手仕舞い(利益確定)の方法

2015年11月1日

デイトレのエントリータイミングと損切りはとても大切です。
なのでエントリーと損切りに関しては
しっかりルールを作り、しっかり正確に実行することが大切です。

ですが、デイトレはエントリーと損切りだけではありません。
楽しい(楽しくない?!)利益確定もあります。
利益確定についてはそんなに厳しいルールがなくてもいいだろうということで
私も明確なルールは作っていませんし、あまりこのブログでも書きませんでした。

最近思うのですが、ルールがはっきりしていないということがストレスになっている・・・と。

利益確定のルールをはっきりしていないのがストレスになっていると思いました。
エントリーや損切りほど、利益確定についてははっきりキッチリとは決めていません。
一応ぼんやりとしたルールはあります。

例えば、
利益がほぼ買い値まで戻っちゃったら、微利益で確定とか、
5分足で高値を抜けずに垂れてきちゃったらカットとか、
2回(3回)大きく値が伸びたら確定してしまうとか、
(買って利益がグンと伸び、その後押し目で目減りした後2度目にグンと利益が伸びた後)
10時半頃までがよく株価が動くので、もう10時半頃までにはとっとと撤退してしまうとか、
指数がポジションと同じ方向に行くなら
(買いポジションを持っている時、指数や日経平均が上がっている時)
ポジションホールド時間を長くし、後場の適当な時間(2時頃とか、後場にひと上げした後とか)に
適当に利益確定とか、
指数がポジションと反対方向に行くなら
(買いポジションを持っている時、指数や日経平均が下っている時)
ちょっと含み益が出たら、または値が1回グン伸びたらさっさと手仕舞いしてしまうとか、
市場が不安定だなと感じたら、超短期トレードで数秒から数分で手仕舞いしてしまうとか、

・・・・・・・なんだか何でもアリでルールがあるんだかないんだかわからない状態です・・・。

様子見して裁量トレードと言えば裁量トレードなんでしょうか。
エントリーと損切りはシステマチックにやろうとしていますが、利益確定は適当なままです。
プラスになるんなら、そんなに厳密に決めることもないかと野放しです。

様子見して適当にやっていると
ポジションを持ったら常に決断をしなければならない状態が続いてストレスになるのです。
ヒトの脳みそは決断することが嫌いなようです。私だけではありませんでした。
いちいち決断するのが面倒くさいため、
適当に習慣化したり、習慣化されたことを脳を使わずにこなしていくほうが快適らしいです。

いちいち状況判斷をして決断して行動するより、
きちっとルールを作って習慣化しルール通りに行動する方がストレスがかからないようです。

ルール通りに行動しても結果に腹立つことが多いので結局ストレスになるんですけどね。

腹立つ事(結果)に「腹立つっ!」と反応しないようになればとても楽になります。
ストレスはすべて起こった事に対する自分の受け取り方、反応の仕方によって発生するのですから
ルール通りに行動して、その結果にイチイチ反応せずにこなしていく、
またはポジティブに反応していく、というのがよさそうです。

損切りしても、「この損切りは一時的に市場に預けてあるだけ」なんていう風に思うのもよさそうです。
以前コメントでいただいたのですが。^^

利益が減ってしまっても、ショボイ利益はくれてやれ~・・・・ぐらいかしら。

しかし、私は未だに腹立つことにしっかり腹立って反応しています。(大きな利益がショボくなったりすることに)
ちょっとルール(利益確定ルール)を決めてルール通りにやっては腹が立ち、
ルールを決めずに状況判斷しながら、どうしよどうしよと迷ってはストレスが溜まり、
我ながら何をやっているんだか、毎日アホクサと思うのですが・・・・・。

要するにポジションを持つ = ストレスが溜まる(決断をしなければならないから)
というように私の中でなっているので、ポジションを持つこと自体を避けようとしている、

