値動きに俊敏に対応する能力

デイトレで必要になる能力は値動きに俊敏に対応できる能力です。
自分の考えを入れず素直に価格の動き、状況に対処していくことです。

以前も書きましたがニュースや業績などはデイトレには必要ないと思うのは
どうしてもニュースや業績の事が頭に残っていてチャートを素直に受け入れることが難しくなるからです。

ある銘柄を買っていて価格が下がっているのに業績がいいから上がるはずだと思い込み損切りをしない。
空売りをした銘柄が上がっていくのにこんな悪いニュースが出ている銘柄が上がるはずない
もうそろそろ落ちてくるに決まってる。

とか、つい思ってしまい対処が遅れるのです。

最初の対処をやり損ねてしまうと損失を大きくしてしまい、ますます対処しにくくなります。
そして損失が大きくなった銘柄は塩漬け株になります。
そしてデイトレから長期保有株式投資になります。

なので余計な知識を入れずにクリアな目?!でチャートを観察できるように
ニュースも業績も知らない方がデイトレにはプラスになるのではと。

値動きに俊敏に対応するためにはこれまた以前にも書きましたが
ちゃんと前もってやることを決めておく。エントリー方法と損切りポイントは最初から決めておくことが大切です。
価格がどうなったら、あるいはチャートがどうなったら利益確定するかも考えていた方がいいですね。

私は利益確定はどうするかあまり決めていないので含み益がでるといつもどうしようかと迷っています。
これはこれでストレスです。ずっとどうしよどうしよと迷っているのですから。
やっぱり利益確定方法も決めていた方がいいですね。

普段の生活では躊躇したり迷ったりする方ですか? それともテキパキと物事を決めていくほうですか?
多分テキパキと即断できる人の方がデイトレは上達しやすいのだろうなと思います。

私は優柔不断です。それがトレードにも影響していると思います。
損切りは死活問題ですのでスパスパやっていますが、エントリーと利益確定は未だに躊躇連発です。
収益がプラスになっているためそこでぬるま湯に浸かっていて進歩が止まっているようにも感じています。

デイトレは即断即決できる能力、値動きに俊敏に対処していける事が大切だと思います。
損切りを最小限に抑えるためには、トレードチャンスを掴むためには
この即断即決能力、価格の動きに俊敏に対応していける能力をつけていかねばなりません。

普段からこの能力を鍛えるために意識しないといけないですね。

ファミレスでメニューと長時間にらめっこなんてしていてはいけません。
スーパーのスイーツコーナーでケーキやプリンをどれにしようかなと長時間眺めていてはいけません。
楽天で美味しそうなものを選ぶことができずあっちもこっちもと、時間だけ浪費していてはいけません。
休日に夕食の食材を買いに行き、旦那に食材を決めてもらってばかりではいけません。
どっちでもいい~を連呼してはいけません。

は~・・・・。 ない! ・・・・・決断力。

コメント

コメントを投稿する




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

携帯情報端末