損切りができない人、エントリーが怖い人へ

2015年7月19日

今度こそ損切りをしっかりしようと心に固く決めたのに、何度も何度も同じ失敗を繰り返す。

次こそしっかりエントリーするぞっ!と意気込んだけれど、
どうしても、また損切りになるんじゃないかという事が頭をよぎり、エントリーが怖くてできない。

その原因と対策法です。

原因ですが、

ちゃんと損切りしよう、しようと思っているのにまた同じ事をやってしまった。
なんて私はダメなんだろう。最低だ。アホ!アホ!あほ!・・・・。

と考えて自分を責めますよね?

あなたが思っている、「なんて私はダメなんだ。」「私は最低」「私はアホだ」という言葉が
あなたの潜在意識に刷り込まれます。

潜在意識とは、あなたがいつも考えたり、感じたりしたりする意識のもっと奥底で
意識よりももっともっととてつもなく膨大な記憶を蓄えているハードディスクのようなものです。

潜在意識は刷り込まれた事を一生懸命、忠実に実行しようとします。
刷り込まれた事がよいことだろうと、悪いことだろうと関係なくです。

私はダメだ、最低だ、アホだと刷り込まれた潜在意識は、忠実にあなたをダメにすること、最低にすること
アホにすることを実行しようとします。

いつもいつもエントリーを躊躇してしまって、利益を得るチャンスを逃していると考えていると
潜在意識にはエントリーを躊躇する、チャンスを逃すということが刷り込まれてしまい、
あなたにエントリーを躊躇させるよう、チャンスを逃すようにと、頑張ってしまいます。

これではあなたの意識がちゃんと損切りしよう、エントリーしようと決意しても
潜在意識が反対のことをしようとしているのですから、難しいわけです。

ではどうしたらいいのでしょう。

そうです。潜在意識にも意識と同じことを刷り込んだらいいのです。
潜在意識と意識が同じことをしようとしているなら、
やろうとすることが容易に出来るということがわかりますね。

さっきも書きましたが、潜在意識に刷り込まれている事は意識が命令したことなんです。
あなたの意識がダメだ、できないと考えることで潜在意識にそのように刷り込まれてしまいます。

なので刷り込まれたものを上書きするすのです。

あなたの意識が、「できる」、「損切りがちゃんと出来る」、「エントリーがちゃんと出来る」と
刷り込んであげれば潜在意識はちゃんと上書きしてくれます。

上書きされた潜在意識は「できる」、「損切りがちゃんと出来る」、「エントリーがちゃんと出来る」
ように一生懸命頑張ってくれます。

これを利用しない手はありません。

この書き換えは一回だけやればいいというものではありません。

これは自己暗示です。騙されやすい脳、暗示にかかりやすい脳の特性を利用するのです。
アファーメーションとも言います。

この自己暗示のやり方とコツをご説明します。

潜在意識に意識の命令を届けるのに適した時間は、夜寝る前、朝起きた時の眠たい状態の時です。

寝る前と起きてすぐに
「私は損切りが適切に出来る。」「私はチャンスがくればしっかりとエントリーが出来る。」
と潜在意識に送り続けます。
この時にしっかりと「私が」「私は」という一人称も必ずくっつけます。

そして、この言葉を繰り返しながら、損切りしている状況や気分までも味わいながらするのです。
しっかりエントリーしている状況や気分も味わいます。

イヤイヤ損切りしている気分、イヤイヤエントリーしている気分ではなく、

「損切りは快感★」「ホイホイ損切りできる私はなんてクールなんだろう( ̄∇ ̄+) 」
「エントリーは楽しい♪」「このエントリーで端から端までガッポリ利益はいただいたわ♪♪」

のような、肯定的で楽しい気分をイメージして下さいね。それがコツです。

私は~で始まり、すでにあなたが望んでいる状態が現実に起こっているように思い描いてください。
肯定的で強い思いがあればあるほど効果的です。

これだけです。

1ヶ月続けてみてください。

と、いうことが

「潜在意識をとことん使いこなす」  C・ジェームズ・ジェンセン著 サンマーク出版

という本に書いてありました。(笑

ブログを読んで下さった方から紹介していただき、さっそく読んでとても参考になりました。
ありがとうございました m(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)m

私もさっそく実行しています^^

「私は朝、選出した銘柄には全部エントリーする。」
「エントリーした銘柄は全部大当たり!!!」
「そして1日の利益は20万♪ 50万♪ 100万でもぜんぜん構わんぞ~♪」
「そして夜は焼き肉、ステーキ、ハンバーグ、ビールにチューハイに・・・ うほほほほ~い♪♪♪・・・・・

コメント

コメントを投稿する




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

携帯情報端末