「できない」のではなく、「やらない」ということを選択している

2015年11月7日

垂直跳びで20cmしか飛べない人に50cm跳べと言っても無理です。
何ヶ月もトレーニングしたらできるかもしれませんが、
今すぐ跳べと言っても無理です。(火事場の馬鹿力が意図的に出せる人は除く)

それはできない(無理な)ことだからです。

デイトレで
損切りができない、エントリーが怖くてできない、チャンスまで待てない、利益が伸ばせない・・・。
デイトレ4大「できない」ですが(一言で言うとルールを守れないとも言う)
これはできない(無理な)ことですか?

今すぐ垂直跳びで50cm跳べと言われてもできませんが
今すぐ、損切りしろ、エントリーしろ、チャンスまで待て、利益を伸ばせ・・・。
やろうとしたらいつでもできます。

いつでもできるのにやらない。

できないのではなく、やらないことを選択しているのです。

毎日、毎日、トレード日誌を振り返って、

「今日も損切りがちゃんとできなかった~」
「エントリーするべきところでエントリーできなかった~」
「利益を伸ばせずにビビって薄利撤退してしまった~」
「損を取り戻そうとして、入るべきところがないのにエントリーしてしまった~」
(「次のチャンスまで待てなかった~」)

行動は選択の結果です。

毎日、毎日、やらない選択をしています。勝てない行動を選択し続けているのです。
勝てない選択をして行動しているのですから勝てないのは当たり前です。

勝つためには勝つため行動を選択しなくてはなりません。

こんなの聞いたことがあるでしょうか。

心が変われば、態度が変わる。
態度が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、習慣が変わる。
習慣が変われば、人格が変わる。
人格が変われば、運命が変わる。
運命が変われば、人生が変わる。

ある行動を続けていればその行動が習慣になります。

デイトレで勝つための行動を続けていれば、勝つための行動が習慣になります。
デイトレで勝てない行動を続けていれば、勝てない行動が習慣になります。

だから負け続けるトレードをずっと続けていてはいけないのです。

ヘビースモーカーがいます。

タバコが体によくないのも知っているし、家族からもたばこを止めるように何度も言われます。
何度も禁煙します。何ヶ月かは頑張るのですが、また吸い始めます。
何度も何度も禁煙を繰り返しては失敗します。

また失敗した。やろうとしているけどできない。どうしても禁煙は無理だ。

ある日、そのヘビースモーカーは脳梗塞で倒れます。
病院での治療が辛かったのか、リハビリが大変だったのか、後遺症が大変なのか、死にたくないのか、
以来ピタッとたばこを吸うのをやめました。

やめようと思ったらやめられたのです。

脳梗塞の前と後では何が違う? 真剣さ、本気度が違うのです。

脳梗塞になる前に真剣に本気で禁煙すればよかったですね。

決めたデイトレルールを絶対守るぞと決心し、決心してはまた破る。ルールを守れない。

ルールを守れないんじゃなくて、ルールを破る選択をしています。
ルールを破る選択をして行動し続ければルールを破る習慣が身につきます。

デイトレで勝てない習慣が頑固に身についてしまいます。

何ヶ月も何年も同じことを続けるつもりですか? (私は2年以上も続けましたが。)

心が変われば、態度が変わる。
態度が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、習慣が変わる。
習慣が変われば、人格が変わる。
人格が変われば、運命が変わる。
運命が変われば、人生が変わる。

最初の「心が変われば」の「心」ですが、
ここに「儲けたい」という心が入ると何もうまくいきません。

デイトレでは儲けたい、勝ちたいという心が
「冷静でいられない」「焦る」「怒る」「落ち込む」などの態度につながります。
その態度がどう行動につながっていくか、どう習慣につながっていくか想像して下さい。

最後の人生まで想像して下さい。

儲けたい、勝ちたいという心が、あたなをデイトレで勝つ事から遠ざけます。

では、「儲けたい」「勝ちたい」ではなく、何を「心」に入れればいいですか?

