懐かしの岡三オンライン証券のネットトレーダープレミアム

2016年3月10日

1年ぶりに使ったネットトレーダープレミアムは使い方をすっかり忘れてました。

登録銘柄はそのまま残っていました。ありがたいことです。(T▽T)

ネットトレーダープレミアムを再インストールしても登録銘柄は残っています。
私はパソコンも換えたのですがそれでも登録銘柄はそのままです。うれし~です。
最初から登録銘柄を作りなおす必要がなかったです。

岡三オンライン証券から信用取引口座開設の案内が来るので
ああ、以前使っていた信用取引口座は閉鎖されちゃったんだな、と思っていましたがちゃんとありました。
また勘違いでした。(汗
信用取引口座開設の案内も勘違いだったかもしれません。
いつぞやのコメントでもしっかり勘違いコメントしていますし。反省m(__)m

もともとネットトレーダープレミアムは気に入っていましたが、使ってみるとやはり快適です。
何が嬉しいって

1: 利益が伸びている銘柄をそのまま持ち越しできること。
2: チャートチェックが楽ちん。ザラ場中でもたくさんの銘柄の5分足チャートを効率よく見ることができること。
   (監視銘柄をどんどん入れ替えることができる)
3: アラートが無制限に手軽にセットできること
4: 寄付き直前ギリギリまで板(気配値)チェックができること

この4点♪

1の持ち越し出来る点ですが
私のデイトレスタイルはスイングでもエントリーしたくなるポイントでデイトレすることで
利が伸びれば2~3日はホールドしていたいところです。(長くても翌日寄付きには手仕舞いですが(汗)
デイトレでも利益はできるだけ引っ張りたいものです。気楽に持ち越せるのはやはりありがたです。

2の5分足チャートをたくさん見ることが出来る点ですが、
無駄トレード削減に役立ちます(笑

クリックすると拡大します。(ハズ・・・)

株価ボードチャート一覧

トレード時間中にいろんな銘柄の5分足チャート一覧(2日分でも3日分でも切り替え可)をストレスなく見ることができます。

例えば、今日のトレード用に選んだ銘柄がどれも条件を満たさず、トレードする機会がない時でも
登録銘柄やランキングからシングルクリックで簡単に5分足チャートを個別に見られるし、
1分急騰銘柄もマザーズ、ジャスダックに分けてもたくさんの銘柄を見ることができます。

急騰マザーズ

暇な日でも、朝みつけることができなかった銘柄を場が始まった後にみつけることができます。
暇つぶしがあるので朝選んだ銘柄に執着しなくてすみます。(← ここ、私にはすごく重要)

条件が整わなかったのにそのまま朝選択したチャートを見ていると、余計なことをしがちです。
特にやることない時など5分足チャートが良くないのに無理矢理にでもトレードをしようとしてしまいます。
ネットトレーダープレミアムで5分足チャートの一覧を見ていると、そんな焦った気持ちになることがありません。

あ、いや、ほんとうはどんな環境でも自制心を持ってトレードすることが必要です。
でもツールや環境が助けてくれるならより楽に問題をクリアできます。

実際に私も自制心がなくなる時があり(生理前など)、やることがないとアチャコチャと
日足がいいわけでもない銘柄で余計なトレードをしてしまうことがあります。
やることがないとほんとストレスですし、焦ります。

特に日経平均が上げ上げ、マザーズ指数も上げ上げ、なのに自分の当日選んだ銘柄が動かない・・・・・、
そんな時
ええ~~い、いったいどこが動いているのよ~~>< ととても気持ちが焦ります。
焦るとろくなことはしません。
チャンスでもないところがチャンスに見えたり、日足がよくない銘柄で無理矢理トレードしようとしたり。

