カブドットコム証券のリアルタイム株価予想もよさそうです

2015年4月26日

カブドットコム証券のツールの予想値上がり率ランキングが便利だということを教えていただいたので
(ありがとうございます。m(__)m )
早速使ってみています。まだまだいろいろあちこちポチポチクリックしてどんなツールか試してみている最中ですが。

カブドットコム証券に口座を開くと、翌々月の1日まで
トレーディングツール、株ステーションが無料で使えます。

その中にリアルタイムランキングというのがあります。

寄り付き前に値上がりしそうな株、盛り上がりそうが株が探せそうです。

リアルタイムランキング

画像は表示部分の左上の部分だけです。

黄色の丸印をしたところ、予想値上がり率、予想株価上下率などを見ると良さそうです。

投資資金◯◯円以下とかマザーズのみとかジャスダックのみ、グロースのみとか、条件も絞れます。

詳しい日足チャートを見るには銘柄をひとつひとつダブルクリックしなければなりません。
チャートは見やすいです。

ストライダーズ日足チャート75

右上の黄色の丸印の「HOT」というボタンをポチっと押して赤くしておくと連動します。
ランキングの銘柄をダブルクリックするとチャートで表示されます。
ランキングの出てきた銘柄を上から順にダブルクリックして次々をチャートに表示させて日足をチェックしていきます。

同じように寄り付き前から気配値のランキングがわかるマネックス証券では
ランキング銘柄を一括登録でき、チャートを一気に何銘柄も表示させてチェックすることができるのでかなり便利です。

カブドットコム証券ではひとつひとつチャートを見てかなければなりませんが
気配値が高い、気配値の上下が激しい、◯◯円以下で買える、新興市場銘柄だけ、などど条件が絞れるので
かなり効率よく今日のデイトレ銘柄を探すことができそうです。

明日から株ステーションのリアルタイム株価予想(ランキング)を使ってみようと思います。

株ステーションは口座開設してしばらくは無料で使えますが信用取引口座を開設するとずっと無料です。
信用取引口座も申し込みましたが、あっという間に開設されてびっくりです。
信用取引口座開設を申し込んで株ステーションをいじっていたらすぐに開設済みのメールがきました(**) ひぇっ!

株ステーションにはフル板発注なんてものまであり、
普通は8本ほどしか見ることのできない板が全部上から下まで見られます。見てもわけわからんですが。

カブドットコム証券やマネックス証券のツールを使ったりランキングを利用したりして銘柄探しの参考にします。
デイトレする前にどれだけデイトレしやすい株を探すかが大切です。

ツールを使うだけでなく普段からたくさんの銘柄の日足チャートをチェックしているとチャンスが多くみつかります。

私は200銘柄ぐらい監視していますが、監視銘柄のチャートをトレード中でも時々チェックし、
ああ、この銘柄は明日が楽しみだな、と翌日の銘柄をピックアップしています。

以外と自分の監視銘柄の中からも明日狙えるかもしれない銘柄がいくつか拾えます。
私の監視銘柄はマザーズ、ジャスダックが多く、ほとんどが情報通信関連株です。
特に直近上場銘柄をよく監視しています。

情報通信関連銘柄を東証一部からマザーズまで全部片っぱしからチェックする、
小売り銘柄を東証一部からマザーズまで全部片っぱしからチェックする、
その他製品銘柄を東証一部からマザーズまで全部片っぱしからチェックする、
医薬品銘柄を東証一部からマザーズまで全部片っぱしからチェックする、

など、銘柄探しに時間をかければかけるほどチャンスは多く見つかります。

デイトレで一番時間をかけるところはここ! デイトレ銘柄探しです。

銘柄探しに時間をあまりかけられないという方は
トレード中に明日の銘柄を探したり、カブドットコム証券やマネックス証券のツールを利用するのもオススメです。

⇒ マネックスの気配値ランキングで今日のデイトレ銘柄を探す

デイトレと主婦の金銭感覚

主婦の立場で株のデイトレができるってほんとうに恵まれていると思います。

旦那さんの収入があるので生活費を稼ごうと切羽詰まった心理状態でトレードをしなくていいからです。
なのでデイトレ環境として主婦であるということはとてもいいと思うのですがひとつデイトレには不利かなと思う点があります。

それは主婦の金銭感覚です。

買い物の時により安い商品を探してしまうんです。

えっ? 買い物するのに値札は見ない?値段なんか気にしない? どんなに高くても買いたいものは買う?

