損切り幅、トレール幅によって収支が変わる

2016年2月14日

損切り幅、ロスカット幅、悩みますね。

損切り幅を浅くして、逆指値注文を入れておくと片っ端からヒットしてしまい、
損切り貧乏になってしまいます。

じゃあ、深く取って逆指値注文を入れておくと、全部反転してヒットしてしまったり・・・・。
まあ、そんなこともありますが、
損切り幅を決めたら一定期間はその損切り幅でトレードを続けてみなければ
その損切り幅がちょうどいいのか悪いのかわかりません。

今日は浅くて全部引っかかってしまったら明日はもっと深くしてみよう、
今日は深すぎて損失が大きくなってしまったら明日はもっと浅くしてみよう、
こんな風に毎日変えていたらどんな損切り幅がいいのかさっぱりわかりませんね。

少なくても1週間は同じように設定して試してみるべきです。
私は1ヶ月同じ事をやって(損切り幅を決めて同じトレードを繰り返して)大損失を食らい凝りました。(笑
1週間でやめときゃよかった。。。

損切り幅だけでなく、利益が伸びた時もどの程度の上下を我慢するのかも工夫しなければなりません。
トレール幅ですね。

損切り幅を浅く取る傾向がある人は利益の上下幅も浅く取り、ちょっとの下げで利確してしまう傾向があります。
当然ながらこれでは利益は伸ばせません。少しぐらいの利益の上下は辛抱しないと利益は伸びません。
利益はそのまま上げ続けることは少なく(新興市場銘柄はよくありますが)、多少の上下を繰り返します。

この上下幅も適切な幅を取っておかないと利益を伸ばせません。

損切り幅、トレール幅を大きく取るとリスクも大きいですが利益も大きくなります。
小さく取るとリスクも少ないし、利益も少なくなります。
小さすぎると利益は少なくなるどころかマイナスになります。
要するに小さすぎるリスクを取る人は稼げないということになります。
ある程度の大きさのリスクを取らないといけません。

自分がどこまでリスクを取れるか知っていますか?

自分のキャパを超えて大きな金額を投入すると適切な損切り幅、トレール幅が取れなくなり
損切り貧乏になりやすくなります。

例えば10万ぐらいの金額を投入して損切り幅をだいたい3000円ぐらい、
含み益も3000円減ったくらいなら確定しないと決めてトレードしているとします。

これくらいの金額の上下なら普通に平気でチャートを眺めていられますし、利益も伸ばしていけます。

さて、勝てるようになったので投入金額を一気に100万円にするとします。
なら、損切り額は3万円ぐらい、含み益の上下はは3万ぐらいに設定して
3万円ぐらい含み益が減っても気にしない・・・・・

・・・・・ではいられません。

100万円投入し、1万円利益になれば、よしやったと利益確定し、
1000円でも減ると嫌なのでちょっと下っただけでも利益確定してしまいます。

100万円投入すると1万円なんてあっという間に上下します。
5000円でも下がればひえ~と焦って損切りしてしまいます。

こんな感じで適切な損切り幅、トレール幅が取れないと損切り貧乏になります。
大きな金額を投入するならそれなりの損切り幅とトレール幅が必要です。

それができなければ、取れる程度の上下幅の金額のトレードにするべきです。
2000円の損切りに耐えられなければ10万未満の銘柄のみトレードする。

5万ぐらいの損切りもヘッチャラじゃ~い。含み益が5万ぐらい上下したってどってことない!
なら200万、300万でもGOです。

無茶してトレード金額だけ大きくしても、損切り幅、価格の上下幅に耐えられなければ
稼げる金額が増えることはなく、損切りばかりが増え、損切り貧乏になってしまいます。

自分が許容できる程度のリスクにおさえるのが勝ち続けるための大切なポイントです。

自分のリスク許容度がわかっていても、リスク許容度を広げて収入を増やしたい願望は大!
私も自分のリスク許容度を広くするために、たまに大きめの金額のトレードをするようにしています。

普段より大きめ金額で普段と同じようなトレードを・・・・・とはなかなかならず、
やはりリスクが取れないトレードを連発してしまいます。
取り敢えず金額に慣れなければ!と頑張るのですが、チャートを放置してみたり、ビビって手仕舞いしてしまったり・・・。

