デイトレーダー適性テスト

2015年12月20日

・・・・・・というほどのモンではないですがなぞなぞです。^^

みちこさんという31歳の女性がいます。

みちこさんは独身です。純真な心を持ち、とても頭のいい人です。

大学の哲学科を卒業しましたが、
大学生の頃から人権に興味を持ち、熱心に社会正義の問題に取り組みました。
戦争反対のデモにも参加していました。

さて、問題です。

次の3つを「可能性の低い」順番に並べてください。

A みちこさんはグローバル化反対の活動家である。

   (グローバル化反対: 経済のグローバル化で金持ちと貧乏人の格差が一層大きくなり、
    環境破壊ももたらすのでのでグローバル化には反対するという考えや活動)

B みちこさんは銀行員である。

C みちこさんは銀行員でグローバル化反対の活動家である。

「可能性の低い」順番に並べましたか?

ちなみにですが、私の並べた順は A < C < B の順です。

みちこさんは銀行員になるよりグローバル化反対の活動家になりそうと考えました。

あなたはどうですか? そんなひっかけ問題、ほんとは堅実に銀行員なんじゃないの?
ということで B < C < Aですか?

実は A < C < B も B < C < A も不正解!

理論的な判断ができていません。

実はこの問題はAとBの順番が問題なのではなく、Cの位置が問題なんです。

AとCを比べて下さい。

グローバル化反対活動家

みちこさんがグローバル化反対の活動家であるより、 
銀行員であり、かつグローバル化反対の活動家であることの方が可能性が低いですよね?

BとCを比べて下さい。

銀行員

みちこさんが銀行員であることより
銀行員であり、かつグローバル化反対の活動家であることの方が可能性が低いですよね?

なのでどちらにせよ、Cが一番可能性が低いのです。

最初にCを選ばれた方、おめでとうございます。 素晴らしい判断力です。

多くの人が私と同じ順番を選ばれたと思います。

単純にAとBとCの選択肢だけを与えられたら、Cが一番可能性が低いという答える人はもっと多くなると思います。
けれども、みちこさんはこのような人ですよ、という情報が入るとたちまち判断は狂ってしまいます。

ありゃ~(><)と思われましたか?

でもこれがヒトの脳みその特性なんです。
このような判断ミスは日常茶飯事で、お医者さんでも起こるのです。

私も含め、適切な判断ができない人が様々な情報が飛び交う相場を
冷静に判断してトレードできるとはとても思えませんね。
勝てなくて当たり前です。

ですが安心して下さい。不正解を選択する脳みそを持ったヒトにも道がないわけではありません。

ヒトの脳みそはそのような判断ミスを日常茶飯事にしていますよ、ということを前提に対策することができます。

みちこさんの特性を読んでしまったから判断ミスをしましたね?
A、B、Cの選択肢だけを読んでいたらわりと理論的に判断できましたね?

余計な情報がない方が正しい選択をできましたね。

だったらトレードも余計な情報を脳みそに入れずにシンプルにやればいいのです。

ニュースだの業績だのMACDだのRSIだのグランビルの法則だの・・・・・
そんな情報をたっぷり入れれば入れるほど、先ほどの例のように判断ミスをする可能性が高まります。

今現在、一番最新の情報は今のローソク足やチャート、板です。

これだけで正しい判断(勝てるトレード)はできます。

シンプルなやり方、シンプルなルールを作ってひたすら実行すれば
判断ミスに苦しみ、あっちがいいかも、こっちのがいいかもでずっと迷い続け、
長い間負け続ける可能性は少なくなります。

ヒトの脳みそは、自分が収まっている入れ物(ヒト)の生存に関してはとても立派な働きをしますが
生存に関して以外ことはどうでもいいので手抜き判断をします。

そのことを自覚されて対処策を講じましょう。

簡単です。やることを少なくすればいいだけなですから。^^

たくさんの情報を入れれば的確な判断ができるなんて大いなる勘違い?!

