主婦が株のデイトレで稼ぐために

こんにちは!

主婦でデイトレをしている「えす」です。

デイトレをはじめてみようと思いますか? デイトレは怖いですか? ぜんぜん勝てずにイライラしていますか?

このブログでは普通の主婦(ビビリで頭が堅く、視野も狭く、喜んだり怒ったり喜怒哀楽丸出しの どっちかというとデイトレに向いていない性格)がデイトレで負けていた時やっていた事、勝てるようになってやっている事、 どうやって勝てるようになったか、今までやらかした失敗談、アホ話、たまにはためになる(かもしれない?!)話などを 思いのまま書いています。

もし朝の8時頃から10時半頃まで時間が取れるなら株のデイトレをしてみるのはいかがですか? そんな朝の短時間にパソコンでチョイチョイなんて稼ぐことができたら・・・・・。

旦那さんの収入に少しでもプラスになるといいなあ~。 自分で自由に使えるお金があったらいいな~。

そんなことを夢見て始めた株のデイトレ。やれば稼げるものだと勘違いして始めたデイトレ。 ところが稼げるようになるには想像以上に大変でした。やればやるほど勝てるようになるのかわからなくなり 精神が先に逝っちゃうのではと思ったほど。

でも勝ちトレーダーになれたんです。

これはそんな普通の主婦のデイトレブログです。

長い間かかって気づいたことや体験したこと、勉強したことなど綴っています。 これから株のデイトレを始めたい、またはデイトレをやっているけどなかなか資金を増やすことができていない、 そんな主婦の方が読んでくれたらうれしいです。

デイトレもひとつの技術です。簡単に習得できるものではありません。 私は簡単に稼げるものだと思って痛い目にあいましたが、そんな痛かった時のこともいろいろ書いていますので 反面教師にして参考にして下さいね~^^

これだけ苦しんだのだからこの苦しみを無駄にしたくないと思ってブログを書いています。 もし質問してみたいことなどがありましたら気軽に質問してみて下さいね。 私の理解している範囲でお答えできたらなと思います。

私はほんとうに株で稼げるようになるまでに2年以上かかっています。人によってはすぐに稼げるようになるらしいのですが 稼げるようになっても稼ぎ続けるのがまた困難なようです。 私は大きな金額が稼げるわけではないのですがなんとか2009年頃からプラスを維持しています。 性格は怖がりで不安症なところがあります。だから大きな損失もなくトレード生活を続けられているのだと思っています。

でも稼げない時期はほんとうに辛かったです。それが原因で夫婦げんかも多かったです。 何度もデイトレを辞めようかと思いました。精神状態が不安定が時が多かったです。こんなつらい思いしてまで なんでデイトレをしなくちゃいけないの?って。

でもこのままではいられない。負けトレーダーのまま終わりたくない。そんな頑固なところもありました。

そんなこんなで長年つらい時期を過ごしならがなんとか勝てるようになりました。 稼げるようになってもいろいろなハードルがありましたが今は本当に気持ちが楽になっています。 やればやるほど技術的にも精神的にも調整力がついてきます。

楽しみながらゲームのようにデイトレを続けられたらいいなと思います。 歳をとってもパソコンひとつあればお金が稼げます。風邪を引いても体調が悪くてもとりあえずできます。

旦那さんの収入や仕事がこれからどうなるかわからないし年金なんてもらえるかどうかもわからない。 専業主婦でも収入がないよりあったほうがいいに決まっています。 悩みのほとんどはお金に関係するものだと言われています。

幸せのすべてはお金だとは思っていません。でもお金があることで不安がなくなるは確かです。 うちの旦那さんも追い詰められて仕事をするってことがなくなり余裕が出たようで私はそれがうれしかったりします。

私も少しは役立つ主婦だぞって^^

旦那さんにも高価なプレゼントができたりするのも楽しみです。 仕事を休んでノンビリ旅行に行ったりと楽しむためにお金を稼ぎたいです。

ニトリホールディングスの日足チャートについて

今回はニトリホールディングスという銘柄の日足チャートについて
私だったらどうするか書きたいと思います。

日足チャートをチェックする場合は6ヶ月でチェックして下さいね。
1ヶ月とか3ヶ月ではチャートが上昇トレンドなのか下降トレンドなのかレンジなのかわかりづらいです。
なので日足は6ヶ月か1年を見てみましょう。

