンジの矢印のところ(始値ブレイク)で喜んで買いエントリー♪♪
そして緑の矢印のところ(押し目)で追い出され残念な結果に・・・・・・(T▽T)

今日トレードした(注目した)銘柄です。

以下は大黒天2791という銘柄の寄り付き前の日足チャートでちょっと美味しそうではありませんか?

大黒天2791日足チャート寄り前

株価はぎゅっと凝縮してきて三角っぽくなりMA25を割らずに支えられている感じです。
そして以下が引け後の日足チャートです。スイングトレードでも買いたくなりますね。

大黒天2791日足チャート引け後

陽線が出いていますね。
以下が5分足です。

大黒天5分足チャート

白い縦の点線が今日の寄り付きです。
寄りから買うはずがまたまたどんくさく買い損ねかなり上で追っかけ買いです。
その後ずっと放ったらかしで引け成り決済です。

次は日医工4541の日足チャートの寄り前ですがちょっと無理矢理です。

日医工4541日足チャート寄り前

あんまり美味しそうな三角ではありませんが寄り付きから強そうだったので買い
結果は損切り。

5分足チャートと今日の引け後の日足チャートです。
まだまだもみ合い中でした。

日医工5分足チャート

日医工4541日足チャート引け後ライン

そして以下が価値開発3010の寄り付き前の日足チャートです。

価値開発3010日足チャート寄り前

そして今日の引け後の日足チャートです。

価値開発3010日足チャート引け後

美味しそうに見えましたがなにも起こりませんでしたので明日も監視です。

以下はカネ美食品2669の日足チャートの寄り付き前です。

カネ美食品2669日足チャート寄り前

カネ美2669日足チャート引け後

抜けそうで抜けません。明日も監視してみます。
寄り後もほぼ変わらずです。出来高が少ないのでちょっと難しいかな・・・・。

そして富士製薬4554の日足チャートです。
もみ合い中に入ってしまい利益ほぼなしです。

富士製薬4554日足チャート引け後

だいたいこんな感じのチャートをチェックしています。

今日は初めて使ったライブスターRですが注文変更に時間がかかり最初の狙いを逃し
返済方法でしばらくまごまごし大焦りでした。

ライブスター証券の株価ボードは5分足がローソク足ではなくラインで表示されるため
どんなローソク足が形成されているかがわかりません。
上髭が出ているとか、下髭がでているとかわかりません。
これも使いづらいです。
株価ボードを使うよりツールの中でなんとかたくさんのチャートを表示できるよう
工夫します。

チャートのレジスタンスライン(上値抵抗線)やサポートライン(下値支持線)に
アラームをセットできるのですが銘柄を変更すると消えてしまいます。
アラームを鳴らそうと思ったらずっとチャートの銘柄を変えないようにしないといけません。
でもこのアラーム、ずっと機能したままなのがいいですね。
鳴ってしまった後もセットし直す必要がありません。

ローソク足は細くできたし、チャートの色も変更できました。
わからないまま文句ばかり言っていてはダメですね。もう少しあちこちいじって奮闘します。

今日のデイトレに選んだ銘柄の日足チャート

ポーラ・オルビスHDの日足チャートです。今日の引け後です。
最後の陽線が今日のローソク足です。

ポーラオルHD日足チャート引け後

そして下のチャートが日足にラインを引いたものです。

ポーラオルHD日足チャートライン

ラインAの辺りで4日ほど高値が抜けず、今日ラインAを上抜けたら買おうと思っていまいした。

ほんとうはラインB上抜け(黄色のマークの日)にデイトレしたらよかったのですが
監視銘柄でなかったため黄色のマークの日にランキングでみつけて監視銘柄に入れていました。
何日か様子をみて今日良さそうだなあ~と思ったのです。

そして5分足チャートです。

ポーラオルHD5分足チャート

黄色のマークが今日の寄り付きですが、寄り付いていきなり上げてしまいました。
価格が5590円を超えたらアラームが鳴るようにセットしてありましたが
他の銘柄に気をとられポーラのチャートは表示させていなかったのです。