ヒトの脳みそは手抜き判断だらけです。

複雑なものはありがたいと感じ、単純なものは取るに足りないものだと感じる

2015年10月17日

複雑なものほど、価値がある、ありがたいものだと感じ、
単純なものほど、取るに足りないのもだと感じ、退けてしまう

という傾向が人間にはあるそうです。

株の本でも

ボリンジャーバンド、ストキャスティクス、MACD、RSI、・・・・
テクニカルにファンダメンタルズ、ローソク足に平均足、・・・・・
逆張り、順張り、チャートパターン、ダウ理論、
まだまだいろいろありますね。(あんまり知りませんが・・・汗)

これでもかこれでもかといろんな事が書き込まれた株本。
しっかり読んで理解できたらもうすっかり勝ったも同然!な気分になります。

あまりに多くの事、
こんな時にはコレをやると勝てる。こんな時っていつ?コレってどれ?

本で読んで理解したつもりになって、さて本番で試してみても
勝つどころか、負けっぱなしです。

ひとつの手法もできないのに、いきなり複数の手法ができるはずがありません。

トレードはいたってシンプル。

上昇トレンドで押し目買い。下降トレンドで戻り売り。
上昇トレンドもみ合いブレイクで買い。下降トレンドもみ合いブレイクで売り。
レンジの下限で買って上限で売る。
レンジの下限を割ったら売り、レンジの上限を抜けたら買う。
急騰し過ぎ、急落し過ぎの修正を狙う。

数行で終わってしまうほどシンプルです。

さらに私はといえば

急騰ってどれほど急騰したらし過ぎなのよ?
上昇トレンドはわかってもどの辺りが押し目なのよ?
レンジの下限ってどこよ? 上限ってどこよ?  ??????

今でもほんとに、ほぼこんなレベルです。

なので一番わかりやすい、「上昇トレンドで、もみ合って(三角保ち合いをつくって)いるところ
が再び上昇しだしたところを買う!

という超・超・超・単純なことをやり続けているわけです。
こんなんでも勝てているわけで

「何をやっても勝てない」「株の初心者で取り敢えず何から?」という方に
もみ合いブレイクをオススメしています。

ブレイク手法ができるようになって、勝てるようになったら、
他の手法も取り入れていったらいいのではないかと。

「上がっていくのがもみ合ったらブレイクする時に買う」
「違ってたらさっさと切る」

なんてまあ、シンプルすぎるほど、シンプル。
確かにありがたみも何にも感じないのは無理もありませんね^^;

これだけやっていれば勝てるなんて、世の株本も高額セミナーも何にもいらないじゃんっ!!
ってことになりますよね。

私は勝てるようになるまでは要らないと思っています。
株本や高額セミナーなどは、勝てるようになってさらに高みを目指したいという方のほうが
いいんではないかと。

だって、勝てない人はほんのシンプルなことができないために勝てないのであって
そこを放ったらかしたまま、他にどんな知識を詰め込んでも無駄ですから。

複雑なものほど、価値がある、ありがたいものだと感じ、
単純なものほど、取るに足りないのもだと感じ、退けてしまう

価値がない、取るに足りないものだと感じることをやるのは苦痛です。

シンプルなことをやり切ることができません。
勝手に複雑化してしまいます。意識してててもしてなくても。

シンプルなことをやることも、物事をシンプルに見ることもできません。

例えば
トレードが終わって引け後、あ~~~なんでこんなトレードやっちゃったんだろ?
こんなところ、全然エントリーするべきところではなかったのに。
と、思うことがありますよね。

トレード終了後にはチャートをシンプルに見ることができるので
エントリーするべきところでなかった、ということが理解できますが
場中はエントリーしてはいけないところがエントリーすべきところに見えてしまいます。

特に、
損失を挽回したいと思っている時、
やっとトレードできる、よ~し、儲けてやろうとフンフンしている時、
朝からずっとエントリーできなくて焦っている時などです。

感情がチャートをシンプルに見られないようにしているのです。
感情が強引に色眼鏡をかけさせ、チャートをシンプルに判斷できないようにします。

トレード時間以外(朝の9時前、引け後の3時過ぎ)になるとチャートがシンプルに見えます。
ですが、トレード時間(9時から3時)の間はチャートをシンプルに見ることができません。

寄付き時間前に、
この銘柄がこうなったらエントリーする、あの銘柄がああなったらエントリーすると決めておき、
それ以外のトレードはしない、
トレードする予定の銘柄以外のチャートは表示させないというのも有効だと思います。

