いまだにエントリーが怖い

2015年7月26日

私が今、潜在意識の本を読んでアファーメーションをやろうとしているのは
いまだにエントリーが怖いからです。

頑張ってエントリーしています。利益も出ています。それでもいまだにエントリーが怖いのです。

デイトレは利益確定トレードや損切りトレードを繰り返して少しずつ利益が増えればよいのだ
と頭で理解していても
やはり損失トレードになるのがイヤなんです。

ちょっとでも利益が減るのがイヤなんです。
せっかく取った利益、とられてなるものかぁぁぁぁぁぁ~~~~っっっ!!!!

なんて欲深い・・・・。自分でも呆れ果てます。

「欲」

生きていくためには欲はなくてはなりません。

楽しみたい欲、幸せになりたい欲、美味しいものを食べたい欲・・・・。
意欲があるから成長もし、人生も楽しい充実したものになりますね。

それにしてもこの金銭欲、なんとかならないものでしょうか(-“-;)。

利益が減ったらイヤだとガメツイことを思っている意識が、
利益を得るためのチャンスを掴むエントリーを避けるという方向へ向かわせています。

何年も利益を得続けているのに、私の頭の中では
いまだエントリーは利益を減らすかもしれない、と感じているのです。

実際利益を得ているエントリーなのに、私の潜在意識は利益を減らすものだと思っているのです。

確かに利益を減らすエントリーもあります。
でも圧倒的に利益をもたらすエントリーの方が多いのです。

にもかかわらず私の意識は利益を減らすエントリーのみに寄り添っちゃってます。

7年以上も前の損切りばかりトレードがいまだ恐怖なんでしょうか。
数年前のちょっとマイナストレードが続いた恐怖を引きずっているのでしょうか。
たまにやる大爆損の恐怖なんでしょうか。
まだまだ自信がないのでしょうか。

自信はついたと思っています。

自分をほじくり返すのも疲れます。

ここの潜在意識を変えないと、いつまでたっても私はエントリーが怖いまま、ストレスを抱えながら
エントリーを続けることになります。

このままではハゲそうなので、楽ちんをするために

エントリーがいかに利益をもたらして快感な行動なのかを
潜在意識にとくと言って聞かせる必要があります。

さあ、なんと言って聞かせましょうか。

言葉選びがキモなような気がします。

ちなみにですが、アファーメーションをやりだして2週間弱、
この2週間はエントリーの躊躇が減り、利益がいつもの2倍になっています。

タダの偶然か、相場がやりやすかったのか、アファーメーションの効果なのか、
検証を続けたいと思います。

言葉選びとやり続けること。

・・・・・・・・あっ・・・・デイトレと一緒だ。銘柄選びとやり続けること。

・・・・・・と、ここまで書いているうちに
楽しんでトレードしている時のことを考えだし、
なぜ楽しんでトレードすることもあるのかも考えてみました。

それは自分の得意パターンばかりでトレードしている時だなあと気づきました。

苦痛に感じ、躊躇が多くなるのは、まだ数をこなしていないパターンのエントリーだなあ。

やはりエントリーの躊躇は自信の欠如か。

自信は経験を積むことでついてきますが、経験を積む前に潜在意識に刷り込んでしまえば
自信がつくまでのストレスフルな時期をショートカットできるかもしれません。

さっ、やっぱり言葉選びだ♪

コメント

コメントを投稿する




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

携帯情報端末