まずは日足の1年分を見てみます。

ニトリ日足1年

右肩上がりの上昇トレンドなのがわかると思います。
でも2014年の10月頃からなんだか同じようなところを上げたり下げたりしています。
レンジのようにも見えます。だんだん上げたり下げたりする幅が少なくなっていて
三角保ち合いにも見えます。

上昇途中の保ち合いですね。上昇フラッグ、上昇ペナントとも言います。
上昇が一段落してエネルギーをためている場合が多いです。
しばらくもみ合いをした後は上に抜けていく確率が高いです。
もちろん下に抜けることがないわけではありません。

このチャートにラインを引いてみました。

ニトリ日足1年上値抵抗線

3本の上値抵抗線と1本の水平な下値支持線です。

ちょっと小さくてわかりにくいのですが
一番左の上値抵抗線を上抜けた時とMA25を一旦下抜けてまた上抜ける時と重なっています。
この日だけがはっきり陽線になっていてデイトレでも取れたかなという感じです。
あとは全部損切りになっていそうです。
上値抵抗線を上抜けても陽線がはっきり出ていませんもんね。

1年分はチャートの雰囲気はわかりやすいのですが細かくてわかりにくいので
6ヶ月分も見て下さい。

ニトリ日足6ヶ月

ライン引いてどこでどんなエントリーができるか想像してみて下さい。

私だったら以下のようにラインを引いて太い緑の矢印のところで買いエントリーしますが
多分損切りになっていることでしょう。

なんか上値抵抗線の下で上昇エネルギーをためたのはいいがいざ発射となったらエンジンの調子が悪く
なかなか上がらず最近になってエンジンも好調になって勢いよく上昇しているといった感じですね。

ニトリ日足6ヶ月ライン

Aが上値抵抗線、Bが下値支持線です。

Bラインでは左端から1の前回高値、2の前々々回安値、3の前々回安値、4の前回安値・・・
と、何回も反発したりしています。
このように複数の安値や高値を結ぶ線というはとても大切で、ポイントを知るためには
ラインをちゃんと引けているとわかりやすいですね。
こういうラインを無視してトレードをしていては勝つ確率が上がりません。

スイングレードをするなら2、3、4の辺りで買いを入れるかもしれません。
デイトレードで狙うのは緑の太い矢印の日(小さい十字線)かその次に上抜けていく当たりでしょうか。
でも上抜けても陰線が続いているのでエントリーできないでいるか損切りをしているかで
きっとそこら辺であきらめて上昇しているのをくやし~~~!と眺めていることでしょう。

ここ何日は上げていますがそれ前(2014年10月から2015年2月はじめまで)は高値を切り下げているので
ちょっと上昇トレンドに変化が出ていることも読み取れます。
戻り売りもできそうですね。
でも私は売りポイントがわからないので戻り売りはしません。(はっきり下降トレンドのチャートの場合は別です。)
もし売るのであればBの下値支持線を下抜けた時に売ります。

買いはAの上値抵抗線を上抜けた時、売りはBの下値支持線を下抜けた時、
つまりあまりレンジトレードはしていないのです。逆張り系のトレードはポイントがわかりづらい
(ある程度チャートが出来上がってこないとラインが引けない)ので気がつくことができないのです。

今、実は練習中なんですが躊躇の連続です。(汗

上値抵抗線上抜け、三角保ち合い上放れ、下値支持線下抜けなどはライン1本引けば簡単にポイントがわかるので
おすすめしています。

ラインの引けるトレードツールを使って、たくさんラインを描く練習をしましょう。
そうしたら買いポイントが見えてきます。

日足の1年分のチャートでも分かる通り上昇トレンドがしばらくもみ合って再度上昇するというパターンは多いです。
上昇ペナント、上昇フラッグ、上昇ウェッジなどチャートパターンもありますので
それについても書きたいのですが間に合いませんのでよければグーグルなどで検索して下さい。
チャートパターンをおぼえてどんな事が起こりやすいかということを知っておくと勝てる確率も上がりますね。

