5分足チャートでブレイクチャンスを狙う

2016年2月11日

日足チャートで今日がブレイクの日だぁ!という日(ブレイク初日)には始値ブレイクでエントリーしたいですが
日足チャートでブレイク初日ではなく、2日目とか、3日目とか、ズルズル一方方向で動いている時とかは
寄り付き直後は、どっち方向かな?流れが継続かな?反転かな?5分足チャートは上向きかな?
下向きかな?としばらく様子見をしています。
ブレイク初日でも早い時間帯にエントリー出来ない時は5分足チャートで次のエントリーチャンスを待つため
様子見します。

ボケっとして様子見をしているわけではありません。チャンスがあれば突撃するためです。
(突撃せずに、結果的にボケっとして様子見したと同じ事になるのは多いですが・・・・。)

以下の4つの5分足チャートを見て下さい。
右端に注目!

モルフォ3653 5分足チャート動く前

ジグソー3914 5分足チャート動く前

そーせい4565 5分足チャート動く前

プロバティA3464 5分足チャート動く前

5分足チャートがこんな形になった時、空売り発注準備ができていますか?
ワンクリックのみを残して突撃体制に入っていますか?
それともさっぱりチャンスに気が付きませんか?

動き出す時に発注準備をするのではなく、動き出す兆候を捉えて発注準備をするのです。
動き出してからそれそれ私もと発注準備をしても遅いです。
動き出してから追いかけると大抵一時の戻しで損切りになったりします。
下げているのになぜか空売りエントリーで損切りになる状態。
タイミングよくエントリーできていればこのような状態を避けることができます。

動き出してしまったチャートではなく、動き出す前にチャンスを嗅ぎつけるのです。

4つのチャートとも弱そうですね。ちなみに日足も弱っちぃのが条件です。
5分足チャートの右側の隅の方は、ローソク足が短くなって小さくなって、価格の動きがなくなっています。
動いているチャートではなく、この4つのチャートのように動きがなくなったチャートに注目するのです。

5分足チャートを見る時は、このような形のチャートを見つけ出すために時間を使うのです。
努力をするのです。

ディスプレイにできるだけたくさんのチャートを表示させるとか、
こまめにアラートをセットし直すとか(アラートではちょっと遅れるので目で確認が一番はやい)
とにかくチャンスなチャートをみつけるための努力や工夫が必要です。

チャートをパッとみてチャンスかどうかを即座に判断するためのチャートを見る目も重要です。
チャートをたくさん見れば見るほど目が肥えて、チャートをひと目見ただけでチャンスだと判断できるようになります。

このような5分足チャートを見たらすぐに「うほっ♪」と反応できるようにチャートを見る目を鍛えて下さい。

ポイントは
5分足チャートの下値支持線(サポートライン)の辺りに株価が近づいていること
5分足チャートのローソク足の長さが短くなって値動きが小さくなっていること

この2つのポイントに注目です。

4つのチャートのその後ですが

モルフォ3653 5分足チャート動いた後

ジグソー3914 5分足チャート動いた後

そーせい4565 5分足チャート動いた後

ロバティA3464 5分足チャート動いた後

下げの流れができましたね。ポイントのところでチャートをガン見して発注準備が整っていれば
「来た!!」という時にタイムリーに売り注文を入れることができます。
(プロバティAはちょっと余分な動きがあり、うまく入れないかもしれませんが)
エントリーした後は「えへへへへへ~~~~$$$♪♪」とボケっとしてるだけです。

このような5分足チャートでのエントリーチャンスはある時はたくさんありますが
ない時はさっぱりなく、特に午後はワンチャンスぐらいしかない日もあります。
狙い目はやはり前場です。せめて前場ぐらいは居眠をせずしっかり5分足チャートを見ましょう。

それから、日足チャートですでに動いてしまっている後は、
5分足チャートでエントリーしてあまり粘ってホールドしていると流れがすぐに変わることがありますので注意!