アラームで気がついてチャートを表示させ5600を上抜けているので買いたかったのですが
初動をしくじりあわあわと買えず残念な結果に・・・・・。

チャンスはしっかり準備(寄り付き前の下調べ・数日の監視など)をして
チャンスの到来にしっかり備え(9時にはしっかりチャートを凝視)、
掴んだチャンスはめったな事では離さない(できるだけ利益を伸ばす)、この3つをしっかり実行したいものです。

私のようにしっかり準備してチャンスを取り逃がす、こんなアホな事はしないようにしましょう。
私は手際が悪かったり、一瞬迷ってしまってよくチャンスを逃すことがあります。
でもチャンスはたくさんありますので次頑張ります。

と、気を取り直して次のチャートです。

アイカ工業の日足チャートです。

アイカ工日足チャート引け後

ラインは以下のように引きました。

アイカ工日足チャートライン

4日ほどこのラインに頭を押さえられています。このラインが抜けたら買おうかなと思っていまいした。
昨日も長めの陽線が出ていていて上昇エネルギーが少なくなっちゃったかなというのが気になりますが。

そして5分足チャートです。

アイカ工5分足チャート

黄色のマークが今日の寄り付きです。
ちょっと下げてから始値ブレイクして勢い良く上げていますね。
これも午前中でラクラク利益が取れますね。

日足に引いたラインは2755円でそれを超えたらアラームが鳴るようにしていました。
これもチャートを見ておらず、アラームが鳴って慌ててチャートを表示させましたが
時すでに遅し。シュポッと始値をブレイクし元気に上げていきました。
そうです。これまた買うことができずチャンスを取り逃しました。

ちなみに取り逃した銘柄はまだあります。(汗

どれも寄り付き後短時間で楽に利益が取れた銘柄ですね。
私ときたら日足もそんなによくない銘柄に気を取られて9時に慌ててしまったのです。

反面教師にして下さいまし。

日足のよいチャートに集中するようにしましょう。

今日選んだ銘柄の日足チャートです

昨日のランキングでたまたまみつけて今日どうかなと見ていたチャートが
これです。寄り付き前のチャートです。

まずウイルコHD7831です。ラインはどう引きますか?

ウイルコHD日足チャート

ラインを引くとこんな感じ

ウイルコHD日足チャートライン

そして今日の5分足がこちら

ウイルコHD5分足チャート

黄色のマークが今日の寄り付きです。
昨日まで取引量がとても少なくどうしようという感じですが取り敢えず買いエントリー。
始値ブレイクして勢いよく上がりましたが勢いよく下がってきたため適当に利益確定。

そして次はITM2148という銘柄です。寄り付き前のチャートです。

ITM日足チャート

ラインを引くとこんな感じ。黄色のマークの時に気がつけばよかったですね。

ITM日足チャートライン

そして今日の5分足です。

ITM5分足チャート

始値1092を上抜けることなく買いエントリーチャンスなしということでトレードせず。
黄色のマークのところが今日の寄り付きです。

アクセル6730です。日足チャートは今日の引け時点のものです。

アクセル日足チャート

5分足です。黄色のマークが今日の寄り付きです。

アクセル5分足

始値1705を9時半頃に上抜けたのですが買いが続かず損切りです。

似たような日足チャートだったのがニューフレアテクノロジー6256です。(今日の引け後の日足チャート)
最後長い陽線が出ていますね。

ニューフレアテクノロジー日足チャート

5分足です。黄色のマークが今日の寄り付きです。

ニューフレアテクノロジー5分足

これは寄り付いてちょっとたってから気が付き、始値から上がって4840を超える時に買っています。

値動きがだんだん小さくなってエネルギーを溜めてその後に大きく動き出すイメージが湧きますでしょうか。
利益が取れそうな気がしてきませんか?