こんな絵に描いたようなチャートパターンなんてそんな出るわけない!・・・・・

いやいや、そんなことはありません。以外に教科書通りになっていて、
やってみると、え?ほんとに?こんなんでいいの?となりますよ。

シンプルにシンプルに^^

日足の三角保ち合い上放れトレード

今日の私のトレードをご紹介しようと思います。私の大好きな形の日足チャートです。
サイバーエージェントというデイトレーダーに人気の銘柄です。

朝の日足チャートチェックでピックアップして適当にラインを引いています。

サイバーエージェント日足

上の黒い斜め右下がりのラインを上抜けるなら買おうかなと考えていました。

次が同じサイバーエージェントの今日の5分足チャートです。

サイバーエージェント5分足チャート

どこで買ったのかというとここです。

サイバーエージェント5分足チャートエントリーポイント

始値からちょっと下げて下髭を付けその後に始値をブレイクしていきました。
その後はスルスルスル~と株価が上がっています。

始値というものポイントになります。
ポイントが上抜けると多くの人が買い出しますのでこのようにするする上がることが多いです。

もちろんその辺りでひと動きイヤな動きをして上がることもあります。
そんな時はせっかく買いポジションを持っても手仕舞いさせられてしまいます。
タイミングが合わなかったと諦めるのも良し、もう一度喰らいつくのも良し。
私はやる気満々の時は何度でも食らいつきますが、
気合いが足りず凝りてしまって諦めてしまうこともあります。

その後は10時過ぎまで買いポジションを持っていましたが
高値が抜けないようなので根性付きて手仕舞いしました。

赤い線がMA25なのですがその線に株価が接近してきたのでもう一度買いましたが
ちょっと上がってすぐに下がってしまいました。
MA25に接近してきた時の5分足チャートも三角保ち合いに見えます。

    ⇒ MA25とは

日足がいいので今日は何回もエントリーチャンスがあるかなと見ていましたが
残念ながら後場は下げてしまいました。

13:15分頃にMA25をしっかり下抜けてきた時はドッと下がっていますね。
1回はMA25で支えられた株価もついに下抜けドッと売りが出ています。

今日の引け時点での日足チャートは以下のようになりましたが
(上髭で終わっちゃいましたね。)

サイバーエージェント日足完了

こんな上髭が出ちゃってもデイトレなら午前中だけで利益がでます。

どんな銘柄を持ち越す?持ち越していい銘柄と悪い銘柄

デイトレしていて利益が積み上がり引け前も強いと持ち越すことがあります。
日足チャートもチェックしているのでこのまま何日か上がっていく可能性もあるなあと考えて
持ち越します。
利益を伸ばすためです。

そして翌日の寄り付きで決済しますが、寄り付きの気配値が高ければさらに様子見したりと
適当にやっています。

損はできるだけ小さくなるようにしなければいけませんが
利益はできるだけ伸ばさなければなりません。

日足の後ろ盾もあるので株価が少々上下しようともじっとこらえて利益を伸ばすようにします。
でもがむしゃらに我慢するのではなくダメだと判断すべき時はスパッと手仕舞いします。

これも苦痛なんですよね。利益を減らしてから手仕舞いするのは。
上がった時に利益確定すると気持ちいいですが下がって利益が少なくなってから手仕舞いすると
気分はよくありません。
でもこうしないと利益を伸ばせないのです。

あら、また話がズレてしまいました。

持ち越すのは利益が積み上がっている銘柄で、日足がいい銘柄です。
日足がいい銘柄とは例えば三角保ち合いを上放れたばっかりとか
下値支持線で反発しだしたとか、そんな感じの銘柄です。

