ライブスター証券と松井証券の便利なアラート機能の使い方

2015年4月7日

アラート機能は価格が目標の価格に達したら音で知らせてくれる便利な機能です。

アラートをセットしておくとエントリーチャンスに気づくことができます。

いままで岡三オンライン証券を使っている時
アラート機能を使う時は一覧に銘柄を登録して価格をセットしていましたが、
ライブスター証券や松井証券はチャートに直接アラートをセットすることができ、慣れるとこちらの方が便利に思います。

アラートのセットも簡単です。変更も簡単です。

DMP5分足チャート

黄色のマルで囲ったベルのマークがアラート機能でこのベルをクリックすると
レジスタンスライン(赤)、サポートライン(青)を引くことができます。

赤のレジスタンスラインを引いてみました。

DMP5分足チャートレジスタンスライン

ちょっと右肩下がりの赤いラインがレジスタンスラインです。
このラインを価格が上抜ける時に音でお知らせしてくれます。ライブスター証券のライブスターRの場合、
ピアノの音がポロンと鳴ります。(デフォルト設定)

価格がポイントを上抜けると上昇に勢いがついてしまうことが多いので
レジスタンスラインはちょっと下目にひいておくのがいいですよ。

松井証券のネットストック・ハイスピードもライブスターRと同じチャートですので
同じようにベルのマークをクリックしてアラート機能を使うことができます。
チャートの機能は松井証券の方が若干多いようです。アラートの音はまだ使っていないので聞いていません。

アラート機能のレジスタンスラインを引いておけば寝ていても音で起こしてくれるのでとても便利です。
サポートラインは押し目買いをしたい時や損切りをする時に便利です。

逆指値でなく自分で下がったのを確認して損切りしたい時や
ポイントに押し目買いの指値を入れておくのではなく、ポイントまで下がってその後の値動きを確認してから
押し目買いをしたいという時に便利です。

画像のDMPチャートは日中の5分足チャートに赤いレジスタンスラインを引いてますが
寄り付き前の日足チャートでもみ合いが上抜けそうなチャートをみつけたら、寄り付き前にチャートに適当に
上抜けそうな辺りにアラートのライン(レジスタンスライン)を引いておきます。

すると上抜けた銘柄(レジスタンスラインを上抜け高く寄り付いた銘柄)がすぐにわかるのです。

私は欲張ってたくさんのチャートにアラームのラインを引いているので寄り付き後は一斉にアラームが鳴ると
アワワワワ。。。。となってしまい結局全部取り逃がした!なんてこともよくあります。
ならそんなにセットするなという話ですがセットしても鳴らない時はならなし、鳴る時はまとめて来るしで困ります。

アラート機能はたくさんのチャートにセットしてもいいですが朝狙う銘柄はある程度絞った方がいいです。

エントリーポイントや決済ポイントを教えてくれる便利なアラート機能

アラート機能はとても便利です。価格がエントリーポイントに接近してきた時や決済ポイントに接近してきた時に
音でお知らせしてくれます。

ライブスター証券のライブスターRのアラートはチャートにラインを引くタイプです。
たくさんの銘柄にアラートをセットしたい時はその分のチャートを表示させなければいけないので
それなりのモニター数が必要になります。チャートをタブ化したり画面を重ねると探すのに時間がかかりタイミングを逃します。
アラートの価格を変更する時はラインをドラッグしてズラせばいいだけですので手軽にできます。

岡三ネット証券のネットトレーダープレミアムは銘柄を一覧にして価格を設定するタイプです。
チャートを表示させなくていいいので場所をとりません。タイミングも逃しにくいです。
アラート価格を変更するときにはちょっと面倒です。

朝の9時前にネットトレーダーでたくさんのアラートをセットし、9時に一斉にアラートが鳴ると
ツールが落ちてしまうことがあります。たぶん我が家のパソコンのキャパ不足なのだと思いますが。
欲張ってあっちもこっちもアラートをたくさんセットするとツールが落ちて全部逃すという切ないことになります。
朝からいっきにやる気をなくします。

そんなにたくさんの銘柄にアラートを設定してもトレードしきれないのにね。(T▽T)

ネットトレーダーはアラート機能の他に逆指値もアラート代わりに使うことができます。
逆指値を入れても証券会社に発注されないのでいくらでも取り消しができます。
逆指値の確認画面が表示されることで目でも価格がポイントに来たことを確認することができます。