まだまだ他にもあるのですが今日はこのへんで。

ほんとは動画で撮って見ていただきたいな思ったのですが
私のパソコンでは処理能力オーバーでした。動画ソフトを入れてトレード画面の動画を撮ろうとしたのですが
画面が点滅して消えそうになりトレードどころではありませんでした。
いずれ高性能のパソコンにしたらまた動画チャレンジしてみたいと思います。

新日本建物(1879)の日足チャートについて

新日本建設(1879)の日足チャートの1年分です。
またまた私ならどうするか編です。
トレード方法は人の数だけいろいろある(そんなにいっぱい?!?!)そうなので
もし参考になる部分があれば・・・・・。

安値を結んでいくと1本の下値支持線が引けます。下髭がちょっとはみ出ていますが
細かいことは気にしない、気にしない。

新日本建物1879日足チャート1年下値支持線

次は同じ新日本建設(1879)の日足チャートの6ヶ月分です。
こちらも下値支持線を2本引いています。
右肩上がりのラインと420円の水平なラインです。

新日本建物1879日足チャート6ヶ月下値支持線

この銘柄はキレイな上昇トレンドですが2014年の11月あたりから
ちょっと上昇一服のレンジっぽい感じですね。
スイングトレードなら420円辺りで買いたいかな。
デイトレで420円辺りで買いエントリーするなら何本か下髭が出たらエントリーします。
(どこまでも用心深い)
でもレンジの上限での売りは考えません。
基本的に上昇トレンドでしばらくもみ合っても上に抜ける確率が高いので売りません。
もし売るのでしたら下値支持線下抜けを狙います。
それも420円の水平の下値支持線下抜けです。でもきっと躊躇です(汗

私は右肩上がりのチャートで買いのみを考え右肩下がりのチャートで売りのみを考えます。

ちょうど今、斜めの下値支持線の辺りに株価が来ていますので
さてここからどっちに行くかな~というポイントですよね。420円のポイントもあるのでよくわかりません。

そして肝心の上値抵抗線がぜんぜん引けていません。
よくわからないのです。

もし買いエントリーするならここかなというところが480円を超える陽線がでている辺です。
なんとなく三角が描けます。ちょっと気がつけるかどうかはわかりません。

新日本建設1879日足チャート6ヶ月三角保ち合い

長い上髭を無視すれば440円のラインにも水平な上値抵抗線が引けそうです。
実際440円が上抜けた時に陽線が出ているので440円上抜けを狙った人が多かったということですね。

この2つ以外には私には引けません。
もっと無理矢理に引けるところはありますが機能するのかどうかわかりません・・・・・

分かりやすいラインが引けるということは多くの人がラインを引いて買いエントリーチャンスを狙っているので
上値抵抗線を上抜けたらドドドドっと買いが集まって急上昇するかも?!?!

こういうライン、ポイントにたくさん気がつけると買いエントリーの数が
ググっと増えますね。

買いエントリーポイントを探すにはチャートにたくさん上値抵抗線のラインを引きましょう。
もちろんラインを引かないでもパッと見でわかることもありますよ。

ニトリホールディングスの日足チャートについて

今回はニトリホールディングスという銘柄の日足チャートについて
私だったらどうするか書きたいと思います。

日足チャートをチェックする場合は6ヶ月でチェックして下さいね。
1ヶ月とか3ヶ月ではチャートが上昇トレンドなのか下降トレンドなのかレンジなのかわかりづらいです。
なので日足は6ヶ月か1年を見てみましょう。

まずは日足の1年分を見てみます。

ニトリ日足1年

右肩上がりの上昇トレンドなのがわかると思います。
でも2014年の10月頃からなんだか同じようなところを上げたり下げたりしています。
レンジのようにも見えます。だんだん上げたり下げたりする幅が少なくなっていて
三角保ち合いにも見えます。

上昇途中の保ち合いですね。上昇フラッグ、上昇ペナントとも言います。
上昇が一段落してエネルギーをためている場合が多いです。
しばらくもみ合いをした後は上に抜けていく確率が高いです。
もちろん下に抜けることがないわけではありません。