儲けたい、勝ちたいという心のままではあなたのデイトレ人生は・・・・・・・。

やる事を自ら複雑にしない

2015年6月17日

トレードはシンプルが一番です。

これとこれとこれ!  これだけをキッチリとシンプルにやり続ければいい!

と頭でわかっていても、いつの間にやら余計なものを少しずつくっつけてしまい、
作業を自ら複雑化してしまっている、という事がトレードだけでなく日常でもあります。

これがうまくいくやり方だよ、という方法を学んでも、無意識のうちに余計なものを
くっつけている場合もあります。

うまくいかない原因は、余計なものをくっつけている、または複雑化しているということもあります。

うまくいかない場合は、余計なものをくっつけていないか、自ら複雑にしていないか
チェックしなければなりませんが、自分で気づくというのは難しいかもしれません。
だって意識的にではなく、無意識に余計なものをくっつけているのですから。

余計なものがくっついたり、複雑化してしまう原因は、その人の経験であったり
考え方であったり、癖であったり、嗜好であったりします。

生まれてから何年も経っているのだし、経験のない人なんていません。
考え方もある程度決まってるし、癖もあるし、好きなもの、好きなやり方だってある。

つまりはどうしても、余計なものがつくし、複雑化しちゃうんですね~^^;

私が勝てるようになり、それから何年も経ちますが、気がつけば
デイトレとはなんとシンプルな作業なんだと感じるようになりました。

勝てない時期から勝てる時期へ、その当時はなんで勝てるようになったのかわかりませんでした。
ただうれしいのと、信じられないという思いと、勝ち続けるられるかという不安との入り混じりです。

余計な事の削ぎ落とし作業がされていたのかもしれません。
デイトレがシンプルな作業だと気づいたということは削ぎ落としの作業が進んだからかもしれません。

削ぎ落としの作業はもちろん意識的にやっていたのではありません。
意識的にやっていたのであればもっと短時間で済んだはずです。

何が余計で何が肝心な事なのかわかっていなければ余計なものを削ぎ落とす事はできません。
余計なものと思い、削ぎ落とした事が肝心な事だった、なんて事もあるでしょう。
トレード経験をつめば、何が余計で何が肝心なのかわかってくるでしょう。
時間がかかりますが。

ノウハウ通りにやっているのに勝てない なぜ? ノウハウに近づく方法は質問

2015年5月9日

デイトレで勝つ方法、ノウハウを勉強し、その通りにトレードしているのに勝てない原因は
ノウハウが悪いか、正確にノウハウ通りにトレードしていないか、方法の理解が違っているかだと思いますが

ノウハウの良し悪しはおいておきまして、

自分に原因がある場合、
そのノウハウに自分なりの工夫をしてしまって勝てなくしている、
そのノウハウを正確に理解していない、
という、ふたつの原因が考えられます。

ノウハウはしっかり理解しているけど、良かれと思い他にも有効だと思われることを付け足しているので
正確にはノウハウ通りではない ← 頭のいい人に多い。

ノウハウを理解していないのはノウハウの書き方が悪いという事もありますし
当然のことながら方法の伝え手が受け取り側にまるまるそっくりそのまま伝える事が難しいという事も原因です。

性格や環境も違いますし、トレード経験も違いますので伝えたい事が正確に伝わるかは難しいですね。
これはしょうがありませんが、
伝え手と受け取り側のギャップを埋めるためにはできるだけコミニュケーションを多くすることが大切だと思っています。

私が株で勝てるようになった方法をお伝えしていますが、お世辞にも文章が上手とは言えませんし、
(要点がバラバラであちこちポイントが飛んでいるので自分で読んでもわかりにくい。汗)
私がお伝えしたいことがどれだけ読んで下さっている方に正確に伝わっているかは疑問符だらけです。

それに勝てていない人が本当に知りたい事を私が忘れてしまっている場合もあります。
ですので質問を受け付けています。

私も質問されてはじめて、ああ、ここはもっと掘り下げて書かなきゃいけないなというポイントがわかるので
もっと読んでくださっている方に参考にしていただける記事が作れるかもしれません。

