利益を引っ張りすぎてもダメ

2016年2月27日

利益はどんどん引っ張りましょうと言われますが
過ぎたるは及ばざるが如しという言葉もあります。(ん?ちょっと違うか。)
ただ引っ張りゃいいってもんじゃありません。

私は利益確定をしません。特に大きな損切りトレードの後はますます利益確定をしません。

損失→取り戻してやるぅ!

すっかりこの感情に取り憑かれています。

感情に支配された思考や判断はデイトレではいい結果には繋がりません。

なので、しっかりルールを作ってルールを守る、ということがデイトレーダーを守ってくれる
たったひとつの方法になります。

私はエントリールールも守り、損切りルールも守ります。
でも利益確定のためのルールは超適当です。
守ってくれるルールを明確に作っていません。
なので感情が入るとたいがい悲しい結果になります。

モルフォの日足チャートです。

モルフォ3653 前日

このチャートを見てどんなことを考えますか?

私が考えたのはラインを1本引きまして

モルフォ3653 前日ライン

高値を切り下げてきて、安値も切り下げてきて一応下降トレンドです。
ですが、黄色のライン(上値抵抗線)を上抜けてきたらブレイクですよね?

この黄色のラインの上で寄付いたら始値ブレイクで買おうかな~♪
ここ2~3日モジモジしているし楽しみだな~♪
この黄色のラインの下で寄付いたら戻り売りの位置かな~♪
でも私は逆張り屋さんじゃないので、下で寄付いたらスルーしよ~っと♪

で当日の日足チャートですが

モルフォ当日ライン

寄り付きの位置はちょうどラインの辺りで微妙~です。
ローソク足の状態から、上がって下げたということがわかりますね。

そして5分足チャートです。

モルフォ5分足チャート

このチャートを見てどこで買いエントリーをしますが?
できてしまったチャートを見ると一目瞭然ですが^^;

モルフォ5分足チャートポイント

寄り付きの位置が上値抵抗線をブレイクしているんだかしていないんだか微妙~なのですが、
この銘柄は元気な時は元気になるので、一旦下って上げてくるなら、よし!下げないということで
始値ブレイクで買いエントリー・・・・・するも失速して一旦退却。
その後も何度も買いエントリーしては退却。
(このさっさと退却してしまう即逃げ癖は松井さんが手数料無料だからです。変な癖がついてしまいました。)

そして麗しい三角保ち合いが出来上がりました。
喜んで三角保ち合い上放れで買いエントリーです。

で、見ていると5分足が確定する前にビビリトレードになるので寝ます。

で、利益確定はどうするのよ?

私はよく利益を放置していて損切りになるまで引っ張り、後悔します。
なので一応1000円ぐらいはもらっとく、というルールを作りました。^^
含み益が出たら、損切りにせずに利益確定をしましょうということです。

モルフォはいい調子で上げていくので、私の頭はストップ高貼り付きのイメージでいっぱいです。
たいがいおめでたい頭です。

このトレードの前に損切りをしているので、ガッポリ取ってやるっ!と感情むき出し状態です。

冷静な時は
矢印Aの上髭が出た時点で諦める
矢印Bの高値が上抜けないで下げだしたところで諦める
矢印CのMA25を下抜けちゃったところで諦める

などポイントのどこかで判断しますが、
感情丸出しの私は、「ええ~い、1000円になるまで勝負じゃっ!」とか言ってます。
そしたらしっかり矢印Dのあたりで1000円いただくことになりました。

利益はいくら引っ張っていてもいいという先入観がある。
高値を見た後は、どうかお願いもう一度高値まで戻って(-人-)という気持ちがある。
ショボイ利益なんかいらね~わ~っ!と投げやりになる。

これが利益確定できない原因の気持ちなんです。

下って下って、もうダメのところでやっと手仕舞いする・・・・・これって何かに似てませんか?

そうです。損切りです。

お願い戻ってと祈りながら下げて下げて、もうどうしようもないところで観念して泣きながら損切りをする。
上記の私のやっていることはとても似てますね。似ているどころかまったく同じです。

カッカカッカしてたり、やる気満々になっている時はチャートを見る目がおかしくなるし、判断もおかしくなります。
なのでシンプルなルールを作って守ることが大事なのです。

例えば、何%上げたら利益確定するとか、最高含み益から何%下ったら利益確定するとか
そういったシンプルなルールを作って守る方が守りやすいですね。

腹が立っているチャートを見て、AだのBだのCだの・・・・冷静に判断できますか?
判断できても余計な願望や希望を持たずに冷静に行動できますか?

