デモトレはデイトレで勝つためには不十分

2015年12月1日

デイトレで勝つには

1: 勝てるデイトレルールを作ること
2: デイトレルールを破らずに行動し続けること

この2点です。

なんて簡単~~~~♪・・・・・ではないのはご存知の通り。

1のデイトレルールを作るにはデモトレで利益が出るかどうかを確かめるのが一番です。

余計な損失を出すことなく、作ったルールが有効なのか、それともぜんぜん役にたたないのかがわかります。
ルール作りを実践のトレードをしながら確かめていると余計な損失を出すことになります。

なのでまずはデモトレでしっかりルール作りをすることが大切です。

デモトレで作ったルールが有効なことがわかっても実践でトレードしないと訓練になりません。
訓練をしないといつまでたってもできません。
知っていても行動できないのであれば知っていないのと同じ事なのです。

デモトレはデモトレでしかなく、損も益も出ないので冷静にトレードできますが
実践のトレードでは損したり利益が出たりで冷静になれなくなりルールを破ってしまいます。
ルールを破らないようにするための訓練は実践のトレードでしかできません。

勝てる手法を理解している(ルールを持っている)のと
ルール通りに行動できることとの間にはとても大きな壁があります。(乗り越えてしまえば実は小さな壁)

いざ損得が絡むと感情がルールをどこかへ放ってしまいます。せっかくのルールもないのと同じ。
立派なルールも、感情をコントロールできなければ豚に真珠です。

デモトレで利益が出るなら早めに実践のトレードでリスクを取る訓練をして下さい。
最初は小さな小さなリスクでいいのです。

ヒトはリスクを避けるようにできています。
できるだけ安全に、無事に、危険のないように行動したいのです。

でもリスクを取るのがデイトレです。
ハイリスクハイリターン、ローリスクローリターンはあっても
ノーリスクハイリターン、ノーリスクローリターンはありません。

普通にリスクを避ける行動のままでは負けるトレーダーのままです。

リスクを避ける行動からリスクを取る行動に変化しないと勝てるトレーダーにはなれません。
すぐに行動が変えられるなら苦労はしません。
でも訓練すれば変えることが可能です。

小さなリスクでいいから少しずつ取っていきましょう。
ただしデモトレでも利益が出ない人はまだリスクを取ってはいけません。

長~いこともみ合った銘柄 鳥貴族

2015年10月29日

鳥貴族3193の10月28日大引け後のチャートです。

鳥貴族3193 前日日足チャート

長いこともみ合っていますね。こんな銘柄はいつ動き出すのかわからないので
見ているだけ時間の無駄です。

一度上がってからしばらくもみ合っているのは監視する価値があります。
上がったという事実があるので多くの人がしばらく監視しているからです。

ず~~~~~~っと長いこともみ合っているのは誰も見ていないので非効率です。

それなのになんでこんな銘柄を私が監視しているかと言えば、
以前好きでよくトレードしていてそのまま監視に入っていて、
取り敢えず毎日目を通していて、

昨日10月28日にバルニバービ3418という飲食店関係の銘柄が上場したのです。
だから飲食店ツナガリで鳥貴族ももしかして♪♪♪と期待して
28日に見ていたのです。

鳥貴族の板を見て下さい。

鳥貴族3193板

29日の引け後の板ですが、ま、いつもこんなもんです。

スカスカしているし私は100株しか買いません。
ところが1000株とか5000株とか買ってくる人がいるのです。
私はちょっと大きめの買いが入るとついていきます。

何かいいことあるかも♪と。

28日の午前中に大きめの買いが入り、チャートも日足チャートがMA25を上抜けそうなので
私も100株だけで追随しました。

ところが上抜けずに垂れました。5000株も買った人、どうするんだろ・・・・・?って。
私は100株だけなので適当に逃げました。

そして29日の5分足チャートです。

鳥貴族3193 5分足チャート

28日の午前中に大きな買いが入り、5分足も三角保ち合いが抜けているのがわかると思います。
でも抜けずに28日は失速しました。

29日はとても美しく始値ブレイク。のんびり銘柄なので始値ブレイクものんびり入れます。
28日に上場した飲食店関連のバルニバービは28日には失速しましたが、
29日には早い時間からストップ高に張り付き、そのまま張り付いていました。

なので鳥貴族も♪♪♪(膨らむ妄想♪)

ということで29日も喜んで始値ブレイクでエントリー。もちろんたった100株。

1日中順調に上げ続けていきました。
しっかり利益が取れたハズ・・・・・






ところがですね。

先物から、日経平均から、指数から、すべて午前中は下げ下げでしたので
とっとと逃げてしまったのです。

内需株は指数に逆行することも多く、なので私はこういう銘柄を好んでトレードしているのですが
やっぱり流れに逆らうのは怖い!

