もみ合って値動きが止まったところを狙う理由

デイトレで利益を取ろうと思ったら
買ったら上がると思われるところで買うこと、そしてできればグ~~~ンと株価が伸びてくれるところ
こんなところが理想ですね。

エントリーしたら大きく取れそうなところでエントリーしたいですね。

チャートが三角保ち合いになっているということは三角の先端で株価の動きが少なくなっています。
こういう株価の動きが小さくなっているところというのは次の動きのエネルギーを溜めていると考えます。

下から株価が上がってきてしばらくもみ合い値動きがなくなると
次の上昇のエネルギーを溜めていると考えるのです。
ですので値動きがなくなってから上げ出したところをできるだけ初動で捉え、買いエントリーするのです。

上げていてもみ合ったら次の上昇のエネルギーを溜めている。
下がってもみ合ったら次の下降のエネルギーを溜めている。

こんな風に考えるといいです。
もちろん100%ではありません。

下がって値動きが止まったのを見て下げ止まったと考えるより
さらに下へ行く準備をしている
と考えた方がいいです。

チャートポイントを上抜ける前に株価がもみ合って値動きがなくなると
上抜ける前に十分にエネルギーを溜めて元気よく上昇する、つまり値幅が大きく取れる
そのように考えます。

チャートポイントを上抜ける時にすでにかなり下の方から株価が上げてきていて
もみ合うこともなくそのままチャートポイントを抜けていくこともありますが
そういう時はエネルギーが途中で切れてしまって上がれないと考えます。

下からポイントまで上昇する時に上昇エネルギーを使い果たしてしまい、チャートポイントを抜けた時には
すでにエネルギーがなくなってしまい、ほとんど上昇できない
そんなイメージです。

もちろんこんな事ばかりではありませんが、できれば抜ける前に揉んで欲しいです。
もみ合い期間は長ければ長いほど、上によく伸びると言います。
ガッポリ儲けるためにもみ合いを探します。

もちろん監視していてもちっとも上に行かず、延々と横にもみ合っているだけ・・・・
そんな株もあります。
いつ監視をやめるかですが、監視をやめた時に限って元気に上に飛んで行ったりします。
この~~~~!!子どもか~~~!!と思いますが、そんなもんです^^;

出来高が多くなって減らず、注目されているうちはちょっともみ合って上げていくことも多いです。
1日大きく上昇して長い陽線が出て、数日もみ合って2回目の大きな上昇が来るとか。

上昇ランキングでよく上がった銘柄は数日日足を監視して次の上げを狙います。

このチャートの見方と言いますか、考え方は日足でも5分足でも当てはまります。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末