できればコメント欄で他の方とも共有していただきたいのですが、メールでも構いません。
こんなしょうもない質問して恥ずかしいなんて思わないで下さい。
きっと私の方がもっと恥ずかしいアホな事をしていましたし、アホな事を考えていましたので大丈夫です^^

勝てずに長い間、ひとりで悩んでいるより質問した方が早いですよ^^
是非質問してみて下さいね。

ですが、ストップ高って何ですか?という質問はなしにして下さいね。
言葉の意味はグーグルさんの検索窓でお願いしますm(__)m

変えるということ

2015年5月7日

狂気とは即ち、同じことを繰り返し行い、違う結果を期待すること
The definition of insanity is doing the same thing over and over and expecting different results.

アルバート・アインシュタインの言葉だとかそうじゃないとかはおいておきまして、
この言葉、ズッポリ株にもよく当てはまりますよね。

同じ事を繰り返していて違う結果を期待することは正気の沙汰ではない。

ずっと株で勝てない。自分なりに工夫をしていろいろ変えてトレードの研究をしるのに勝てない。
ということは、表面的な部分を少し変えているように思っていても
勝てていない根本的なところを変えていないという事かもしれません。

勝てない根本的なところをそのままにし、とりあえず簡単に変えられるところだけを変えてみている。
とりあえず簡単に変えることができるところはつまりは変えるのが困難ではないところ = どうでもいいところ。

本当に変えなきゃいけないのは勝てない根本的なところ = 変えるのが困難なところ。

本当に変えなきゃいけないところから目を背けているのかもしれません。
困難ですし精神的苦痛が伴います。意識にも上ってこないかもしれません。

人の脳は辛いこと(ストレスになること)はシャットアウトしてしまいますから
都合のいい部分だけが意識に上ってきますし、都合のいいように解釈します。
(チャートの判断やエントリー、手仕舞いの判断がおかしくなるのはそのため)

すっかりトレードを変えたつもりになっていても実は肝心な部分がそのままでは勝てませんよね。
肝心な部分、わかりますか?

自分のどこをどう変えなきゃいけないか、わかりますか?

他人から指摘されないとわからない事、トレード以外でもたくさんありますよね?

デイトレで勝てない・どうしていいか分からない

私のようにデイトレですぐに勝てると思ってやり始め、痛い思いをしている人も多いのではないでしょうか。
トレードを始める前にまず本や教材で勉強してからという人もいるでしょうし
なにはともあれとにかくやってみるかといきなり始める人もいるでしょう。

でも
本を読もうが教材を買おうがいきなりはじめようが最初からすぐには勝てないのです。
「わかる」と「できる」の距離もかなり離れています。

勝てない、どうしたらいいか分からない・・・・みんな最初はそうです。
私の頭の中も
「勝てない、どうしたらいいか分からない、やめるべきか? いや、くやしい」それだけでした。

サッカーや野球などスポーツで勝つためにはひたすら練習に励みますよね?
スポーツと同じでデイトレも勝てるようになるまでには練習が必要なんです。

でもデイトレの練習ってどうすればいいの? どのように練習すればいいの?

ひとつのことに集中しましょう。
ただひとつのやり方・手法で勝てるようになるように練習するのです。

トレード手法はたくさんあると思います。トレーダーの数だけあるかもしれませんが
最初からいろんなトレード手法を使おうとしてはいけません。
無理です。頭が混乱するだけです。

シュートの練習をする時はシュートに集中するように
バッティングの練習をする時はバッティングに集中するように
たったひとつのデイトレ手法に集中して下さい。

おすすめするトレード手法はレンジ上抜けや三角保ち合い上放れなどのブレイク系です。
ブレイク系はエントリーポイント、エントリーの方法が分かりやすいです。

まずはひとつの勝てる手法を習得することに集中しましょう。
たったひとつのことだけをするのです。できそうでしょう?
習得できたらそのやり方だけをやり続ければ勝てるのです。

相場はトレンドがでたりレンジになったり動かなくなったりいろんな状態になります。
そんな相場に合わせて臨機応変にいろんな手法を使い分けるなんてことは
ずっとずっとずっと後になってから考えましょう。

順番がありますよ。

頑張ってひとつひとつ階段を登りましょう^^

デイトレで勝てないってどんな時?