焦らないように自分で自分をコントロールできることが一番です。
でもツールや環境が助けてくれるなら・・・・それはそれでありがたく頂戴しておきます。^^

助けてくれるというより、焦る気持ちが起きません。
私の欠点を補って(隠して)くれてありがとうです。

銘柄はシングルクリックでも↓キー(PGDNキー)でも連結チャートにパッパッと表示されます。 

ワンクリック(ワンプッシュ?)でスムーズに連結チャートに表示されるので、ひとつひとつチャートをチェックしてもストレスになりません。
最近、朝の銘柄を選択するときに一覧チャートで適当にするようになってしまって反省したので
岡三で下調べがしやすくなっていてよかったです。
横着せずに大きな分析チャートでしっかり日足はチェックしなくちゃいけませんね。
小さな一覧チャートは見落とすし、変なチャートも入れてしまうし。

寄り付き前のチャートチェックも、ザラ場中のチャートチェックも手軽にできるのが一番嬉しいですね♪

3のアラート機能ですが
しばらくチャートにラインを入れるタイプのアラートを使用していて、その便利さも感じていたのですが
チャートにラインを入れるタイプのアラートは、チャートを表示させていなければなりません。
チャート表示枚数が限られているのでアラートをセットする銘柄数も限られてしまいます。

その点ネットトレーダープレミアムはチャートを表示させる必要はありません。
アラートが鳴るとアラート設定画面に「達成」と表示が出るので
朝に一斉にアラートが鳴ってしまってもどれが鳴ったのか後からゆっくり確認できます。
(ゆっくりしてちゃいけませんが)
チャートにラインのアラートは一斉に鳴る寄付きなどは、どの銘柄が鳴ったのかパニックになります。(TT)

アラート

それから私が便利に使っているのは逆指値をアラート代わりに使うことです。
朝の銘柄チェックの時に、約定数が少ないけどチャートが気になる「もしかして~の銘柄」をみつけます。
「もしかして~の銘柄」でも一応スピード発注画面で逆指値を入れておけばアラート代わりになります。
アラートをセットするほど気になるわけでもないけど「もしかして~」の銘柄も逃しません(笑
確認画面はアリにしておかなければなりませんが、
ネットトレーダープレミアムで逆指値を入れてもツールの中での注文なので、実際にはまだ発注はされていません。
逆指値の確認画面が出ることで価格が達したことがわかります。

とにかくいろいろ逆指値を入れておくと「え、こんな銘柄が強くなりだした?」と以外な銘柄のチャンスを拾えたりします。
私はこの逆指値を一番便利に使っているかもしれません。
アラートをセットしなくても、スピード発注画面で注文入れるだけの手軽さですから。

ですが、確認画面をアリにしておくと
注文すれば「下記の内容でよろしければ注文ボタンを押して下さい。」と確認画面が出ますし、
注文を確定すれば「ご注文を受付いたしました。」とまたご丁寧に確認画面が出て、いちいち消すのが面倒くさいです。

それでも1日中ホールドできるような銘柄を!とデイトレすればメリットの方がたくさんです(*^^*)

4の板チェックですが
SBI証券もそうですが、株価ボードを一斉にチャートにしたり板にしたりできるのは助かります。
寄付き直前まで気配値をチェックすることができます。
気配値に赤と青の色がついていて、前日より高く寄り付くのか、低く寄り付くのかパッと見でわかります。

株価ボード気配値一覧

気配値は寄付き直前で変わってしまうものも多く、狙っていたのにガッカリしたりします。
板の一覧が見られるのはほんとに便利です。
他社ツールを併用する必要がありません。

一覧で寄付き直前ギリギリまで板をチェックすることができますし、逆指値でまさかこの銘柄?!に備えることができるので
助かっています。

松井さんは注文がとてもスピーディーにできます。
注文したり、取り消したり、訂正したりが素早く出来るため
スキャルピングにはとてもいいと思います。

実際、私も以前は瞬間芸的なトレード、例えばエントリーして数秒で手仕舞いしてしまうような
トレードはしていなかったのですが、松井さんでトレードするようになって瞬間芸をよくするようになり
知らず知らずのうちに全体的にトレードの時間(エントリーしてから手仕舞うまでの時間)も短くなっていました。

