主婦が株のデイトレで稼ぐために

こんにちは!

主婦でデイトレをしている「えす」です。

デイトレをはじめてみようと思いますか? デイトレは怖いですか? ぜんぜん勝てずにイライラしていますか?

このブログでは普通の主婦(ビビリで頭が堅く、視野も狭く、喜んだり怒ったり喜怒哀楽丸出しの どっちかというとデイトレに向いていない性格)がデイトレで負けていた時やっていた事、勝てるようになってやっている事、 どうやって勝てるようになったか、今までやらかした失敗談、アホ話、たまにはためになる(かもしれない?!)話などを 思いのまま書いています。

もし朝の8時頃から10時半頃まで時間が取れるなら株のデイトレをしてみるのはいかがですか? そんな朝の短時間にパソコンでチョイチョイなんて稼ぐことができたら・・・・・。

旦那さんの収入に少しでもプラスになるといいなあ~。 自分で自由に使えるお金があったらいいな~。

そんなことを夢見て始めた株のデイトレ。やれば稼げるものだと勘違いして始めたデイトレ。 ところが稼げるようになるには想像以上に大変でした。やればやるほど勝てるようになるのかわからなくなり 精神が先に逝っちゃうのではと思ったほど。

でも勝ちトレーダーになれたんです。

これはそんな普通の主婦のデイトレブログです。

長い間かかって気づいたことや体験したこと、勉強したことなど綴っています。 これから株のデイトレを始めたい、またはデイトレをやっているけどなかなか資金を増やすことができていない、 そんな主婦の方が読んでくれたらうれしいです。

デイトレもひとつの技術です。簡単に習得できるものではありません。 私は簡単に稼げるものだと思って痛い目にあいましたが、そんな痛かった時のこともいろいろ書いていますので 反面教師にして参考にして下さいね~^^

これだけ苦しんだのだからこの苦しみを無駄にしたくないと思ってブログを書いています。 もし質問してみたいことなどがありましたら気軽に質問してみて下さいね。 私の理解している範囲でお答えできたらなと思います。

私はほんとうに株で稼げるようになるまでに2年以上かかっています。人によってはすぐに稼げるようになるらしいのですが 稼げるようになっても稼ぎ続けるのがまた困難なようです。 私は大きな金額が稼げるわけではないのですがなんとか2009年頃からプラスを維持しています。 性格は怖がりで不安症なところがあります。だから大きな損失もなくトレード生活を続けられているのだと思っています。

でも稼げない時期はほんとうに辛かったです。それが原因で夫婦げんかも多かったです。 何度もデイトレを辞めようかと思いました。精神状態が不安定が時が多かったです。こんなつらい思いしてまで なんでデイトレをしなくちゃいけないの?って。

でもこのままではいられない。負けトレーダーのまま終わりたくない。そんな頑固なところもありました。

そんなこんなで長年つらい時期を過ごしならがなんとか勝てるようになりました。 稼げるようになってもいろいろなハードルがありましたが今は本当に気持ちが楽になっています。 やればやるほど技術的にも精神的にも調整力がついてきます。

楽しみながらゲームのようにデイトレを続けられたらいいなと思います。 歳をとってもパソコンひとつあればお金が稼げます。風邪を引いても体調が悪くてもとりあえずできます。

旦那さんの収入や仕事がこれからどうなるかわからないし年金なんてもらえるかどうかもわからない。 専業主婦でも収入がないよりあったほうがいいに決まっています。 悩みのほとんどはお金に関係するものだと言われています。

幸せのすべてはお金だとは思っていません。でもお金があることで不安がなくなるは確かです。 うちの旦那さんも追い詰められて仕事をするってことがなくなり余裕が出たようで私はそれがうれしかったりします。

私も少しは役立つ主婦だぞって^^

旦那さんにも高価なプレゼントができたりするのも楽しみです。 仕事を休んでノンビリ旅行に行ったりと楽しむためにお金を稼ぎたいです。

デイトレでプラス収支にするためにはできるだけたくさんの数を打つ

2015年6月11日

たくさんの数を打つと言っても無駄トレードをたくさんするという意味ではありません。

私の場合ですが

毎日自分の監視銘柄の中から200銘柄~300銘柄の日足をチェックして、
10銘柄から多い時で25銘柄ぐらいピックアップします。

気配値ランキング(マネックス証券、カブドットコム証券にある)で
気配値が高く、勝つ、チャートがよさそうなものが1日に1銘柄あるか、ないか。

ほとんどが自分の監視銘柄の中から今日のデイトレ銘柄を選んでいます。

ピックアップした銘柄は気配値がわかるように板も表示させています。
寄り付き直前までどれが高く寄り付くか目をこらして見ています。

8時50分に気配値が高くても、寄り付き数秒前に気配値がドド~ンと下がって
しまう銘柄もあります。

20前後の銘柄を用意していても、寄り付き直前にこれは今日トレードできそうだ
という銘柄は5銘柄ほどになってしまいます。

それでも気になる5銘柄以外の銘柄も念のためアラートをセットしておきます。
松井証券のチャートは30ほど表示できるので、最大30銘柄ほどアラートをセットできます。

これをセットしておくことで、寄り付きでチャンスがなくても日中に強くなった銘柄の
トレードチャンスを捕まえることができます。

できるだけたくさんのトレードチャンスに気が付けるようにしておきます。

さて、今日トレードしようと思った5銘柄ですが、表示させていても全部トレードできる
わけではありません。寄り付き直後はせいぜい2つ3つです。

デイトレ用に選んだ銘柄全部が思ったような動きになるとは限りません。
トレードを実行した2つは思うような動きにならず「ハズレ」てしまい、
実行しなかった他の3つの銘柄が元気よく上げていくこともあります。

あ~~も~~~ハズした~~~腹立つわ~~~!!!!