デイトレでプラス収支にするためにはできるだけたくさんの数を打つ

2015年6月11日

たくさんの数を打つと言っても無駄トレードをたくさんするという意味ではありません。

私の場合ですが

毎日自分の監視銘柄の中から200銘柄~300銘柄の日足をチェックして、
10銘柄から多い時で25銘柄ぐらいピックアップします。

気配値ランキング(マネックス証券、カブドットコム証券にある)で
気配値が高く、勝つ、チャートがよさそうなものが1日に1銘柄あるか、ないか。

ほとんどが自分の監視銘柄の中から今日のデイトレ銘柄を選んでいます。

ピックアップした銘柄は気配値がわかるように板も表示させています。
寄り付き直前までどれが高く寄り付くか目をこらして見ています。

8時50分に気配値が高くても、寄り付き数秒前に気配値がドド~ンと下がって
しまう銘柄もあります。

20前後の銘柄を用意していても、寄り付き直前にこれは今日トレードできそうだ
という銘柄は5銘柄ほどになってしまいます。

それでも気になる5銘柄以外の銘柄も念のためアラートをセットしておきます。
松井証券のチャートは30ほど表示できるので、最大30銘柄ほどアラートをセットできます。

これをセットしておくことで、寄り付きでチャンスがなくても日中に強くなった銘柄の
トレードチャンスを捕まえることができます。

できるだけたくさんのトレードチャンスに気が付けるようにしておきます。

さて、今日トレードしようと思った5銘柄ですが、表示させていても全部トレードできる
わけではありません。寄り付き直後はせいぜい2つ3つです。

デイトレ用に選んだ銘柄全部が思ったような動きになるとは限りません。
トレードを実行した2つは思うような動きにならず「ハズレ」てしまい、
実行しなかった他の3つの銘柄が元気よく上げていくこともあります。

あ~~も~~~ハズした~~~腹立つわ~~~!!!!

こんな日もあります。

うまいこと「アタリ」銘柄を掴むことができて利益が伸びた!
でも押し目でタイミング悪くカットしてしまって、その後上昇していき指をくわえて見てるだけ。

んが~~~~ムカつく~~~~この~~~~!!!!

こんな日もあります。

選んだ5銘柄全部1日中上昇していたのに、エントリータイミングが掴めず
どれも全部チャンスをつかめず、腹立って胃がムカムカしてアゲそ~~~~~!!!

こんな日もあります。

それでも毎日ちゃんと下調べをして銘柄を用意していれば、

今日はごっそさん~~~♪♪♪

という日が必ずあります。
そこで大きく取るのです。

私は利益をうんとこさ伸ばそうと思い、せっかくの利益を損切りにしてしまうことも多く
損切りの数はかなり多い方だと思います。

それでもプラスになるのはなぜか。

それはたくさんの銘柄を用意しているからです。

用意した銘柄は「アタリ」もあれば「ハズレ」もあります。

「アタリ」だったのにうまく利益が取れないこともあります。

それでも数をこなし、トレードをトータルでプラスにするのです。

スマホを持っていない私が言うとちょっとヒガミになりますが^^;

私はスマホでトレードはできてもスマホでデイトレで勝てるとは思いません。
   ↑
 (もろヒガミ)

パソコンでたくさんのチャートを監視してできるだけたくさんのチャンスを掴む環境にし
チャンスを瞬時に掴み取るべし!!!
と、強く思っていますっっっ!!!

同じことをやっていて結果だけ変えることはできません。

結果を変えるには

環境を変える、会っている人を変える、時間の使い方を変える、だそうです。

私は結果的にこの3つすべて変えてしまいました。

そんな事いってもなかなか忙しい主婦にはつらいところもあります。
できるところを変えてみましょう。

始値ブレイクについて

日足チャートを見て下調べをし、寄り付き前の板の状況を見て
今日上値抵抗線を上抜けそうになったり、今日三角保ち合いが上放れそうになった時
どのタイミングで買いエントリーしたらいい?

寄り付きから成り行き買いをする。
始値ブレイクの時(寄り付いてから一旦下げ、また始値を超えて上げていく時)に買う。
しばらく様子見をしてから買う。
板の様子を見て上がりそうな時買う。
下げ止まったのを確認してから買う。

などなどなんでもいいのです。

私が一番よくやるのが始値ブレイクでのエントリーです。それはタイミングが取りやすく入りやすいからです。

でも銘柄によっては始値からズドーンと上げてしまうものもあります。
そりゃあ、きょうが絶好のデイトレ日和になりそうなのですから成り行き買い注文を入れている人も多いし
価格が◯◯以上高く寄り付いたら逆指値買い!という人も多いです。
始値からいきなりすっ飛んでいくこともあります

絶対チャンスを逃したくないという場合は寄り付きから成り行き買いをするということになります。
寄り付きから下がった場合は一旦損切りし、その後始値ブレイクや5分足での三角保ち合い上放れを狙う
のもいいです。

少々下がっても損切り幅を大きく取って頑張ってみる!というのもいいです。
もちろんこりゃダメだの場合は損切りです。損切り額が大きくなりますが。

寄り付きから少しだけ下がり勢いよく始値を上抜けていくというのがやりやすいのですが
これも逆指値を入れておくと便利ですね。

私は板が割と薄い銘柄を取引しているため逆指値を入れておくとどんな価格で約定するかわからないので
いつも手動でエントリーしています。
そのためドンクサクてチャンスを逃すことも多いのですが、多くのポジションを持っても捌ききれないので
ちょうどいいと思っています。

