板読みトレード 板見る? 見ない?

チャートでエントリーチャンスを探し、エントリーする時に板を見ます。

またまた買いの場合です。
エントリーポイントやその上には大抵大きな売り板がドデ~ンと横たわっていることが多く
その大きな売り板を見るとこの大きな売り板、割れるの?と思い一瞬ひるんでしまい
乗り遅れることも多いです。

その大きな売り板が全部食われる前に買いエントリーしようと思うのですが
パソコンと私のどんくささのお陰で乗り遅れることも多いです。

やる気満々の時は大きな売り板の前でエントリーしてしまいます。
あきらかにその大きな売り板に勝負しにいっているのですから乗らねばです。
でもそんな気合いが入っていることはほとんどありません。

板を見ずにエントリーする!というのが有効だと思います。

エントリーポイントのところで大きな買い板を出してくれてわざわざ買いサインを出してくれることもあります。
私がエントリーを躊躇する原因のひとつに板がまばらで閑散としている銘柄をトレードしている
ということがあります。
板がまばらなので損切りするにも損切りする買い板がないのです。
そこにドーンと大きな買い板が出てくれると損切りしやすくなるのでエントリーもしやすくなります。

その時に 閑散としている銘柄なのに実は多くの人が監視していたという場合は
その大きな買い板出現が引き金になり株価がすっ飛んで行くときがあります。
これは美味しい場合です。

反対に
一応チャンスポイントに見える、大きな買い板が出現した、それなのに誰も買わない、
= 誰も注目していない、株価が上げない、大きな買い板も引っ込む、となります。
エントリーした後、ひとつも株価が動かなかった時は
はい、ご苦労さん!ということで大きな損切りになることもあります。

ただ私が感じるのはエントリーポイントになってもおかしくないポイントで大きな買い板が出ると
結構みんな買います。たとえ大きな買い板が自分の玉を決済したいために出した見せ板でも
乗っておけば利益になることが多いと感じます。板に煽られて上がる時はすぐに決済してしまいますけど。

ほんとうに買いたいのか返済買いかわかりませんし、大きな買い板を出す人の気持ちは知りませんが
利用できるとこで利用できればいいかなと。

エントリーポイントではないところに大きな買い板が出てもみんな釣られません。
みんな賢いなあと思います。
私は好きな銘柄のチャートと板を表示させていてチャートが上がりだしそうなポイントでもないのに
買い板が出現するとつい買ってしまうことがあります。結果はご想像通りです^^;

見せ板にしろ見せ板ではないにしろ大きな買い板が出ることで都合の良い場合もあるし
しっかり釣られてしまうこともあります。
上がりだしそうなポイントでは見せ板に乗せられるのもいいと思っています。

エントリーした後は、板は見るべきか、見ないべきか・・・・・。

エントリーした後上がったとします。途中に大きな売り板が出てきたらどうしますか?
つい、決済してしまうこともあるでしょう。
それでもいいと思います。

私は少資金でエントリーした場合と、日足で今日が最高のデイトレ日和だと思った時は
板を見ないようにしてチャートだけ表示させるようにしています。
利益を引っ張るためです。板につられて確定してしまわないためです。

自分では奮発したと思う金額でトレードしている時は板をガン見しています。
上げていってもう買いが出そうにないと感じたらさっさと逃げます。
このお陰で利益は伸ばせないのですが金額の大きな上下に耐えるのが苦痛です。
多分自分の許容範囲を超えたトレード額なのです。
でもこの許容範囲を広げるために放置する訓練をしています。

今日引っ張らないでいつ引っ張る?という日は頑張って板を消します。
それで美味しかったこともありますし悔しかったこともあります。

利益になればどっちでもいいと思います。

板がしっかりしている銘柄はポイントでちょっと大きな売り板があっても大きな買いが
ドカンと買ってくれることもあります。これもよくわかる買いサインと思います。

上がって上げ止まるとササッと買い板は引っ込んでいくし、下げ止まるとササッと売り板は引っ込みます。
板がしっかりしたのは見ているだけで疲れます。ほとんど見ません。

とにかく上がりだしそうなポイントだぞという時には1クリックで注文が出来る状態にしておき
大きな買い板が出現した、または大きな買いが大きな売り板を食っていった時に
シュパッと約定させられるといいと思います。

レンジになっている銘柄などでどうにもここから下がらない、板を見るとここらへんで妙な買い板が湧いて出る。
なんか変だな~、買い集めているような気もするな~と感じることがあります。
こんな時は主婦の女の勘を全開させてみても面白いです。

いつも見ている銘柄で ん??と何かを感じた時、女の勘が働いた時、面白いかもです ☆★☆

なんか余計な事を書いている気もします。

結論は

板を見ないでいい程度の板がある銘柄で、板は無視してトレードしましょう!
ちゃんとチャートを見て売り買いを判断しましょう!

大きな買い板があるにもかかわらず上がらないのは下がることが多い。
(大きな買い板が食われて株価が急落することもある)
大きな売り板があるにもかかわらず下がらないのは上がることが多い。
(大きな売り板が食われて株価が急騰することもある)

ということです。

中身と結論ほとんど関係ないですm(__)m

もうひとつ関係なのですが、私は8年以上も気配値を「けはいち」と読んでいました。
「けはいね」のようです。はずかしはずかし・・・・。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

携帯情報端末