こんな日もあります。

うまいこと「アタリ」銘柄を掴むことができて利益が伸びた!
でも押し目でタイミング悪くカットしてしまって、その後上昇していき指をくわえて見てるだけ。

んが~~~~ムカつく~~~~この~~~~!!!!

こんな日もあります。

選んだ5銘柄全部1日中上昇していたのに、エントリータイミングが掴めず
どれも全部チャンスをつかめず、腹立って胃がムカムカしてアゲそ~~~~~!!!

こんな日もあります。

それでも毎日ちゃんと下調べをして銘柄を用意していれば、

今日はごっそさん~~~♪♪♪

という日が必ずあります。
そこで大きく取るのです。

私は利益をうんとこさ伸ばそうと思い、せっかくの利益を損切りにしてしまうことも多く
損切りの数はかなり多い方だと思います。

それでもプラスになるのはなぜか。

それはたくさんの銘柄を用意しているからです。

用意した銘柄は「アタリ」もあれば「ハズレ」もあります。

「アタリ」だったのにうまく利益が取れないこともあります。

それでも数をこなし、トレードをトータルでプラスにするのです。

スマホを持っていない私が言うとちょっとヒガミになりますが^^;

私はスマホでトレードはできてもスマホでデイトレで勝てるとは思いません。
   ↑
 (もろヒガミ)

パソコンでたくさんのチャートを監視してできるだけたくさんのチャンスを掴む環境にし
チャンスを瞬時に掴み取るべし!!!
と、強く思っていますっっっ!!!

同じことをやっていて結果だけ変えることはできません。

結果を変えるには

環境を変える、会っている人を変える、時間の使い方を変える、だそうです。

私は結果的にこの3つすべて変えてしまいました。

そんな事いってもなかなか忙しい主婦にはつらいところもあります。
できるところを変えてみましょう。

株のデモトレのやり方

2015年6月7日

FXのデモトレはあるけれど、株のデモトレはないと思っていましたら、
ブログを読んでくださった方から教えていただき、トレダビというサイトを知ることができました。

早速登録!  

・・・・・・・残念ながら、板注文ができません。約定結果も20分以上遅れてわかるようです。

デイトレにはどうかな?と思うのですが、スイングの練習はできそうです。

資金1000万円で信用取引もできるようです。
ゲーム感覚でなんだか面白そうです。

実際のトレードではできないような大金をブン回してみようかしらん♪♪ なんて
小心者は思っています。

実際の株の売買では心理面が大きく影響するので、デモトレで勝てるからといって実際のトレードでも勝てる
とは、必ずしもなりませんが、少なくてもトレード手法を確立するのには役立ちそうです。

株のデイトレの練習のためのデモトレは、実践に近い環境にし、使用する予定の証券会社で口座を開設し、
トレードツールを使って、板発注を実際にできるような環境にしてやって下さい。

例えば以下は松井証券のネットストックハイスピードのスピード発注画面ですが
(6月5日の引け後の板状況ですが、説明のために使いますので引け後ということは無視して下さい。)

どこの証券会社もスピード発注画面は似たようなものです。

アキュセラインクスピード発注画面

エントリーチャンスが来て、このような板状況だったと仮定します。

800円に大きな売り板がありますが、800円がチャートポイントで
この2700の売り板が買われ出したら売り板がなくなる前に800円で買いたい、
そんな状況で、青い丸印をダブルクリック(シングルクリック)してチャンスを逃さず買えるようにします。
タイミングよく800円か、801円、せめて802円ぐらいでは買いたいものです。
800円が間に合いそうにないという時は801円の欄か802円の欄をクリックします。

以外に買い損ねることが多いのです。あっという間に2700の売り板が買われて消えちゃったり、
時には売り板を引っ込められちゃったりします。

たくさんの人が注目していると、あっという間に売り板が買われてしまい、
自分の注文が取り残されることがあります。

逆に、誰も注目していないと、楽々と買えてしまえます。

困ったことによく上がる銘柄ほど買えずに取り残され、買えた銘柄は上がらなかったりします。

それでも、チャートポイントブレイクの時にしっかりと買えるように練習しなければなりません。

そのためには、ブレイクポイントの位置よりちょっと下の方にアラートのラインをセットしておいて
チャンスが近づいて来たらスピード発注画面に銘柄を用意し、今だ!と思ったら
瞬時に発注しなければなりません。

