値動きに俊敏に対応する能力

デイトレで必要になる能力は値動きに俊敏に対応できる能力です。
自分の考えを入れず素直に価格の動き、状況に対処していくことです。

以前も書きましたがニュースや業績などはデイトレには必要ないと思うのは
どうしてもニュースや業績の事が頭に残っていてチャートを素直に受け入れることが難しくなるからです。

ある銘柄を買っていて価格が下がっているのに業績がいいから上がるはずだと思い込み損切りをしない。
空売りをした銘柄が上がっていくのにこんな悪いニュースが出ている銘柄が上がるはずない
もうそろそろ落ちてくるに決まってる。

とか、つい思ってしまい対処が遅れるのです。

最初の対処をやり損ねてしまうと損失を大きくしてしまい、ますます対処しにくくなります。
そして損失が大きくなった銘柄は塩漬け株になります。
そしてデイトレから長期保有株式投資になります。

なので余計な知識を入れずにクリアな目?!でチャートを観察できるように
ニュースも業績も知らない方がデイトレにはプラスになるのではと。

値動きに俊敏に対応するためにはこれまた以前にも書きましたが
ちゃんと前もってやることを決めておく。エントリー方法と損切りポイントは最初から決めておくことが大切です。
価格がどうなったら、あるいはチャートがどうなったら利益確定するかも考えていた方がいいですね。

私は利益確定はどうするかあまり決めていないので含み益がでるといつもどうしようかと迷っています。
これはこれでストレスです。ずっとどうしよどうしよと迷っているのですから。
やっぱり利益確定方法も決めていた方がいいですね。

普段の生活では躊躇したり迷ったりする方ですか? それともテキパキと物事を決めていくほうですか?
多分テキパキと即断できる人の方がデイトレは上達しやすいのだろうなと思います。

私は優柔不断です。それがトレードにも影響していると思います。
損切りは死活問題ですのでスパスパやっていますが、エントリーと利益確定は未だに躊躇連発です。
収益がプラスになっているためそこでぬるま湯に浸かっていて進歩が止まっているようにも感じています。

デイトレは即断即決できる能力、値動きに俊敏に対処していける事が大切だと思います。
損切りを最小限に抑えるためには、トレードチャンスを掴むためには
この即断即決能力、価格の動きに俊敏に対応していける能力をつけていかねばなりません。

普段からこの能力を鍛えるために意識しないといけないですね。

ファミレスでメニューと長時間にらめっこなんてしていてはいけません。
スーパーのスイーツコーナーでケーキやプリンをどれにしようかなと長時間眺めていてはいけません。
楽天で美味しそうなものを選ぶことができずあっちもこっちもと、時間だけ浪費していてはいけません。
休日に夕食の食材を買いに行き、旦那に食材を決めてもらってばかりではいけません。
どっちでもいい~を連呼してはいけません。

は~・・・・。 ない! ・・・・・決断力。

新興市場銘柄は値動きが激しくて怖い?

私はよく新興市場銘柄をトレードします。新興市場銘柄とは東証一部や二部の銘柄ではなく
マザーズやジャスダックの銘柄です。

新興市場銘柄というと値動きが激しくて怖いというイメージがありますが
そうでもありません。銘柄によるんです。それにトレードしている人によるんです。

トレードしている人によるというのはつまり
気の短い人がトレードしている銘柄は動きが激しく、
気の長い人がトレードしている銘柄は値動きがおっとりしているんです。

これはしばらくひとつの銘柄を観察しているとわかるんですが
気の短い人はやはり値動きが早い銘柄でさっさとトレードするためそのような銘柄に集まるんです。
のんびりトレードしたい人はのんびりした値動きの銘柄に集まるんです。

だから自分のペースにぴったりの銘柄を監視銘柄に入れておくといいです。
のんびりトレードしたい人はのんびり銘柄を、ササッとトレードしたい人は値動きの激しい銘柄を
監視銘柄に入れておくといいです。

もちろんその監視銘柄を毎日トレードするというわけではありませんよ。
毎日日足をチェックして今日は陽線が出る確率が大きそうだという日が来るまで毎日監視するのです。
(買いの場合)
日足がいい塩梅になったらその日にトレードするのです。

以前にも書きましたがデイトレは待つことがとても大事です。待たずに適当にやると損切りだらけに
なってしまいます。
日足がいい塩梅になるまでしっかり待ちましょう。

私はあまり判断力がある方ではなくどちらかというとぼ~っとしている方なので
のんびり銘柄をよく監視しています。のんびり銘柄は考える時間があるのです。
なんかチャートの形がよくなってきたな~って時にさあどうしようかな~と
結構のんびり考える暇があるのでのんびりとした銘柄をトレードしています。

言葉を変えれば即決力がないということですが・・・・^^;
そんな私でも銘柄さえ自分に合っていれば利益を出すことができます。
いろんなタイプの銘柄、いろんなクセのある銘柄から好きな銘柄が選べるところが
株のいいところかもしれません。FXや先物などと違ってなんかいろんなのがあって面白いなと。

ひとつの銘柄に愛着を持ってはいけないと言われますが
しっかり待つことさえできればいればいつまでも好きな株と仲良くできると思います^^

値動きの激しい銘柄は考える暇はありません。とっさの感覚でほとんど考える暇もなく
瞬間にクリックしていないと間に合いません。

でも新興市場にはのんびり銘柄がたくさんあります。怖くない銘柄もたくさんあります。
値動きはそこそこ大きいのでやはりデイトレには新興市場銘柄がいいと思います。
もちろん新興市場でなくても値動きのいい銘柄はたくさんありますが
新興市場の方がよく動くのが多いと思っているので私は新興市場銘柄をデイトレしています。
はじめのうちはのんびり銘柄を、慣れてきたら値動きの早い銘柄を狙ったらいいと思います。
わたしのようなのんびりさんはのんびり銘柄がストレスがなくおすすめです。

デイトレしやすい銘柄とは?

何千もの銘柄がありますが、デイトレしやすい銘柄もあればデイトレしにくい銘柄もあります。

トレードする人がいなくて板がまばらで
ひどい時は1日中トレードが成立しないような銘柄もありますのでそのような銘柄は削除します。

反対に板がぶ厚くたくさんの注文がなければ1ティック動かないような銘柄も削除します。
板がぶ厚くても人気があり人がたくさん集まっている銘柄はデイトレ銘柄になります。
このような銘柄はポイントで大きな買いが入りますのでそれを合図に追随すると
勝ちやすいです。

サイバーAの板

私は個人的にはマザーズやジャスダックの新興市場銘柄で
板は多過ぎもせず少な過ぎもせずどちらかというと少ないかな、という程度の銘柄を
好んでトレードしています。
なぜかというと値動きが激しいからです。

DMPの板

あっと言う間に利益が伸びることもあるかわりに
あっと言う間に大きな含み損になることもあります。

チャカチャカと俊敏にトレードするタイプではないので時たま大きな損切りをすることもありますが、
ポイントを間違わなければ旨味が大きいので私はずっと新興市場銘柄をトレードします。

でもこれからデイトレをはじめるという方には東証一部銘柄をオススメします。
そんなにビックリするほどの損切りをしなくていいので。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末