かもしれません。

損切りがイヤなのでエントリーできない、というのもあるかもしれませんが、
ストレス状態を避けるためにエントリーそのものを避ける、とも言えそうです。

ルールをキッチリ作ってルール通りにやってもストレス。
状態判断を迫られて、決断を迫られるのもストレス。

髪の毛が禿げないようにするには
ルールどうのこうのより物事(結果)の捉え方を変えねばですね。

やっぱり座禅、瞑想か?!?!  まだまだその辺をグルグルまわる日は続く・・・・・。

テラスカイの三角保ち合いブレイクで買い

2015年7月14日

最近、日足チャートを見て、トレードしたいなあ~という銘柄がなかなかみつかりません。

朝、トレードしたい銘柄が見つからないと、すっかりやる気をなくし、眠くなります。
そんな日は眠気を押し殺さずに素直に寝ていた方がいいのです。

銘柄がみつからないのに、無理矢理トレードをすると、損切りトレードが多くなります。
日足チャートがいいと勝ちやすいですが、日足チャートがよくないと負けやすいです。

ここ何日か、チャートがイマイチ~・・・ばかりでしたが、

今日はテラスカイという銘柄が面白そうな日足チャートになっていたので
トレードしてみました。

この銘柄もとてもわかりやすく動くので、よく見ています。

日足チャートです。

テラスカイ 日足チャート

矢印1は右肩下がりの上値抵抗線上抜け。
矢印2は水平の上値抵抗線上抜け。
そして、矢印3は今日ですが、私には立派な三角保ち合いに見えますがいかがでしょう(笑

矢印3のところは、下ヒゲが出てその後上がったのがわかりますね。
長~~~い上ヒゲになってしまったので、上がった後に垂れてしまったのですが。
前回高値を上抜けたのですが、エネルギー切れになってしまいした。

そして今日の5分足チャートです。

テラスカイ 5分足チャート

私はまず、始値ブレイクで入ります。
始値からちょっと下がって勢い良く上がって行くのが、いいのですが
今回は5分下げ、その後もしばらく下げ、しばらくたってから勢い良く始値をブレイクしていきました。

始値ブレイクするまでに時間があると、その間につい他の銘柄を見てしまって、
肝心の始値ブレイクの瞬間を逃してしまい、エントリーし損ねるということも多いのです。
今日はアチコチ銘柄を見ず、テラスカイをガン見していたので、しっかりエントリーはできたのですが、
ソレっ♪♪とクリックしたら、トロくて7000円も上でエントリー(T▽T)

勢い良くシュバッと株価が上がったのですが、いつものテラスカイの勢いがありません。
この銘柄はすごく元気がいいのに、そろそろ終わりなのでしょうか・・・。

あれよあれよと値が下がり、微利益(TT)

それでも今日は日足チャートで三角保ち合いブレイク初日ということで
5分足でのエントリーポイントを狙い、

ライン「あ」、ライン「い」の上抜けでエントリーしました。
その前にもっと株価の伸びたところがありましたが、私には分かりにくく、エントリーできず。

始値ブレイクで買えて、利益が伸びていれば引っ張れるのですが、最初のエントリーは早々に手仕舞いしてしまい、
その後のライン「あ」やライン「い」のところでは、ビュッと株価が伸びた後、適当に手仕舞いです。
最初のエントリーを引っ張れなかったのが残念でした。

昨日の引け時点で、始値ブレイクから20万くらいぶっ飛ぶ♪♪♪という超過大な期待を抱いて
朝から目が、$$$$$$$$だったのですが、
夢で終わりました。

また次回のチャンスを待ちましょう。

テラスカイの日足チャートは二番天井っぽくなってしまいましたね。

私の利益確定、手仕舞いの仕方

2015年6月5日

エントリーする時はピンポイントに正確にエントリーしなければなりませんが
利益確定や手仕舞いはご自身で工夫したり検証して下さい、と以前ブログに書きました。(っけ?)

ブレイクでのエントリーは、エントリーしたらすぐに含み益が出る(ハズな)ので
後は短時間トレードでも、午前中に手仕舞っても、後場まで引っ張っても、大引けまで引っ張っても
お好きなようにしていただければと思います。

一番儲け率が高くなりそうと思われるようにされるといいと思います。

かなり参考にならないかもしれませんが(汗”)、私の利益確定、手仕舞いの方法をご紹介しますね。

私は基本的にポジションを持ったらほったらかして寝ていたいのです。

人のやる事はどうしても損大利小になってしまうという事ですので
ならば寝ていたらいいではないかということです。ほんとうはただ眠たいだけですが・・・・。

寝ていても頻繁にアラームが鳴るのでゆっくり寝ていられません。

朝、トレードチャンスが来た銘柄のポジションを持てるように頑張ります。
始値ブレイクが多いですが、寄り付き買いをしたり、高値を追いかけちゃったりします。

数個の銘柄のポジションを持ったら、下がった時にわかるようにチャートにアラームをセットしておき、
買ってから下がった銘柄は片っ端から損切りです。
含み益が出た銘柄はそのままホールドして寝るか、
まだ他にもチャンスはないか、高く寄り付いた銘柄のチャートをチェックします。