チャンスが来たのに、それから銘柄コードを入力していたり、枚数を入力していては
チャンスはすぐに去ってしまいます。

デモトレでは、スピード発注画面から、タイミングをしっかり見て、ここだ!という値段で
買えたつもりで、そして、損切りも下の買い板にしっかりぶつけたつもりで損益をノートにつけて計算して下さい。
損切りで指値をしてはいけません。約定できずに注文が取り残され、結局大きな損切りになることがあります。
逆指値はいいですが、買い板が画像のようにまばらだと、逆指値をすると思いの外下の方で約定して
大きな損切りになります。

損切りもアラートをセットして、下がったら自分で買い板にぶつけて損切りをして下さい。
利益確定も、存在している買い板にぶつけるようにして下さい。

デモトレで勝てるようになっても、実際のトレードだとそれほど勝てないかもしれません。
なぜなら大きなブレイクチャンスほど、大きく上げるポイントほど、多くの人が注目していて
あっという間に売り板をさらわれてしまい、買うことができないからです。

上がらない銘柄ほど簡単に買えてしまいます。

買えてしばらく株価が動かなくて、その後少しタイミングをあけていきなり上がりだすのもあります。
いろいろあり、実際には買えたり買えなかったりします。

できるだけリアルなトレード環境でデモトレをやって下さい。

例えば、松井証券のネットストックハイスピードではアラートラインをチャートに引けます。
アラート機能は株価が一定の価格に達するとポロン♪と音で知らせてくれる機能です。

アキュセラインク5分足アラート

これはアキュセラインクの6月4日から6月5日にかけての5分足ですが、
真ん中ぐらいが6月5日の寄り付きで、そこから一旦下げてもみ合いが小さくなっています。

斜めの上値抵抗線が引けそうなので、その辺りにアラートのライン(赤)を画像のように引いておくと
この赤いラインを株価が上回るとポロン♪と鳴ってくれます。
(ほんとうは上値抵抗線ちょうどではなく、ちょっと下にアラートのラインを引き、
ブレイクの前に気が付けるようにし、しっかりスピード発注画面を用意してチャンスに備えるようにします。)

ブレイクしてしまった後は急騰してしまい手が出せないこともあります。

実践ではブレイクポイントで、買えることもあれば買えない時もあります。
できるだけ多くのチャンスを掴むためには環境をできる限り整えておくことです。

私の利益確定、手仕舞いの仕方

2015年6月5日

エントリーする時はピンポイントに正確にエントリーしなければなりませんが
利益確定や手仕舞いはご自身で工夫したり検証して下さい、と以前ブログに書きました。(っけ?)

ブレイクでのエントリーは、エントリーしたらすぐに含み益が出る(ハズな)ので
後は短時間トレードでも、午前中に手仕舞っても、後場まで引っ張っても、大引けまで引っ張っても
お好きなようにしていただければと思います。

一番儲け率が高くなりそうと思われるようにされるといいと思います。

かなり参考にならないかもしれませんが(汗”)、私の利益確定、手仕舞いの方法をご紹介しますね。

私は基本的にポジションを持ったらほったらかして寝ていたいのです。

人のやる事はどうしても損大利小になってしまうという事ですので
ならば寝ていたらいいではないかということです。ほんとうはただ眠たいだけですが・・・・。

寝ていても頻繁にアラームが鳴るのでゆっくり寝ていられません。

朝、トレードチャンスが来た銘柄のポジションを持てるように頑張ります。
始値ブレイクが多いですが、寄り付き買いをしたり、高値を追いかけちゃったりします。

数個の銘柄のポジションを持ったら、下がった時にわかるようにチャートにアラームをセットしておき、
買ってから下がった銘柄は片っ端から損切りです。
含み益が出た銘柄はそのままホールドして寝るか、
まだ他にもチャンスはないか、高く寄り付いた銘柄のチャートをチェックします。

最初のチャンスは始値ブレイクでのエントリーですが、
エントリーし損ねても、その後に三角保ち合いを形成したチャートなどでエントリーできる銘柄がないか
探します。

9時半ぐらいまでにはなんとかポジションを作りたいのですが、9時半を過ぎてポジションがない時もあり、
焦ります。焦ってエントリーしてもろくな事はありませんのでじっくりチャンスを探します。

・・・・・・手仕舞いの話を書くつもりがまた脱線。

寄り付き後すぐはエントリーと損切りばかりです。
利益が乗った銘柄はできるだけ放置して、できれば持ち越したいと考えます。
ですので含み益が増えようが少なくなろうが放置!
この時含み益の金額を見ると腹が立つのでなるべく見ないようにしています。
(なんちゃって、チラ見してニンマリ。)

見るのはチャートだけ。板を見ると決済したくなってしまいます。ですので5分足チャートだけ。

だいたい、上げる時は3回くらい上げます。1回上げてモジモジして、2回目上げてモジモジ、
そして3回目を上げて取り敢えずの上昇トレンド終わり。
それから下げトレンドになったり、レンジになったりして、昼過ぎからまた上昇!(したらラッキー)

ずっとホールドせずに、チャートがダメそうになったらさっさと利益確定すればいいのに
と、いつも思いながら、つい、大物を釣り上げたくて引っ張りまくります。

大物を釣り上げるには、しっかりリスクをとって、少々の株価の上下にも動じず・・・・
と、やっているうちに大きな利益が限りなく0円になることも。ブチ切れです!