エントリールールも損切りルールも利益確定ルールも、だからシンプルな方がいいのです。

もっとも腹が立っている時はシンプルだろうがなんだろうが破りがちになるのでトレードをお休みした方がいいです。
シンプルなルールも守れない状態なのに複雑なルールなんてますます守れるわけがない。

でも1000円はちょ~だいする、というシンプルなルールだけは守るんです。^^

長~いこともみ合った銘柄 鳥貴族

2015年10月29日

鳥貴族3193の10月28日大引け後のチャートです。

鳥貴族3193 前日日足チャート

長いこともみ合っていますね。こんな銘柄はいつ動き出すのかわからないので
見ているだけ時間の無駄です。

一度上がってからしばらくもみ合っているのは監視する価値があります。
上がったという事実があるので多くの人がしばらく監視しているからです。

ず~~~~~~っと長いこともみ合っているのは誰も見ていないので非効率です。

それなのになんでこんな銘柄を私が監視しているかと言えば、
以前好きでよくトレードしていてそのまま監視に入っていて、
取り敢えず毎日目を通していて、

昨日10月28日にバルニバービ3418という飲食店関係の銘柄が上場したのです。
だから飲食店ツナガリで鳥貴族ももしかして♪♪♪と期待して
28日に見ていたのです。

鳥貴族の板を見て下さい。

鳥貴族3193板

29日の引け後の板ですが、ま、いつもこんなもんです。

スカスカしているし私は100株しか買いません。
ところが1000株とか5000株とか買ってくる人がいるのです。
私はちょっと大きめの買いが入るとついていきます。

何かいいことあるかも♪と。

28日の午前中に大きめの買いが入り、チャートも日足チャートがMA25を上抜けそうなので
私も100株だけで追随しました。

ところが上抜けずに垂れました。5000株も買った人、どうするんだろ・・・・・?って。
私は100株だけなので適当に逃げました。

そして29日の5分足チャートです。

鳥貴族3193 5分足チャート

28日の午前中に大きな買いが入り、5分足も三角保ち合いが抜けているのがわかると思います。
でも抜けずに28日は失速しました。

29日はとても美しく始値ブレイク。のんびり銘柄なので始値ブレイクものんびり入れます。
28日に上場した飲食店関連のバルニバービは28日には失速しましたが、
29日には早い時間からストップ高に張り付き、そのまま張り付いていました。

なので鳥貴族も♪♪♪(膨らむ妄想♪)

ということで29日も喜んで始値ブレイクでエントリー。もちろんたった100株。

1日中順調に上げ続けていきました。
しっかり利益が取れたハズ・・・・・






ところがですね。

先物から、日経平均から、指数から、すべて午前中は下げ下げでしたので
とっとと逃げてしまったのです。

内需株は指数に逆行することも多く、なので私はこういう銘柄を好んでトレードしているのですが
やっぱり流れに逆らうのは怖い!

ということで微利益でした(TT)

リスクを取らねば利益はとれません。

鳥貴族3193 日足チャート2

三角保ち合いしっかり、ブレイクしているのかフライングなのか

2015年10月10日

日足で三角保ち合いを作っている銘柄を発見しました。
始値がどの辺で寄り付いたらブレイクだと判斷してエントリーしますか?

以下のSHIFT3697の7日の引け時点での日足チャートを見て下さい。

SHIFT3697 日足チャートちょっと前

三角保ち合いに見えますか? チョビヒゲが出ているのがちょいと気になりますが。
チョビチョビ揉み合っていて、そろそろ大きく動いても良さそうだぞ♪と
何日も監視することになります。

問題は、どこで寄り付いたら「ブレイクした」ととらえてエントリーするのか?

