デイトレでかっつりと大きな利益を取るためには

2015年5月28日

デイトレでがっつりと大きな利益を取るためにはそれなりの準備をしなくてないけません。

がっつり取れるチャンスに気が付き、チャンスを掴み、チャンスを離さないように掴み続けて
やっと、がっつりと利益が取れます。

投資金額はそれほど大きくなくても、利益をしっかり伸ばすことで大きな利益が取れます。

そんなに利益引っ張らなくても、投資金額を大きくすれば利益も大きくなりますが、
損切りも大きくなります。
少ない投資金額で利益をできるだけ引っ張って利益を伸ばす方がリスクが少ないですよね。

利益を引っ張って利益を伸ばすためには、銘柄選びが一番大切です。

三角保ち合い上放れや上値抵抗線上抜けなど、
まさに今日上げ出したという銘柄でトレードしている必要があります。

ランキングなどで銘柄を見つけると、動き出して2日目の銘柄になってしまいますね。
2日目も大きく一方方向に動く銘柄もありますが、反転する銘柄もありますので
1日目ほど呑気に利益を引っ張ることはできません。
2日目よりも、やはり1日目の銘柄の方が美味しいです。

そんな美味しい銘柄は地道にコツコツ探しださなければなりません。
面倒くさいですが、この地道な作業を抜きに勝つにはそれなりの経験が必要です。

さてさて、美味しそうな銘柄を選び出しました。

朝からじっと5分足チャートを観察。なんだか動きがよくわからなくて入りそびれてしまいました。
入れるキッカケを掴めないままどんどん上がってしまい、あら、残念、
そんなことも多々あります。

また
5分足チャートでわかりやすく始値ブレイクで入ることが出来ました。
利益が出て、できるだけ引っ張るぞと頑張ります。
株価が上がって含み益があったのに、大きめに押してきて(下がってきて)手仕舞いしてしまいました。
微損だったり、微利益での手仕舞いになってしまいました。
手仕舞いした後、また上げ出し、大きな利益を取るチャンスを逃してしまいました。
こんなことも多々あります。悔しいですね~。

そんな中にも、手仕舞い逆指値などにひっかからずに利益を伸ばすことができる銘柄に恵まれることもあります。
これでがっつりと利益を取ることができます。

微損や微利益のトレードばかりしていても、一発こんなトレードが出ればプラス収支になります。

いい銘柄を選び出していても、エントリーできない日もあり、エントリーしても微損、微利益になる
こともあり、利益を引っ張れる日もあります。

デイトレは、こんなことを繰り返しながらボチボチ利益を増やしていくのです。

ですので、できるだけ多くの銘柄を用意しておくといいですね。

1日1銘柄では、今日は微利益だった、2日目は微損だった、3日目は微利益だった・・・。
やっと何日目かで大きく利益を伸ばすことができた、となります。

私が低額でトレードしていた時は、金額的にトレードできる銘柄が限られてしまい、
選んだ銘柄も少なかったので、月、火、水、木曜日が微損、金曜日に大きく取れてプラスになった、
こんな感じでした。

ほとんど毎日プラス収益だという人の話を聞くと「え~~~?ウソ~~~? なんで~?」
と思っていました。

今ならなんでかわかります。
たくさんの銘柄を用意していれば1日をしっかりプラスにすることができます。
1日に5銘柄をトレードし、2銘柄で微損、2銘柄で微利益、でもたったひとつ利益を伸ばせた銘柄があれば
その日をプラス収支にすることができます。

銘柄選びでいい加減なことをして、たくさんの銘柄でトレードしても
損切りだらけになってしまいます。(T▽T)

朝、下調べのためにチャートを見ていて睡魔に耐え切れず寝てしまって銘柄選びがちゃんとできなかったり、
毎日同じ銘柄で適当にトレードしていると、戦績にあらわれてきます。

すると、「あ、いけね。」と思ってまたコツコツと銘柄選びに勤しむわけです。

自分のやっている事が正しいのか悪いのか、すぐに結果でわかるのがデイトレのいいところですね^^

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末