午前中にどっさりあった含み益、後場に垂れ下がってやっとこさ利益確定して
午前中の損切りを合わせて、1日トータル、微損になったり、微利益になったり・・・・。
頑張った結果、利益なし!こんな日もあります。
だったらこまめに利益確定しろよ!です。

でも大物をしっかりキャッチできた時の達成感が忘れられなくて毎日含み益をふっ飛ばしています。

デイトレでコツコツ利益が積み上がるのも楽しいものですが、
大物がドカ~~~~~~んと穫れるのも楽しみ♪

いかん、いかん、こんなめったにないラッキーを追求しては。もっと利益率を重視しなくっちゃ
と思いつつ、やりたくなります。

引っ張る時ですが、私は日経平均先物、マザーズ指数、ジャスダック指数なども表示させていて
それらの指数が下げている時は買いでは引っ張らないようにしています。

相場の雰囲気と方向は合わせておくのが無難です。

指数がよく上げている時に買いのポジションを持っていたら安心して放置できますし、
そのまま持ち越しもしたいと考えます。

午前中いっぱいとか、大引けまでとか、そんなに引っ張らなくてもしっかり利益は出ます。
利益確定は好きなようにやってもいいと思います。

大事なのはエントリーです。そして損切り。

エントリーを正確にピンポイントで、朝の早い時期にポジションを作る。
ダメなのはさっさとカット。そして利が乗った銘柄だけしばらく放置。適当に利確。

引っ張るにしても、相場の雰囲気を無視しない、利益を損失にしない事も大切です。

どこでエントリーしても損小利大にすればトレードで儲かる、なんてことはありません。

エントリーはとても大事です。エントリーと損切りだけはキッチリとやりましょう。

IPOに申し込む

2015年5月29日

デイトレでコツコツと資金を増やすことができましたが、
その分どんどんリスクが取れるかというと、残念ながら取れません。

私のリスク許容度では、150万ぐらいあれば1日十分にトレードできてしまいます。

信用取引で3倍以上の資金が使えるし、今は無制限にトレードできます。
(以前は信用枠があって、一定の金額以上は打ち止めだったのです。)

そこで、増えたけどぜんぜん使えていない軍資金の使い道を考えました。

IPOです。

新規公開株の申し込みです。
新規公開株を上場前に公募価格で買って上場したら初値で売る、という方法です。

ほとんどの新規公開株の初値は公募価格を上回ります。もちろん少ないですが、下回ることもあります。

問題は、なかなか抽選で当たらないので、新規公開株が買えないということです。

宝くじと一緒。買わなきゃ当たらない、申し込まなきゃ当たらない、
ということでとりあえず新規公開株を取り扱っている証券会社の口座を片っ端から開設しました。

マネックス証券など、1人1票制で、完全公平抽選をしている証券会社もあり、
とりあえずできるだけたくさんの口座から申し込んでみます。

SBI証券など、たいていの証券会社は
お金持ちほど有利、またはトレード手数料をたくさん使う人ほど有利です。

私が以前使っていた岡三オンライン証券は完全公平抽選だったのですが、最近、トレード手数料による
優遇制度を取り入れました。私が使うのをやめてからこんなお知らせが来て悲しいですが、
しょうがありません。私が抽選で優遇されるのは7月までですって。(T▽T)

トレードをはじめた頃に一度だけIPOに申し込んだことがあります。

当然のことながら、1度ぐらい申し込んだぐらいで当たる確率は少ないですが、
それよりも何よりも、資金が拘束されてしまいトレードができない状態になってしまいました。

でも、今ならできます♪ もっと早く気がつけばよかった。

ということで、せっせとIPOの抽選に申し込んでみようと思います。1年で1個ぐらい当たるかな~・・・。

デモトレード、あるいは少額資金で練習中の方、IPOも面白そうですよ^^

デイトレでかっつりと大きな利益を取るためには

2015年5月28日

デイトレでがっつりと大きな利益を取るためにはそれなりの準備をしなくてないけません。

がっつり取れるチャンスに気が付き、チャンスを掴み、チャンスを離さないように掴み続けて
やっと、がっつりと利益が取れます。

投資金額はそれほど大きくなくても、利益をしっかり伸ばすことで大きな利益が取れます。

そんなに利益引っ張らなくても、投資金額を大きくすれば利益も大きくなりますが、
損切りも大きくなります。
少ない投資金額で利益をできるだけ引っ張って利益を伸ばす方がリスクが少ないですよね。

利益を引っ張って利益を伸ばすためには、銘柄選びが一番大切です。

三角保ち合い上放れや上値抵抗線上抜けなど、
まさに今日上げ出したという銘柄でトレードしている必要があります。

ランキングなどで銘柄を見つけると、動き出して2日目の銘柄になってしまいますね。
2日目も大きく一方方向に動く銘柄もありますが、反転する銘柄もありますので
1日目ほど呑気に利益を引っ張ることはできません。
2日目よりも、やはり1日目の銘柄の方が美味しいです。