手動でエントリーする時には始値から少し上(2~3ティック上、場合によっては5ティックぐらい)に
指値を最後のワンクリックで入れる状態にして始値が食われるのを待っています。

少し上で指す理由は始値ブレイクは狙っている人が多く注文を指したのに勢いがすごすぎて
注文が取り残されてしまうということを避けるためです。それでもダメな時はダメなんですが。

始値ブレイクでエントリーすると、始値からいきなり急騰する銘柄を買うことはできませんが
始値から下がってしまう銘柄でエントリーせずにすむため損切りトレードが減らせます。

どんどんリスクを取っていきたいという方は寄り付きから成り行き買いを入れるのもいいですし、
もう少し安全に行きたいという場合は始値ブレイクがタイミングがとりやすいです。

銘柄によっては寄付いてからよくわからない動きをして結局入れなかったということもありますが
チャンスはいくらでもありますので自分のやり方をキッチリ決めて毎日同じようにトレードすると
いいと思います。

入れなくて上がってしまい焦って変なところで買うと損切りトレードが多くなってしまいます。
エントリーのタイミングも自分でしっかり決めてトレードして下さい。

変なところでエントリーしないこと。自分が決めたポイント、自分が決めたタイミングを
しっかり守るようにして下さい。

逃してしまったら次のチャンスまで待つこと! 焦らない!

大事ですよ。

MA25(25日移動平均線)下抜けで空売り 亀田製菓2220

以下は亀田製菓2220の日足チャートです。(今日の引け後のチャートです。)
今日はMA25(25日移動平均線)を下抜けたら空売りしようと思っていました。

亀田製菓2220日足チャート

MA25を下抜けて、きれいに下がって空売りで利益がでそうな日足チャートですね。

そして以下が今日の5分足チャートです。

亀田製菓2220 5分足チャート

今日は午前中は全体的に上げていたのですが亀田製菓はぜんぜん上がらずヨコヨコでした。
午後、全体が下げだしたら一緒に下げました。
上には一緒には行かないけど下なら行ってもいいわよ!という感じです。
全体が上げているのに上がらないのは弱いということです。下げる時はさっさと下げます。

指数を見てみましょう。

指数チャート

午前中は上げていましたが午後は下げだしました。
その時に亀田製菓にセットしておいたアラームが鳴り売りポイントを教えてくれました。

指数を見ても下げだしているのでこれは美味しそうだと亀田製菓を空売りです。

指数が下がっていれば空売り、上げていれば買い、というように指数と同じ方向にトレードすると
利益は取りやすいです。

指数は不測の事態が発生した時などは表示させておくと役立ちます。急激に変動します。
売りや買いの判断、持ち越しの判断をするときにも指数を参考にしています。

以下が私のトレードですが・・・・・

亀田製菓2220 5分足チャート売りポイント

残念な結果になりました(TT)

戻りの一番上でカットです。それも損切りになっています。
ポジションを持っていると手仕舞いを考えますが、ポジションを持ちそこねた人は
次の売りのタイミングを見ています。その戻り売りのタイミングで私が手仕舞いしています。
一度目の戻りや押しは我慢したいものです。

下調べもしてちゃんとエントリーしても、ちょっとしたタイミングのズレで利益を取れず
腹立つことも多々あります。

でもめげていてはいけません。
こんな腹立つことをたくさん繰り返し、タイミングが合った時にしっかりゴチになるのです。

でも腹立ちますがっ・・・・。

想定した動きにならなかったら損切り

しつこく損切りの話です。^^;

エントリーポイントはだいたい決まっていてみんなやることは一緒だと思っています。
みんなが上がりそうだと思うポイントがエントリーポイントになるのでみんなと同じように考えていればいいです。

みんなとは多くの他のトレーダーのことです。
ここがエントリーポイントだとみんなが思いみんなが買うので勢い良く上がっていくのです。

そんなポイントはチャートを見慣れてくればよくわかるようになるのでたくさんチャートを見るようにします。
チャートといってもリアルタイムで動いていくツールのチャートですよ。

リアルタイムチャートは各証券会社が提供しているのでお好きな証券会社のツールを
ご自分のパソコンにインストールして使って下さいね。慣れればどこの証券会社のツールでもいいと思います。

デイトレの下調べで日足チャートをチェックする時は止まっているチャートでいいですが
デイトレのエントリーポイントがわかるようになるためには動いているリアルタイムチャートを観察します。

あらら・・・・損切りの話をするはずがまたまたずれていました。m(__)m

とにかくエントリーポイントというのはある程度決まっています。

でも損切りや利益確定のための手仕舞いというのは特にどこでしなければならないというものでもなく
人それぞれだし、トレード時間が長い時は損切りもある程度深くしなければならないし、
トレード時間が短い時は損切りも浅くしなくてなりません。浅すぎても損切り貧乏になってしまう可能性もあり
とりあえず自分で損切りルールは決めておかねばなりませんが以外と難しいですね。

深い損切りは精神的苦痛を伴います。意図した深い損切りと損切りできなくて含み損が大きくなっているのとは
違いますからね。

損切りできなくて含み損が大きくなって我慢しているなんて論外です。デイトレ即刻中止!
損切りできない人はデイトレをしてはいけません。デイトレ禁止!