そんな方はスルーして下さいまし。

安い商品をみつけてお買い得だと喜んでしまう方、その感覚はデイトレではNGです。
主婦感覚としてはステキです。

でも株価が下がってお買い得だと感じてしまうのは危険です。
下がった株価は安くなってお買い得になったのではなく下げていく途中かもしれません。

もっと下がったのだからもっとお得になったわ、もうひとつ買っておきましょ♪
まだまだ下がる、そしたらもうひとつ・・・・・。

これは無限ナンピンです。お金が有り余っているならやる価値はあります。

下がっていく株は反発するかもしれないし、そのまま下げ続けるかもしれません。
下げている株はどこまで下げるか誰にもわかりません。
特にずっとダラダラ下がり続けている株を見てお買い得だと思ってはダメです。
下げている株を見たらお買い得と思うのではなくまだまだ下がるかもしれないと思うようにして下さい。

下げて安くなった株を買うという方法は長期投資ですることです。
大きく下がり割安になったところを買い長期間保有して優待や配当をもらいながら株価が高くなったら売ります。

デイトレは超短期投資です。投資というより投機ですが。

デイトレで買う株やは長期投資で買う株とは異なり
安くなった株ではありません。今まさに上げようとしている株を買うのです。

割安株というのがあります。株の価値に比べて株価が低すぎるなあという株です。
主婦感覚でいくと確かに割安でお得感がありお買い得のように思えます。

長期投資にこのような株を買っておいてもいいですがデイトレ銘柄にこんな割安株を選んではいけません。
株価が下の方で長期間にわたりじっと動かないけどいつかドカンと上昇するかもしれない。
割安なんだしそのうちに上がるかもしれない。実際、底からいきなり上がりだす株もあるし、ストップ高まで行くのもあるし。
と、見張っているのもいいですがとても非効率です。デイトレでそんな気の長いことはしていられません。

価値があるのになぜ株価が安いのか。それは人気がないからです。
株価は人気で決まります。価値ではありません。価値があっても誰も見向きもしない株は上がりません。
デイトレ用の株を価値で選んではいけません。人気で選ぶのです。

四季報なんか見てデイトレ用の株を探していてはいけませんよ。チャートから探して下さいね。
人気度合いはチャートでわかります。

デイトレでは今まさに上げようとしている株を選びます。。
今まさに上げようとしている株とは人気があって株価が上昇している株です。
上げている途中の株です。上昇している株はランキングにも出てきますので多くの人の目に触れます。
そのままランキングでみつけて飛びつく人もいればじっくりチャンスを狙ってエントリーする人もいます。

じっくりチャンスを狙う場所がもみ合っている場所です。
人気があって上昇して株価が高くなっていること、値動きがなくなってきていること、
そしてそこから上げ始めた時が買う時です。

デイトレでは安い株を買うのではありません。人気が出て高くなってそれでも安くならない株を買うのです。
つまりは高い株を買うのです。

高い株、強い株、人気のある株、これを日々追いかけるようにしましょう。
安い株、下がっていく株は人気がないのです。ついつい安い株に目が行きがちになってしまいますが
デイトレ銘柄は強い株を選ぶのがポイントです。(買いの場合です。)

高すぎる株はついつい買うのをためらってしまいますよね?
ふたつの株のうちどちらを買うか迷った時などついついそんなに上がっていない株の方を選んでしまったりします。
でも上がるのは強い方の株なんです。

より高い株、強い株を買う!

デイトレでは主婦感覚を持ち込まないように、現実生活ではデイトレ感覚を持ち込まないように!

う・・・・ん、例えば高い食品、安全性や栄養面で優れていて手が込んでいて高いものとかは
結局健康面によい影響を与え、体調がよくなったり、薬代、医療費が安くなったりしてお得かもしれません。
安いジャンクフードばかり食べていると体壊します。

高くても良い服、良い靴は長く使えるので、安物ですぐダメになるものを買うよりお得かもしれません。

あぁぁぁ、やっぱりどっちも高いものを買った方がいい?
安いだけで買うのはどちらもNGかもしれません。

デイトレ銘柄選びにマネックス証券のチャートフォリオを使ってみました

デイトレ用の銘柄を探すのに、監視銘柄をチェックしたりランキングを見て探していましたが
マネックス証券にチャートフォリオというのがあり、使ってみました。

ちょっと上がって下がらずにもんじゃくっているチャートを探してみました。

30分もかからないうちに40銘柄ぐらい面白そうなチャートを探せました。
これはかなり便利です。最初からチャートの状態を限定して選べるので効率的に探せます。

マネックス証券チャートフォリオ

チャートが上昇しているのとか、下落しているとか、下げ止まったとかいろいろあります。
そろそろ天井とかまだ上昇とかあまり違いがわからないものもありますがとにかく見るチャートが絞れます。