そんな美味しい銘柄は地道にコツコツ探しださなければなりません。
面倒くさいですが、この地道な作業を抜きに勝つにはそれなりの経験が必要です。

さてさて、美味しそうな銘柄を選び出しました。

朝からじっと5分足チャートを観察。なんだか動きがよくわからなくて入りそびれてしまいました。
入れるキッカケを掴めないままどんどん上がってしまい、あら、残念、
そんなことも多々あります。

また
5分足チャートでわかりやすく始値ブレイクで入ることが出来ました。
利益が出て、できるだけ引っ張るぞと頑張ります。
株価が上がって含み益があったのに、大きめに押してきて(下がってきて)手仕舞いしてしまいました。
微損だったり、微利益での手仕舞いになってしまいました。
手仕舞いした後、また上げ出し、大きな利益を取るチャンスを逃してしまいました。
こんなことも多々あります。悔しいですね~。

そんな中にも、手仕舞い逆指値などにひっかからずに利益を伸ばすことができる銘柄に恵まれることもあります。
これでがっつりと利益を取ることができます。

微損や微利益のトレードばかりしていても、一発こんなトレードが出ればプラス収支になります。

いい銘柄を選び出していても、エントリーできない日もあり、エントリーしても微損、微利益になる
こともあり、利益を引っ張れる日もあります。

デイトレは、こんなことを繰り返しながらボチボチ利益を増やしていくのです。

ですので、できるだけ多くの銘柄を用意しておくといいですね。

1日1銘柄では、今日は微利益だった、2日目は微損だった、3日目は微利益だった・・・。
やっと何日目かで大きく利益を伸ばすことができた、となります。

私が低額でトレードしていた時は、金額的にトレードできる銘柄が限られてしまい、
選んだ銘柄も少なかったので、月、火、水、木曜日が微損、金曜日に大きく取れてプラスになった、
こんな感じでした。

ほとんど毎日プラス収益だという人の話を聞くと「え~~~?ウソ~~~? なんで~?」
と思っていました。

今ならなんでかわかります。
たくさんの銘柄を用意していれば1日をしっかりプラスにすることができます。
1日に5銘柄をトレードし、2銘柄で微損、2銘柄で微利益、でもたったひとつ利益を伸ばせた銘柄があれば
その日をプラス収支にすることができます。

銘柄選びでいい加減なことをして、たくさんの銘柄でトレードしても
損切りだらけになってしまいます。(T▽T)

朝、下調べのためにチャートを見ていて睡魔に耐え切れず寝てしまって銘柄選びがちゃんとできなかったり、
毎日同じ銘柄で適当にトレードしていると、戦績にあらわれてきます。

すると、「あ、いけね。」と思ってまたコツコツと銘柄選びに勤しむわけです。

自分のやっている事が正しいのか悪いのか、すぐに結果でわかるのがデイトレのいいところですね^^

三角保ち合いの三角形ってどんな形?

2015年5月27日

三角保ち合いの三角形の形はいろんな形があります。

下から株価が上がってきて、上昇していた株価が上下を繰り返し、だんだんと値動きが小さくなっていく
状態です。

上下を繰り返す株価の上値抵抗線を結んだラインと、下値支持線を結んだラインを引くと三角形になります。

綺麗な正三角形が描けることもあれば、ビロ~~ンと長っぽそい三角形になることもあります。

三角形の辺が直線ではなく曲線になることもあります。

ちょっといろんな三角形を描いてみますね。

三角保ち合い1三角保ち合い2三角保ち合い3

まだまだヘンテコリンな三角形はたくさんあります。

「三角形!!」だからといってきれいな三角形だけをイメージせずに
これもこう見りゃ立派な三角形だ!ぐらいに適当に見ていても大丈夫です。

大事なことは【上昇中】にもみ合いになることです。

下降中にもみ合いになると下抜けすることが多いです。

ニュースを見ていません

2015年5月25日

ニュースはほとんど見ません。

持ち越す時に決算があるかどうかを確認するくらいです。

ニュースを見てすぐにトレードできるわけでもなし、ニュースが出てもすでに後の祭りなわけで
見ていても全然デイトレの役には立たないからです。

株価の動きはニュースの内容で決まるのではなく、ニュースを見た人の心の動きで決まります。

ニュースの内容が良くても、ニュースが出る前に、もっと良いはずだと期待していて人は
その内容に失望して株を売り、株価が下がることもありますし、
ニュースの内容が悪くても悪材料出尽くしとか言っていきなり株価が急騰することもあります。

ニュースの内容と株価の動きは全然関係ありません。

貴重な情報は、その情報を得ることができる立場にいる人がまず知り、
その次に情報を高いお金を払って得ているお金持ち投資家が知り、最後に普通の人が知ることになります。

要するに遅いんです。知っても。

株価はニュースが出る前から動いています。動き出してしまった株価はもう上へ行くのか下へ行くのかわかりません。
ニュースが出て急落するのか、さらに上がるのかわかりません。
急激に動き出して飛び乗っても高値掴み、安値売りのリスクも高まります。