やってはいけない持ち越しは損切りをすべきところを損切りせずに持ち越すという事です。
これは絶対やってはいけません。

デイトレはその日に決済してしまうのでリスクが少なくてすみます。
損失はリスクにさらしてはいけません。利益はリスクにさらして伸ばさなければなりません。

持ち越しにはリスクが伴います。
いきなり良いニュースや悪いニュースが出て翌日にストップ高やストップ安になって
寄り付かずに決済売りをしたくても売れず、決済買いをしたくても買えないことがあります。

買っていてストップ安になってしまっても最悪はその株価の金額だけです。
20万の株が0円になってしまっても損失額は最大で20万円です。

ところが空売りをしていて連日ストップ高になって買い戻せなかったら・・・・・・。
想像しただけで腰が抜けそうです。

こんなことを考えているので私は空売りの持ち越しをしません。

長期投資で配当や優待を楽しむ

私はデイトレをしていますが長期投資もしています。

ちゃんと断っておきますが、私が長期投資している銘柄は
損切りしそこねて長期投資になってしまったとか、
デイトレがつい長期投資になってしまったとかじゃないですよ。

ちゃんと長期投資しようと思って買った銘柄ですよ。

デイトレで貯めたお金は応援したい会社に投資したいと思い少しずつ長期投資に振り分けています。
といってもほんのちょっとだけです。

応援したい会社に投資しつつ配当もガッポリが夢なんですが
なぜかバイオ関連銘柄が好きで、バイオ関連銘柄って赤字会社も多く配当がない銘柄が多いんです。
でも投資しちゃってます。
それに配当があっても投資金額が少ないため雀の涙です。

農業関連や医薬品や医療技術関連も好きで、研究頑張って~~~というつもりで・・・。
ちなみにデイトレは動きがいいIT関連が多いです。

配当や優待がないのも楽しみがなくつまらないのでいろいろ調べて探しながら
保有銘柄を増やしたいです。
高配当銘柄や優待有りの銘柄は証券会社のサイトで簡単にみつかります。
買ったら売りません。ず~~~っとホールドするつもりです。

日本の産業頑張れ~~。

というわけでせっせとデイトレ頑張らなくちゃ。

銘柄に関するニュースや業績は知っていた方がいいの?

株を買ったり売ったりするのにニュースや業績は知っている必要はありません。

いいニュースが出たからと言っていつも株価が上がるわけでもなく
業績がよい銘柄の株価がいつも上がるというわけでもなく
大抵良いニュースや良い業績が発表される前に株価はすでに上がっていて
ニュースが出たとたんに利益確定されて下がることも多いです。

純粋にチャートだけを見ていた方が動きに乗って行けます。

Buy the rumor ,sell the fact. (噂で買って事実で売る。)

こんな相場の格言がありますのもね。

いろいろ調べたり詳しく知っている人達が先に買い出しますので
それをチャートから察知してちょっと便乗させてもらうくらいのがいいですね。

ニュースや業績などは知らない方がデイトレにいいと思います。

例えば損切りをしなくちゃいけない時に
この銘柄は業績がいいから上がるに違いない、と損切りせずに株価の上昇を期待してしまったり
余計な事を考えてやるべき事ができなくなってしまいます。

業績がよくても下がっていく株もあるし、業績がよくないのにグングン上がっていく株もあります。

デイトレでやることは上がる株を買い、下がる株を売ることで
業績がいい株を買って業績が悪い株を売ることではありません。

私も株を始めた頃はせっせと四季報買ったりニュースを調べたりしました。
拠り所がほしかったのです。何かに頼りたかったのです。依存心ですね。
なんとか上がりそうな株を探そうと頑張ったのですがぜんぜん無駄でした。
そんなの調べているよりチャートを見てお宝銘柄を発掘した方が勝てます。

買うべき時、売るべき時はチャートが教えてくれます。

あ、でも長期投資をする場合はやはり業績やどんな会社なのかということを調べておくことは大事ですね。
よい会社の株が下がっている時は仕込みたいです。
バフェットさんのように^^

MA25とは? なんのために使うの?