このチャートにラインを引いてみました。

ニトリ日足1年上値抵抗線

3本の上値抵抗線と1本の水平な下値支持線です。

ちょっと小さくてわかりにくいのですが
一番左の上値抵抗線を上抜けた時とMA25を一旦下抜けてまた上抜ける時と重なっています。
この日だけがはっきり陽線になっていてデイトレでも取れたかなという感じです。
あとは全部損切りになっていそうです。
上値抵抗線を上抜けても陽線がはっきり出ていませんもんね。

1年分はチャートの雰囲気はわかりやすいのですが細かくてわかりにくいので
6ヶ月分も見て下さい。

ニトリ日足6ヶ月

ライン引いてどこでどんなエントリーができるか想像してみて下さい。

私だったら以下のようにラインを引いて太い緑の矢印のところで買いエントリーしますが
多分損切りになっていることでしょう。

なんか上値抵抗線の下で上昇エネルギーをためたのはいいがいざ発射となったらエンジンの調子が悪く
なかなか上がらず最近になってエンジンも好調になって勢いよく上昇しているといった感じですね。

ニトリ日足6ヶ月ライン

Aが上値抵抗線、Bが下値支持線です。

Bラインでは左端から1の前回高値、2の前々々回安値、3の前々回安値、4の前回安値・・・
と、何回も反発したりしています。
このように複数の安値や高値を結ぶ線というはとても大切で、ポイントを知るためには
ラインをちゃんと引けているとわかりやすいですね。
こういうラインを無視してトレードをしていては勝つ確率が上がりません。

スイングレードをするなら2、3、4の辺りで買いを入れるかもしれません。
デイトレードで狙うのは緑の太い矢印の日(小さい十字線)かその次に上抜けていく当たりでしょうか。
でも上抜けても陰線が続いているのでエントリーできないでいるか損切りをしているかで
きっとそこら辺であきらめて上昇しているのをくやし~~~!と眺めていることでしょう。

ここ何日は上げていますがそれ前(2014年10月から2015年2月はじめまで)は高値を切り下げているので
ちょっと上昇トレンドに変化が出ていることも読み取れます。
戻り売りもできそうですね。
でも私は売りポイントがわからないので戻り売りはしません。(はっきり下降トレンドのチャートの場合は別です。)
もし売るのであればBの下値支持線を下抜けた時に売ります。

買いはAの上値抵抗線を上抜けた時、売りはBの下値支持線を下抜けた時、
つまりあまりレンジトレードはしていないのです。逆張り系のトレードはポイントがわかりづらい
(ある程度チャートが出来上がってこないとラインが引けない)ので気がつくことができないのです。

今、実は練習中なんですが躊躇の連続です。(汗

上値抵抗線上抜け、三角保ち合い上放れ、下値支持線下抜けなどはライン1本引けば簡単にポイントがわかるので
おすすめしています。

ラインの引けるトレードツールを使って、たくさんラインを描く練習をしましょう。
そうしたら買いポイントが見えてきます。

日足の1年分のチャートでも分かる通り上昇トレンドがしばらくもみ合って再度上昇するというパターンは多いです。
上昇ペナント、上昇フラッグ、上昇ウェッジなどチャートパターンもありますので
それについても書きたいのですが間に合いませんのでよければグーグルなどで検索して下さい。
チャートパターンをおぼえてどんな事が起こりやすいかということを知っておくと勝てる確率も上がりますね。

こんな絵に描いたようなチャートパターンなんてそんな出るわけない!・・・・・

いやいや、そんなことはありません。以外に教科書通りになっていて、
やってみると、え?ほんとに?こんなんでいいの?となりますよ。

シンプルにシンプルに^^

たくさんの銘柄の日足チャートを毎日チェックする

デイトレで勝てるか勝てないかは毎日の日足チャートチェックによります。
できるだけたくさんの日足チャートをチェックしますが
私のトレードツールにはだいたい300銘柄ぐらいが登録されています。

それを毎朝ひとつひとつチェックするわけですが
チャートを見ているとどうしても眠くなるんですね~。
チャートチェック中によく居眠りをして9時丁度にアラームでびっくりして飛び起きるということも
よくあります。