そんなことをするより、チャートをしっかり監視していて初動をしっかりと捉える方が確率よく利益を取れます。
初動を捉えてよく上がる銘柄は、その後にニュースが出るなんてこともよくあることです。
ポジションを持っていて、株価がよく上がるのでなんかニュースが出たのかも、と思うこともあります。

ニュースや情報を先に知っている人が株価を動かしてくれています。それはチャートが教えてくれます。
ニュースや情報を早期に知ることができない私達はチャートからその何かを読み取るということで
利益を得ることができます。

チャートが先に動きます。チャートチェックはとても大切です。

チャンスを掴む準備さえしっかりしたらチャートのみで利益を得ることは可能です。
お金を出して情報を買えないなら残る手段はチャート分析だと思います。

またまた余談ですが、

お昼に、業績上方修正といったような良いニュースが出た銘柄があって、後場の寄り付きが特買いとなっていました。
「おっ!これは上がるに違いない!」と思い、喜んで成行注文を出しました。
乗り遅れてはいけないと思ったのです。

特買い状態の後に寄り付き、めでたく約定し、「やった、買えた♪」と思ったのもつかの間、そこからダダ下がりです。
「えっ? 上がるんじゃないの?」と思って目が点。ハッと我に返り損切りをポチッ。

以来ニュースを見てトレードするはやめました。

FXでは雇用統計とかFOMC政策金利発表の日に大きくチャートが動くことが多く、
(雇用統計は夜9時半、FOMC政策金利発表は朝の3時半でしたでしょうか?)
私も御多分にもれず、しっかり参加しておりました。

動くのはわかっている。動いた方向にポジションを取れば簡単に利益が出る。目が$$$$$$でした。

夜の9時半丁度に大量ロットで発注画面を出し、ワンクリックを残すのみの準備は万端! 
動き出した方向へドカンと発注!
みるみるうちに利益はガバガバ増えていき、ウハウハ状態で利益確定!

こりゃ~いいぞっ♪♪♪ ということで、翌月の雇用統計も同じように大量ロットでウハハハハ~・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

結果はご想像通りです。

見るも無残に散り果てました。指標トレードやめました。

一通り食らってから、やっぱり頼れるものはチャートしかないと認めたでしょうか。
とにかく危ないと言われるものも、懲りないと気になってやらないままではいられないようです。
株を初めた頃も、危ない危ないと言われる新興市場から手を出すから困ったものです。

おとなしく東証一部銘柄ではじめていれば被害は少なかったかもしれません。

賢者とは真逆の、愚か者の道まっしぐらでした(ノ_ _)ノ

デイトレでいくら稼げるの?

2015年5月23日

デイトレで生活費を稼ぎたい。
デイトレで稼げるようになって仕事を辞めたい。

と考えて株をはじめる人も多いと思います。
私も主人の収入にちょっとプラスになればと思ってはじめました。

でも、株で稼ぐので今すぐ仕事を辞めて専業トレーダーになる!・・・・のだけはやめて下さい。

最初から株で稼ぐというのは無理です。

学校の先生でも、お医者さんでも、パイロットでも最初からお金が貰えるわけではありません。
たくさんの時間とお金をかけて勉強して訓練してお金を貰えるようになります。
お医者さんになりたい!と思ってもすぐになれるわけではありませんよね。

株のデイトレは勉強の仕方、訓練の仕方でそれほどお金をかけずに、また、それほど時間をかけずに
稼げるようになります。(人によります。)

正しいやり方を学んで、しっかり自分をコントロールして実行できる人のみが稼げます。

デモトレなんて面倒くさい!と思っていきなり本番でトレードをすることをやめられず
無駄な勉強代に大金を投じる人もいます。(もちろん私^^;)

こうする!と決めたのにどうしても決めた事と違うことをしてしまう。
本能のままにトレードすることをやめられない人もいます。(これももちろん私^^;)

そしてここからどうしても脱出できないまま終わる人が多いというのも事実です。
私もそうなりかけました。

稼げるようになるまである程度の時間がかかります。

ですので、いきなり専業トレーダーになるのではなく稼げるようになってから考えて下さい。
仕事はないわ、収入はないわ、株でどんどん損するわで地獄行きです。

そして、デイトレで稼げるようになってもできれば他の収入がある方がいいと思います。
なぜなら精神面で安定するからです。それにリスクも取りやすくなります。 

デイトレで稼げていてもデイトレ以外の収入があるのとないのでは天と地です。
(何千、何億も稼げる人は別ですが)

絶対株で稼いて生活費に当てなくちゃいけない!何が何でも今月いくらいくら稼がなくちゃいけない。

こんな切羽詰まった精神状態では勝てません。

私の性格が喜怒哀楽が激しすぎるのか、トレードに精神状態がすごく影響します。
稼がなくちゃいけないと思えば思うほど、利益は伸びません。
大きな買い物をして、よ~し、株でその買い物代をすぐに稼いでしまおう!
なんて意気込んでトレードすると稼げません。

思いっきり精神状態がトレード結果に表れます。

デイトレは、
「まっ、チャンスが来たらやっとこか~」ぐらいに構えないと無駄トレードがかさみます。
チャンスが来た時は果敢に攻めなければいけないので気合を入れなければなりませんが
チャンスでもないのに必死でデイトレをしていては損を膨らませるだけです。
あ~、今日は何もやることなかった~とノートレードでも平気で過ごせるようにならなければなりません。

余裕の精神状態でいるためにはやはり他に収入源があることが重要です。

というわけで、とりあえず主人の収入があるので私が稼げなくてもそれほど焦らずトレードできます。
主婦であるということはデイトレするにはとても恵まれていることだな~とありがたく思います。

思いっきり記事のタイトルと関係ない事を書いていますが、そろそろ本題に入ります^^;

デイトレでどれだけ稼げるようになるのでしょうか?