私の以前のブログ記事内で、「終値より高く寄り付いたら」という言葉をよく使っていました。

私の頭の中で、揉み合っていてもブレイクの前日は陽線が好ましい、
できれば前日の終値が一番高くなっていればうれしい・・・・
という願望のような思い込みのようなものがあり
つい「終値より高く寄り付いたら」という言葉を多用してしまいます。

それに少々の上ヒゲは適当に無視!というのも私の頭の中にあります。
私が適当に無視しているために、無視できない上ヒゲをも無視していいとの解釈を生じさせてしまいます。

上ヒゲが無視できるものか、無視できないものかは経験による解釈となりますが、
私がいい加減過ぎました。m(__)m

基本的に長い上ヒゲは「上昇を否定している」、下ヒゲは「下落を否定している」ととらえ、
何本もの長いヒゲは強い否定ととらえることができます。
ポイントで長いヒゲの付いたローソク足が出れば流れの転換のサインになることがあります。

また先ほどのSHIFT3697の7日時点の日足チャートですが、短いですが上ヒゲが2本あります。
日足MA25上抜けで上昇して三角保ち合いになっているけど、上ヒゲが出ているので
もしかして下に行っちゃう?という感じもしてきます。

こんな細かいこと、キレイに抜けていれば問題じゃありません。
少々ヒゲがあろうが、長かろうが・・・・・と書いてまたギャップができそうです(汗

9日時点での日足チャートです。

SHIFT3697 日足チャート

8日に下へ?と見せかけて終値は再びもみ合いの中に収まっています。

9日はもみ合い中の終値もヒゲの突先(高値)も全部上抜けて寄り付いています。
始値ブレイクでのエントリーを狙うのはこのように明確にもみ合いを上抜けて寄り付いた日です。

SHIFTの場合はもみ合い中のローソク足に上ヒゲが多いため、前日終値より少し高く寄り付いたところを買うと
まだもみ合いの中であるため高値掴みになってしまいます。

あまりにも「前日終値より高く寄り付く」とたくさん書いてしまったため
正確にお伝えすることができませんでした。m(__)m

ブログを読んで、「わからんじゃないか~~~ヽ(#`Д´)ノ」というところは
是非、お教え下さい。m(__)m

正確に言うと、前日終値より高くではなく、「上値抵抗線を明確に上抜けた」状態をブレイクといいます。

上値抵抗線を引く時に「少々」のヒゲが飛び出たぐらいは無視しているので
この「少々」のイメージが、ブログを読んで下さっている方と私とで差ができてしまいます。

く・・・く・・・く・・・   私の表現力では限界が・・・(T▽T)

SHIFT3697日足チャートですが、9日は誰が見てもキレイに上抜けて寄り付いていますね。
上ヒゲも何もかもはっきり上抜けています。
SHIFTの上値抵抗線はほぼ水平ですが、水平でなくても
基本的にはこのように、キレイに上値抵抗線を上抜けた銘柄の始値ブレイクを狙います。

そして 5分足チャートですが

SHIFT3697 5分足チャート

高く寄付き過ぎですか? こんな高いところで寄り付いて怖いと思いますか?

寄付きが低いとまだもみ合い中であるリスクがあり、寄付きが高すぎると寄り天のリスクがあり、
適当に高いところがいいのですが、適当ってどの辺?となりますよね~(汗

・・・・・またしても表現力の限界!

このSHFITは、マネックスの気配値ランキングから抽出しました。気配値が異常だったからです。
(後で決算だったことがわかりましたが(汗)

気配値の異常は5分足チャートの出来高からもわかりますね。
8日と比べても9日はすごい買い注文があったのがわかります。

せっかく抽出したのだからと取り敢えず始値ブレイクで(ちょっと遅れて)買い!
ちょっと上下した後、1155まで行って、ほったらかしていたら下落。
ブレイク初日だし、他の銘柄も触っていたので(最近言い訳だけはよく浮かぶ)、
手仕舞いも遅れほぼ利益なしっ!

私は下手で(利確判斷が遅くて)利益は出ませんでしたが、
うまくトレードすれば困難なく利益は取れそうです。
このように「明確に」上値抵抗線を上抜けた銘柄の始値ブレイクを狙って下さい。

もみ合い中は価格が上下しているだけですので、そこで手を出すと
高値掴み、安値売りの連発となってしまいます。

もみ合い中なのか、抜けているのか、ここのところを注意して下さいね。

それでも、あるんですよね~。寄付きはもみ合いの中なのに、日中に上値抵抗線を上抜けていくやつっ!
腹が立ちます。
なんでそこからスタートするよのっ!!
せっかく待っていたんだからわかりやすようにブレイクしてよっ! と

なんて思っても思い通りに行くものでもありせん。

日中にブレイクし、アラートが鳴るとすでにかなり上昇した後です。
そこで入ると押されてカット!
エントリーを思いとどめたら急騰!