最初のチャンスは始値ブレイクでのエントリーですが、
エントリーし損ねても、その後に三角保ち合いを形成したチャートなどでエントリーできる銘柄がないか
探します。

9時半ぐらいまでにはなんとかポジションを作りたいのですが、9時半を過ぎてポジションがない時もあり、
焦ります。焦ってエントリーしてもろくな事はありませんのでじっくりチャンスを探します。

・・・・・・手仕舞いの話を書くつもりがまた脱線。

寄り付き後すぐはエントリーと損切りばかりです。
利益が乗った銘柄はできるだけ放置して、できれば持ち越したいと考えます。
ですので含み益が増えようが少なくなろうが放置!
この時含み益の金額を見ると腹が立つのでなるべく見ないようにしています。
(なんちゃって、チラ見してニンマリ。)

見るのはチャートだけ。板を見ると決済したくなってしまいます。ですので5分足チャートだけ。

だいたい、上げる時は3回くらい上げます。1回上げてモジモジして、2回目上げてモジモジ、
そして3回目を上げて取り敢えずの上昇トレンド終わり。
それから下げトレンドになったり、レンジになったりして、昼過ぎからまた上昇!(したらラッキー)

ずっとホールドせずに、チャートがダメそうになったらさっさと利益確定すればいいのに
と、いつも思いながら、つい、大物を釣り上げたくて引っ張りまくります。

大物を釣り上げるには、しっかりリスクをとって、少々の株価の上下にも動じず・・・・
と、やっているうちに大きな利益が限りなく0円になることも。ブチ切れです!

午前中にどっさりあった含み益、後場に垂れ下がってやっとこさ利益確定して
午前中の損切りを合わせて、1日トータル、微損になったり、微利益になったり・・・・。
頑張った結果、利益なし!こんな日もあります。
だったらこまめに利益確定しろよ!です。

でも大物をしっかりキャッチできた時の達成感が忘れられなくて毎日含み益をふっ飛ばしています。

デイトレでコツコツ利益が積み上がるのも楽しいものですが、
大物がドカ~~~~~~んと穫れるのも楽しみ♪

いかん、いかん、こんなめったにないラッキーを追求しては。もっと利益率を重視しなくっちゃ
と思いつつ、やりたくなります。

引っ張る時ですが、私は日経平均先物、マザーズ指数、ジャスダック指数なども表示させていて
それらの指数が下げている時は買いでは引っ張らないようにしています。

相場の雰囲気と方向は合わせておくのが無難です。

指数がよく上げている時に買いのポジションを持っていたら安心して放置できますし、
そのまま持ち越しもしたいと考えます。

午前中いっぱいとか、大引けまでとか、そんなに引っ張らなくてもしっかり利益は出ます。
利益確定は好きなようにやってもいいと思います。

大事なのはエントリーです。そして損切り。

エントリーを正確にピンポイントで、朝の早い時期にポジションを作る。
ダメなのはさっさとカット。そして利が乗った銘柄だけしばらく放置。適当に利確。

引っ張るにしても、相場の雰囲気を無視しない、利益を損失にしない事も大切です。

どこでエントリーしても損小利大にすればトレードで儲かる、なんてことはありません。

エントリーはとても大事です。エントリーと損切りだけはキッチリとやりましょう。

株価が上がったら売る?下がったら売る?

2015年5月6日

Aの株とBの株を保有しています。

Aの株は買った値段から下がってしまいました。Bの株は買った値段から上がりました。
さあ、あなたはどちらの株を手仕舞いしますか?

株をはじめて間もない頃、このような質問を見て私は直感的に「Bの株を手仕舞いして利益を取るに決まってるでしょ!」
そう思いました。
なんちゅうアホな質問・・・・・と、そこまでは思いませんでしたが^^;

稼ぐためにトレードをしているわけですし、トレードすれば稼げると思っています。
損切りばかりしていたら絶対稼げるわけありません。
どう考えても上がって利益が出た株を売らなければ利益を得ることはできません。

上がった株を売って利益を得ていくもの、トレードとは当然そのようにして稼ぐものだと。
下がった株ばかり売っていたら絶対儲かるわけがない。下がった株を売れば損が出るし、そんなことを続けて
下がった株ばかり売っていたら損がどんどん積み増しされ、儲かるわけがない。
ほんとに真剣にそう思っていましたよ。