答え: その人のリスク許容度によります。

例えば20万円ぐらいの銘柄でトレードしている分には少しずつ利益が出る人でも
いきなり200万円ぐらいの銘柄でトレードすると20万円トレードのように冷静にトレードできないでしょう。
適切なリスクが取れないため利益が出なくなります。

私の場合、20万円トレードから200万円トレードができるようになるまで思った以上に時間がかかりました。
今は300万トレードもたまにしますが、快適なのは100万~200万ぐらいのトレードです。
いつまでも快適なところでヌクヌクしているわけにも行かない!と思うのですが
ここも焦るとダメなんです。何度も一気にリスク許容度を上げようとしましたが、
ストレスだけ溜まり、結果がついてきませんでした。

私のリスク許容度は高くありません。少しずつ上げる努力はしていますし、実際上がってきてはいますが
まだまだです。

トレード歴9年、2年以上稼げないまま、そして6万円からのスタートで稼げるようにになり、
1度だけ入金して軍資金を増やしました。
なんとか20万円を超えた時にもう10万を入金して軍資金を30万以上にし、(30万以上証券口座に入れないと
信用取引ができないためちょっとズルをば・・・)
そこから後は入金なしでコツコツ軍資金を増やし、やっと8桁というところでしょうか。

ほんとにボチボチ、コツコツです。

もっとリスクテイカーだと思っていたのですがデイトレすることで自分の小心者っぷりも発覚してしまいましたよ^^;
でもボチボチコツコツ、リスク許容度も上げていくつもりです。

そして、億をブン回すトレーダーに・・・・・・・なれるのは50年後かっ?!?!

監視銘柄がデイトレ日和になるまで待つ

2015年5月22日 

以下は私の監視銘柄で今日ねらっていたGMOペパボ3633という銘柄です。

  
GMOペパボ日足チャート

赤のラインを入れましたが、きれいな三角形が描けますね。
ちょっと一部飛び出ている部分もありますが少々のズレはO.K.です。

今日の引けた後の画像ですのでデイトレ日和だったのがわかります。
朝の寄り付きの時点ではまだもみ合いの最中かもしれないとも思いましたが
チャンスを逃したくないのでリスクをとって始値ブレイクで入りました!

・・・・・と、言いたいところですがまさかの取引暗証番号未入力!!
発注画面は用意してあったので最後のワンクリックをするだけでした。
タイミング的には十分間に合っていましたが、クリックしたとたんに
未入力に気が付きました。

残念。

いつかやるとは思っていました。ネットストック・ハイスピードは暗証番号入力が面倒です。
いつも寄り付き間際に気がついて入力していましたが今日は気が付きませんでした。
頭の中はGMOペパボが噴き上がることでいっぱいですから^^;

エントリーポイントを逃してしまいました。

私がエントリーしたのは押し目をつけて再度株価が上昇した時です。

GMOペパボ5分足チャート

無残な高値買いです。その後は含み損状態です。最悪のエントリーですね。
しっかり始値ブレイクで買えていれば含み損を抱えることはありません。

こんなエントリーをすると押し目で損切りになります。

こんなアホなエントリーをしたのもチャンスがにおったから。

今日はビッグチャンスのニオイがプンプンでしたので
逃してなるものかと少しぐらいの含み損は我慢をし(エントリーポイントが悪いのだから)
始値を割れるようだったら損切りしようと放置しました。

三角保ち合いが上放れた、上値抵抗線が上抜けた時は絶好の買いエントリーポイントですが
全部が全部きれいに上がるわけではありません。ダマシもあります。

今日の場合は損切りになったらちょっと大きめの損切りパターンになります。

どこであきらめるかですが、普段なら「高値掴みをした私が悪うございました。」とすぐ損切りします。
今日は大きなチャンスを掴むために大きめのリスクをとりました。
なぜならビッグチャンスのニオイがプンプンだからです。
なぜニオイが嗅ぎつけられたかというと監視銘柄だからです。普段と違うということがわかるのです。

ホールドしている銘柄の含み益が大きく減っても、含み損が大きくなっても
リスクをとるときは取ります。
大きな利益をとるために大きな損切りを覚悟します。それだけの価値があると判断したからです。

今日取らないでいつ取るんだ!!!
そう思うわけです。

こんな感じでリスクをとると決断した時はとことん(やり過ぎるまで)取るので
大きな含み益をすっかりすっ飛ばすこともよくあります。

ランキングなどからデイトレ銘柄を探すのもいいですがやはり日頃慣れた監視銘柄の方が
リスクを取りやすいように感じます。リスクを取りやすいということは利益が取りやすいということです。

