ディスプレイ(モニター)の枚数

デイトレしている人はたくさんのモニターを監視している人も多いようです。
何枚のモニターをたくさんというのかはさておき、
モニターの数が多ければいいというものでもないような気がします。

なぜなら

モニターの枚数を多くして監視銘柄を多く表示していても監視しきれません!

ちなみに私の場合です。

私は3枚のディスプレイに日足や週足、板、発注画面など適当に表示させ
余った部分にはできるだけたくさんの銘柄の5分足チャートを表示させていますが
はっきり言ってぜんぜん見きれていません。監視しているとは言えない状態です。

噴き上がった銘柄の5分足チャートを見て、あら、いつの間に!と
いつも取り残され状態です。チャートを表示させている意味が薄いですね。
たまにチラ見してチャンスを見つけることもありますが
大抵その日決めた銘柄の5分足チャートを見ています。

1枚のディスプレイではぜんぜんデイトレとは関係ないサイトを見ていたりすることも
あります。

これも能力差なんだと思います。

たくさんのモニターを必要としている人はたくさんの銘柄を監視する能力があるから
そうしているのでしょう。そうでなかったら意味ないですものね。
たくさんの銘柄を監視することでたくさんのエントリーチャンスを発見することが
できますし、収益を上げる機会が増えます。

で、視野の狭い私はそんなに多くの銘柄を監視することができません。
3つ4つの銘柄があればそれで十分遊べます。 あ、イヤイヤ十分トレードできます。

トレードする前は下調べでたくさんの銘柄のチャートを見ますが
その時はディスプレイの数なんてなくてもできます。

下調べさえちゃんとしておけばあとはその日にピックアップした銘柄を見てるだけ。

のんびりトレード法でした^^

主婦の強みを利用しよう

デイトレをするにあたって主婦でよかったと思うことがたくさんあります。
まず時間が都合がよい事です。

朝起きてお弁当作ってご飯の支度して旦那さんや子供を送り出し
掃除洗濯をしてそれデイトレに!とぴったりの時間になるんです。

我が家は朝が早く、寄り付きの時間(9時)になる前に1時間半ほど時間がありますので
トレードの直前に銘柄の下調べをします。
朝時間がない人は前日の引け後に銘柄チェックをするといいです。
夕方の3時から寝る前まで好きな時間に銘柄を下調べすることができます。
下調べといっても30分から1時間ぐらいで済んでしまうので
寄り付きの前まで居眠りしていることも多いです。

寄り付きの前までにめぼしい銘柄がこれこれこうなったらエントリーの用意をしよう
という風にアラームをセットしておきます。
そのアラームの音で目が覚めて慌てることも少なくありません(汗・汗。

下調べした銘柄でトレードをした後はあまり無理をしないようにします。
午前中と午後で相場の流れが変わってくることも多いので
大抵の場合、トレードは午前中で終わっています。
下調べも含め実質1日、3~4時間ですね、パソコンの前に拘束されるのは。

この時間帯ってとても主婦に便利な時間だと思うんです。
集中できる時間帯でもありますし、やる気があったら午後も参戦してもいいですし。

デイトレの技術を身につけると短時間にチョイチョイと稼ぐことが可能になります。
主婦でありがたく思っています。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末