ということで微利益でした(TT)

リスクを取らねば利益はとれません。

鳥貴族3193 日足チャート2

デイトレのイメージ

2015年8月8日

1: コツコツと9連勝し、9000円取れた。
   しかしその後のトレードで-8000円の損切りをした。

ずっとこんな感じのトレードで、取り敢えず資金は増えている。
逆バリトレードに多いですね。

このような損大利小トレードでも10トレードで1000円取れる確率で続けるなら
資金は増えますね。

勝率は9勝1敗です。勝率も高いし、資金も増え続けますし、このまま続けたらいいですね。
(精神的にちょっときついですが)

2: 利益確定幅も損切り幅もほとんど一緒だけど、6勝4敗、または7勝3敗ぐらいの
   勝率をずっと保てる。

金利、貸株料、手数料などを引いても大丈夫なほどの利益確定幅、損切り幅があれば
これもこのまま続けたらいいですよね。

3: 勝率は3勝7敗、2勝8敗ぐらいだけど、一発で大逆転できる大きな利確確定が一定の確率である。
   4回ぐらい-1000円の損切りトレードになるけど、5回に1回ぐらいは10000円ぐらい
   取れるトレードがある。

これもこのまま続けたらいいですね。

あなたのトレードはどんな感じですか?

私のイメージは2か3です。

私の鉄板トレードは勝つ確率が高いのでエントリーしてプラスになる確率は高いです。
ほったらかして利益を伸ばすか、ほったらかして利益がなくなるかのどっちかです。

ほったらかすかどうするかは気分次第。気分次第のトレードは勝てないと言われますが
銘柄選択とエントリーポイントさえ正確であれば手仕舞いは気分次第でも勝てます。
私がそうしてきたのですから。

少額資金でトレードしていた頃は3でした。
朝エントリーしたら、下がったものだけを手仕舞いして、1日中ほったらかしです。
たまに5分足チャートをチェックするくらいで、その後のエントリーポイントを探す
ということもしませんでした。
なので、全てポジションがなくなった時点でゲームオーバーです。

最近、5分足チャートをよく見るようになって、エントリーポイントが朝だけではないことを
発見し、日中でもいろんなチャートをよく見るようになりました。

エントリーして寝ていられるは朝の早い時期にエントリーできた時だけです。
最初のエントリーポイントを逃し、2度めのチャンス、3度目のチャンスとなると
もう寝て利益を引っ張るということはできなくなります。

早い時期のエントリーはまだ確信が持てないためとてもリスクが高いように思われます。
でもこれはリスクが高いのではなく、心の不安感が強いだけです。
初動を捉えるということはとても不安感が強いのですが、リスクはとても低いのです。

初動を見逃し、上がったのを確認してから次のチャンスに入ることの方が初動で入るより
安心感がありますね。
でもそれは私達の都合で安心感が出るだけであってリスクは高まります。
早い時期のエントリーが一番リスクが低く、2番めのチャンス、3番めのチャンス・・・と
後になればなるほど、リスクは高くなります。
リスクが高いとは上がらないということです。上がらないばかりか、下がることもあります。

初動で入る、ということは不安だし、自信もないしで怖いですよね。

不安なまま行動するか、不安がなくなり安心感が出てから行動するか・・・、

なんとリスクは反比例。

素直に株価が動くスノーピーク

2015年6月26日

私の大好きな銘柄に、スノーピーク7816があります。

なんで好きのかというと、とても素直に株価が動き、とてもわかり易く、勝ちやすいからです。

日足チャートにエントリーポイントを緑の矢印で表示してみましたが、

スノーピーク7816 日足チャート

ね? 高値を抜けて行く日や、抵抗線を上抜けて行く時はキレイに長い陽線になっているでしょ?