普通の主婦の金銭感覚も、大きな金額に慣れたらお金持ちのマダムの金銭感覚になれるかしらと
挑戦の気持ちだけは大切に、でも駄目そうならすぐまたもとのゆるま湯に戻ります。

熱めの湯に入ってはまたぬるま湯に戻り・・・・の繰り返しです。

大縄跳びで、必死で目を凝らしてタイミングをはかり、ソレ~!!!と目をつむって大縄跳びの中に飛び込んでは
勢いでそのまま1回も縄を飛ばずに反対方向へ走り抜けてしまう・・・・・

そんなトレードも多いです。。。。○| ̄|_

せめて2~3回は縄を飛んでこい。

リスクテイク遺伝子をONにする・・・・・ 最近の私の研究課題です。(++)

デイトレの障害5種

2015年4月13日

デイトレには心理的な障害がいくつもあります。

一番の障害は損切りです。
この障害だけは最低限乗り越えなければトレードで稼ぐことは不可能です。

説明するまでもなくこの損切りという行為がどれほどやりづらいかはご理解いただけると思います。
利益を確定させるのは超簡単なのになぜこれほど損を確定するのがつらいのか。

損をしたくないというのが人の本能なのでやりづらいのは当たり前。
やりづらいことをしてまでも儲けたい?
では、かなり気合いを入れないといけません。

勝てる確率の高いエントリーポイントを知らない初心者にとっては損切りをしなければならない場面ばかりになります。
損切りをしたとしても日々利益を残すことにはなりません。
ちゃんと損切りしているのに勝てない! 損切りばかりでイヤになる時期です。
損切りはしているけどだんだんと少しずつ資金が減っていきます。

損切りができるようになること、勝てる確率の高いポイントでエントリーすること
このふたつが揃って利益を残せるようになります。

ふたつめの障害がエントリーポイントを理解し、そのポイントでしっかり入るということなのですが
エントリーポイントでエントリーするのがなぜ障害になるのかというと

確率の高いエントリーポイントというのは有能な主婦ほどエントリーが苦痛になるポイントだからです。

安いスーパーを選び、お買い得な品物を選んでお買い物をする優秀な主婦は
高くなった株価で買うという行為はとても苦痛に感じます。

有能な主婦でなくても損切りができるようになるとできるだけ損切り幅を小さくしたいという思いがあるため
できるだけ安く買いたい、ちょっとでも安く買いたい、そんな思いから上げていく株を買うのを躊躇してしまうかもしれません。
もっと安い時期に買いたいという気持ちは分かりますが安い時期の株は上がらないのです。
上がっていく株が上がる株ですのでどうしても高い値段で買わなければなりません。

買った株は売らなければならないので上がる株を買わなければなりません。
高く売るために株を買うので安い株ではなく上がる株を買わなければならないのです。

頑張って高い株を買いましょう。

損切り幅を小さくしてしまって大きくできない、これが3つ目の障害です。
損切りはちゃんとするよ~。でも大きな損切りはイヤだよ~。

確かに。 損切りは小さくして利益は大きく取るというのが基本ですから損切りは小さくしたいところなのですが
株価は一方方向に一直線に動いてくれるものだけなら嬉しいのですが、上下を繰り返しながら上がっていく、
または下がっていくものが多いですね。
いちいち押し目や戻りで手仕舞いになっていては取れるものも取れなくなります。損切り貧乏です。
利益を取るためにはある程度の損切り幅は必要になってきます。

4つ目の障害は利益を伸ばすということです。

今ある50の利益があるとして今なら50が確実に手に入ります。
でもその50をもらわずに放置しておけば将来100になる可能性もあるけど20になる可能性もあるとなると
ほとんどの人が今ある50をもらってしまうそうです。

 
利益をリスクにさらしたくないというもの人の本能なので利益を伸ばすというのも心理的につらいものになります。

ちなみに損については、今50の損がある場合、将来損が100になってしまう可能性もあるけど
20ぐらいに損が減る可能性もあるとなると普通の人は損が減ることを期待して放置するのだそうです。

