エントリーチャンスがたくさん!!

2015年6月17日

毎日200銘柄も見ていればチャンスはゴロゴロあります。

象印7965の日足チャートです。キレイに上抜けましたね。

象印日7965日足チャート

寄り付き後はしっかり始値ブレイクのちょっと下にアラートをセット♪

そして象印の5分足チャートです。

象印7965 5分足チャート

緑の丸印の始値ブレイクでエントリーできるようにアラートをセットし、
始値に近づいて来たので発注画面を用意し、あとワンクリックで準備万端!

チャンス到来!それ!クリック!!!!!

とクリックしたら、まさかの返済買い発注!  新規買いボタンでなく返済買いボタン・・・・・

チャンスは一瞬でかっさらわれてしまい急騰。チャンス掴めず、落ち込み。

次に来た押し目(始値)でも怖くて躊躇。MA25タッチも怖くて躊躇。
結局見てるだけ~~~~~~でした(TT)

そして良品計画7453の日足チャートです。こちらも見事に上げました^^

良品計画7453日足チャート

 
何日も監視していたのです。

今日に限って監視を忘れていたのです。(TT)
なぜこの日足チャートが、朝の銘柄チェックで今日の私の目をすり抜けてしまったの・・・・?
前日の陰線のせいでしょうか。

いずれにせよ。置いて行かれました。かなり残念(TT)

良品計画7453 5分チャート

始値から下がらず、みんなかぶりつき~~~って感じですね。

そして売りで狙っていたシマノ7309のチャートです。

シマノ7309日足チャート

水平の下値支持線(サポートライン)がわかりますか?
直近は三角保ち合いのようにも見えます。(かなりゴーイン^^;)

シマノ7309 5分足チャート

寄り付き後はグンっと上げましたが、始値ブレイクで売りたいですね~。

シマノは銘柄選択で今日のトレード用に抽出していた銘柄なのですが
こちらはアラートをセットをするのを忘れ、売ることができず(TT)

で、いったい今日は何をやっていたのよ?というとコレです。

ショーケース3906日足チャート

こちらも下値支持線(サポートライン)が水平に引けますが、わかりますか?

そこを割ったので寄り付きから頑張って売ろうと思ったわけです。

ショーケース3909 5分足チャート

ところが悪いクセで、ちょっと様子見してしまったのですね~^^;

板がスカスカなので慌てて下の売り板に当てに行きました。
スルスルと下がったのですが、一瞬の含み損です。

今日は全体的に寄り付きから下がっていたので、ショーケースも下がるだろうとしばらく放置です。
残念ならがそんなに下がりませんでした(TT)

今日は他にも何やら難しい(危ない)トレードをしていましたが、
美味しいのはすっかり逃しましたね~。

メゲずに次に期待。

しっかり毎日コツコツチャートのチェックをしていれば必ずお宝銘柄があります。

お宝銘柄が1日で束になってやってくる時が困ります。

アッチもコッチも、アッチもコッチもとキョロキョロしているうちに
ついぞ何もつかめなかったりして。

とにかくめげずに銘柄チェック!

ライブスター証券と松井証券の便利なアラート機能の使い方

2015年4月7日

アラート機能は価格が目標の価格に達したら音で知らせてくれる便利な機能です。

アラートをセットしておくとエントリーチャンスに気づくことができます。

いままで岡三オンライン証券を使っている時
アラート機能を使う時は一覧に銘柄を登録して価格をセットしていましたが、
ライブスター証券や松井証券はチャートに直接アラートをセットすることができ、慣れるとこちらの方が便利に思います。

アラートのセットも簡単です。変更も簡単です。

DMP5分足チャート

黄色のマルで囲ったベルのマークがアラート機能でこのベルをクリックすると
レジスタンスライン(赤)、サポートライン(青)を引くことができます。

赤のレジスタンスラインを引いてみました。

DMP5分足チャートレジスタンスライン

ちょっと右肩下がりの赤いラインがレジスタンスラインです。
このラインを価格が上抜ける時に音でお知らせしてくれます。ライブスター証券のライブスターRの場合、
ピアノの音がポロンと鳴ります。(デフォルト設定)

価格がポイントを上抜けると上昇に勢いがついてしまうことが多いので
レジスタンスラインはちょっと下目にひいておくのがいいですよ。

松井証券のネットストック・ハイスピードもライブスターRと同じチャートですので
同じようにベルのマークをクリックしてアラート機能を使うことができます。
チャートの機能は松井証券の方が若干多いようです。アラートの音はまだ使っていないので聞いていません。

アラート機能のレジスタンスラインを引いておけば寝ていても音で起こしてくれるのでとても便利です。
サポートラインは押し目買いをしたい時や損切りをする時に便利です。

逆指値でなく自分で下がったのを確認して損切りしたい時や
ポイントに押し目買いの指値を入れておくのではなく、ポイントまで下がってその後の値動きを確認してから
押し目買いをしたいという時に便利です。

画像のDMPチャートは日中の5分足チャートに赤いレジスタンスラインを引いてますが
寄り付き前の日足チャートでもみ合いが上抜けそうなチャートをみつけたら、寄り付き前にチャートに適当に
上抜けそうな辺りにアラートのライン(レジスタンスライン)を引いておきます。

すると上抜けた銘柄(レジスタンスラインを上抜け高く寄り付いた銘柄)がすぐにわかるのです。

私は欲張ってたくさんのチャートにアラームのラインを引いているので寄り付き後は一斉にアラームが鳴ると
アワワワワ。。。。となってしまい結局全部取り逃がした!なんてこともよくあります。
ならそんなにセットするなという話ですがセットしても鳴らない時はならなし、鳴る時はまとめて来るしで困ります。

アラート機能はたくさんのチャートにセットしてもいいですが朝狙う銘柄はある程度絞った方がいいです。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末