株価があまり上下することなく、上がる時はスルスルスル~と上げてくれてとても楽なのです。

そして株価も私の好きな価格帯で昨日までは15000円程でした。(100株単位)
日足チャートの右の価格表示が4000円程になっていますが、株式分割です。

で、今日の5分足チャートですが・・・・・
こんな具合です。

スノーピーク チャート 板 分割後

分割前の価格と分割後の価格がごっちゃになっていて、5分足チャートは用を足しません。

月足、週足、ティックチャートはちゃんと分割後の価格表示になっているのですが
肝心の5分足チャートだけがこんな調子です。
おかげ様でエントリーできませんでした。

やっぱりどっか抜けています。松井くん・・・・。頑張ってくれ・・・・。

松井くんは置いておくとして、

銘柄は、素直に動くものや、わかりにくいものがありますね。
いろいろトレードしているうちに、あ、これはやりやすい、あ、これはやりにくいというのが
出てくると思います。

そんなやりやすいと感じる銘柄も少しずつ登録銘柄の中に増やしていくといいですね。

ついでにもうひとつ、今日トレードした銘柄です。

航空電子6807 5分足チャート

緑の矢印のところで追いかけて空売りです。3370円で1000株単位です。
ビビって同値撤退です。

オレンジ色の丸の出来高のところを見ると、ドドドッと売りが出たのがわかります。
私のイメージはドドドっと値が崩れるのを期待しました。
期待通り、ドドドッと売りがでたのですが、ドドドッと下がらず、下ヒゲで終わってしまいました。
下がると思われたところが下がらない ⇒ とっとと撤退です。
下ヒゲが出てしまった時点で撤退判断です。

・・・・・・と、なるはずでしたが、私の場合、私のリスク許容度を越えてしまっていました。
オレンジの丸の出来高が増えて下ヒゲが出る前にとっとと逃げていますっっっ(汗

航空電子6807 日足チャート

売りの根拠ですが、黄色のラインを引いて、このラインを割れてきたら売ろうと思いました。
日足のMA25も下抜けてきているので。
昨日も売り、今日も売りました。どちらもビビリ同値撤退です。

結局はレンジに戻ってしまいました。

3000円の銘柄で100株の場合、投資金額30万円ですが、私の場合、ちょっと損切りを失敗すると
1万円の損切りになってしまいます。(鈍臭くてよく損切り失敗する。)

ということは、
300万以上の航空電子の場合は10万円の損切りを覚悟しないといけないということになります。

そんな損切りは絶対イヤだし、航空電子の1ティックは5000円!
1ティック下がるだけで5000円のマイナス、それも受け入れられません。

自分のリスク許容度を上げようとたまに300万円超に突入してみるのですが、
まだまだこの金額は無理!ということを実感するのみです。

自分のリスク許容度を越えてのトレードは難しいです。
損切りも大きくしないといけませんが、どうしても浅くなってしまいます。
自分のリスク許容度を超えると、損切り貧乏になりやすくなります。

リスクを取れない日本人女性

2015年6月16日

ビビってなかなかリスクを取ることができず、多めの資金を投入したり、エントリーすることが
怖いと感じてしまうという主婦の方。

脳みその機能上、しょうがないようです。

アメリカ人より日本人の方が、リスクを避け、挑戦を好まず、不安を感じやすい、
男性より女性の方がリスクを避け、挑戦を好まず、不安を感じやすいということですので
日本人女性が一番トレードに向いてなさそうです。

トレードってずっとリスクを取り続ける作業ですからね。

ドーパミンやら、セロトニンなど、脳内物質の量によって不安に感じるか、リスクを好むかが違うそうです。

ドーパミンが多いと刺激を求め、セロトニンが少ないと不安を感じやすくなるそうな。

セロトニンの原料はトリプトファン、だからタンパク質をたくさん食べればいいのだ!
という単純なものでもなさそうです。

年齢とともにセロトニンの量は少なくなり、女性の方が男性よりもセロトニンが減りやすく
作られにくいようです。

日光をたくさん浴びて、運動もして、ビタミンやミネラルなど栄養もしっかり摂って、
もちろんタンパク質もたくさん摂って、ちょっとでもセロトニンを増やし、
不安感を少なくしてトレードすれば、余計なストレスを感じることなくトレードできるかな。

反対に、女性はリスクを避ける傾向があることから、ドカ~~~~ンと一発でやらかしてしまう
という可能性は少なそうです。

男性の方がリスクを取って急激に資金を増やす可能性が高い分、急激に資金を減らす可能性も高そうです。

傾向があるという話ですので、女性でもガンガンリスクを取れる人もいるし
男性でも超慎重という人もいます。

デイトレをはじめたからにはアメリカ人ちっくに大きなリスクを取れるようになりたい!!
でも大損はイヤ。・・・・・それではリスクは取れませんね^^;

どんな銘柄を持ち越す?持ち越していい銘柄と悪い銘柄

デイトレしていて利益が積み上がり引け前も強いと持ち越すことがあります。
日足チャートもチェックしているのでこのまま何日か上がっていく可能性もあるなあと考えて
持ち越します。
利益を伸ばすためです。