私の場合ですが、エントリーした後、想定した値動きにならなかったら損切りをするということにしています。

例えば寄り付きから始値ブレイクで上がる時にエントリーしたら、始値ブレイクして上がっていくことを想定していますから始値を超えたのに株価が上がらず始値を割ってしまったら損切り!とか。

ところが損切りをしたとたんに買いがどんどん入ってきて再度上がりだす、なんてこともあります。そんな時は
タイミングが合わなかったのだと諦め、次のチャンスを待つか、または再度上げ出した時にもう一度エントリーするかですが慣れないうちは最初のタイミングが合わなかったら諦める!でいいと思います。チャンスは何度も来るのですから。
いつも見ている銘柄ならその辺のクセもわかりやすいかと思います。

エントリーは上がる確率が高いポイントでエントリーしていると思います。ですから買って上がらなかったらすぐ損切りや薄利で手仕舞いしてしまうのもアリです。

板が薄い銘柄、つまりあまりトレードが成立していない、人気(ひとけ)の少ない銘柄は上がってもおかしくないポイントでも上がらないことも多いです。人が少ないですから。(買う人がいない。)

でもたまにこの銘柄に人がいるんだろうか?と思うほど閑散としていたのにいきなりエントリーポイントから
怒涛の上げがやってくることもあります。こういう銘柄はもともとが売り板もまばらですからひとたび買いが集まれば
急激に株価が上がりおいしいことになりますが、急落するのも早く天国と地獄がめまぐるしくやってきます。

このような銘柄も損切り用の買い板があればエントリーしてみても面白いですね。

それから大事な話なのですが、エントリーするときは損切りポイントも決めてエントリーしましょう。
こうなったら損切りする、こうならなかったら損切りする、このポイントに達したら損切りする!というように。

このことは非常に大事です。やることをしっかり決めておかなければ必要な事態になってもちゃんと行動できません。
以前にも書きましたがエントリーしたらすぐに損切り用の逆指値注文を入れるというのでもいいです。
とにかく損切りだけは決めておきましょう。
利益確定はどうでもいいですが(どうでもいいことはありませんが^^;)損切りだけは絶対設定しておきます。

利益確定なんて適当でいいんです。ご自分でのんびり後で研究して下さい。(笑

でもエントリーポイントは決まっていますからしっかりポイントを覚えこんで理解しておき、
損切りはエントリーと同時に設定します。

予想しながらチャートを眺める

株は予想で買っては駄目ですがある程度予想を持ってチャートを見ている必要があります。
その予想は1パターンではなくいろんな場合を予想します。

チャートにはチャートポイントが存在します。
前回高値、前回安値、トレンドラインの抵抗線、MA25、VWAPなどなどですが
まずはしっかりとチャートポイントを意識していることが大切です。

日足も5分足もです。

チャートポイントがしっかりとわかっていなければエントリーのチャンスにも
気づくことができません。

その上でどんな事が起きそうか予想(妄想!?)します。

ポイントで下ヒゲを付けたローソク足が2~3本出たなぁ・・・・。
値動きがなくなってきたなぁ・・・・。
ポイントを1回下抜けたのにすぐに戻ってきたなぁ・・・・。

さあ、次はどんな事が起きそうでしょうか?

チャートのこのポイントでこうなったらこうする、ああなったらああする、
と事前に行動を予定しておきトレードサインと思われたらすみやかに実行!
予想通りの動きになったらラッキー!予想と反対の動きになったらすぐカットです。

下のチャートは日本マイクロニクスの日足チャートです。

日本マイクロニクス日足

6000の辺りがポイントのようですね。跳ね返ったりもみ合ったりしていますね。
9/2以降動きが小さくなっていてすぐそばにMA25の黄色のラインがあります。

その時私はこのMA25のラインを上抜けて寄り付いたら面白いなあ~と
ひとり妄想を膨らませました。(笑

でついに9/12です。その日の5分足チャートが下になります。

日本マイクロニクス5分足

縦棒が9時の寄り付きです。
気配値が高かったので私は寄り付き買いをし、しばらく放置です。
結果としては6800を超えた辺りで利益確定をしてちょっと後悔しましたが
面白いように上がっていきましたね。

デイトレではこんな事が起こりそうなポイントやタイミングを探すのが仕事なんです。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末