MA25の意味を知らなくても別にいいと思います。
使い方さえ知っておけばいいです。

MA25のMAとは Moving Average の略でムービング・アベレージ・・・、なんかイメージわきますね。
動いている平均、MAは移動平均線のことです。

過去25日の終値を足して25で割った値、つまり過去25日の終値の平均値、
その平均値を結んだ線のことをMA25と言います。

終値を結んだラインは激しく動きますがMAは何日かの終値の平均ですので終値ラインよりはなめらかに
そして遅れた感じでのんびりとついてきます。

25日の平均だけでなく5日、75日、200日の平均があり
それぞれMA25、MA5、MA75、MA200と呼びます。

5分足チャートにもMA25、MA5、MA75、MA200があり
日足チャートにもMA25、MA5、MA75、MA200があり
週足チャートにも月足チャートにもあります。

5分足でも日足でも週足でも月足でも、過去の25本分のローソク足終値の平均値のラインを
MA25と言います。

私は基本的に5分足チャートのローソク足を見ていますが
そのチャートにはMA25とMA5を表示させています。

「表示させています。」って、いかにもわざわざ表示させているような感じですが
実はたいていのチャートはデフォルトでMA25とMA5は最初から表示されています。

多くの人が使っているということですね。

以下は東和薬品という銘柄の日足6ヶ月分です。
黄緑のラインがMA5
紫のラインがMA25
茶色っぽいラインがMA50です。
ちょっと見にくいですね。

東和薬品日足チャート6ヶ月

MA5は5本分の平均値なのでローソク足にピタッと寄り添っていますが
MA25となると25本分の平均値なのでかなりならされてマッタリ動いていますね。

そして同じ東和薬品の5分足1日分です。
黄緑のラインがMA5
紫のラインがMA25
茶色っぽいラインがMA50です。

東和薬品1日5分足チャート

私はローソク足の形を見てトレードしていますのでローソク足以外は表示しないでも構わないのですが
みんなが見ているから見ているのです。

いえ、そんなことはありません。

一応理由があります。

MA25はポイントになることが多いからです。

ポイントとは目安になる地点です。
押してきた株価が反転して上昇するポイント
戻してきた株価が反転して下落するポイント。
そこを上に突き抜けたらもっと上がるポイント。
そこを下に割ったらもっと下がるポイント。

いろいろポイントはありますがそんなポイントとなる(なりやすい)のがMA25です。

ですので
MA25を上抜けたので買いエントリーしようかな
MA25を下抜けたので売りエントリーしようかな
押してきた価格がMA25に接近してきたのでエントリーしようかな
とエントリーの判断をする時に使ったり、

MA25を下抜けちゃったのでカットしようかな
MA25まで押したのに反発の気配がないからカットしようかな、と手仕舞いの時にも使います。

またトレンドの判断に使ったりもします。
MA25の傾斜や向き、MA5との位置関係、株価との位置関係なども見たりしますが
私はそんなことには殆ど使わず、押し目買いの目安ぐらいにしか使いましせん。

ほとんど5分足のチャートのローソク足の形を見て判断していますので
それほどMA25を使っているとは言えません。

同じようにポイントとなるのが上値抵抗線、下値支持線がありますが
どちらかと言うとこちらの方を多用しています。

結局ローソク足だけでトレードしている感じです。
MA25はなくても私のトレードスタイルの場合、トレードはできます。

でもみんなが見ているから・・・・・一応入れておこっと・・・・

みんなと同じようにしないと勝てません。
みんなが売るところで買っていてはどう考えても勝ち目はないし
みんなが買っているところで売っていても勝ち目はありません。

みんが買いたいのか売りたいのか、空気を読むのは女性の方が優れているのでは?と思ったり。
なのでデイトレは女性の主婦の方が実は得意なのではと
都合のいいように考えています^^

そんな空気を読むときにちょっと気にしておきたいのがMA25、上値抵抗線、下値支持線です。

たくさんの銘柄の日足チャートを毎日チェックする

デイトレで勝てるか勝てないかは毎日の日足チャートチェックによります。
できるだけたくさんの日足チャートをチェックしますが
私のトレードツールにはだいたい300銘柄ぐらいが登録されています。

それを毎朝ひとつひとつチェックするわけですが
チャートを見ているとどうしても眠くなるんですね~。
チャートチェック中によく居眠りをして9時丁度にアラームでびっくりして飛び起きるということも
よくあります。

