シンプルトレード

2016年1月11日

「稽古とは一より習い十を知り十よりかへるもとのその一」(千利休)

お稽古事や習い事を1から10までせっせと学び、そこで満足してしまうと
その人の進歩はそこでオシマイ!

10まで学んでその後また1に戻ると最初に1を学んだ時には学べなかったことを学ぶ。

こんなニュアンスでしょうかね。

最初にやっと勝てるようになったたったひとつの手法、ブレイク狙い。

買って、買って、買って、買って、損切りして、損切りして後は寝るだけ手法。
日足チャートは一生懸命見ていましたが、場がはじまり、ポジションを持ったら
損切りするか、寝て放置するかですので日中の5分足はほとんど見ることがありませんでした。

目では見ていても、チャートの形を観察したりポイントを意識したりということもなく
ボーっとしているだけ。

進歩なし。

習い事の1から2ぐらいまでを学んで1だけやっている状態が続きました。それも長年。

少しは芸(手法)を増やしたい、投下金額が大きくなって緊張して寝ていられない、
と、5分足を観察するようになり、いろいろなポイントが見えてきてこれもいけそう、あれもいけそう・・・
などと妄想は膨らむのですが生来のビビリのためほぼ実行できず。

習い事の1から3ぐらいまでを学んで、なおも1に固執。

ほぼ進歩なし。

千利休さんとはドえらい違いですが、
こんなでも勝ち始めた時の1と今の1とでは違う気がします。(お願い、違って)

勝ち始めた時の1も今の1も、勝てているのだから進歩してようがいまいが関係ないような気もしますし
進歩する必要もないような気がします。
取り敢えず1を学んで1を実行できたらそれでよし。

ですが、勝ち始めた時の1は、ただ勝てるようになってうれしいだけのほぼ不安なしの1。

しばらく経つと、うまくいかない時期があったり、腹立つ事が多々あったり、
期待ほどじゃなかったかり、期待通りにならなかったり、
いろんな事を経験したことによる不安いっぱいな1

さらに時間が立ち、こんなこともある、あんなこともあると
いろんな事を経験した後に不安が少なくなった1

やっぱり違います。

少ないことではありますが、この1の部分だけはお伝えできるぞ♪とブログを書いています。

この1だけでなんとかなるよ、やってみて、という気持ちで書いています。

具体的にお伝えするためにトレードの添削もどきもやっていますが、

送られてくるトレードを見て
なんでこんな日足チャートを選ぶの? どうしてもっとシンプルな日足チャートを選ばないの?
なんでこうなるの? どうして?どうして?

と思い、自分のブログの主にチャートの説明をしている「チャートをどう見る?」部分を読み返してみたら
あるわ、あるわ、余計なチャートと説明が・・・。(汗・汗・汗・・・・

あ”・りゃ・・・・・・

シンプルにシンプルにと口を酸っぱくして書いておきながら
調子こいてわけわからんトレードまでアップしてシンプルにトレードしろとは・・・。

今更ながら、文字でシンプルにお伝えします。

上がっているチャートがもみ合って、次に上げだすところを買いエントリー。
上値抵抗線を上抜けたら買いエントリー。

下がっているチャートがもみ合って、次に下げだすところを売りエントリー。
下値支持線を下抜けたら売りエントリー。

この4行だけなんですが、
上値抵抗線、下値支持線は、数日のローソク足で形成されるものや、
何週間、何ヶ月ももかけて形成されるものがあり
どれを意識して見ているかでチャートの見方も違ってきます。

私とチャートの見方が違っても、トレード根拠を聞いてみればなるほどそんな見方もできるなあ、
でも私はそんな見方はしないな・・・・とか。

しばらくのメールのやり取りでチャートの見方が私と似た感じになり、あ、こりゃいけそ♪と思えてきたり。

ただの趣味ブログですが、自分以外の人の変化を身近で感じられて嬉しく思う今日この頃です。
素直にきいて下さって感謝! ありがとうございます。^^ 楽しいです。

はっっっっ!!Σ(°д°lll)    私も進歩しなくっちゃ・・・・・

株トレーダーのブログを見てまわる

株初心者の頃(株で稼げていない頃という意味ですが、2年も負けていて株経験2年を初心者というか
どうかはおいておいて)よく他のトレーダーのブログを見ていたことがあります。

