利益を引っ張りすぎてもダメ

2016年2月27日

利益はどんどん引っ張りましょうと言われますが
過ぎたるは及ばざるが如しという言葉もあります。(ん?ちょっと違うか。)
ただ引っ張りゃいいってもんじゃありません。

私は利益確定をしません。特に大きな損切りトレードの後はますます利益確定をしません。

損失→取り戻してやるぅ!

すっかりこの感情に取り憑かれています。

感情に支配された思考や判断はデイトレではいい結果には繋がりません。

なので、しっかりルールを作ってルールを守る、ということがデイトレーダーを守ってくれる
たったひとつの方法になります。

私はエントリールールも守り、損切りルールも守ります。
でも利益確定のためのルールは超適当です。
守ってくれるルールを明確に作っていません。
なので感情が入るとたいがい悲しい結果になります。

モルフォの日足チャートです。

モルフォ3653 前日

このチャートを見てどんなことを考えますか?

私が考えたのはラインを1本引きまして

モルフォ3653 前日ライン

高値を切り下げてきて、安値も切り下げてきて一応下降トレンドです。
ですが、黄色のライン(上値抵抗線)を上抜けてきたらブレイクですよね?

この黄色のラインの上で寄付いたら始値ブレイクで買おうかな~♪
ここ2~3日モジモジしているし楽しみだな~♪
この黄色のラインの下で寄付いたら戻り売りの位置かな~♪
でも私は逆張り屋さんじゃないので、下で寄付いたらスルーしよ~っと♪

で当日の日足チャートですが

モルフォ当日ライン

寄り付きの位置はちょうどラインの辺りで微妙~です。
ローソク足の状態から、上がって下げたということがわかりますね。

そして5分足チャートです。

モルフォ5分足チャート

このチャートを見てどこで買いエントリーをしますが?
できてしまったチャートを見ると一目瞭然ですが^^;

モルフォ5分足チャートポイント

寄り付きの位置が上値抵抗線をブレイクしているんだかしていないんだか微妙~なのですが、
この銘柄は元気な時は元気になるので、一旦下って上げてくるなら、よし!下げないということで
始値ブレイクで買いエントリー・・・・・するも失速して一旦退却。
その後も何度も買いエントリーしては退却。
(このさっさと退却してしまう即逃げ癖は松井さんが手数料無料だからです。変な癖がついてしまいました。)

そして麗しい三角保ち合いが出来上がりました。
喜んで三角保ち合い上放れで買いエントリーです。

で、見ていると5分足が確定する前にビビリトレードになるので寝ます。

で、利益確定はどうするのよ?

私はよく利益を放置していて損切りになるまで引っ張り、後悔します。
なので一応1000円ぐらいはもらっとく、というルールを作りました。^^
含み益が出たら、損切りにせずに利益確定をしましょうということです。

モルフォはいい調子で上げていくので、私の頭はストップ高貼り付きのイメージでいっぱいです。
たいがいおめでたい頭です。

このトレードの前に損切りをしているので、ガッポリ取ってやるっ!と感情むき出し状態です。

冷静な時は
矢印Aの上髭が出た時点で諦める
矢印Bの高値が上抜けないで下げだしたところで諦める
矢印CのMA25を下抜けちゃったところで諦める

などポイントのどこかで判断しますが、
感情丸出しの私は、「ええ~い、1000円になるまで勝負じゃっ!」とか言ってます。
そしたらしっかり矢印Dのあたりで1000円いただくことになりました。

利益はいくら引っ張っていてもいいという先入観がある。
高値を見た後は、どうかお願いもう一度高値まで戻って(-人-)という気持ちがある。
ショボイ利益なんかいらね~わ~っ!と投げやりになる。

これが利益確定できない原因の気持ちなんです。

下って下って、もうダメのところでやっと手仕舞いする・・・・・これって何かに似てませんか?

そうです。損切りです。

お願い戻ってと祈りながら下げて下げて、もうどうしようもないところで観念して泣きながら損切りをする。
上記の私のやっていることはとても似てますね。似ているどころかまったく同じです。

カッカカッカしてたり、やる気満々になっている時はチャートを見る目がおかしくなるし、判断もおかしくなります。
なのでシンプルなルールを作って守ることが大事なのです。

例えば、何%上げたら利益確定するとか、最高含み益から何%下ったら利益確定するとか
そういったシンプルなルールを作って守る方が守りやすいですね。

腹が立っているチャートを見て、AだのBだのCだの・・・・冷静に判断できますか?
判断できても余計な願望や希望を持たずに冷静に行動できますか?

エントリールールも損切りルールも利益確定ルールも、だからシンプルな方がいいのです。

もっとも腹が立っている時はシンプルだろうがなんだろうが破りがちになるのでトレードをお休みした方がいいです。
シンプルなルールも守れない状態なのに複雑なルールなんてますます守れるわけがない。

でも1000円はちょ~だいする、というシンプルなルールだけは守るんです。^^

チャンスだけをじっと待つ

2015年6月30日

寄り付きがすごく下がっている。

すごく下がっているんだから、上がるんじゃないの?

すごく下がって寄り付いた銘柄が上がっていったら買いチャンスじゃないの?

なんだか値動きが激しくてあっちもこっちもチャンスに見えるぞ。

さてさて、どうしよう・・・・・。

・・・・・なんて迷っているあなたは負けトレーダーの素質十分です。

上値抵抗線を上抜けたら買う! 下値支持線を下抜けたら売る!
と決めたのではありませんか?

上昇していて三角保ち合いを作り、上放れた時に買うのではなかったですか?

じゃあ、すんごく下がっている日はチャンスですか?
毎日頭の中で思い描いているチャンスの日と同じですか?

株価の動きに惑わされないようにして下さいね。
やるべき事を決めたら、やるべき事をやるべき時にやる!ということだけに
集中しましょう。

たとえ低く寄り付いて、結果的に大きな陽線になって
「買っときゃよかった~~~!!」と後悔しても、
ノートレードで正解です。

日足チャートがわからない、思い描いたようなチャートになっていないなら
トレードをしないのが正解です。

どれだけ悔しいと感じても余計なトレードをしてはいけません。

チャンスはちゃんと用意して待っていれば必ずやってきます。
チャンスの日にだけ行動すればいいのです。

余計なトレードをしてはいけません。

余計なトレードをどれだけ減らすことができるか、ということも
正確なトレードをすることとともに、とても大切なことです。

昨日も今日も、日足チャートをチェックしてもほとんどチャンスをみつけられませんでした。

以下の日足チャートを見て下さい。モルフォ3653です。

モルフォ 日足チャート

赤いラインを引いています。

1で、上値抵抗線(ちょっと突き出ていますが)になっていて
2、3で下値支持線になっています。

こりゃ、売れるかなと。

モルフォ 5分足チャート

真ん中ぐらいが6月30日、今日の寄り付きですが、昨日の終値より低く寄り付いてから上げています。
後場までじっと我慢強くチャンスをうかがっていました。

MA25に頭を押さえられ、もみ合って値動きが小さくなり、ついにこらえ切れなくなり・・・。
あ~~~~れ~~~~・・・・。
そんな感じで垂れていきました。

日足を見てもわかりやすく、5分足を見てもわかりやすいですね。
5分足チャートは無理矢理見れば、三角保ち合い下放れです。

ほとんどチャンスが見当たらない中、やっと来た売りチャンス。
喜んで売りエントリーしました!!!

が、まさかのビビり決済で微利益(T▽T)

情けなし!

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末