こんな日は当たり前ですが効率よく稼ぐことはできません。
下調べをサボればそれなりのトレードしかできません。
寄り付きが一番エネルギーがあり勢いもあるので利益も伸びやすいです。
ひと動きあった後はまるで嵐が去ったようにシーンとなり動きがなくなってしまう銘柄もあります。

日足チャートチェックを怠ってはいけません^^;

ことろで今日キレイに三角保ち合いを上放れた日足チャートを紹介します。

ポーラHDという銘柄ですが残念なことに私はこの銘柄はトレードツールに登録していないので
監視していなかったのでチャンスには気がつけませんでした。上昇ランキングでみつけたものです。

日足チャートがこちら

ポーラHD日足チャート

ごちそうなのがわかりますか?

ポーラHD日足チャートライン

そして今日の5分足チャートです。

ポーラHD5分足チャート

美味しい銘柄でしたね~。
このチャートで始値ブレイクでしっかりエントリーできたら
後は損切りの逆指値をして寝ているだけですね~。

このような日足チャートを形成した銘柄を毎日こまめに探して下さね。

資金に合わせて、
例えば20万以下の銘柄でトレードする場合は
20万以下で買える銘柄を200銘柄ほどトレードツールに登録して毎日日足チャートを
チェックするようにします。

損切りを失敗した時

損切りすべきところで一瞬ためらってしまい損失が大きくなってしまった。
勢い良く下げて損切りし損ねてしまった。
損切りしようとクリックしたけど約定せず株価が下がっていくのをただ呆然と見ていてしまった。

こんな時はどうしますか?

価格が戻ってきて損失が小さくなるまで待ちますか?
運良く価格が戻ってきた時はラッキーですが戻ってこなかったら・・・・・。
さらに損失がどんどん膨らんでしまってどうしようもない損失額になってしまったら・・・・・。

気持ちはすっかり泥沼にズッポリです。
こんな日が続いてしまったらほんとに精神的に参ってしまいます。

株価が戻ってくるのを待っていて損失がさらに膨らみ損切りもできない・・・・。
損失額はとんでもない額になっている・・・・・。

精神的につらい状況に追い込まれるのは損失の始末をしないままでいることが大きな原因です。
(損切りはしているけどぜんぜん勝てなくてつらいといのはエントリーがよくないとか
損切り幅が小さすぎるとか別の原因がありますのでそれはおいておきます。)

そんなつらい状況にならないように損切りはしっかりしよう!
と思ってはいてもつい損切りし損ねてしまうこともあります。

損切りし損ねたその後、私はどうするか?

そんな時は




「何しとんじゃ!このボケ!!

どんくさいことしよってからに!

何回おんなじミスを繰り返しとんじゃ!!

いーかげんにせんかいっっアホ!!!

これでも食らっとけ! ボケ!!!!」

ぽちっ  (損切り執行クリック)



と、このように自分に罵声を浴びせ、大きな損切りを罰のように自分に食らわします。

ちょっと(かなり)お下品ですね~^^;
でも自分を罵倒していると以外とすっきり損切りが執行できますよ。
(私だけかもしれませんが・・・)

こうするとちょっと大きな損切りはすることになりますが
どうしようもない含み損を抱えて最悪の状態になるのだけは避けられます。

何ヶ月もかけて取り戻さなければならないような損失を被らないために
損失はできるだけ最小限に留めなければなりません。

常に最悪の状態を想定し、それだけは避けるようにと私の場合を紹介していますが
参考になるかな~~・・・・?
ならないかな~・・・・???。
なりそうにないな~~~・・・・(・・;)

決めたポイントで損切りができなくて損失が大きくなってしまっても
株価が戻ってくるのを待っていてはいけません

損失がどうしようもなく膨らみ精神がめちゃくちゃになるという最悪の事態になってしまいます。

その前に自分を罵倒して切ってしまいましょう?!?!。

損切りをしなくても勝てることもある

適切な損切りをしなくても、いい加減なトレードをしていても勝てる時があります。

それはどんな時かというと上昇相場で買いトレードをしている時です。

東証一部の銘柄も新興市場の銘柄も全体的によく上げている、そしてそんな相場が続いている
というような時があるんです。
最近でいえば安倍政権が誕生した時の相場でしょうか。幅広い銘柄買われ上がっていきました。
(安倍政権誕生はもう最近とは言いませんね^^;)