値動きや板の厚さなどから「これは普段と違う!」「今日は来るぞ!」というのが感じられます。
普段、板がそれほど厚くない銘柄の方が違いがよくわかります。
信念を持ってトレードできるのです。(信念に固執し過ぎてはいけませんが。)

毎日監視銘柄をチェックするのですがこの時間ほど大切な時間はありません。
監視銘柄というのは自分がデイトレしやすい銘柄です。
そんなデイトレしやすい銘柄の中からチャンスの気配を発しているのを選択するのです。

楽をしようとしてはいけません。寄り付きの前にいかにいいデイトレ銘柄が探せるか。
ここを大切にしてください。日足チャートチェックを念入りにしてください。

ちなみに私が手仕舞いしたのは2時過ぎで、ストップ高から何度も剥げそうになるので
下げ始めたところで手仕舞いしました。ストップ高に張り付けないので持ち越しもやめました。
十分利益が取れましたが、ちゃんと始値ブレイクでエントリーできていれば良かったですね。

ほんとうは監視銘柄であろうがなかろうがチャンスが来たらしっかりとリスクをとらないといけませんが
監視銘柄で慣れた銘柄の方がリスクが取りやすいです。
(リスクをとるとは、手仕舞い位置に十分な幅をとるということ)
今日たまたまトレードすることになったお初の銘柄はとっととトレードを終了してしまいます。

これって私だけでしょうか。

リスクが取れないという悩みがあるならしっかりと監視銘柄を監視してみましょう。

パソコン買いました。

2015年5月20日

古いパソコンをいじくりまわしていましたが何をやるにも瀕死のパソコンは時間がかかるので
その間に新しいパソコンを買いに行きました。

日曜日なので主人と一緒に行きましたが主人は私よりパソコン音痴なので
店員のお兄さんのサッパリ意味のわからない説明を聞いているちにゲッソリと疲れ果ててしまいました。

店員のお兄さん、あまりにもセールスが上手で(私が鴨なのもありますが)

こっちの方がもっと性能がいいですよ!とかこんなのもありますよ!とか
上手におススメしてくれるのですっかり乗ってしまい、
性能に惹かれて中古パソコンを買いました。主人は中古なのがとても気になる様子でしたが
決定権は私に。すっかりお兄さんの言う通りに余計なものまでつけてしまいました。
優柔不断っぷり発揮。

組み立てパソコンなので取扱説明書もないだろうし、新品じゃないしアホなことしそうだし、
ほんとは自分で設定とかできると思うのですがお願いしました。

さすがに月額課金のサポートサービスはお断りしましたが。

CPU Coer i7

HDD 2TB

SSD 120GB

メモリ 16G   

CPUの温度まで表示してる。  Windows 7

よくわからないのですがお兄さんがやたら性能のよさをアピールするのです。
性能よくても中古の3年、ゲーマーさんが思いっきり使い倒してるような気も・・・・・。

新品のちょっと性能落ちるのとどっちにしようか悩みましたがお兄さんがススメルのでこっちに。
悩んでみても知識がないのでわからない。

メモリも挿してもらい、グラフィックカードも挿してもらい、4画面にできます。
手数料取られましたが私が設定やらパソコン開けてたらたぶん2日ぐらいはモタモタしていることでしょう。

家に持って帰って配線して電源入れたらとりあえずインターネットにも繋がるしなんてありがたい!
当たり前ですが何をするにも早い。電源入れると1分で起動します。感激です。
ネットもすごく早い!これでトレードしたら注文取り残されることがなくなるかな^^
私が完全なボトルネックになってしまった。

バックアップをとったのかなり前です。
最近の大切なファイルやメールなどをすべて飛ばしてしまいエライコッチャです。

メールの設定をしたのですが、メールの設定は以前にすごく時間がかかって懲りていて
しっかりメモをとっていました。なのでこのメモをん見れば大丈夫とやってみたら、
メールの受信はできるものの、送信ができなさそう。

またしても大量の時間を食われ、
やっと「ウィンドウズライブメール プロバイダ名」で検索することを思いつき
手順がわかりチェックしたら、以前書いたメモが間違っていました。 ← 全然役に立たない人です。

この先もバックパックとってなかったことの処理が大変です。
何からしよう・・・・・。ボチボチやるか・・・・。

4画面にもしたいな、なんて思ったりもしますが、私の視野は2画面です。
3画面の真ん中の画面と両サイドの画面は半分ぐらいしか神経がまわりません。
(隅の方に表示しているチャートなどはいつもチャンスを逃しています。)
参考のためのFXのチャートを表示させたノートPCもさっぱり見ていません。意味なし。
ヨコ展開では首も回らなくなりそうです。かと言ってアームまでつけるほどでもなし。

それよりもソフトをインストールしなきゃ。やれやれ・・・。
でも快適、、快適^^
ほとんど空っぽのパソコン。コンマリちゃんにお掃除してもらったみたい。スッキリ!

10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »
 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末