デイトレゲームで遊ぶ

2015年12月7日

デイトレはゲームです。

ゲームをしてお金が儲かる♪
どれだけたくさんお金を儲けらるか試すゲーム。

・・・・・ではありません。

「儲ける」ことや「勝つ」ことを意識してしまうと
どうしても利小損大トレードになってしまいます。

とにかく勝ちたいので少しでも含み利益が出れば、
利益が減ってしまう、またはなくなってしまうことを恐れさっさと利確確定してしまう。

含み損が出ると少しでも損が戻ってから、損がなくなることを祈って損切りが遅れ
大きな損失を出してしまう。

勝つことや儲けることを意識すると、どうしてもこんな行動になってしまいます。
利小損大トレードのようなだんだん資金が減っていくような行動ばかりになってしまいます。

そこで!

どれだけ儲かるか試すゲームではなく

対戦相手は自分の本能。
どれだけ自分の本能の言うことを聞かずに行動できるかを試すゲームにするのです。

自分の本能の言うがまま、ちょっとの利益で確定してしまったり、
エントリーを躊躇してしまったり、躊躇してしまった後に高値掴みをしたり、
損切りを躊躇してしまったりしたら失点!

反対に自分の本能、感情に流されず、利益をしっかり引っ張れたり、
たとえ損切りトレードになろうとも、
しっかり予定したポイントで予定していたエントリーができたり、
スパスパ損切りが出来たら得点です。^^

本能: 「ホレホレ~、ちょっと含み益が出たぞぃ!
     今確定しないとなくなっちゃうぞ! どうする?どうする?」

私:  「フンっ! あんたの声なんか無視!
     私は私、ちゃんと私が決めたことをやるんだからっ! しっ!しっ!」

本能  「ホレホレ~、またさっきみたいに引っ張ってせっかくの利益を吹き飛ばす気か?
     さっさと今のうちに利益はもらっとけよ。」

私:  「フンっ! ほっといてちょーだい!
     そんな負けトレーダーがやるような行動はしないんだからっ!」

本能: 「ホレホレ~、この前はこれくらいの含み損、しばらく我慢してたら
     元に戻って損しないで済んだよな~。今回ももうちょっと様子見てみればぁ?」

私:  「うるさいっ! 今の私はいつでもポチッと切れるわ。」

本能: 「ホレホレ~、さっきこのパターンでエントリーして損切りになったよな~?
     また懲りずに同じ事をやるんか~い? 損するかもよ~。」

私:  「だまらっしゃいっ! 何べんでも同じ事やったるいわいっ!!!」

本能: 「ホレホレ~、今買わないと!どんどん上がってしまうぞぃ。
     今ならまだ間に合う。はよ買え!逃して後悔するぞ。」

私:  「逃げたもんは未練たらしく追わないのっ!涼しげな目でお見送りするだけよ。」

本能: 「やることないよなぁ~。時間の無駄じゃないか。これでも買っとけばぁ?」

私:  「フフンっ! こんなところで余計な事をしないのがエレガントな勝ちトレーダーだわさ!」

と、このように本能と対戦して、
どれだけ本能、感情に負けずに行動(トレード)できるかを試すゲームをするのです。

どれだけお金が稼げるかではなく、どれだけ本能に勝つか、ルールを守れるかを競うゲームです。

対戦相手は自分の本能、感情。
そして競うのは昨日の自分、一昨日の自分、過去の自分です。

銭勘定は二の次三の次。

負けず嫌いのあなたは
自分の本能の言いなりにならず、
決めたルールをしっかり守り、行動できたことに満足感、充実感で満ち溢れるはず?!

な~んて楽しいゲームでしょっ。

弱い相手だけに試合を申し込む 勝てそうな時だけデイトレをする

サッカーでも野球でも弱っちそうなチームだけと試合をしていると
勝っても誰も褒めてくれないかもしれません。

そんな弱いチームと試合して勝っても意味ないと言われるかもしれませんし
弱いチームとばかり試合してると言って軽蔑されるかもしれません。

自分達より強いチームと対戦して勝つと
あのチームに勝てるなんてすごい!と賞賛してもらえます。
達成感も感じますし、気分いいですよね。
弱いチームに勝ってもそれほど嬉しくないですけど強いチームに勝つとすごく嬉しいです。

負けてもともとですから気持ちよく試合もできるし負けても悔いは残りにくいです。
弱いチームと試合をすると勝ってあたりまえで勝っても特段うれしくもないし
なんだかな~・・・・です。

デイトレとスポーツって同じゲームで似ている気もするんですが
こんなところが違うんです。

デイトレでは強そうなチームは避けて弱っちそうなチームだけ選んで
試合を申し込んで対戦するといった感じなんです。

勝つことが難しい局面は避け、勝つのが簡単そうな局面でだけ選んでトレードをするんです。
常に弱っちい相手だけを探して試合をするのと同じです。

弱っちいチームが見つからなければ試合をしなければいいだけのことです。
そうすれば負けることはありません。

気分はよくないかもしれません。卑怯と思われるかもしれません。
でもこれでいいのです。

あ、デイトレで負けてはいけないという意味ではありませんよ。
デイトレで損切りトレードは必要です。損切りトレードの数の方が多くなってしまうこともあります。
でもちゃんと投資資金が増えていればいいのです。
たとえその日1日がマイナスになってしまっても
週間ではプラスに、月間でもプラスになっていればいいのです。

そのためには勝っても誰にも賞賛されそうもない弱っちいチームだけに試合を申し込みましょう。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末