チャートポイントを把握しないままトレード(逆バリ)をすると怖いことになる

チャートポイントについて以前に書きました。

⇒ チャートポイントについて知っておこう 

チャートポイントの上では買い、チャートポイントの下では売りです。
チャートポイントを挟んで上と下ではやることが逆になります。

チャートポイントをわからないまま逆バリをはじめてしまうと怖いことになります。

株価が下がってきて安くなったので買おうと思い適当に指値をします。
指値をした場所がちょうどポイントならいったんは反発上昇する可能性が大きいです。

適当に反発してウシシと利確します。

適当にココらへんで反発するだろうと指値をした場所がチャートポイントの下だったら・・・・?
いつもいつもチャートポイントぴったりで反発するのではなく少し下抜けて反発することもあり、
チャートポイントまで下がらずに反発することもあります。

たまたま指値に引っかかって反発上昇したらまたまたウシシの利確です。

では
チャートポイントの下で損切りや利益確定の手仕舞いがドドドっと湧いてしまったら・・・・?
指値が約定したかと思ったらいっきに大きな含み損です。
だいたい損切りする場所や利益確定の手仕舞いをする場所というのは決まっていて
逆指値を入れておくことも多いのです。

損切りや利益確定のための手仕舞いで下がったら売りの逆指値を入れているわけですから
次から次へとたくさんの逆指値が執行されてしまい株価が急落するのです。
そんなポイントに買いの指値をしたらもう目も当てられません。

逆バリをするならしっかりとポイントを把握しておいてそこでどんな事が起こる可能性が高いのか
知っておく必要があります。

ポイントはいくつもあるので全部把握しておかなければなりません。

もちろん私もしっかりやりました。

こんな事がありました。

逆バリのトレードもできるようにならなくちゃと指値の買いを入れてみたのです。
右肩上がりの強い銘柄だったので押し目買いのつもりで下の方に指値を入れたのです。

株価が下がってきてめでたく指値は約定しました。
反発してくれることを期待したのに約定した途端に「特売り」です。 特別売り気配です。

あまりにも売りが殺到したために売買が成立しなくなってしまいました。
しょうがないので成り行き決済売り注文を出しました。

どんどん気配値が下がっていきどこまで下がるかわからずどれだけ下で約定するのかわからず
真っ青です。
買った途端に大損決定です。大量の利益確定の売り逆指値に巻き込まれたのです。

これまたすっかりトラウマになり今でも逆バリは超神経質です。
じっと買い時を探っているために買い損ねることの方が多いです。いえ、ほとんどやっていないかもです。

上がっていくのを追いかけて買うことは多々ありますが、下がっているところを買うことはほとんどしません。
確率良く勝つことができる押し目買いポイントがあるのにそこでも超神経質です。
羹に懲りて膾を吹く状態です。

チャートポイントを知っておこう

チャートにはチャートポイントがあります。
ポイントなので大切なところです。これを知っておかないとトレードが有利になりません。
有利にならないどころかえらい目に合います。

チャートポイントはある大切なポイントで、そのポイントの上では買いが増え
そのポイントの下では売りが増えます。

もしそのチャートポイントの下で買い注文を出してしまうと売りが多い場所なので
たくさんの売りに押されて株価が下がっていき含み損です。

そしてそのチャートポイントの上で空売りをしたら
買いが多い場所なので買われてしまってこれもまた含み損になってしまいます。

チャートポイントは株価が反転するかもしれないポイントであると同時に
そのポイントを株価が上に抜けたら上昇に勢いがついたり、
そのポイントを株価が下に抜けたら下落に勢いがついたりする場所です。

知っておかないと損ですね。

ちゃんとチャートポイントを把握しておいてそのポイントでどういうことが起きやすいのか
知っておく必要があります。

適当にエントリーして利益を引っ張り、損を最小にしておけばデイトレで勝てるわけではありません。

チャートポイントの上でなぜ買いが増えるのかというと
あるポイントの下に株価がある場合、ポジションを持っていない人は
株価がそのポイントが上抜けたら買おうと考えるからです。

そしてポジションを持っている人は
そのチャートポイントの辺りでとりあえず利益確定をしておこうと考えるからです。
チャートポイントまで上がらなくてもその辺で利確を、ということで
チャートポイントに近づくにつれ売りが増えてきます。
株価がそのポイントが勢いよく上抜けてしまうと今度は
それならもうしばらくホールドしようかと考えます。

株価がチャートポイントの上にある場合、
ポジションを持っていない人は株価がチャートポイントまで下がったら買おうかと考えるし
ポジションを持っている人は株価がチャートポイントを下抜けてしまったら決済しようかと考えます。

というわけでチャートポイントとは
ポジションを持っている人は利確をしようかと考える場所
ポジションを持っていない人はポジションを持とうかと考える場所です。

で、そのチャートポイントってどこなのよ?ってことですが
チャートポイントは上値抵抗線や下値支持線(水平なのも斜めなのも)、MA25、MA200などいろいろです。

特に水平の上値抵抗線、下値支持線はよく見ておきましょう。
チャートにラインを引いておいて常に意識しておきましょう。
上値抵抗線はレジスタンスライン、下値支持線はサポートラインとも言います。

これを知らないでトレードしてはいけません。

予想しながらチャートを眺める

株は予想で買っては駄目ですがある程度予想を持ってチャートを見ている必要があります。
その予想は1パターンではなくいろんな場合を予想します。

チャートにはチャートポイントが存在します。
前回高値、前回安値、トレンドラインの抵抗線、MA25、VWAPなどなどですが
まずはしっかりとチャートポイントを意識していることが大切です。

日足も5分足もです。

チャートポイントがしっかりとわかっていなければエントリーのチャンスにも
気づくことができません。

その上でどんな事が起きそうか予想(妄想!?)します。

ポイントで下ヒゲを付けたローソク足が2~3本出たなぁ・・・・。
値動きがなくなってきたなぁ・・・・。
ポイントを1回下抜けたのにすぐに戻ってきたなぁ・・・・。

さあ、次はどんな事が起きそうでしょうか?

チャートのこのポイントでこうなったらこうする、ああなったらああする、
と事前に行動を予定しておきトレードサインと思われたらすみやかに実行!
予想通りの動きになったらラッキー!予想と反対の動きになったらすぐカットです。

下のチャートは日本マイクロニクスの日足チャートです。

日本マイクロニクス日足

6000の辺りがポイントのようですね。跳ね返ったりもみ合ったりしていますね。
9/2以降動きが小さくなっていてすぐそばにMA25の黄色のラインがあります。

その時私はこのMA25のラインを上抜けて寄り付いたら面白いなあ~と
ひとり妄想を膨らませました。(笑

でついに9/12です。その日の5分足チャートが下になります。

日本マイクロニクス5分足

縦棒が9時の寄り付きです。
気配値が高かったので私は寄り付き買いをし、しばらく放置です。
結果としては6800を超えた辺りで利益確定をしてちょっと後悔しましたが
面白いように上がっていきましたね。

デイトレではこんな事が起こりそうなポイントやタイミングを探すのが仕事なんです。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末