腹立つ!

じゃあ、どうするの?

このように寄付きは日足もみ合いの範囲内で、日中にブレイクしていってしまう銘柄は
ブレイクした後、5分足チャートでの三角保ち合いを待ちましょう。

5分足で三角保ち合いを作らなかった。エントリーできそうなところがなかった。涙のお見送り。

・・・・・縁がなかったとあきらめましょう・・・・。

今日のトレードですが・・・ 

2015年7月27日

今日注目した銘柄ですが、

まずはMKシステム3910の日足チャートです。

MKシステム 日足チャート

4日程前にMA25にタッチして反発しています。
前日(先週の金曜日7月24日)に高値を抜けずに陰線になっています。
高値で押し戻されて下落してしまうか、
それとも、ちょっと上昇一休みして、今日27日にまた上昇を開始するか
というところです。

上がるなら喰らいつくぞ!と気合い入れました。

MKシステム 5分足チャート

寄り付きから下げずに上げていますね。
寄り付き後はシーンとしていました。誰も行動起こさず。

その後上げ出したらドドドドっと来ました。
もちろん私も気張りました。

利益確定した後、また私は気を抜いてボケっとしています。

矢印「あ」のポイント、わかりますか?
私は上げ出してから気づきました。あ~あです。
ラインはあえて引きませんが、三角なのがわかりますか?

こういうチャートにいかにたくさん気が付けるかです。
押し目買いをしようとしていると三角に気がつけません。

私は押し目買いをしようとしたわけではありませんが、
始値より下がったのを見て、すっかりやる気がなくなり、(ほんとうは逃げ腰)
チャートは目の前に置いていたのに、心ここにあらず、
見たいものしか見えない私の目は5分足の三角保ち合いを見逃してしまったのでした。

残念! 

5分足チャートでの三角保ち合いは、ちゃんと探しながら見ているとちゃんと見つかるのです。
イヤイヤ見ていたり、逃げ腰で見ていると見えません。

スノーピーク7816の日足チャートです。

スノーピーク 日足チャート

オレンジの水兵のラインが引けそうだな~。それにMA25もあるな~・・・。
さて、ここから上がるなら買い、下がるなら売りで!と作戦を立てました。

スノーピーク 5分足チャート

寄り付きはちょっと高く、4210辺りにアラートをセットしていたのですが
スコーンと一瞬でやられてしまい、涙目。
ならば戻りを売ろうとしましたが、初動に乗り遅れてすっかりしょげ返り、行動せず。
何度かもみ合いもありましたね。根性なし。

残念!  次、次!

デザインワン6048の日足チャートです。l

デザインワン 日足チャート

水平のラインと斜め右肩下がりのラインを引いていますが、水平のラインを下回れば売り、
斜め右肩下がりのラインを上回れば買い作戦です。

デザインワン 5分足チャート

高く寄り付き、午前中は下へ行きそうな雰囲気でしたが、後場元気になり。
ライン「い」で来た来た来た~~~♪♪♪ と、高値買い。   あえなく損切り。

そして再びライン「う」で来た来た来た~~~~♪♪♪

・・・・・・・

マザーズも下げ下げだし、先物も下げてるし、日経平均も下げてるし、
ジャスダック指数もさげてるし・・・・。

とかなんとか、エントリーしない言い訳をみつけてきてはお見送りです。
今日はライン「い」での損切りでも凝りてしまっていました。

情けなさ炸裂でございました。 気張ったのは最初だけ・・・(;;)

ひと目見てわかりやすいチャートを選ぼう

2015年7月17日

今日のデイトレ銘柄のチャートを選ぶ時
よく見ないとわからないようなチャート、パッとみてよくわからないようなチャートより

パッとひと目見て「これだっ♪♪♪」と、ときめくようなチャートを探しましょう。

今日私が注目した銘柄です。

まずALサービス3085の日足チャートです。

ALサービス3085 日足チャート

これは3日ほど毎日チャートにアラートをセットして待っていました。
晴れて今日ご出発です。大雨ですが・・・。おまけにもうお帰りです。

上値がキレイに押さえられているのがわかりますね。とってもわかりやすい。
寄り付きが昨日の終値よりは高かったのですが、昨日の高値より低く、ちょっと様子見。
上げるのを確認してから、追っかけ買いです。

