エントリーポイントについて・いつデイトレできる?

私の一番好きなチャートパターンをご紹介しようと思います。

とにかくいろんな銘柄の日足チャートをチェックしますが三角保ち合いを作っているのを探します。
三角保ち合いというのは日足チャートのローソク足が三角形になりだんだん値動きがなくなっている、
値幅が小さくなってようなチャートです。

以下はASJという銘柄の日足チャートなんですがどこが三角になっているかわかりますか?

ASJ

こんなふうに適当に赤いラインを引きました。

ASJline

少々ずれていてもどうでもいいのです。なんとなく三角形に見えれば。
そしいて赤いラインを上抜けた感じで寄り付きそうな銘柄をその日にデイトレで狙うのです。

この日のロウソク足は上髭が出ちゃっていますが、確かに一度は上がった形跡があり
デイトレで狙ったら利益が取りやすそうですね。

次はビューティーガレージという銘柄です。
どの日がデイトレで狙えそうですか?
(実際にはこの銘柄は取引量が少なすぎてデイトレには向かないのですがとりあえず
こんな感じの日足チャートを探すようにします。)

beauty

三角形でなくても上値抵抗線を引くだけでもデイトレ銘柄を発掘できます。

beautyline<

次はベネフィット・ワンという銘柄です。上値抵抗線のラインはどこに引けますか?

benefit

こんな感じでしょうか。

benefitline

上値抵抗線を上抜けた日のロウソク足は長い陽線になっていてデイトレで取れそうですね。

次はオオバという銘柄です。

ooba

こんな感じでしょうか。

oobaline

次はインテージホールディングスという銘柄です。
これも三角のラインが引けそうです。

intage

こんな感じ。

intageline

上髭や下髭は無視しても使ってもどっちでもいいです。ロウソク足本体も厳密に終値、始値でなくても
かまわないです。なんとな~~く三角形だな~と思われる日足チャートの銘柄を探しましょう。

ほんとうの事をいうと三角保ち合いが上抜けて長い陽線が出てしまった日にチャートに気づくことも多いです。
「しまった、三角保ち合いに気付かなかった!!!」
デイトレチャンスを逃しちゃったということです。こんなことも多いですが次、次と探します。

長い陽線を付けるその日にデイトレをしなくてはいけないので
少なくても長い陽線が出る日の寄り付き前までには
動きがなくなった日足チャートで三角保ち合いができたことに気づいていなければなりません。
前日か前々日か前々々日か・・・・。場合によっては数日見張っている必要もあります。
寄り付き前に板もチェックして上抜けそうであればその日がその銘柄をデイトレする日です。

三角保ち合いの日足チャートを探すのは上放れた時に長い陽線が出やすいからです。
つまりデイトレで勝つ確率が高いからです。

チャートの認識できてます?

三角保ち合い上放れを買う
三角保ち合い下放れを売る
上昇トレンドの押し目で買う
下降トレンドの戻しで売る
レンジの下値抵抗線で買う
レンジの上値抵抗線で売る

ここで大事な事はチャートの状況を正確に把握しているかどうかということです。
つまり三角保ち合い、上昇、下降、レンジだとわかるかということです。

悲しいかなチャートの状況が認識出来た時にはすでに相場の様相が変化しだしている
という事も多いのです。

ずっと一定のポイントで上げ下げしていて
よしレンジだなと思って下値抵抗線で買ったら下へ抜けていったとか
押し目をつけながら上昇していると思って押し目で買ったら
もう上昇は終わっていて反落し始めたとか、そんな事だらけ。
どうしてもっと早くわからなかったの~!!とイヤになってしまいます。

上昇とかレンジとか状況が認識出来た時にはもう時すでに遅し!という訳です。
もちろん長く状況が続く場合もあります。

つまりは、いかに早く現在の相場の状況判断ができるかといういう事が大切になってきます。

早期に状況判断をするということが以外に難しいのです。
状況判断があやふやなままトレードに突入するとろくな事は起こりません。
わかりにくいチャートの銘柄はほんとにわかりませんのでトレード対象銘柄から削除!
判断しやすいチャートをひたすら探すんです。

チャートを数見ていると
ココらへんでこんな風になるんでは?とか、
このポイントでこうなってもおかしくないな~とか
なんとなく起こりそうなことが予想できるようになります。

とにかくまずはチャートをたくさん眺めることが必要です。
早く稼げるようになるためにはできるだけ多くのチャートを見ることです。
リアルタイムの5分足チャートを見て、どこでグングン上昇し始めるか観察するといいです。
なんでこんなところで?というポイントもありますが
大抵はああ、やっぱり!というポイントです。

そのうちに面白いようにわかってきます。

しっかりチャートの状況判断ができてから一番上に挙げたオーソドックスな方法を
実行しましょう。

2 / 212
 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末