何を見ていたかというと、いくらいくら儲かっているかということ。

初心者の頃はどうやったら勝てるか必死で探していたので株で稼いでいるブログを見たら
何かヒントがあるのでは?と思っていました。

毎日株取引が終わると(その頃は3時10分)習慣のようにブログ巡りです。

今日はこの人はいくら稼いだとか、今日はこの人はいくら損したとか、
自分とは関係ないのにやらなくちゃいけないことのようにチェックしていました。

とても気になるんですね~、見だすと。

だんだんと、ああ、この人達は特別な人なんだ、株で勝てるなんて雲の上の人達なんだ、
そんな気持ちを抱きつつのブログ巡りになりました。

今考えると、そんな暇あったら翌日のデイトレ銘柄でも探しとけよと思うのですが
当時はやらなきゃ気がすまない大切なことのようで・・・・。
そんな事に時間を費やしているから勝てないのですが・・・・。

ほとんどのブログがいくら儲かったということと銘柄ぐらいしか書いてなかったのですが
あるブログに買った銘柄、買った価格、手仕舞いした価格なども書いてありました。

それを見た私はこれで何か勝てるようになるヒントがわかるはずと
その人の買った銘柄のチャートを引っ張り出してきて見ては買ったポイントと手仕舞いしたポイントをチェックし
ああ、ここのポイントで買うのか、この銘柄をトレードするのかといちいち調べました。

ところがトレード経験が長そうなその人のやり方は特にトレードの一貫性が発見できず
多分長年の経験でいろんなトレードができるのでしょう、見て調べてもサッパリどうやって
勝っているのかわからないままでした。

こういう人をセンスのいい人というのでしょうね~。

私にはサッパリわかりませんでしたが。

稼げるようになるには1個のトレード手法をきれいに丁寧に磨いていくことでしょうか。
私にできる事はこれでした。

逆バリはセンスがいるし損切りが難しくなると感じています。
買いポイントや損切りポイントがわかりやすくシンプルで一番やりよいと感じたブレイクアウト手法。
私がこんなにもコツコツタイプだとは知りませんでした。

勝てるようになりさえすれば後はいろんなトレード手法を増やしていけばいいだけなのです。
調子を崩しそうになったらまた最初のシンプルなブレイクアウトにもどればいいだけです。

デイトレで勝てない・どうしていいか分からない

私のようにデイトレですぐに勝てると思ってやり始め、痛い思いをしている人も多いのではないでしょうか。
トレードを始める前にまず本や教材で勉強してからという人もいるでしょうし
なにはともあれとにかくやってみるかといきなり始める人もいるでしょう。

でも
本を読もうが教材を買おうがいきなりはじめようが最初からすぐには勝てないのです。
「わかる」と「できる」の距離もかなり離れています。

勝てない、どうしたらいいか分からない・・・・みんな最初はそうです。
私の頭の中も
「勝てない、どうしたらいいか分からない、やめるべきか? いや、くやしい」それだけでした。

サッカーや野球などスポーツで勝つためにはひたすら練習に励みますよね?
スポーツと同じでデイトレも勝てるようになるまでには練習が必要なんです。

でもデイトレの練習ってどうすればいいの? どのように練習すればいいの?

ひとつのことに集中しましょう。
ただひとつのやり方・手法で勝てるようになるように練習するのです。

トレード手法はたくさんあると思います。トレーダーの数だけあるかもしれませんが
最初からいろんなトレード手法を使おうとしてはいけません。
無理です。頭が混乱するだけです。

シュートの練習をする時はシュートに集中するように
バッティングの練習をする時はバッティングに集中するように
たったひとつのデイトレ手法に集中して下さい。

おすすめするトレード手法はレンジ上抜けや三角保ち合い上放れなどのブレイク系です。
ブレイク系はエントリーポイント、エントリーの方法が分かりやすいです。

まずはひとつの勝てる手法を習得することに集中しましょう。
たったひとつのことだけをするのです。できそうでしょう?
習得できたらそのやり方だけをやり続ければ勝てるのです。

相場はトレンドがでたりレンジになったり動かなくなったりいろんな状態になります。
そんな相場に合わせて臨機応変にいろんな手法を使い分けるなんてことは
ずっとずっとずっと後になってから考えましょう。

順番がありますよ。

頑張ってひとつひとつ階段を登りましょう^^

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末