ALサービス3085 5分足チャート

また例によって、最初の一撃は損切りしていますが(矢印「あ」の部分)、懲りずに高値で入り直しました。

デイトレで大事なことは凝りないことです(笑

矢印「い」でしびれを切らして売りです。高値を越えなかったので。

そしてクルーズ2138です。

クルーズ2138 日足チャート

これも多少の上ヒゲ、下ヒゲは無視して、キレイな三角保ち合いです。
私としては、もうちょっと前日の値動きが少なくなっていてほしかったです。

で、5分足チャートです。

クルーズ2138 5分足チャート

低く寄り付いたのでやる気喪失。値動きだけは見ていたのですが・・・・。

エントリーポイントは矢印の1、2、3あたりでしたね。
この銘柄は出来高が多く、モゾモゾ動くので私には買いにくく、
矢印2が一番わかりやすかったのですが、赤の矢印Aのところの下げを見て、ああダメか・・・
と、思っていて、また矢印2を見逃しました。

矢印Aはダマシになったし、MA25も近づいてきて、値動きも小さめになり
矢印2は良い発射ポイントでしたね。

で、結局クルーズではひとつもトレードできませんでした。
値動きが苦手なこともあり、あれま~な結果です。

どちらかというとALサービスのようにボケ~~~っと動く銘柄(ALサービスさん、失礼!)の方が
好きです。

テラスカイの三角保ち合いブレイクで買い

2015年7月14日

最近、日足チャートを見て、トレードしたいなあ~という銘柄がなかなかみつかりません。

朝、トレードしたい銘柄が見つからないと、すっかりやる気をなくし、眠くなります。
そんな日は眠気を押し殺さずに素直に寝ていた方がいいのです。

銘柄がみつからないのに、無理矢理トレードをすると、損切りトレードが多くなります。
日足チャートがいいと勝ちやすいですが、日足チャートがよくないと負けやすいです。

ここ何日か、チャートがイマイチ~・・・ばかりでしたが、

今日はテラスカイという銘柄が面白そうな日足チャートになっていたので
トレードしてみました。

この銘柄もとてもわかりやすく動くので、よく見ています。

日足チャートです。

テラスカイ 日足チャート

矢印1は右肩下がりの上値抵抗線上抜け。
矢印2は水平の上値抵抗線上抜け。
そして、矢印3は今日ですが、私には立派な三角保ち合いに見えますがいかがでしょう(笑

矢印3のところは、下ヒゲが出てその後上がったのがわかりますね。
長~~~い上ヒゲになってしまったので、上がった後に垂れてしまったのですが。
前回高値を上抜けたのですが、エネルギー切れになってしまいした。

そして今日の5分足チャートです。

テラスカイ 5分足チャート

私はまず、始値ブレイクで入ります。
始値からちょっと下がって勢い良く上がって行くのが、いいのですが
今回は5分下げ、その後もしばらく下げ、しばらくたってから勢い良く始値をブレイクしていきました。

始値ブレイクするまでに時間があると、その間につい他の銘柄を見てしまって、
肝心の始値ブレイクの瞬間を逃してしまい、エントリーし損ねるということも多いのです。
今日はアチコチ銘柄を見ず、テラスカイをガン見していたので、しっかりエントリーはできたのですが、
ソレっ♪♪とクリックしたら、トロくて7000円も上でエントリー(T▽T)

勢い良くシュバッと株価が上がったのですが、いつものテラスカイの勢いがありません。
この銘柄はすごく元気がいいのに、そろそろ終わりなのでしょうか・・・。

あれよあれよと値が下がり、微利益(TT)

それでも今日は日足チャートで三角保ち合いブレイク初日ということで
5分足でのエントリーポイントを狙い、

ライン「あ」、ライン「い」の上抜けでエントリーしました。
その前にもっと株価の伸びたところがありましたが、私には分かりにくく、エントリーできず。

始値ブレイクで買えて、利益が伸びていれば引っ張れるのですが、最初のエントリーは早々に手仕舞いしてしまい、
その後のライン「あ」やライン「い」のところでは、ビュッと株価が伸びた後、適当に手仕舞いです。
最初のエントリーを引っ張れなかったのが残念でした。

