損切りの逆指値の変更ができない話の続き

2015年6月25日

昨日のブログで
ネットストックハイスピードで逆指値の変更・取り消しができないと書きました。

その後
ネットストックハイスピードの逆指値の変更・取り消しについての真実のコメントをいただきました。

真実を教えて下さった3名様、ほんとうにありがとうございました。m(__)m

松井証券のサポートのおねーさんも知らないことをご存知の皆様は
松井君の扱い方を極めていらっしゃるのですね。

以下が教えていただいた真実です。

ネットストックハイスピードでの逆指値や予約返済の変更・取り消しは
スピード発注画面の発注区分(通常/逆指)のところの逆指のボタンを押した状態にしておくと
ドラッグして変更したり、取り消しをしたりすることが可能だそうです。

画像の赤丸の部分のボタンです。

逆指値

通常ボタンを押して注文したものは通常ボタンを押した状態で変更・取り消しが可能。
逆指ボタンを押して注文したものは逆指ボタンを押した状態で変更・取り消しが可能だそうです。

くくく・・・・・。またしても面倒くさい松井君です。(-“-;)
爪を隠し過ぎです。
デキる子の正体をなかなか明かしません。

いえいえ、それよりも真実を教えて下さった方々、ありがとうございました。

m(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)m。

損切りを、逆指値を入れておきたいという人はこれで安心して使うことができますね^^

それから、
損切りの快感を機械に任せる(逆指値を入れてしまう)のは勿体無いそうですよ。

詳しくは昨日のブログのコメントをご覧下さい。

  
⇒ 損切りの逆指値ができない(コメント欄)

こんな境地に入れるよう、頑張りましょう!

コメント

コメントを投稿する




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

携帯情報端末