無駄トレードの数で勝つか負けるか決まる

2015年7月5日

無駄トレードの数、数えていますか?

私は毎日数えています。

最近ではめっきり少なくなりましたが、「ない!」わけではありません。

無駄トレードの数が、勝つか負けるかのボーダーラインより少なければ勝てるし、
多ければ負けます。

私は毎日、トレード日誌をノートに付けています。

トレード日誌といってもキレイに読みやすく書いているのではなく、

ノートの横の罫線は完全無視、文字の大きさバランバラン、
腹が立った時ほど文字は大きくなり、赤のバツ印や罵詈雑言だらけです。

赤のバツ印や罵詈雑言はもちろん無駄トレードのところに書いてあり、
たまにノートが破れてます^^;

何をやっているかいうと、
トレード終了後(3時過ぎ)に、無駄トレードに対してストレスをぶちまけている・・・ですか。

ああ、このトレードさえなかったら、余裕で今日はプラスなのに・・・・。
ああ、このアホなエントリーさえなかったら、今日はかなりの儲けだったのに・・・、とか。

躊躇して入れなかった銘柄がコレとコレとコレと・・・・・。
ビビって決済してしまったのがコレとコレとコレと・・・・・。

そんなことをやっていると、
やってしまった無駄トレードを省き、その後に残る、実行したトレードを見て、
ちゃんとそれなりの結果が出るということがわかります。

やろうとしていることは間違いない、無駄トレードさえしなければ必ず結果が出る、
ということを再認識できて、ますます自分のやっている事に自信が持てます。

やっている事が間違っていない、続ければいいんだということがわかれば
エントリーの時の躊躇も少なくなりますね。

トレード日誌から無駄トレードを排除してみても収支がプラスにならない・・・・、
これはやっていることが違う、ということになります。
やるべき事だと思っている事が、実はやるべき事ではないということです。
もう一回、やるべき事を整理しなおしましょう。

トレード日誌を見て、いったいどれが無駄トレードなのかわからない・・・・。
そして収支もマイナス・・・・・・。  これは大問題です。
最初からやり直しです。

無駄トレードを排除してみたら、確かにプラスになる!というあなたは
本気で無駄トレード掃除をしましょう。

デイトレで稼げるようになった転機は?と聞かれることよくがあります。

ですが、雲が晴れるようにパッと青空が目の前に広がって稼げるようになったわけではありません。
地味~にコツコツ、無駄トレードを掃除し、何がやるべき事なのかを常に確認し、やり続けたら
いつしか無駄トレードの数が、勝つか負けるかのボーダーラインより少なくなった。

のです。

感動的に「その日」が訪れるのではありません。

いろんな手法を試してみて、「これぞ、我が道!」  こんなこともありません。

地味~~~な作業の結果、「その日」は訪れます。

イチローも本田も真央ちゃんも錦織も澤も、地味~に訓練をし続けています。

・・・・・世界のアスリートとやってることは同じだ?!?!?!

コメント

コメントを投稿する




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

携帯情報端末