昨日の引け時点で、始値ブレイクから20万くらいぶっ飛ぶ♪♪♪という超過大な期待を抱いて
朝から目が、$$$$$$$$だったのですが、
夢で終わりました。

また次回のチャンスを待ちましょう。

テラスカイの日足チャートは二番天井っぽくなってしまいましたね。

チャンスだけをじっと待つ

2015年6月30日

寄り付きがすごく下がっている。

すごく下がっているんだから、上がるんじゃないの?

すごく下がって寄り付いた銘柄が上がっていったら買いチャンスじゃないの?

なんだか値動きが激しくてあっちもこっちもチャンスに見えるぞ。

さてさて、どうしよう・・・・・。

・・・・・なんて迷っているあなたは負けトレーダーの素質十分です。

上値抵抗線を上抜けたら買う! 下値支持線を下抜けたら売る!
と決めたのではありませんか?

上昇していて三角保ち合いを作り、上放れた時に買うのではなかったですか?

じゃあ、すんごく下がっている日はチャンスですか?
毎日頭の中で思い描いているチャンスの日と同じですか?

株価の動きに惑わされないようにして下さいね。
やるべき事を決めたら、やるべき事をやるべき時にやる!ということだけに
集中しましょう。

たとえ低く寄り付いて、結果的に大きな陽線になって
「買っときゃよかった~~~!!」と後悔しても、
ノートレードで正解です。

日足チャートがわからない、思い描いたようなチャートになっていないなら
トレードをしないのが正解です。

どれだけ悔しいと感じても余計なトレードをしてはいけません。

チャンスはちゃんと用意して待っていれば必ずやってきます。
チャンスの日にだけ行動すればいいのです。

余計なトレードをしてはいけません。

余計なトレードをどれだけ減らすことができるか、ということも
正確なトレードをすることとともに、とても大切なことです。

昨日も今日も、日足チャートをチェックしてもほとんどチャンスをみつけられませんでした。

以下の日足チャートを見て下さい。モルフォ3653です。

モルフォ 日足チャート

赤いラインを引いています。

1で、上値抵抗線(ちょっと突き出ていますが)になっていて
2、3で下値支持線になっています。

こりゃ、売れるかなと。

モルフォ 5分足チャート

真ん中ぐらいが6月30日、今日の寄り付きですが、昨日の終値より低く寄り付いてから上げています。
後場までじっと我慢強くチャンスをうかがっていました。

MA25に頭を押さえられ、もみ合って値動きが小さくなり、ついにこらえ切れなくなり・・・。
あ~~~~れ~~~~・・・・。
そんな感じで垂れていきました。

日足を見てもわかりやすく、5分足を見てもわかりやすいですね。
5分足チャートは無理矢理見れば、三角保ち合い下放れです。

ほとんどチャンスが見当たらない中、やっと来た売りチャンス。
喜んで売りエントリーしました!!!

が、まさかのビビり決済で微利益(T▽T)

情けなし!

三角保ち合いの三角形ってどんな形?

2015年5月27日

三角保ち合いの三角形の形はいろんな形があります。

下から株価が上がってきて、上昇していた株価が上下を繰り返し、だんだんと値動きが小さくなっていく
状態です。

上下を繰り返す株価の上値抵抗線を結んだラインと、下値支持線を結んだラインを引くと三角形になります。

綺麗な正三角形が描けることもあれば、ビロ~~ンと長っぽそい三角形になることもあります。

三角形の辺が直線ではなく曲線になることもあります。

ちょっといろんな三角形を描いてみますね。

三角保ち合い1三角保ち合い2三角保ち合い3

まだまだヘンテコリンな三角形はたくさんあります。

「三角形!!」だからといってきれいな三角形だけをイメージせずに
これもこう見りゃ立派な三角形だ!ぐらいに適当に見ていても大丈夫です。

大事なことは【上昇中】にもみ合いになることです。

下降中にもみ合いになると下抜けすることが多いです。

もみ合って値動きが止まったところを狙う理由

デイトレで利益を取ろうと思ったら
買ったら上がると思われるところで買うこと、そしてできればグ~~~ンと株価が伸びてくれるところ
こんなところが理想ですね。

エントリーしたら大きく取れそうなところでエントリーしたいですね。

チャートが三角保ち合いになっているということは三角の先端で株価の動きが少なくなっています。
こういう株価の動きが小さくなっているところというのは次の動きのエネルギーを溜めていると考えます。