以前の岡三ではポジションを保有したら午後まで引っ張ることが多かったですが、
松井さんでは午前中に手仕舞いしてしまって後場することない、という具合です。

久々に岡三オンライン証券でトレードしてみて、松井さんの注文時の俊敏さを実感しました。
俊敏なお陰で瞬間芸的なトレードもできたし、動きの早い銘柄もトレードすることができました。

岡三オンライン証券は注文確認画面がのんびりしているので瞬間芸をする気もなくなります。
もうポジション持ったら自然にほっときたくなります。
チマチマしたトレードをする気がなくなります。

朝ポジション持ったら1日中ほったらかし、うまいこといったら持ち越ししとこかぁ~という感じです。

そうそう、私のリズムはずっと何年もこんな感じでのんびりやっていたのです。

ところが俊敏な松井さんと出会い、すっかり私もせっかちになってしまい、
同じ銘柄で出たり入ったりを繰り返すようになったのです。
手数料無料なのでますます調子こいて、抵抗なく出たり入ったりを繰り返します。
長くホールドするトレードが少なくなってしまったのです。(← 松井さんのせいにすんなっ!(-“-;)

出たり入ったりするのはタイミングが合えばよいのですが、タイミングがズレ出すと最悪です。
高値で買っては押し目で損切りしたり安値で売っては戻りで損切りしたりと、やることなすこと裏目裏目です。
チョコマカとトレードしているとそんなことも少なくありません。
朝ポジション持って1日ホールドするスタイルならタイミングが少しぐらいズレてもどうってことありません。
細い損切りトレードも減ります。

決断するのが嫌いな私にピッタリです。
エントリーの決断だけすれば後は放置ですから^^
もちろん損切りの決断はしょーがないのでやります。

一日ホールドできるような銘柄を一日ホールドできるタイミングで仕込むこと!
これに集中しやすくなります。^^

仕込みをして放置!   これが楽ちん♪

岡三オンライン証券

松井証券 ネットストック・ハイスピードのツール画面 メイン画面です

2015年4月12日

ライブスター証券で新規口座開設で2ヶ月間手数料が無料になること
松井証券の1日信用取引が手数料が無料であること
SMBC日興証券の信用取引が手数料が無料であることをブログを読んで下さる方から教えていただきました。

ありがとうございました。

お陰様でライブスターや松井証券でトレードして手数料無料のありがたみをヒシヒシと感じておりますm(__)m

ライブスターRを使って1ヶ月半、やっと慣れてきてトレードもスムーズにできるようになりましたが
松井証券の1日信用取引を試すためネットストック・ハイスピードを試しています。

ツールごとに操作がいろいろと違うため使い始めは戸惑います。

岡三オンライン証券からライブスター証券へ変えた時はチャートから何から全部違うのでかなりストレスでしたが
ライブスターから松井証券へは似ているところも多いので早く慣れそうです。

以下が松井証券のネットストック・ハイスピードのツール画面です。

ネットストック・ハイスピード ツール画面2

ちょっと真ん中拡大

ネットストック・ハイスピード拡大

真ん中のメインモニターの画像です。
モニターは3枚使用していて、右と左のモニターはチャートとミニ価格表(板)のみをたくさん表示しています。

5分足と日足、週足を連結したのが1セットあるだけで後はメインモニターの左の3セットのように
チャートと板を並べています。

ネットストック・ハイスピードのチャートとライブスターRのチャートはほぼ同じなのですが
ネットストック・ハイスピードのチャートはサイズを小さくできるのでたくさん表示できて便利です。
ミニ価格表(板)も小さいサイズがあるので便利です。

メインモニターの真ん中にある株価ボードですが、最初銘柄をダブルクリックしてもスピード注文画面が切り換わらず
問い合わせをしたところ、なんとも以外な回答を下さいました。
銘柄をダブルクリックしてもダメなのですが
銘柄以外の部分(銘柄コードや時刻、現在値、騰落率・・・・など)をダブルクリックすると
スピード注文画面の銘柄が切り換わるのです。  ビックリです。