人の本能が欲するところと正反対のことをするのが儲かるトレードですので儲からない人が多いのも頷けます。

利益はリスクにさらしたくない!でも損はリスクをとってでも減る確率があるなら待ちたい!
この本能のいいなりにならないようにしなければなりません。

ある程度利益を放置できるようになればデイトレで勝つことはできるようになりますが、
利益を引っ張ることができればできるほど儲け額が大きくなりますね。

デイトレで儲かるようになるとその儲かった分を使ってしまわない限りどんどん資金が増えます。
資金が増えるのだから大きな金額を投入できるようになりさらに儲け額が大きくなるかと思われます。

ところが大きな資金を投入するということは大きな損切り額を設定しなければならないということ。
2倍の資金を投入すれば損切り額も2倍は覚悟しておかなければなりません。
大きな資金を投入し、大きなリターンを得るのはウェルカムなのですが大きな損失を受け入れるのがまた苦痛です。
というわけで5つめの障害は投入資金を大きくするということです。

私も少額トレードだったころはすぐに資金が2倍になるのでこの調子だったらすぐに億万長者になれる♪
と思っていました。甘い夢でした。
なくなってもいいと思える資金は全額投入できますが、今ではなくなっては困りますので全額投入なんてできません。
何銘柄か同時にポジションを持って足したら全額投入になることはありますが、
一度にひとつの銘柄に全額投入はとてもじゃないですができません。
そんなリスクは取れないのです。キャパ不足です。大きなリターンを取れる人は大きなリスクが取れる人です。

短期間で何億も稼げるようになったという人ははやり普通の人と違うようです。

動画でとんでもない(命をすっ飛ばしそうな危険な)行為をアップしているアメリカ人とか、そんな人に近いかも。
普通の恐怖心を持っている人には異次元の世界だと思われますが
あきらめずに目指したいと思います。 次元の違う大金を稼ぐ人になってみたい^^

デイトレにはいくつも障害がありますが、全部「得をしたい、損をしたくない」という人の感情によるものです。
感情がなくなるわけではありませんのでうまくコントロールするしかありません。

損切り幅 損切りはできるけど損切り貧乏

なんとかかんとか損切りはできるようになった。

じゃあ、デイトレで勝てる?  

と言うとそうでもなく、損切り幅が適切でなくて勝てないという場合があります。

やりにくい損切りができるようになったということは最初の大きなハードルを超えたということです。
(でも安心してはいけません。損切りはできる、資金管理はしっかりしていると思っても
いつどんな心境になってしまうかわかりません。実際10年以上勝ち続け大きな資金でトレードしている
ベテラントレーダーでも一瞬の判断を誤りトレードを続けられなくなってしまう人もいます。)

損切りトレードは失敗トレードではなく稼ぐためには避けられないし損切りトレードを無くそうと思ったら
トレード数を0にする以外にありません。ノーリスクノーリターンです。

でも利益を出すためはいくつかの損切りトレードをし、いくつかの利益確定トレードをしなければなりません。
確率100%のトレードなんてできないのですからどうしても損切りトレードはしなければなりません。
それを嫌がっていてはデイトレはできません。
勝てるようになるには上手に損切りをしなければなりません。

では上手な損切りってどんな損切り? 浅ければ浅いほどいいんじゃないの?

そうですね。損切りは浅く、損切り額が小さく抑えられたらいいですよね?
でも気づかれている方も多いと思いますが

浅い損切り=適切な損切りではありません。

適切な損切り幅が必要なんです。
ある程度大きな、でもできるだけ小さな損切りです。ちょっと?????です。

ココらへんは研究して下さい!  と突き放します。

損切りができる。損切りトレードはしなきゃいけないトレードだと理解でき、頭がデイトレ用に切り替わってくると
次は、しなきゃいけない損切りトレードの損失額をできるだけ小さくしたいと思います。

この気持がまたプチハードルになります。
損切りできない時ほどのハードルではないですが、損切りはするけどできるだけ損したくない、
この気持、けっこう邪魔になります。
リスクを取ることがデイトレですがリスクを取れないとデイトレできません。

損切りはいくらと損切り幅を小さく設定するのではなくこのポイントを抜けてしまったら損切り、というように
幅を持たせてみてください。この幅をできるだけ小さくするためにはエントリーポイントが重要になってきます。

エントリーポイントが適切なら適切な損切り幅を小さくすることができます。

適切な損切り幅を取ったのに勝てない!