ネットトレーダーではアラート機能とともに逆指値をエントリーポイントや決済ポイントのお知らせ用に使っていたので
とても便利でしたが、ライブスターRは逆指値注文をいれるとそのまま証券会社に発注されてしまうので
頻繁に発注したり注文を取り消していたりしたらまずい!ということで逆指値を使っていません。
アラート機能だけになってしまいました。

アラート機能は寝ていても音で起こしてくれて便利なのですが寝ぼけているとメッセージも音もすぐに消えてしまうので
どの銘柄がチャンスなのかわからなくてチャンスを逃してしまうことがあります。
トイレに行っている時にアラート音が鳴ってしまうと気づけません。

ネットトレーダーで
逆指値をいれて確認画面が出てくるとその画面がずっと残るのでどの銘柄の価格が注目ポイントに来たのかが
わかります。

アラート機能とツール内だけの逆指値があると心強いです。

ライブスター証券で信用取引をしてみようと思います

手数料無料に惹かれてライブスター証券で信用取引口座を開設しました。
(今まで現物取引のみで利用していました。)

ライブスターRというツールをインストールしてみましたが
デスクトップからツールを起動させてログインができません。いちいちウェブでログインしてからツールを起ち上げないといけません。ちょっと面倒です。

それに監視銘柄に登録するのが面倒です。ドラッグで引っ張ってくることができずいちいちコードを入力しないといけません。ちょっと面倒です。
好きな銘柄や何日か監視したい銘柄を個別に登録するのも面倒です。
もともと業種別で銘柄が登録されていますがコレ全部毎日チェックするわけにはいかないし
登録の順番も変えられない。使い慣れないとかなり不便そうです。

このライブスターRでデイトレすると必ず下調べした銘柄のみをトレードするようになって戦績がよくなるかも?!
なんて思ったりもします。

下調べした銘柄よりもつい自分の好きな銘柄をトレードしがちなのでちょっとその辺は結果が面白そうです。

ランキングが業種別で見られるので便利なのと業種別指数一覧というのがあるのでどの業種が活況なのかがわかって便利です。
業種別指数一覧は以前使っていたツールで使用していたのですが現在使用している岡三ネットトレーダープレミアムにはないのです。
この一覧で活況なところを見てその業種でトレードしたりもしました。やることがなかったら使えます。

でも悲しいことにマザーズのランキングやジャスダックのランキングがないのです。
マザーズやジャスダックを好んでトレードしているのでこれも残念。

出来高急増ランキングや株価急騰ランキングは全業種まとめてのランキングしかなく業種別はありません。

チャートの色もバックが黒のまま変更することがでいないようです。スピード注文画面は色が2色から選べるのですが・・・・。
岡三ネットトレーダープレミアムは4色から選べるのがよかったです。黒はあまり好きではないので。

分析チャートはたくさん出せるのですが小さいチャートがありません。分析するほどではなくちょっと表示させておきたい時にこれも不便です。

分析チャートのローソク足が細くならず、もっと長期の日足を見ようと思ったらチャートをビロ~ンと横へ
引き伸ばさないと見ることができません。面倒なので引き伸ばしたチャートを表示させていると他の表示させたいものが
表示できずちょっと困ります。でも余計なチャートを表示できないので無駄トレードが減るかもしれません。

それから一番残念なのは登録銘柄がチャート表示に切り替わらないことです。これは痛い!
銘柄にコードがついていないし、別途ライブスター株価ボード(チャートボード)を表示させて登録しないといけません。不便です。

慣れなので不便が多いです。しばらく使ってみるとよいところがわかってくると思いますので使ってみます。

トレード画面がうまく整理できずシッチャカメッチャカです。

アラームや約定音などが試し聞きできないのでトレードするまでどんな音が出るか恐怖です。

それから便利そうだと思ったのはチャートにラインを引いてそれを株価が超えてきたことを知らせるアラームがあるようです。
岡三ネットトレーダープレミアムは価格をいくらと設定してアラームをセットしていましたが
ライブスターRではチャートで簡単にできます。でもアラームの価格を設定し直したり、ラインを引き直しするのが面倒そうですが使ってみないと便利さがわかりません。

まだまだよくわからないし
慣れたらそれなりのトレードをするようになるのでとりあえずチャレンジです。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末