岡三オンライン証券で愛用していてライブスター証券になかった急騰ランキングですが
松井証券には急騰急落分析という急騰ランキングに似たものがあるのでやった~~♪と思いましたが
急騰1分前や急騰3分前、急騰5分前などを見てもあまり銘柄が表示されないのです。
岡三オンライン証券のネットトレーダープレミアムはズラッと銘柄が出てくるので暇つぶしには便利でした。

私はチャートを見てエントリーポイントを探すので、こりゃチャンスだ!と思った時に
チャートから銘柄をドラッグしてスピード注文画面の銘柄を切り換えたいのですが
ライブスターも松井証券もできません。板からならドラッグできます。
ライブスターはその代わりにチャートを右クリックするとスピード注文画面を出すことができたので便利でした。
松井証券はどうやっても画面からは無理なのでチャートの横に必ずミニ価格表(板)を表示させ
ミニ価格表(板)から銘柄をスピード注文画面へドラッグしています。どっちからドラッグしてもいいのですが
画面が限られているためミニ価格表(板)を出すとチャートの表示画面数が少なくなってしまいます。

岡三オンライン証券のネットトレーダープレミアムは有料です。
といっても初月に980円を払い、
その後は月に480円以上のトレード手数料を使えば(ちょっとだけトレードすれば)ずっと無料で使えます。

やはり有料だけあって(はじめだけなんですが^^;)使い勝手はとてもいいです。
ちっちゃなチャートをたくさん表示でき、そこからドラッグでスピード注文画面へ持っていけるのもうれしいですが
株価ボードがセットになっていることが一番大きいでしょうか。

ライブスターRやネットストック・ハイスピードも株価ボードはあるのですが銘柄登録表示のみです。
岡三オンライン証券のネットトレーダープレミアムは株価ボードがあり、クリックひとつで
登録銘柄のチャートがズラッと表示できたり、気配値にできたり、他の情報を出すことができます。
この便利さに慣れていたためライブスターや松井証券のツールに手こずっていたのです。
(もちろんライブスターや松井証券にも便利機能はたくさんあります。)

松井証券もウェブ画面から情報検索 ⇒ 株価ボードを起動させツールと同時にみていますが
(情報検索の株価ボードとネットストック・ハイスピードの株価ボードは別物です。)
株価ボードの5分足は終値を結んだラインです。

松井証券株価ボード2

5分足のローソク足を見ることができないので、これだけではチャート判断が難しいです。
この株価ボードからスピード注文画面に銘柄をドラッグできるなんてことはもちろんありません。
ライブスターも同じような株価ボードですが松井証券の方がたくさん登録できます。

松井証券ネットストック・ハイスピードは他のソフトを起ち上げていてツールをクリックしても
他のソフトの邪魔をしません。
なので情報検索の株価ボードを表示させて他の部分でツールをクリックしても株価ボードがツールの後ろに
隠れることがないのは便利です。
ライブスターRはクリックするろ株価ボードを後ろへ追いやってしまいます。(ツールと株価ボードを重ねているので)

あれだけ苦手だった黒いライブスターRの画面もやはり慣れるもので
今度は松井証券ネットストック・ハイスピードの白い画面が見づらいです。
なんて自分勝手なのでしょうね~^^;
設定して変えられるのですが慣れることはわかっていますし、設定のし直しが多くて面倒くさいです。
文句ばかり言っています。