・・・・・それはエントリーが適切ではありません。

想定した動きにならなかったら損切り

しつこく損切りの話です。^^;

エントリーポイントはだいたい決まっていてみんなやることは一緒だと思っています。
みんなが上がりそうだと思うポイントがエントリーポイントになるのでみんなと同じように考えていればいいです。

みんなとは多くの他のトレーダーのことです。
ここがエントリーポイントだとみんなが思いみんなが買うので勢い良く上がっていくのです。

そんなポイントはチャートを見慣れてくればよくわかるようになるのでたくさんチャートを見るようにします。
チャートといってもリアルタイムで動いていくツールのチャートですよ。

リアルタイムチャートは各証券会社が提供しているのでお好きな証券会社のツールを
ご自分のパソコンにインストールして使って下さいね。慣れればどこの証券会社のツールでもいいと思います。

デイトレの下調べで日足チャートをチェックする時は止まっているチャートでいいですが
デイトレのエントリーポイントがわかるようになるためには動いているリアルタイムチャートを観察します。

あらら・・・・損切りの話をするはずがまたまたずれていました。m(__)m

とにかくエントリーポイントというのはある程度決まっています。

でも損切りや利益確定のための手仕舞いというのは特にどこでしなければならないというものでもなく
人それぞれだし、トレード時間が長い時は損切りもある程度深くしなければならないし、
トレード時間が短い時は損切りも浅くしなくてなりません。浅すぎても損切り貧乏になってしまう可能性もあり
とりあえず自分で損切りルールは決めておかねばなりませんが以外と難しいですね。

深い損切りは精神的苦痛を伴います。意図した深い損切りと損切りできなくて含み損が大きくなっているのとは
違いますからね。

損切りできなくて含み損が大きくなって我慢しているなんて論外です。デイトレ即刻中止!
損切りできない人はデイトレをしてはいけません。デイトレ禁止!

私の場合ですが、エントリーした後、想定した値動きにならなかったら損切りをするということにしています。

例えば寄り付きから始値ブレイクで上がる時にエントリーしたら、始値ブレイクして上がっていくことを想定していますから始値を超えたのに株価が上がらず始値を割ってしまったら損切り!とか。

ところが損切りをしたとたんに買いがどんどん入ってきて再度上がりだす、なんてこともあります。そんな時は
タイミングが合わなかったのだと諦め、次のチャンスを待つか、または再度上げ出した時にもう一度エントリーするかですが慣れないうちは最初のタイミングが合わなかったら諦める!でいいと思います。チャンスは何度も来るのですから。
いつも見ている銘柄ならその辺のクセもわかりやすいかと思います。

エントリーは上がる確率が高いポイントでエントリーしていると思います。ですから買って上がらなかったらすぐ損切りや薄利で手仕舞いしてしまうのもアリです。

板が薄い銘柄、つまりあまりトレードが成立していない、人気(ひとけ)の少ない銘柄は上がってもおかしくないポイントでも上がらないことも多いです。人が少ないですから。(買う人がいない。)

でもたまにこの銘柄に人がいるんだろうか?と思うほど閑散としていたのにいきなりエントリーポイントから
怒涛の上げがやってくることもあります。こういう銘柄はもともとが売り板もまばらですからひとたび買いが集まれば
急激に株価が上がりおいしいことになりますが、急落するのも早く天国と地獄がめまぐるしくやってきます。

このような銘柄も損切り用の買い板があればエントリーしてみても面白いですね。

それから大事な話なのですが、エントリーするときは損切りポイントも決めてエントリーしましょう。
こうなったら損切りする、こうならなかったら損切りする、このポイントに達したら損切りする!というように。

このことは非常に大事です。やることをしっかり決めておかなければ必要な事態になってもちゃんと行動できません。
以前にも書きましたがエントリーしたらすぐに損切り用の逆指値注文を入れるというのでもいいです。
とにかく損切りだけは決めておきましょう。
利益確定はどうでもいいですが(どうでもいいことはありませんが^^;)損切りだけは絶対設定しておきます。

利益確定なんて適当でいいんです。ご自分でのんびり後で研究して下さい。(笑

でもエントリーポイントは決まっていますからしっかりポイントを覚えこんで理解しておき、
損切りはエントリーと同時に設定します。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末