デイトレで1分足チャートではなく5分足チャートを見る理由

1分足チャートではなく5分足チャートを見て下さい。

私が紹介しているデイトレ方法は5分足チャートの方が向いています。
私も5分足チャートを使っていて1分足チャートはぜんぜん見ません。

なぜ5分足チャートなの?

理由がふたつあります。

理由のひとつ目 

それは利益をできるだけ引っ張って伸ばすためです。
コツコツドカンの逆バージョンです。コツコツ損切りをしてドカンと利益を取るためです。

やりがちな事は、損は様子見をして利益はとっとと確定してしまうこと。
つまりコツコツドカンです。
これは本能を持っている人なら当たり前にみんなやってしまいます。損は嫌だし利益は好きだからです。
人は嫌なことは後まわしにし好きなことをやるからです。
合理的に行動を選択していると思っていても実は感情的に選択して行動しているようです。
なのでコツコツドカンは普通なのです。

でもこれではデイトレで勝つのが難しくなってしまいます。

この反対の逆コツコツドカンをするために5分足チャートをオススメします。
ティックチャートや1分足チャートでは上下する値動きにハラハラし、ちょっとでも利益が減りそうになると
利益をすぐに確定してしまいます。

板を見ていても利益確定を急いでしまうかもしれません。
大きな売り板を見てしまったら、こりゃ駄目だと諦めて利益を確定してしまいます。

というわけでエントリーしたらほとんどチャートを見ない、板を見ない方が利益を伸ばせると思います。

私がおすすめしているエントリーポイントはスイングトレードでも買いたくなるようなポイントのひとつです。
ですのでできれば利益が出たらそのまま持ち越しして2~3日ポジションを持っていてもいいようなポイントです。
それじゃあデイトレではないですが、
できれば後場まで、できれば大引け近くまでポジションをホールドできればいいなあと思っています。
調子よく価格が上がればできるだけ利益を伸ばすようにしてほしいのです。

実際はそんなにうまいことばかりではないです。
日中の価格の上げ下げで手仕舞いさせられてしまったり、持ち越ししたらギャップダウンして
利益を減らしてしまうこともありますが、こういうことをしていると万馬券をドカーンと当てることも可能になります。

月に1回でもドカーンと来るとうれしくないですか?
できるだけ利益はリスクにさらして伸ばすようにしましょう。

利益を確定せずにいることは最初はつらいですがこれも慣れます。
利益を放置して美味しい思いをするとまた大魚を狙ってやろうという欲も勝手に湧きます。
利益が減ってしまうかもしれないという不安より爆利への期待の方が勝手に膨らみます。
私はこの欲が膨らみすぎたため、よく大きな利益を損になるまでホールドしては後悔しています。
ここら辺はしっかりご自分で調整して下さい^^;

10時半頃までにはひと動き終わってしまうのでそこら辺でスパスパとトレードを終了してしまうのも
もちろんアリです。
これはこれでけっこう気持ちよく終われます。

理由のふたつ目

監視銘柄のエントリーポイントのひとつとして始値ブレイクを使います。

始値ブレイクを逃してしまった、あるいは始値から上げてしまった後は
価格が動かなくなってチャートが凝縮してくるのを待ちます。
チャートが凝縮されて値動きがなくなった後に動き出したところをエントリーします。
三角保ち合いなどのチャートパターンができるのを待つのですがそのチャートパターンは
5分足チャートでのパターンです。

私は1分足チャートは使っていないので5分足チャートのチャートパターンでエントリーを判断しています。

ですので私がご紹介しているデイトレ方法を使いたいという方は是非5分足チャートを使って下さい。

1分足は使っていないのでよくわからないのですが
利益がそれ程伸びないようなところでもチャートパターンがたくさん出現して
トレードの数が無駄に多くなるような気がします。小さい利益はたくさん取れるかもしれません。

1分足、ティックチャートは1日にトレードを50回以上もするようなハードトレーダーが使っている、
頻繁に出たり入ったりを繰り返すデイトレーダーが使っている、
そんなイメージを持っています。

私がやっているのはもっとのんびりしたデイトレです。

コメント

コメントを投稿する




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

携帯情報端末