デイトレでプラス収支にするためにはできるだけたくさんの数を打つ

2015年6月11日

たくさんの数を打つと言っても無駄トレードをたくさんするという意味ではありません。

私の場合ですが

毎日自分の監視銘柄の中から200銘柄~300銘柄の日足をチェックして、
10銘柄から多い時で25銘柄ぐらいピックアップします。

気配値ランキング(マネックス証券、カブドットコム証券にある)で
気配値が高く、勝つ、チャートがよさそうなものが1日に1銘柄あるか、ないか。

ほとんどが自分の監視銘柄の中から今日のデイトレ銘柄を選んでいます。

ピックアップした銘柄は気配値がわかるように板も表示させています。
寄り付き直前までどれが高く寄り付くか目をこらして見ています。

8時50分に気配値が高くても、寄り付き数秒前に気配値がドド~ンと下がって
しまう銘柄もあります。

20前後の銘柄を用意していても、寄り付き直前にこれは今日トレードできそうだ
という銘柄は5銘柄ほどになってしまいます。

それでも気になる5銘柄以外の銘柄も念のためアラートをセットしておきます。
松井証券のチャートは30ほど表示できるので、最大30銘柄ほどアラートをセットできます。

これをセットしておくことで、寄り付きでチャンスがなくても日中に強くなった銘柄の
トレードチャンスを捕まえることができます。

できるだけたくさんのトレードチャンスに気が付けるようにしておきます。

さて、今日トレードしようと思った5銘柄ですが、表示させていても全部トレードできる
わけではありません。寄り付き直後はせいぜい2つ3つです。

デイトレ用に選んだ銘柄全部が思ったような動きになるとは限りません。
トレードを実行した2つは思うような動きにならず「ハズレ」てしまい、
実行しなかった他の3つの銘柄が元気よく上げていくこともあります。

あ~~も~~~ハズした~~~腹立つわ~~~!!!!

こんな日もあります。

うまいこと「アタリ」銘柄を掴むことができて利益が伸びた!
でも押し目でタイミング悪くカットしてしまって、その後上昇していき指をくわえて見てるだけ。

んが~~~~ムカつく~~~~この~~~~!!!!

こんな日もあります。

選んだ5銘柄全部1日中上昇していたのに、エントリータイミングが掴めず
どれも全部チャンスをつかめず、腹立って胃がムカムカしてアゲそ~~~~~!!!

こんな日もあります。

それでも毎日ちゃんと下調べをして銘柄を用意していれば、

今日はごっそさん~~~♪♪♪

という日が必ずあります。
そこで大きく取るのです。

私は利益をうんとこさ伸ばそうと思い、せっかくの利益を損切りにしてしまうことも多く
損切りの数はかなり多い方だと思います。

それでもプラスになるのはなぜか。

それはたくさんの銘柄を用意しているからです。

用意した銘柄は「アタリ」もあれば「ハズレ」もあります。

「アタリ」だったのにうまく利益が取れないこともあります。

それでも数をこなし、トレードをトータルでプラスにするのです。

スマホを持っていない私が言うとちょっとヒガミになりますが^^;

私はスマホでトレードはできてもスマホでデイトレで勝てるとは思いません。
   ↑
 (もろヒガミ)

パソコンでたくさんのチャートを監視してできるだけたくさんのチャンスを掴む環境にし
チャンスを瞬時に掴み取るべし!!!
と、強く思っていますっっっ!!!

同じことをやっていて結果だけ変えることはできません。

結果を変えるには

環境を変える、会っている人を変える、時間の使い方を変える、だそうです。

私は結果的にこの3つすべて変えてしまいました。

そんな事いってもなかなか忙しい主婦にはつらいところもあります。
できるところを変えてみましょう。

コメント

コメントを投稿する




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

携帯情報端末