下がった株がもっと下がるなんて発想はサラサラないし、下がったら上がったところを売ればいい、とか思ってますから。

でもこんなふうに考えるのは私だけとは思えません。たくさんの人が株で稼げないとういう現状を見ると
私と同じように考える人も多いのではないでしょうか。

株をはじめた時の私の上記のような考え方は普通だった(多くの人と一緒)と思っています。
稼げていない時の普通の考え方です。

ちなみに冒頭の質問ですが、株で稼ぐためには上がった株ではなく下がった株を手仕舞うのが正解です。

今では下がった株を優先的に手仕舞いするのが当たり前になっています。これが今の考え方です。
稼げるようになってからの普通の考え方です。

上がった株を手仕舞いして下がった株を手仕舞いしないなんてどう考えもおかしい!!!
稼げなかった頃と今では、ほぼ180度考え方が変わっていますね。自分で言うのもなんですが見事に変わってます。

株で稼ぐには180度考え方を変えないといけません。

1:すぐ出来る人もいれば、  2:できるまでに時間のかかる人、 3:180度変えられない人もいるでしょう。
4:90度までなら変えられるけど180度は無理! そんな人もいるかな。

私は2番でした。それもかなり長時間かかり思いっきり懲りるという経験をたくさんした後でした。

若い人ほど頭が柔軟のようですからもしかして私はデイトレをするにはオバサン過ぎた?(汗・・・・
ただ単に頑固者過ぎた?ちっとも凝りない人だった?サッパリ学習しない人だった?

ひとつ言えるのは「素直な人」は株で勝てるようになるもの早そうです^^
せめて素直な人でありたかった。素直な人は得です、ほんとに。

手仕舞い(損切り・利益確定)の位置を検証してみる

カットする位置を株価のすぐ近くに設定するか、それとも離すかということを検証するには
条件を揃えるために同時にトレードしないといけませんね。

たとえば最初に損切りを設定して株価が上がった時には利益の50%にカットを設定する。
また株価が上がったらまた50%の位置に設定する・・・・・というように
カットを引き上げていってみる。

それを1ヶ月間試してみたら次は上がった株価の30%が利益になるようにカット位置を上げてみる。

それも1ヶ月間試したら今度は70%で・・・・・と、時期をずらして検証すると条件が変わってしまいます。

レンジ相場の時もあればトレンドができている相場もあるので相場状況が違えば儲けやすさも違います。
トレードする銘柄も違ってくると思います。
なので検証しようと思ったら同時にやるしかありません。

トレードする時はいつも3つのポジションを持つようにし、
ひとつは常に利益の50%を確保できるようにカット位置を上げていく。
もうひとつは利益の70%を確保できるようにカット位置を上げていく。
最後は利益の30%を確保できるようにカット位置を上げていく。

これをしばらくやってどのやり方が利益が一番取れるか調べるには
ずっと収支を別々に計算して記録しなければなりません。

私は毎日の収支はどんぶり勘定をしており、税金の計算も面倒くさいので源泉徴収です。
こんな計算大嫌いな私は手仕舞いの検証はできません。 あしからずm(__)m

手仕舞いはどうする? 損切りと利益確定

買いポジションを作りました。 さて次にすぐすることは損切りの設定。
買いポジションを作ってからというより買う前にどこで損切りをするかを考えます。

こんなふうに損切りばかりを考えているから買いそこねてしまうことも多いです。

普段からあまり板が厚くない銘柄をトレードしているので買い板がないと損切りができません。
損切りする時に指値をすると損切りし損ねる可能性も大。
なので損切りできる板があるかどうかを確認するのですが損切りできる板がないと
う~~~んどうしようと買いを迷ってしまい、そして買い損ねてしまった時に限ってグングン上げていったりして。

損切りの板もないのに買われるということは損切りするつもりのない人たちが
買上がっているのですからひえ~~~です。こんなリスクを取りたいものです。

そんなことを考えずにすぐに買い判断が出来る程度の板の厚みがある銘柄をトレードすべきですね。

ところで損切りはどの辺に置くかということ、けっこう悩みます。
深いところに損切りを置いて損切りになった時に大きな損切り額になるもの嫌だし
浅いところに損切りを置いてすぐ損切りに引っかかって損切りだらけになるのも嫌だし、困ります。

でも損切りラインを決めないわけにもいきませんので結局適当に損切りラインを設定します。

浅すぎる損切りは小さい損が積み上がり収益をプラスにできなくなることもあります。損切り貧乏ですね。
なのである程度は思い切って深くした方がいいかもしれません。

エントリーがしっかりしていれば、ちゃんとしたポイントでエントリーできていれば
ポジションを持ったとたんにグーンと株価が伸びることが多いです。
ポイントであるはずのところで買っても株価が動かないならポイントではなかったか、注目度が低いかです。
特に午前中の動きのいいはずに時に動かないなら諦めた方がいいかもしれません。
今日は注目されていなかったということで、またいつか。