下から株価が上がってきてしばらくもみ合い値動きがなくなると
次の上昇のエネルギーを溜めていると考えるのです。
ですので値動きがなくなってから上げ出したところをできるだけ初動で捉え、買いエントリーするのです。

上げていてもみ合ったら次の上昇のエネルギーを溜めている。
下がってもみ合ったら次の下降のエネルギーを溜めている。

こんな風に考えるといいです。
もちろん100%ではありません。

下がって値動きが止まったのを見て下げ止まったと考えるより
さらに下へ行く準備をしている
と考えた方がいいです。

チャートポイントを上抜ける前に株価がもみ合って値動きがなくなると
上抜ける前に十分にエネルギーを溜めて元気よく上昇する、つまり値幅が大きく取れる
そのように考えます。

チャートポイントを上抜ける時にすでにかなり下の方から株価が上げてきていて
もみ合うこともなくそのままチャートポイントを抜けていくこともありますが
そういう時はエネルギーが途中で切れてしまって上がれないと考えます。

下からポイントまで上昇する時に上昇エネルギーを使い果たしてしまい、チャートポイントを抜けた時には
すでにエネルギーがなくなってしまい、ほとんど上昇できない
そんなイメージです。

もちろんこんな事ばかりではありませんが、できれば抜ける前に揉んで欲しいです。
もみ合い期間は長ければ長いほど、上によく伸びると言います。
ガッポリ儲けるためにもみ合いを探します。

もちろん監視していてもちっとも上に行かず、延々と横にもみ合っているだけ・・・・
そんな株もあります。
いつ監視をやめるかですが、監視をやめた時に限って元気に上に飛んで行ったりします。
この~~~~!!子どもか~~~!!と思いますが、そんなもんです^^;

出来高が多くなって減らず、注目されているうちはちょっともみ合って上げていくことも多いです。
1日大きく上昇して長い陽線が出て、数日もみ合って2回目の大きな上昇が来るとか。

上昇ランキングでよく上がった銘柄は数日日足を監視して次の上げを狙います。

このチャートの見方と言いますか、考え方は日足でも5分足でも当てはまります。

たくさんの銘柄の日足チャートを毎日チェックする

デイトレで勝てるか勝てないかは毎日の日足チャートチェックによります。
できるだけたくさんの日足チャートをチェックしますが
私のトレードツールにはだいたい300銘柄ぐらいが登録されています。

それを毎朝ひとつひとつチェックするわけですが
チャートを見ているとどうしても眠くなるんですね~。
チャートチェック中によく居眠りをして9時丁度にアラームでびっくりして飛び起きるということも
よくあります。

こんな日は当たり前ですが効率よく稼ぐことはできません。
下調べをサボればそれなりのトレードしかできません。
寄り付きが一番エネルギーがあり勢いもあるので利益も伸びやすいです。
ひと動きあった後はまるで嵐が去ったようにシーンとなり動きがなくなってしまう銘柄もあります。

日足チャートチェックを怠ってはいけません^^;

ことろで今日キレイに三角保ち合いを上放れた日足チャートを紹介します。

ポーラHDという銘柄ですが残念なことに私はこの銘柄はトレードツールに登録していないので
監視していなかったのでチャンスには気がつけませんでした。上昇ランキングでみつけたものです。

日足チャートがこちら

ポーラHD日足チャート

ごちそうなのがわかりますか?

ポーラHD日足チャートライン

そして今日の5分足チャートです。

ポーラHD5分足チャート

美味しい銘柄でしたね~。
このチャートで始値ブレイクでしっかりエントリーできたら
後は損切りの逆指値をして寝ているだけですね~。

このような日足チャートを形成した銘柄を毎日こまめに探して下さね。

資金に合わせて、
例えば20万以下の銘柄でトレードする場合は
20万以下で買える銘柄を200銘柄ほどトレードツールに登録して毎日日足チャートを
チェックするようにします。

1 / 212
 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末