松井証券の1日信用取引で新興市場銘柄も空売りできる

2015年4月16日

岡三オンライン証券では新興市場銘柄で空売りできる銘柄が少なくどうしても買いに偏ってしまいます。
新興市場銘柄が空売りできたら面白いだろ~な~。

マザーズやジャスダックなどの新興市場銘柄は下げる速度も値幅も半端ない!
反対向いたら大やけどですが方向がぴったり合えばご馳走です。

最近使っている松井証券の1日信用取引ですが、プレミアム空売り料を払えば新興市場銘柄を空売りできます。
このプレミアム空売り料は株価の1%が上限とのことで、私はすっかり「プレミアム」という言葉に惑わされ
とてつもなく高いと思い込んでいました。

全然高くありませんでした。

プレミアム空売り料

まだまだ下にも銘柄があります。

うわっ!安いと思ったら1株の値段です。ほとんど100株ですので×100の料金です。
大体価格の0.1%ほどでしょうか。0.2%ぐらいあるのもありますが。
普通に手数料払ってトレードするのとほぼ同じです。(銘柄によって多少違いますが)

普通に手数料払って新興市場の銘柄を空売りできるのですからうれしいです。
おまけに私が監視している銘柄ばかりです。

プレミアム空売り料0円の銘柄もあります。

プレミアム空売り料ゼロ

新興市場が寒~い状況になってもこれならトレードできそうです。

値動きの激しさと自分のリズム リズムが合うと勝ちやすい

デイトレではある程度値動きがないとやりづらいです。

ほとんど売買が成立しないような銘柄ではポジションを持っても売るにも買うにも困ることがあります。
また板がぎっしりと大きい銘柄も、売買は盛んでも値動きがありません。

値動きの激しい銘柄、それほど激しくない銘柄、とてもゆっくな銘柄、
自分のリズムに合っている銘柄でトレードするとやりやすいです。

いろんな銘柄をトレードしていると自分と同じようなリズムでトレードしている人がいる銘柄だな
と感じる銘柄があります。

私はわりとゆっくりめの新興市場銘柄が好きです。
板もまばらでトレードしている人数も少なく、上がるのもゆっくりなら利益確定をするのもゆっくりです。
ブレイクする時も板の減り具合を見ながらエントリーできるようなのんびりさです。
買ったら気楽に放っておけるくらいののんびりしたのが好きです。

買ってからは激しく急上昇する方がもちろんありがたいですが。

いつもはのんびりしていていもポイント抜けした途端ににいつものリズムとは異なる人達がたくさん入ってきて
動きのリズムが急変してしまい、ついていけなくなりこともあります。

速いリズムの人達がいると普段ならまだまだ判断しなくていいところで
さっさと注文を先に先に出されるのでのんびりしている場合ではなくなってしまいます。

利益確定の様子見をしているとあっと言う間に手仕舞い注文を入れられて価格が下がってしまい
利益を取り損ねてしまったりとか。

こんな風にリズムが変わってくるとテンポが遅い私は後手後手になるので
トレードを控えます。

リズムが元通りになったらまたトレードしましょうかと思いますが、
一度上げて戻ってきたら元通り以上に閑散としてしまいます。すっかりデイトレ不向き銘柄になってしまいます。

もっと値動きの激しい銘柄をと思うのですがストレスになるので大抵のんびり銘柄です。
たまにチャレンジする時はすごい気合いを入れてストレスため込んでやっています。
それはそれで非日常が味わえます。すぐに神経衰弱です。

ストレスを避けようとするから値動きの激しい銘柄でのチャンスを逃しているという
モヤモヤした不満もあります。
ですが、自分のリズムと合った銘柄を手もににおいて監視し、チャンスの時だけトレードすると
ストレスもないし勝ちやすいと思います。

激しく動く銘柄で寄り付きから1時間ぐらいやってみたいと思うことはありますが
自分とパソコンのどんくささを考えるととてもできません。

赤ちゃんの気持ち チャートの気持ち

赤ちゃんチャートを見ている時はチャートがどうなりたいのかなとチャートの気持ちを探るような感じ。
ちょうど赤ちゃんや小さい子どもを見て何がしたいのかな、どうしてほしいのかなと気持ちをわかろうとする感じです。