株を8年以上もやっているといろんな事があります。
もちろん最初の頃は全然勝てず、株で勝つことなんて不可能では?と思ったこともあるし、
勝てるようになってからもなんか調子が悪かったり、
利益が出しづらかったりすることもあります。
そうかといえばあれよあれよと利益が出ることもあります。

勝てない時は落ち込みますし、ちょっと前まで勝っていたのがいきなり負けだすと
激しく落ち込みます。

でも長年デイトレをやっていると調子のいい時とイマイチ調子の上がらない時がある、
ということがわかり今ではこんなもんだと気楽に構えることができるようになりました。
当たり前と言えば当たり前ですが負けず嫌いの性格が災いし
受け入れるのにかなり時間を要しました。
月が変わると「今月は先月よりもっと稼がねば」と頭がガッチガチだったのです。

いろんな経験もしましたし、対処法もいろいろ考えてきました。
今ではちょっと調子を崩してもすぐに立て直すことができます。

株で勝てない原因はほんとに数えきれないぐらいあるんではないでしょうか。

私なりに株のデイトレで勝てない時の事をいろいろ思い出してみようと思います。

まず1番はじめ、株のやり始めの時はやり方を理解していない!
ということがあると思います。
多分多くの人が株のデイトレを始める前には本を読んだり、ネットで調べて
勉強をするでしょう。
そしてやり方が分かったつもりではじめてみても全然期待するような結果にならないのです。

三角保ち合い上放れを買う
上昇トレンドの押し目で買う
下降トレンドの戻しで売る
レンジの下値抵抗線で買う
レンジの上値抵抗線で売る

など買い方や売り方はわかっているはず、なのに全然勝てない。
本に書いてあることはウソか?!?!なんて疑心暗鬼になることも。

・・・・・・・・チャートの読み方に原因があるんですね。

続く

トレードセンスのある人がうらやましい

トレードセンスのある人はトレードをやり始めてすぐに勝てるようになるらしいです。
100人にひとりぐらいはそんな人がいるんかしら・・・・・。

私は戦略的思考回路がほとんどなく本能の赴くままに生活していましたから
そりゃあトレードでも勝てるわけがありません。
自分なりに苦労していろいろ考えていましたし、
レンジ相場のトレードの仕方やトレンドが出た時のトレードの仕方やら
本で基本は勉強したつもりでしたし、やり方もわかったつもりでした。

でも勝てない。

下落相場でしたと言い訳はできるかもしれませんが
それにしてもよく2年も負け続け、それでも辞めずにいたことです。

いつか必ずという気持ちがあったとは思いますが、
それにしてもしつこく頑張ったものです。

トレードで勝てる人は少ないと言いますが
ほとんどの人はトレードセンスがないということと、
トレードセンスがない人が勝てるようになるにはそれなりの時間がかかり
勝てるようになるまでトレードをやり続けることができないというのが
勝てない原因ということでしょうか。

私はできないことをこんなに長く頑張ったのは株のトレードがはじめてです。

普通のことは頑張ればそれなりの結果を感じることができるので
それを励みに頑張ることができるのですが
トレードはマイナス収支の期間はずっと敗北感を抱いたままで
頑張っても頑張っても微塵の結果も出すことができません。

「M」の気がある人の方が向いているかも。

勝てるようになった時ははっきり行って不思議でした。
これだけ本能の強い私でもトレードで勝てるようになったのだから
本当は続けていればもっと多くの人が勝てるようになるのだと思います。

結局、ある程度経験を積むまでエアトレードをするか極小資金で長く続けるかでしょうか。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末