ポジションを持って株価が上がりました。
さて、損切り(すでに損切りではなくなていると思うのでカット)ラインはどの程度引き上げましょうか。
それもまたまた悩むところです。
株価に近すぎるカット位置だとすぐカットに引っかかり利益を伸ばすチャンスを失うし、
株価からすごく離れたところにカット位置を設定するとせっかくの利益をすっ飛ばして
利益確定となってしまいます。

私は大抵利益をほとんどふっ飛ばして「くやし~~~~~!!」と思いながら利益確定をしています。
せめて最大だった利益の半分ぐらいは確定しようと思ってはいるのですが
根が業突く張りなので大きな利益を取ろうとして撃沈するこも多々あります。
最大利益の10分の1にしてしまったり、ひどい時は損切りになるまでホールドしていたりします。

利益を見ないうちに損切りをするのはそれほど苦痛ではありませんが
一旦利益を見てしまってからそれが減った後に手仕舞いするというのもけっこうヘコみますよね。

なんて言っていたらいけません。やることをただひたすら実行し続けなければなりません。

ちなみにこんなアホな手仕舞いをしていてもプラスにはなりますよ。
収益改善の余地はあると思いますが(汗

デイトレで最初にやらなくちゃいけない事

よく言われることですが最初のハードルは「損切り」ですよね?
簡単に言うと損切りとエントリーポイントさえしっかりしていれば後は適当な手仕舞いでなんとかなります。
なんとかなるとはとりあえず勝ち続けられるということです。

損切りができるということは例えると高所で作業していても下に安全マットや安全シートが敷いてある、
あるいは安全ロープを身に付けているということです。

作業していて何かあってもとりあえず大事には至らないというと。これなら安心して作業ができますよね?

デイトレではこの事がとても大切です。

徹底的な損切りができないでデイトレをするのは安全マットや安全ロープなしで高所作業しているのと同じこと。
死(退場)と隣合わせのとても危険な作業になってしまいます。

コツコツドカンとはよく耳にする言葉ですが多くの人がやってしまうことですね。これは徹底的な損切りができていないから。
損切りが徹底的にできていないとコツコツドカンの危険性が高くなりますし(危険性が高くなるというよりほぼ退場!)
反対にエントリーできない病にもなってしまいます。

エントリーできない病ってご存知でしょうか。文字通りトレードしようと思ってもエントリーできない状態なのですが
これは大きな損切りをしてしまう恐怖からエントリーさえもできなくなってしまうという状態です。

安全マットや安全ロープがあるなら安心して高所作業をすることができます。
同じ様に徹底的に最初に決めた損切りをする自信があるならエントリーチャンスが来たなら躊躇することなく
エントリーできます。エントリーする時はすでに損切りポイントも頭の中では決まっています。
利益を確定することばかりを考えるのではなくどちらかというとどこで損切りをするかの方を考えています。

損切りポイントが来たら迷うことなく損切りができる!このことができる自信があって初めて
余裕をもってエントリーすることができます。

優位性のあるエントリーポイントでエントリーできたらもちろん損切りをするより利確する確率の方が高いので
続ければ続けるだけ儲かることになります。
(優位性のあるエントリーポイントとはどこかという事に関してはまた改めて記事にしますね。)

楽な方法はエントリーしたらすぐに決済の逆指値注文を入れてしまうことです。このように決済の逆指値注文を入れることを
習慣にしてしまえば損切りを強制的にしてくれるので躊躇して損切りを失敗し損失を拡大させてしまうことはないでしょう。

でもデイトレーダーたるもの損切りぐらいは自分の意思でやり切ってみせる!なんて思いませんか?
私はそう思っているので逆指値は入れていません。そのお陰で大きな損失になることもありますが自己鍛錬と思っています(汗

でも今現在稼げいない人はエントリーしたすぐ後に逆指値注文を入れるのを絶対オススメします。
だって稼げていない人の原因のほとんどが損切りに問題があるからです。
自分で損切りができない人は絶対決済の逆指値注文を入れましょう。

まずは損切りを徹底的にすることです。

ちなみに私は適切な損切りができるようになるまで1年半以上かかっているので大きなことは言えません^^;

損切りがちゃんとできるからといってすぐにトレードをはじめないで下さいね。
「損切り」ともうひとつ「優位性のあるエントリーポイントでエントリーする」ということのふたつは最低しっかりしていないと
勝っているんだか負けているんだかわからなくなっちゃいますから。
優位性のあるエントリーポイントについてはひとつではなくたくさんありますのでそれも今後書いていきたいと思います。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末