ネットストックスマートが使えそう

2015年6月13日

またまたブログにコメント下さる方から貴重な情報をいただきました。m(__)m

ちょっと前に松井証券のネットストックスマートが使えるようになりました。

ちょいちょい、と説明を読んで、あ、こりゃデイトレには使えない、と
見向きもしませんでした。板発注ができそうにないので。

それにタブレット用ということで、外出先からもトレードしたい人のためのもので
家で画面に粘着してデイトレするためのものではない!と思い込んでいました。

トレードツールだと思っていたのですが、どうやら情報ツールでした。

寄り付き前の板情報で前日より高く寄り付くのか低く寄り付くのか
効率よくチェック出来るとのことです。

ネットストックハイスピードでは銘柄毎に板を表示させなきゃ寄り付き具合がわかりません。
注目している銘柄10個程がいいところです。

チャートチェックにひっからなかったり、見落としたりした監視銘柄の中で
気配値がいつもと違うことからデイトレ銘柄に昇格することもあります。

気配値ランキングからも気配値が高い銘柄がピックアップできますが、
できれば、慣れた自分の監視銘柄から気配値が高い銘柄を抽出したい!
それが結構おいしかったりします。
ネットストックハイスピードでトレードするようになって
この願望はほぼ諦めていました。

情報検索の株価ボードも気配ボードがありますが、前日より高いのか低いのかわからず
役に立ちません。
  ↓

株価ボード気配ボード

そして以下が希望に満ち満ちたネットストックスマートの株価ボードです。
  ↓

ネットストックスマート気配ボード

まだ場中に使っていないのでわかりません。今は真っ白です。
ちゃんとわかるのかしら・・・? 期待、超特大です♪

下までスクロールすると28銘柄あります。

それでも
情報検索の株価ボードは、今では朝の日足チャートチェックに便利に使えるようになっていました。

最初はすごく見にくかったチャートですが、慣れてなんとか識別できるようになり、
パッと見10銘柄の日足チャートを短時間でチェックできるようになりました。
200銘柄ならネットストックハイスピードに登録しながらでも15分もあればできてしまいます。
(情報検索の株価ボードは登録は200銘柄まで)

株価ボード

ところがネットストックスマートは1000以上の銘柄を登録でき、ランキングなどからも
簡単に登録することができ、日足チャートを見ると、情報検索の株価ボードより
かなり見やすいです。
ネットストックスマートでの日足チャートチェックも、短時間でもっとたくさんの日足チャートが
チェックできそうです。

それから情報検索の株価ボードは5分足がラインチャートですが

株価ボード5分足チャート

ネットストックスマートの5分足チャートはちゃんとローソク足です(T▽T)うれしい!

ネットストックスマート5分足チャート

ネットストックハイスピードを使うようになって圧倒的にトレード数が減りました。
無駄トレードが減っているのではなく、チャンスロスをしているのです。

ネットストックスマートは情報検索の株価ボードの代わりになります。
いや、代わり以上です。

ほんとうはこんな機能がネットストックハイスピードの中にほしいです。
ドラッグやダブルクリックでスピーディに発注したいです。

情報検索の株価ボードにしろ、ネットストックスマートにしろ
結局はネットストックハイスピードにコードを手入力して移動させなければなりません。

結局銘柄コードを手入力するなら、最初から岡三オンライン証券のネットトレーダープレミアムの
株価ボードを使っといても一緒だなと今頃思いました。

確か、そのようなご指摘もいただいたな~・・・・・
またしても、せっかくのご指摘の価値を、いただいたその時にわからず拒否し、
今になって必死に穴埋めを探し、どんくささを実感した1日でした。

反省・・・・・

こんな調子だから、勝てるようになるまで時間がかかったのですよ。

コメント

コメントを投稿する




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

携帯情報端末