こんな日は当たり前ですが効率よく稼ぐことはできません。
下調べをサボればそれなりのトレードしかできません。
寄り付きが一番エネルギーがあり勢いもあるので利益も伸びやすいです。
ひと動きあった後はまるで嵐が去ったようにシーンとなり動きがなくなってしまう銘柄もあります。

日足チャートチェックを怠ってはいけません^^;

ことろで今日キレイに三角保ち合いを上放れた日足チャートを紹介します。

ポーラHDという銘柄ですが残念なことに私はこの銘柄はトレードツールに登録していないので
監視していなかったのでチャンスには気がつけませんでした。上昇ランキングでみつけたものです。

日足チャートがこちら

ポーラHD日足チャート

ごちそうなのがわかりますか?

ポーラHD日足チャートライン

そして今日の5分足チャートです。

ポーラHD5分足チャート

美味しい銘柄でしたね~。
このチャートで始値ブレイクでしっかりエントリーできたら
後は損切りの逆指値をして寝ているだけですね~。

このような日足チャートを形成した銘柄を毎日こまめに探して下さね。

資金に合わせて、
例えば20万以下の銘柄でトレードする場合は
20万以下で買える銘柄を200銘柄ほどトレードツールに登録して毎日日足チャートを
チェックするようにします。

エントリーポイントについて・いつデイトレできる?

私の一番好きなチャートパターンをご紹介しようと思います。

とにかくいろんな銘柄の日足チャートをチェックしますが三角保ち合いを作っているのを探します。
三角保ち合いというのは日足チャートのローソク足が三角形になりだんだん値動きがなくなっている、
値幅が小さくなってようなチャートです。

以下はASJという銘柄の日足チャートなんですがどこが三角になっているかわかりますか?

ASJ

こんなふうに適当に赤いラインを引きました。

ASJline

少々ずれていてもどうでもいいのです。なんとなく三角形に見えれば。
そしいて赤いラインを上抜けた感じで寄り付きそうな銘柄をその日にデイトレで狙うのです。

この日のロウソク足は上髭が出ちゃっていますが、確かに一度は上がった形跡があり
デイトレで狙ったら利益が取りやすそうですね。

次はビューティーガレージという銘柄です。
どの日がデイトレで狙えそうですか?
(実際にはこの銘柄は取引量が少なすぎてデイトレには向かないのですがとりあえず
こんな感じの日足チャートを探すようにします。)

beauty

三角形でなくても上値抵抗線を引くだけでもデイトレ銘柄を発掘できます。

beautyline<

次はベネフィット・ワンという銘柄です。上値抵抗線のラインはどこに引けますか?

benefit

こんな感じでしょうか。

benefitline

上値抵抗線を上抜けた日のロウソク足は長い陽線になっていてデイトレで取れそうですね。

次はオオバという銘柄です。

ooba

こんな感じでしょうか。

oobaline

次はインテージホールディングスという銘柄です。
これも三角のラインが引けそうです。

intage

こんな感じ。

intageline

上髭や下髭は無視しても使ってもどっちでもいいです。ロウソク足本体も厳密に終値、始値でなくても
かまわないです。なんとな~~く三角形だな~と思われる日足チャートの銘柄を探しましょう。

ほんとうの事をいうと三角保ち合いが上抜けて長い陽線が出てしまった日にチャートに気づくことも多いです。
「しまった、三角保ち合いに気付かなかった!!!」
デイトレチャンスを逃しちゃったということです。こんなことも多いですが次、次と探します。

長い陽線を付けるその日にデイトレをしなくてはいけないので
少なくても長い陽線が出る日の寄り付き前までには
動きがなくなった日足チャートで三角保ち合いができたことに気づいていなければなりません。
前日か前々日か前々々日か・・・・。場合によっては数日見張っている必要もあります。
寄り付き前に板もチェックして上抜けそうであればその日がその銘柄をデイトレする日です。

三角保ち合いの日足チャートを探すのは上放れた時に長い陽線が出やすいからです。
つまりデイトレで勝つ確率が高いからです。

1 / 212
 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末