トレードする予定のない銘柄を表示させておくと、
損失を出してなんとか挽回したいという気持ちになった時ややることがなくて暇な時、
チャンスでもないところがチャンスに見えてしまい余計なトレードを繰り返してしまいます。

トレードすべき銘柄のチャートでも、ダメなもんはダメなんですがね。

挽回したいと思った時点でもうダメなんです。焦った時点でもうダメなんです。
気持ちが入るとシンプルなことはできません。

はっ・・・また話がズレてる・・・・。

「上がっていくのがもみ合ったらブレイクする時に買う」
「違ってたらさっさと切る」

こんなシンプルこと、一回聞いただけで理解するのはとても簡単です。

ですが、このまま正確にやり続けるのが人にとっては以外に難しいのです。
できる人にとっては超~簡単! 出来ない人にとっては超難関です。

精神的にやりづらいということと

シンプルに実行することと、シンプルに物事を見ることが
いつの間にか違うこと(シンプルでないこと)にすり替わっているからです。

シンプルなトレードの仕方、シンプルなチャートの見方が
いつの間にやらシンプルでないトレードの仕方になり
チャートを見る目は少しずつ曇っていってしまいます。

自分の思考の癖や捉え方の癖が知らない間によっこらしょと勝手にくっついてきます。
この事がいつでも起こるということを常に自覚しておいて下さい。
常に自覚して常に対処していけるようにして下さい。

トレード日誌を是非しっかり作って下さい。
ひとつひとつのトレードが「やるべきトレード」であったか
やるべき事をしっかり行えたか、しっかりチェックして下さい。

やるべきじゃない事がジャラジャラ出てくると思います。
やるべきじゃない事がたくさんあればあるほど収支は大きくマイナスになります。

「やるべき事」だらけだったのにぜんぜんプラスにならないのなら
やることが間違っています。

手法が悪いのでも、相場が悪いのでもありません。

シンプルにやっているつもりのあなたが実はシンプルにやっていない
シンプルにチャートを見ていないのが原因です。

まだ他に何かが足りないんじゃないだろうか???

いえいえ、あなたに余計なものがくっついているだけです。

やる事を自ら複雑にしない

2015年6月17日

トレードはシンプルが一番です。

これとこれとこれ!  これだけをキッチリとシンプルにやり続ければいい!

と頭でわかっていても、いつの間にやら余計なものを少しずつくっつけてしまい、
作業を自ら複雑化してしまっている、という事がトレードだけでなく日常でもあります。

これがうまくいくやり方だよ、という方法を学んでも、無意識のうちに余計なものを
くっつけている場合もあります。

うまくいかない原因は、余計なものをくっつけている、または複雑化しているということもあります。

うまくいかない場合は、余計なものをくっつけていないか、自ら複雑にしていないか
チェックしなければなりませんが、自分で気づくというのは難しいかもしれません。
だって意識的にではなく、無意識に余計なものをくっつけているのですから。

余計なものがくっついたり、複雑化してしまう原因は、その人の経験であったり
考え方であったり、癖であったり、嗜好であったりします。

生まれてから何年も経っているのだし、経験のない人なんていません。
考え方もある程度決まってるし、癖もあるし、好きなもの、好きなやり方だってある。

つまりはどうしても、余計なものがつくし、複雑化しちゃうんですね~^^;

私が勝てるようになり、それから何年も経ちますが、気がつけば
デイトレとはなんとシンプルな作業なんだと感じるようになりました。

勝てない時期から勝てる時期へ、その当時はなんで勝てるようになったのかわかりませんでした。
ただうれしいのと、信じられないという思いと、勝ち続けるられるかという不安との入り混じりです。

余計な事の削ぎ落とし作業がされていたのかもしれません。
デイトレがシンプルな作業だと気づいたということは削ぎ落としの作業が進んだからかもしれません。

削ぎ落としの作業はもちろん意識的にやっていたのではありません。
意識的にやっていたのであればもっと短時間で済んだはずです。

何が余計で何が肝心な事なのかわかっていなければ余計なものを削ぎ落とす事はできません。
余計なものと思い、削ぎ落とした事が肝心な事だった、なんて事もあるでしょう。
トレード経験をつめば、何が余計で何が肝心なのかわかってくるでしょう。
時間がかかりますが。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末