しゃべれない赤ちゃんのしぐさや泣き方やちょっとした違いを感じ取って眠いの?お腹が減ったの?痛いの?とわかってあげようとしますよね。

経験豊かなおかあさんはちょっとした子どものサインを敏感に感じ取ります。
子育て経験のない主婦にはわからないこともわかるようになります。

トレードも毎日チャートを見て経験を積めばチャートの気持ちがわかるようになります。
特に毎日見ているチャートなら(板も一緒に見ているとなおいいのですが)
今日はいつもと様子が変だぞ?
今日は上に行きたそうだ、今日は下へ行きたそうだ、今日はその辺でウロウロしていたそうだ。
こんなことがなんとな~く感じられるかもしれません。

いつもぼーっとしているチャートがなんだか何かしそうな感じになってきたりとか。
いつも少ない板が買いがしっかりしてきたとか、売りが増えてきたとか。
ポイントを抜けてきて動き出しそうだとか。
こんなライン下抜けたくな~いとローソク足がダダをこねているとか。
これ以上、上へ行きたくない、下へ行きた~いと必死でローソク足が訴えていたとか。

買い板も売り板もビッシリで売買が普段から盛んな銘柄では板の変化はよくわかりませんが
新興市場銘柄で取引がそれ程多くない銘柄はちょっとした板の変化でもチャンスの予感がつかめるかも。

ほんとうは
チャートは赤ちゃんの気持ちではなく、おっさんの気持ちなんですけどね。

デイトレしやすい銘柄とは?

何千もの銘柄がありますが、デイトレしやすい銘柄もあればデイトレしにくい銘柄もあります。

トレードする人がいなくて板がまばらで
ひどい時は1日中トレードが成立しないような銘柄もありますのでそのような銘柄は削除します。

反対に板がぶ厚くたくさんの注文がなければ1ティック動かないような銘柄も削除します。
板がぶ厚くても人気があり人がたくさん集まっている銘柄はデイトレ銘柄になります。
このような銘柄はポイントで大きな買いが入りますのでそれを合図に追随すると
勝ちやすいです。

サイバーAの板

私は個人的にはマザーズやジャスダックの新興市場銘柄で
板は多過ぎもせず少な過ぎもせずどちらかというと少ないかな、という程度の銘柄を
好んでトレードしています。
なぜかというと値動きが激しいからです。

DMPの板

あっと言う間に利益が伸びることもあるかわりに
あっと言う間に大きな含み損になることもあります。

チャカチャカと俊敏にトレードするタイプではないので時たま大きな損切りをすることもありますが、
ポイントを間違わなければ旨味が大きいので私はずっと新興市場銘柄をトレードします。

でもこれからデイトレをはじめるという方には東証一部銘柄をオススメします。
そんなにビックリするほどの損切りをしなくていいので。

最悪の時期に株のトレードをはじめる

マザーズ指数

最初に株のトレードをはじめたのはライブドアショック(2006年1月)の直後です。
素人のくせに値動きのいい新興市場銘柄をトレードしようとしてました。

最悪です。

新興市場(マザーズやジャスダック)銘柄は値動きが激しいので
大きく勝てるかわりに大きく負けるのです。
勝てもしない素人が新興市場銘柄に手を出せば大きく負けるのは当たり前。

なんせ当時は株は稼げるものだとばかり思っていましたし
株で損失を出している人の方が多いなんて知りませんでした。
値動きの大きい新興市場銘柄で大きく儲けることができると思っていました。

4~5冊の株の本を読んだ後
はじめはスイングトレード(数日ぐらい数週間株を保有)をしていたのですが
ライブドアショック以降3年ぐらい新興市場銘柄は下がり続けていたので
買っては損切り、買っては損切りの連続でした。

株のことを考えると毎日がストレスだらけで
どうして勝てないのかわかりませんでした。

素人が下げ相場で買いで勝てるほどトレードは甘くはありません。
(経験豊富でも上げ相場で買いで勝てないこともあるのに。)
2年ぐらいかなり痛い金額の損切りをし続けました。
トレードをはじめて1年後、デイトレをはじめました。
スイングからデイトレにしても勝てません。負ける金額が減った程度です。

はじめてから2年ほどたったぐらいに何故か勝てるようになりました。

その理由は新興市場銘柄のチャートの下げが止まってきたからです。
その後は信用取引もするようになり、空売りもするようになって
下げ相場であろうが上げ相場であろうがプラス収支を続けています。

東証一部銘柄もトレードしますが
株をはじめて以来ずっと新興市場銘柄ばかりを追っかけています。

よく途中で諦めずにトレードを続けたもんだと自分で感心しています。
ずっと負け続けていましたから「ここで辞めたら損失がこれ以上増えることはない」と
何度も株を辞めようと思ったことはあります。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末