そして翌日の寄り付きで決済しますが、寄り付きの気配値が高ければさらに様子見したりと
適当にやっています。

損はできるだけ小さくなるようにしなければいけませんが
利益はできるだけ伸ばさなければなりません。

日足の後ろ盾もあるので株価が少々上下しようともじっとこらえて利益を伸ばすようにします。
でもがむしゃらに我慢するのではなくダメだと判断すべき時はスパッと手仕舞いします。

これも苦痛なんですよね。利益を減らしてから手仕舞いするのは。
上がった時に利益確定すると気持ちいいですが下がって利益が少なくなってから手仕舞いすると
気分はよくありません。
でもこうしないと利益を伸ばせないのです。

あら、また話がズレてしまいました。

持ち越すのは利益が積み上がっている銘柄で、日足がいい銘柄です。
日足がいい銘柄とは例えば三角保ち合いを上放れたばっかりとか
下値支持線で反発しだしたとか、そんな感じの銘柄です。

やってはいけない持ち越しは損切りをすべきところを損切りせずに持ち越すという事です。
これは絶対やってはいけません。

デイトレはその日に決済してしまうのでリスクが少なくてすみます。
損失はリスクにさらしてはいけません。利益はリスクにさらして伸ばさなければなりません。

持ち越しにはリスクが伴います。
いきなり良いニュースや悪いニュースが出て翌日にストップ高やストップ安になって
寄り付かずに決済売りをしたくても売れず、決済買いをしたくても買えないことがあります。

買っていてストップ安になってしまっても最悪はその株価の金額だけです。
20万の株が0円になってしまっても損失額は最大で20万円です。

ところが空売りをしていて連日ストップ高になって買い戻せなかったら・・・・・・。
想像しただけで腰が抜けそうです。

こんなことを考えているので私は空売りの持ち越しをしません。

不安を感じやすい主婦

先日テレビで見たのですが男性と女性の脳の違いについてです。

女性は女性ホルモンの影響でセロトニンという物質の分泌が少ないのだそうです。
セロトニンは別名幸福ホルモンと呼ばれ幸福感をもたらすホルモンです。

男性の方がセロトニンが多いため楽観的で
女性はセロトニンが少なく不安になりやすいということでした。

この番組を見て私がリスクを取るのが不安なのも納得。
デイトレでも低リスクでコツコツ増やすというのが合っているのでしょう。

例えば資金が30万円あるとします。
次の月にはそれが33万円になりその次の月には38万円になりその次の月には41万になり・・・・、
と、少しずつでも増えるならストレスもなくトレードを続けていけます。

ところがハイリスクトレードだと
30万の資金が次の月には50万円になり、次の月には25万円になり、その次の月には51万円になり・・・・、
と、こんな感じになり
マイナス月の精神状態はとてもストレスフルなものになっていることでしょう。

結果的にはハイリスクトレードの方が早く資金を増やすことができますが
その間の資金を減らしてしまう時期を耐えられるかどうかです。

私は耐えられないでしょう。とても不安になってしまいます。
長くデイトレを続けるならできるだけストレスがない方がいいです。
ストレスは病気のもとですから。

ちなみにセロトニンを増やすには朝しっかりと太陽の光をあびることが効果的のようです。

今日はちょっとリスクを取って頑張りたいぞという時は
タップリと朝日を浴びてからトレードをはじめるといいかもしれませんね。

低リスクでデイトレをする

たいていの家庭では旦那さんが外で稼ぎ主婦は家庭を守ります。
(そうでないご家庭ももちろんあります。)

デイトレをする時、主婦(女性)の方が守りが固いように思います。
傾向としてリスクを好まないという意味ですが、
リスクを取らない分利益が少ないですが、損をする金額の少ないです。
お小遣い程度なら気負うことなくデイトレで稼げる可能性があります。

一度に大量の資金を投下するのは男性の方が多いように思います。
大量の資金を投下するということは利益も大きいですが損切り額も大きくなります。
どっと資産を増やしたり減らしたりが激しいですね。
傾向としてそのように感じます。

ちゃんとデイトレのやり方さえおぼえてしまえばコツコツと堅実に資産を増やせます。
大きな金額が増えたり減ったりするのは精神的に辛いものがあります。
コツコツと増やしていく方が気持ちも楽です。

ちなみに日本人は外国人に比べてリスクを好まない民族らしいです。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末