上の段と2段目の

上昇一服
そろそ天井
上昇
まだ上昇
急上昇
売り?
上昇ストップ?
上昇基調
強含み
しっかり

この辺りをチェックするとよさそうです。

2段目の真ん中の上昇基調を見てみます。

上昇基調チャート

左側の黄色の矢印をクリックすると日足1ヶ月から日足3ヶ月、日足6ヶ月、週足1年、週足2年半まで
一斉に見ることができます。1画面に20個の銘柄のチャートが表示されるので
さささっとチェックできます。

レバノーゼ、やまや、駅探などのチャートが気になりますね。

やまや・駅探 出来高

赤丸で囲ったところが出来高なのですがちょっとデイトレには少なすぎです。
6ヶ月分の日足にも一斉に変えることができます。駅探が一番強そうで面白そうですね。

やまや・駅探日足6ヶ月分

ちょいちょいちょいっと見ていって出来高もそこそこの船井電機、ディップなどのチャートも
面白そうです。

船井電機・ディップ

マネックス証券のチャートフォリオは今日初めて使ってみました。
短時間にたくさんの銘柄を探せました。かなり便利です。
こんなに銘柄があっても面倒みきれませんが・・・・。

上昇ランキング・値上がり率ランキングでデイトレ銘柄を探す

前日、または当日の寄り付き前までに
たくさんの銘柄のチャートをチェックしてもどうしてもデイトレに良さそうな銘柄が探せない日もあります。

デイトレ用の銘柄を探せても、寄り付く位置が悪かったり
思うような値動きにならずエントリーできるチャンスがみつからない場合もあります。

そんな日は私はランキングをチェックします。

ランキングと言ってもいろんなランキングがあると思いますが
私がチェックしているのは前日の終値からの値上がり率ランキングです。(買いの場合です。)

全市場のランキングを上から見ていくと、すでにストップ高に張り付いてしまった銘柄や
すでに前日から10%も20%も上がった銘柄ばかりで上げ過ぎていますので
東証一部、東証二部、マザーズ、ジャスダックスタンダード、ジャスダックグロースと
別々にランキングを見ていきます。

私は新興市場銘柄が好きなのでまずマザーズをチェックします。
全部見るんですけどね、結局。

別々にランキングを調べても上位はもうストップ高銘柄などが並んでいますが
だんだん下位になってくると前日終値からの上昇率が5%や2%と低くなっていて、そんな銘柄が狙い目です。

取り敢えず上から全部チェックします。
その時に銘柄をワンクリックしたら当日の5分足も日足(6ヶ月以上)も連動させて
同時に見ることができるようにすると
今その銘柄がトレードに向いているのかどうかをすぐにチェックすることができます。

上位銘柄から順にピッピッピと、クリックしながらチャートチェックがすばやくできるので
そこでピンと来た銘柄をトレードすることができます

デイトレに適しているかどうかは日足をまず見ます。

日足チャートが上昇トレンドであること、しばらくもみ合っていて(三角保ち合いなど)
値動きが小さくなっていて、今日いきなり上げ出しているような銘柄
あるいは今日上値抵抗線を上抜けた銘柄を選びます。

ランキングを見た時が、ちょうど5分足でも買いエントリーチャンスだった、という場合もありますが
そんなにうまくいくことばかりではありません。
よさそうな銘柄は今日の監視銘柄に入れておき、5分足チャートを監視して
始値から下がっている時は始値ブレイクを狙い、
始値から上がっている場合はもみ合って値動きがなくなるのを待ち、その後上がりだす時を狙います。
押し目を狙ってもいいですね。

値上がり率ランキングに出ていて前日もかなり上げている銘柄もあります。
3日も4日も上げ続けている銘柄もあります。

そういう銘柄はまだまだどんどん上げることもあれば、いきなり急落することもあります。
私はビビリですので2日以上上げている銘柄をトレードすることはほとんどありません。

急落もしていないのに急落すると思い込んでいるのでエントリーできません。
急落しているわけじゃなし、上げているのだから値動きに乗っていけばいいのにとも思いますが
急落の前兆にすばやく対応する能力に欠けていると自認しているので近寄りません。

自分の能力に合ったトレードをすることが大事だと思っています。
トレード技術はだんだんと磨いていけばいいし、それまでは無理をしない身の丈トレードをと思います。

私の判断もドンくさいし、パソコンも私と一緒ですばやく反応しませんので。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末