慣れればネットストック・ハイスピード最高!とか言っているかもしれません。
まだぜんぜん慣れていません。

なんといっても手数料無料はありがたいです。

それに松井証券では特別な手数料を払えば普通はあまり空売りできない銘柄(新興市場銘柄とか)でも
空売りできるのです。
特別な空売り手数料は価格の1%なのでしっかり利益幅を取らないといけませんし
損切りした時はかなりグサッときそうです。
新興市場銘柄は落ちる時は激しいですからそのうちチャレンジしてみたいです。
今はやりませんが今後下げ相場になった時を楽しみに・・・・・。
いやいや、そんな事(下げ下げ相場)を楽しみにしていてはいかんのですが・・・・・。

ツール内だけの逆指値と証券会社に発注される逆指値

ライブスター証券のライブスターRというデイトレツールを使ってみて
逆指値を入れたら証券会社へ注文が通っていてびっくりしました。

逆指値注文を入れたのだから注文が通っていて当たり前でしょ!と思われるかもしれませんが

岡三証券のネットトレーダープレミアムで逆指値を入れても
その逆指値ははツール内だけの逆指値で証券会社には発注されません。
逆指値にヒットしてはじめて発注されます。

ライブスター証券のライブスターRの場合
決済の逆指値を入れた後、気が変わって今すぐ決済したいという時は
入れていた逆指値を取り消してから新しい決済注文を入れなければなりません。
今までの逆指値を取り消すという一手間がかかります。
今すぐ決済したいとクリックしても逆指値を入れていたために注文できず焦ることがあります。

岡三ネット証券のネットトレーダープレミアムの場合
決済の逆指値を入れた後、気が変わって今すぐ決済したいという時は
そのまま決済注文ができます。決済した後に逆指値にかかっても
決済するものがないという旨のメッセージが出るだけです。
逆指値は放ったらかしにしていても発注されません。
(確認画面は省略していません。)

ライブスターRを終了しても発注した逆指値は有効ですがネットトレーダーを終了したら
入れておいた逆指値注文は無効になります。

以前にネットトレーダーで注文し、決済の逆指値を入れてパソコン切って出かけたことがありました。
ネットトレーダーを終了してパソコンを切ってしまったので逆指値は無効になっています。

無効になってしまうことを知らずに出かけて、帰って来てポジションを見てみると決済されているはずのポジションが保有されたまま。
ツール内だけの注文ですから当たり前ですが知らないとはいえ冷汗もんでした。
幸い大事には至りませんでしたが、もし何かのニュースなどで暴落してたらと思うと真っ青になります。

ネットトレーダーで逆指値を入れて出かける場合は確認画面を省略してツールを起ち上げたままにしておかなければ
なりませんね。

ライブスターRは逆指値を入れてパソコン消してお出かけしても大丈夫です。

どの証券会社がいいの?

どの証券会社がいいのか?
答え:どこでもいいです。

トレード手数料は最近どこも安くなっていますから
気になる証券会社の手数料を比べてみて安いところを選ぶ、でもいいでしょう。

株を売買する時に使うリアルタイムのトレードツールも使って慣れればどれでもいいと思います。
というのも私のデイトレスタイルがノンビリしたものだからです。
ゲーム感覚で買ったり売ったりを頻繁に繰り返すデイトレをするなら
ツールの反応の速さやパソコンの動作の速さが求められますが
私はたまに約定し損なったとしても自分がもっと早く判断すればいいだけのこと
と考えます。

という訳で我が家のパソコンの性能もそれほど良い訳でもなく
ツールは岡三オンライン証券のネットトレーダープレミアムを使っています。
ツール代はトレードをしていればタダです。

マネックス証券やSBI、クリック証券、丸三証券、野村證券・・・などなどいろいろ使ったことはありますが
基本チャートだけ見られればいいので使い慣れたらどれでもいいです。
ワンクリックで5分足、日足、週足がいっぺんにチェックできたらそれで満足。
板情報や注文発注画面も連結できますし、たくさんの機能が付いていても使いきれません。

初めて使う方、3ヶ月間トレード手数料無料!なんていうキャンペーンをやっている事も
ありますのでそれを利用するのも手ですね。
トレード手数料は積もり積もって結構な金額になりますのでそれが0円なんてすばらしい!!!

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末