そんな時ってほんとにいい加減なトレードをしていても勝ちやすいんです。
いい加減なトレードをしている方が儲けやすかったりします。
いい加減なエントリーポイントでどんどん買いエントリー数を増やせばたくさん利益が出たり
へたに損切りをせずそのままホールドしていた方が株価が戻ってくることが多いので利益が出たりして。

でも怖いのはその後です。
勝ちやすい相場が終わった後。
上昇相場ではなく下降相場になったりもみ合いになったりした時に
同じように適当なトレードをしているととても簡単に損が膨らんでいきます。

勝ちトレードが続いている時はもっと勝とうとして投入金額もどんどん大きくしがちです。
そうすると儲け額がどんどん増えます。
ところが相場が変化したとたんに儲け額ではなく損切り額がとても大きくなってしまいますし、
いい加減なエントリーポイントでエントリーするとぜんぜん勝てなくなります。

上昇相場でははっきりいってトレードが厳格でない方が利益が出るかもしれません。
でも上昇相場でなかったらしっかりとしたエントリーポイントで、
かつ、しっかりとした損切りをしないと勝つことができません。

勝ちやすい(儲けやすい)相場、勝ちにくい(儲けにくい)相場が確かにあります。

じゃあ儲けにくい相場では厳格なトレードをして儲けやすい時には適当トレードをすれば
一番利益率が高くなるじゃないかという話になります。

最強です!

でも儲けやすい相場が終わった時に一発大きくガツ~~~~ンとやられるんです!
儲けやすい相場が終わったということは一発ガツ~~~~ンとやられて(何回もやられて?!)
気がつくのです。

今まで得ていた利益は簡単に吹っ飛びますよ。

どんな相場でも勝ち続けるには常に厳格なトレードをし続けることが大切です。
チャランポランなトレードの方が利益が出る場合もありますが
その後に待っているのは大量の損切りトレードです。

経験者は語るでした。

デモトレードはしなくちゃいけない?

デモトレードはと~~~~~~~っても大切です。

なぜならデイトレは練習が必要だからです。
お金を払ってデイトレを練習するなら実際にお金を投入してトレード。
練習にお金なんかかけたくないという時は是非デモトレードを!

私は株を売買するのに練習が必要だなんてこれっぽっちも思っておらず
トレードで稼げると思い込んでいたので、実はトレードはすぐにできるようになるものではないとわかるまでに
大金(私にとっての)を練習代として払ってしまいました。

その金額200万ほどです。ほぼ2年で200万円チーンです。
デイトレの練習費用ですよ。

高かったです(泣)

デイトレの練習代に200万円も払うなら他のいろんな習い事に使った方がいいですね~。

お子さんの習い事でも英会話でもヨガでもなんでもできます。
美味しいものもたくさん食べらるし旅行にも行けます。
ほんとうにもったいない話です。

そんなに払う羽目になるとは想像していなかったし
払ってしまったものはしょうがありません。

最初トレードをやりだした頃はそれ程株価が高くない銘柄でトレードしていましたが
気が付けばどんどん株価の高い銘柄をトレードしていてそれにつれてもちろん損切り額も
アップしていきました。

収入じゃなく損切り額がどんどんアップしていくんです。
必死で一発挽回をしようとしていたのです。

でもトレードで勝てるようになってもいないのに挽回なんてどう考えても無理ですよね。
でもそんなこと、後にならないとわからなかったのです。

現実に気づくことなくずっと実際のお金でトレードをしていたのですから怖いことです。
デモトレードをするなんて知恵もありませんでした。

いきなり実際にトレードをして稼げる人なんて極稀にしかいません。
まだ稼げるようになっていないという方は是非デモトレードで練習して下さいね。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末